スロットル スペーサー 効果。 スロットルスペーサーのインストール

というわけでスロットルスペーサー装着、よくなった![ エンジン低回転構造改革、決着 ]

スロットル スペーサー 効果

今回装着したもの ブログでおなじみのランクル70ピックアップオーナーの「やまさん」が最初に効果ありと教えてくれた2点セット、ELFORD (エルフォード)のスロットルスペーサーとJAOSのBATTLEZ エアクリーナー。 まず、ELFORD (エルフォード)のスロットルスペーサーは、メーカーの説明によると、以下のような代物。 また、 ストレスの無い加速感はアクセルの踏み込み過ぎを抑え無駄な燃料消費を抑える事で燃費向上にも繋がります。 この様に吸気エアーのエンジン到達率を向上させ、クルマをちょっと元気にさせる お手軽スープアップパーツ。 それが 「エルフォード スロットルスペーサー」です。 なんて頼もしいんだろ。 今まで多くの皆さんの装着報告やインプレを伺いながらも、ど素人の自分が感じられるんだろうか、という気持ちがあり見送っていた。 JAOSエアクリーナーのリンク これをいつもの如くDIYで愛車ランクル70(GRJ76K )装着してみた。 エアクリーナーの交換方法 まず、エアクリーナーってどこにあるの?ってところから。 (玄人の皆さまはビックリされるでしょうけれど、こんなことも知らない人って世の中いるはずなので。 なんせ自分は数年前までそうだったもので・・・) これが再販ランクル70のエアクリーナーBOX。 これを開けるためには、周囲に4つほどあるクリップを外す(緩める)必要がある。 こんな感じで外してやると、中から白いクリーナー(フィルター)が登場。 見えるのはクリーナーの裏側なので、かなり白いけれど、裏側はそこそこグレーになっている(写真では判別できない程度なので、掲載割愛) この純正のエアクリーナーはひょいと持ち上げるだけでぱかっと外れる。 右側が外したランクル70純正品。 左が今回取り付けるJAOS製のエアクリーナー。 純正品がプラスチックの枠+固めの綿という感じなのに比べると、JAOSエアクリーナーは目の細かさの違うスポンジを重ねてゴム枠に収めた感じで、似て非なる者という感じ。 あっという間に装着(交換)完了。 これで作業終了ならば蓋をしてクリップするだけ。 これは、作業時間3分。 今回は、スロットルスペーサー装着作業を続けて行うので、蓋を占めるのはその後。 スロットルスペーサーの取付方法 スロットルスペーサーは「スロットルボディー」とエンジン側の間に挟むスペーサー。 作業手順は、エアクリーナーBOXの蓋を開けた状態で、さらにインテークパイプをスロットルボディから外しす。 そしてスロットルボディーを外して、スペーサーを差し込んで元に戻す、という手順。 まずはインテークパイプのスロットルボディ接続部にあるボルトを緩める。 これだけで外れればいいのだけれど、インテークパイプと一体になっているレゾネーターBOXがエンジンに固定されているので、そのボルトを外す必要がある。 赤い丸を付けた部分のボルトを外す。 ついでに矢印を付けたところの配線を外しておくとインテークパイプの可動域が広がり作業が楽になる。 インテークパイプをスロットルボディから外したところ。 スロットルボディの中には空気弁が見える。 こんな車の重要パーツっぽい部分を自分で触るのは初めて・・・ちょっと緊張。 赤丸をつけた4つのボルトを外す。 スロットルボディが外れた。 いよいよエフフォードのスロットルスペーサーを取り付ける。 これが本体。 溝にOリングをセット。 取り付ける際のボルトなどはこの数付属しているけれど、ランクル70で使うのは黒いステー1個、短いボルト1本、長いボルト4本。 (つまりステー1個、黒いスペーサー1個、短いボルト1本は余る。 FJクルーザーの場合は使うようだ。 ) さぁ、行くぞと意気込んで取付開始。 しかし説明書にあるELFORDの文字が上になるように、ということだけを頭において作業したところ、いきなりのチョンボ。 スロットルスペーサーの爪がスロットルボディー側に来るようにしなければいけないのに、反対に取付ようとしてしまった。 この状態だとOリング同士が向かい合う、いかにもおかしな状態なのに、そのままボルトを締めはじめて、どうにもしっくりこないなぁ、と不思議に思うところまでいってようやく気が付いたので大したものだ。 どんな作業でも一度はミスを挟むルールなのか・・・ これが正しい向き。 先ほどが嘘のようにぴったりフィット。 ジャジャーン!!(いかんせんド素人なもので・・・こんなことでも喜べます)と装着完了。 ついにこの青光りするパーツが愛車ランクル70に。 続いて、レゾネーターBOXを固定。 スペーサーを挟んだことで、位置がズレて元のボルト位置では固定できないので、ボルト取付用の延長ステーを取り付ける。 付属する黒いステーと短いボルトを組み付けて、元の固定用ボルト穴に取り付ける。 写真では分かりにくいけれど、少しフロント側に斜めにして固定するとピッタリ。 これでレゾネーターBOXの固定完了。 はずしていた配線コードも元のクリップで固定。 最後に、説明書に従ってレゾネーターBOX裏の配管が外れていないかチェックしてOK! これで2点セット取付が無事完了。 鮮やかなレッドとブルーが眩しい!!といってもレッドは蓋しめちゃうけど・・・ 装着後のインプレ 果たして愛車ランクル70への装着の効果はどうなのか。 非センシティブが特徴の自分に感じられるほどの効果はなく、プラセボ効果かな、という感想になると思いつつも・・・ メーカーが謳う• 「発進時」「中間加速領域」でのアクセルレスポンスの鈍さを解消させ、車をリニアな加速状態へと導きます。 ストレスの無い加速感はアクセルの踏み込み過ぎを抑え無駄な燃料消費を抑える事で燃費向上 のうち、1点目はすぐにでも試せるので、早速テスト走行。 すると、走行開始直後から何だか発進しやすくなったような。 通常の1速発進、2速発進、3足までの加速、いずれも軽いというか、パワフルというか、車が軽くなったような印象。 自分の感覚なんて信用ならない、と思いつつも、しばらく走行してみても、やっぱりそう感じる。 メーカーがいう2点目の中にある「ストレスのない加速感」は決して大げさじゃないような気がした。 これは本当に燃費向上にも繋がるかも・・・1か月後が楽しみだ。 ガナドールマフラー装着による3点セットまでいく前に、比較的お手頃価格でできるこのランクル70吸気系カスタム2点セット、試してみてみる価値ありではないかと(気が付くのが遅すぎるか??)。

次の

手軽にエンジンレスポンスの変化を楽しめるTERAMOTO “スロットルスペーサー”

スロットル スペーサー 効果

と、いろいろ悩んだり人に聞いたりしてきたうちのアバルト プント、低回転構造改革。 タイトルにあるように対策としてまず、スロットルスペーサーを装着して見ることにしたわけです。 で、結果はというと、良くなった! sponsor link エンジンへの気流を整える まず、スロットルスペーサーの役割をおさらいしておくと、 1.インテークへの気流を整える ノーマルの場合、スロットルボディとインテークマニフォールドに段差があって、それが微妙に影響してスロットルちょい開け状態だと気流がばたついてインテークにスムーズに入っていかないことが多い。 そうなると低回転時の爆発にも影響が出る。 それを内径部分をテーパー処理されたスロットルスペーサーで段差をなくしたりして気流をスムーズにすることで、ちょい開け状態からでも安定した爆発=滑らかな回転の立ち上がりが得られるようにする。 2.吸い込むエアの量を増やす スロットルスペーサーを装着することで、エアの容量が増える。 より多くのエアが準備されることになるので、吸い込み始める際の気流がより安定し、爆発の安定化に寄与する。 といった内容のことを、のオーナーが説明してくれた。 合ってるかな?(笑)。 具体的な仕組み合は、も見ると分かりやすいと思う。 製造元の話では、このスロットルスペーサー、適したクルマとそうではないクルマがあるそう。 もとからきちんと設計して作っておけばこんなパーツは不要だけど、アバルトの場合はなんだかうまく合ったそうだ。 滑らかに回転が立ち上がるようになった 高級になった! と走り始めてまず思った。 アイドリング付近から、わき上がってくるトルクの粒立ちが揃った、上質なフィールが感じられるようになった。 渋滞とかで歩くよりも遅くノロノロ進むような極低速時には、クラッチを繋いだままアイドリングでのそのそ進むように走ることがある。 アバルト プントの1速は超ローギアードなのでそんなことも平気。 ただそのとき、スロットルスペーサー装着前だと「バラランバララン」とエンジンに脈動が起きる。 アクセル開けてないのに、だ。 4気筒の爆発力がそれぞれバラバラで、その力がクルマに伝わって前後に揺さぶられるようになる。 不快なのでしばしばクラッチを切ってなだめてやる必要があった。 それが装着後は「ババババ」という音とともに滑らかな回り方になって、不快な前後動もなくなった。 スロットルちょい開け時の気流が整えられたおかげで、4気筒が安定して爆発するようになったのではないか、と。 で、そこから少し開けたときも、以前だったら一瞬ビックリしたような、あるいはシャックリするような感じでエンジンが大げさに反応して立ち上がることがあった。 特にスポーツモードで顕著で、だからこのモードでは混んだ街中や渋滞時などはデリケートにアクセル操作してあげる必要があり、走りにくかった。 それが装着後は、ちょい開け時からのビックリ挙動がほぼなくなり、滑らかに回転が立ち上がるようになった。 キャブレターの時代のNAエンジンみたいな素直な回転フィール、といったら褒めすぎかな? そんな感じで極低回転からギクシャクせず、自然に滑らかに回転が立ち上がっていくようになった。 ただ、そんな効果もせいぜい2000回転を超えたあたりまで。 ブーストが効いてきたらあとはドッカーンな世界になる。 シフトダウンもリズミカル、運転が楽しくなった! 肝心の空ぶかし時はどうか。 スポーツモードだったり、ノーマルモードでも3000回転くらいまで回っているときはそれほどでもないけれど、ちょっと混んだ街中で交差点を曲がるとき、3速から2速に落として回転を合わせたいとき(そのとき1000回転ちょっとだったりする)、ひどいときはアクセル踏んでもスカッと空振り、エンジンがまったく反応しないようなときもしばしば。 こうなったらちっとも楽しくない。 ターボなんだから仕方ないとはいえ、ウンとかスンでもいいから、もうちょっと反応してくれよ、とずっと思っていた。 で、装着後はどうなったか? スカッと空振ることがかなり減った。 以前は3回に1回くらいは普通にあったのが、10回に1回くらいになった感じ。 全くなくなったわけではないが、以前よりは劇的に減った。 そのときのレスポンスも、前は何となくいやいや上がっていたような印象だったのが、装着後はちょっと元気になった。 寝起きの状態で何となくトローンとした感じの人と、とりあえず顔洗ってごはん食べたくらいの人と、そのくらいの違い(わかりにくいなーw)? 要は、ちょっと踏んだだけでも以前より確実にエンジンが反応してくれるようになったおかげで、シフトダウン時の回転合わせがとてもしやすくなった。 僕らがよく道ばたとかで聞いていて「あいつヘタクソ」と思われるような、あの恥ずかしいエンジン音ですね。 あのときの「ヤバッ」っていう思いをすることが激減した。 つまり、シフトダウンがうまくなった?(笑)。 で、結論としては、運転がますます楽しくなった。 街中でも「フォンフォン(気分でダブルクラッチを踏んでるときもある)」とリズミカルにシフトダウンして、スッと立ち上がる。 そういうスポーティ気分な走りが前よりもできるようになった。 特に、いままで低回転がかったるかったノーマルモードでも改善されたし。 もともとアバルト プントは運転が楽しいクルマ。 それがこんなアルミの輪切りみたいな(失礼!)パーツでますます楽しくなったんだから言うことはない。 —————— 今回装着したのは、.

次の

スロットルコントローラーを実際に取り付けた本当の効果とは?

スロットル スペーサー 効果

と、いろいろ悩んだり人に聞いたりしてきたうちのアバルト プント、低回転構造改革。 タイトルにあるように対策としてまず、スロットルスペーサーを装着して見ることにしたわけです。 で、結果はというと、良くなった! sponsor link エンジンへの気流を整える まず、スロットルスペーサーの役割をおさらいしておくと、 1.インテークへの気流を整える ノーマルの場合、スロットルボディとインテークマニフォールドに段差があって、それが微妙に影響してスロットルちょい開け状態だと気流がばたついてインテークにスムーズに入っていかないことが多い。 そうなると低回転時の爆発にも影響が出る。 それを内径部分をテーパー処理されたスロットルスペーサーで段差をなくしたりして気流をスムーズにすることで、ちょい開け状態からでも安定した爆発=滑らかな回転の立ち上がりが得られるようにする。 2.吸い込むエアの量を増やす スロットルスペーサーを装着することで、エアの容量が増える。 より多くのエアが準備されることになるので、吸い込み始める際の気流がより安定し、爆発の安定化に寄与する。 といった内容のことを、のオーナーが説明してくれた。 合ってるかな?(笑)。 具体的な仕組み合は、も見ると分かりやすいと思う。 製造元の話では、このスロットルスペーサー、適したクルマとそうではないクルマがあるそう。 もとからきちんと設計して作っておけばこんなパーツは不要だけど、アバルトの場合はなんだかうまく合ったそうだ。 滑らかに回転が立ち上がるようになった 高級になった! と走り始めてまず思った。 アイドリング付近から、わき上がってくるトルクの粒立ちが揃った、上質なフィールが感じられるようになった。 渋滞とかで歩くよりも遅くノロノロ進むような極低速時には、クラッチを繋いだままアイドリングでのそのそ進むように走ることがある。 アバルト プントの1速は超ローギアードなのでそんなことも平気。 ただそのとき、スロットルスペーサー装着前だと「バラランバララン」とエンジンに脈動が起きる。 アクセル開けてないのに、だ。 4気筒の爆発力がそれぞれバラバラで、その力がクルマに伝わって前後に揺さぶられるようになる。 不快なのでしばしばクラッチを切ってなだめてやる必要があった。 それが装着後は「ババババ」という音とともに滑らかな回り方になって、不快な前後動もなくなった。 スロットルちょい開け時の気流が整えられたおかげで、4気筒が安定して爆発するようになったのではないか、と。 で、そこから少し開けたときも、以前だったら一瞬ビックリしたような、あるいはシャックリするような感じでエンジンが大げさに反応して立ち上がることがあった。 特にスポーツモードで顕著で、だからこのモードでは混んだ街中や渋滞時などはデリケートにアクセル操作してあげる必要があり、走りにくかった。 それが装着後は、ちょい開け時からのビックリ挙動がほぼなくなり、滑らかに回転が立ち上がるようになった。 キャブレターの時代のNAエンジンみたいな素直な回転フィール、といったら褒めすぎかな? そんな感じで極低回転からギクシャクせず、自然に滑らかに回転が立ち上がっていくようになった。 ただ、そんな効果もせいぜい2000回転を超えたあたりまで。 ブーストが効いてきたらあとはドッカーンな世界になる。 シフトダウンもリズミカル、運転が楽しくなった! 肝心の空ぶかし時はどうか。 スポーツモードだったり、ノーマルモードでも3000回転くらいまで回っているときはそれほどでもないけれど、ちょっと混んだ街中で交差点を曲がるとき、3速から2速に落として回転を合わせたいとき(そのとき1000回転ちょっとだったりする)、ひどいときはアクセル踏んでもスカッと空振り、エンジンがまったく反応しないようなときもしばしば。 こうなったらちっとも楽しくない。 ターボなんだから仕方ないとはいえ、ウンとかスンでもいいから、もうちょっと反応してくれよ、とずっと思っていた。 で、装着後はどうなったか? スカッと空振ることがかなり減った。 以前は3回に1回くらいは普通にあったのが、10回に1回くらいになった感じ。 全くなくなったわけではないが、以前よりは劇的に減った。 そのときのレスポンスも、前は何となくいやいや上がっていたような印象だったのが、装着後はちょっと元気になった。 寝起きの状態で何となくトローンとした感じの人と、とりあえず顔洗ってごはん食べたくらいの人と、そのくらいの違い(わかりにくいなーw)? 要は、ちょっと踏んだだけでも以前より確実にエンジンが反応してくれるようになったおかげで、シフトダウン時の回転合わせがとてもしやすくなった。 僕らがよく道ばたとかで聞いていて「あいつヘタクソ」と思われるような、あの恥ずかしいエンジン音ですね。 あのときの「ヤバッ」っていう思いをすることが激減した。 つまり、シフトダウンがうまくなった?(笑)。 で、結論としては、運転がますます楽しくなった。 街中でも「フォンフォン(気分でダブルクラッチを踏んでるときもある)」とリズミカルにシフトダウンして、スッと立ち上がる。 そういうスポーティ気分な走りが前よりもできるようになった。 特に、いままで低回転がかったるかったノーマルモードでも改善されたし。 もともとアバルト プントは運転が楽しいクルマ。 それがこんなアルミの輪切りみたいな(失礼!)パーツでますます楽しくなったんだから言うことはない。 —————— 今回装着したのは、.

次の