ご無沙汰 し て おり ます ビジネス。 ビジネスでの「ご無沙汰しております」の最適な使い方〜「お世話になっております」との併用の仕方

「ご無沙汰しております」の意味と使い方!ビジネスや目上への例文

ご無沙汰 し て おり ます ビジネス

入社したばかりの新入社員は、ビジネスの場での言葉づかいには注意が必要です。 同期の社員同士ならまだしも、先輩社員や上司、取引先、顧客にタメ口では相手に失礼となります。 急な場面では学生時代に使い慣れている言葉づかいが出てしまいがちです。 就活を始めたという方も、この春から新入社員であるという方も、日頃から敬語を使う練習をしておくでしょう。 ビジネスの場で誤った敬語を使わないよう気を付けましょう。 「ご無沙汰しております」は敬語の謙譲語にあたる 敬語には、大まかにわけて尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つがあります。 「ご無沙汰しております」の「おります」の部分は謙譲語にあたります。 では、この「ご無沙汰」とはどういう意味なのでしょうか。 まずはこの意味の成り立ちから見てみましょう。 「沙汰」は「便り・知らせ」という意味 「沙汰」とは「便り、知らせ」という意味です。 「すっかり音沙汰がない」の「沙汰」ですね。 「ご無沙汰」とは「便り」が「無い」つまりしばらく連絡していない、という意味になります。 それでは、この「ご無沙汰しております」は、電話やメール、打ち合わせなどビジネスの場でも使ってよいものでしょうか。 「ご無沙汰しております」は目上の人にも失礼なく使える敬語 「ご無沙汰しております」は、打ち合わせなどよく顔を合わせる人や、日頃から同じ社内で働いている人に対しては使いません。 社外の取引先や顧客など、ある程度の期間があいてから顔を合わせたときに使います。 「ご無沙汰しております」は敬語として使ってよいのか迷うかもしれませんが、目上の人にも問題なく使える敬語です。 失礼にはあたりません。 2~3か月以上の期間があいたら使おう ところで、最後に会ってからどれくらいの期間が経てば、この「ご無沙汰しております」を使うべきシーンといえるでしょうか。 2~3日といったあまりにも短期間で使うのはやはり不自然です。 使うべき期間に明確な決まりはありませんが、2~3か月以上の期間があいたら使うようにしましょう。 もちろんケースによっては、1か月で使っても問題ありません。 逆に半年、1年といったように大きな期間があいた場合には「大変ご無沙汰しております」などとつけるとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」に一言付け加えて使うとよい 「ご無沙汰しております」の使い方として、相手を気遣う一言などを付け加えるのもよいでしょう。 ビジネスの場所で失礼なく話を進めるために最初にすべき重要な挨拶と言えるでしょう。 「ご無沙汰しております」は返事で使ってもOK では、メールなどで「ご無沙汰しております」と挨拶を受け取った場合には、どのように返信すればよいでしょうか。 この場合、返信する側も「ご無沙汰しております」を使って問題ありません。 「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」といった使い方がよいでしょう。 また、稀に目上の人から「ご無沙汰しております」と声をかけられることがあります。 このとき慣れていないと返答の仕方に困ってしまいますが、「こちらこそご無沙汰しております」という返答でOKです。 目上の人からの「久しぶり」にも「ご無沙汰しております」で返事 打ち合わせなどの場で、目上の人から「お久しぶり」と声をかけられたときは、そのまま返すのではなく、「こちらこそご無沙汰しております」と言い換えるようにすれば、失礼なくお返事ができます。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違いは使う相手 「ご無沙汰しております」とほとんど同じ意味として、「お久しぶりです」と言う言葉づかいがあります。 ビジネスシーンにおけるこれらの言葉にはどのような違いがあるでしょうか。 使い方を間違えると失礼にあたってしまうので注意してください。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の使い分けのポイントは、使う相手です。 「お久しぶりです」は基本的にビジネスの場では使わない 「お久しぶり」ですは「ご無沙汰しております」とは違い、くだけた表現ですから、ビジネスの場では避けるのがベターです。 仲の良い同僚同士で使ったり、目上の人が目下の人に使う場面でなければ「ご無沙汰しております」を使いましょう。 社外の方に会う場合など、基本的にビジネスの場では「ご無沙汰しております」を使うのがよいでしょう。 「ご無沙汰しております」の例文 それでは、「ご無沙汰しております」を使う場合の例文をいくつかご紹介します。 お元気でいらっしゃいますか。 おかわりございませんか。 「お世話になっております」と併用するのは不自然 長らく連絡を取っていない相手に対してメール、電話などをして、「ご無沙汰しております」と挨拶するときの注意点として「お世話になっております」との併用があります。 「お世話になっております」は、ビジネスシーンでは定番の挨拶ですが、「ご無沙汰しております」の後に続けると、「無沙汰なのにお世話になっている」という意味になり、不自然な表現になってしまいます。 もちろん、ケースによっては「いつもお世話になっております。 ご無沙汰いたしまして、申し訳ございません」と使う場合もあるかもしれませんが、基本的には「ご無沙汰しておりまして、失礼いたしました」などと使うのが無難でしょう。 敬語を正しく使いこなしてビジネスの場に活かそう 「ご無沙汰しております」のような敬語を正しく使えれば、目上の人からの印象も良くなります。 打ち合わせなどの場で、敬語がきちんと使えることで「礼儀正しい」「気遣いができる」「常識のある」人だと思われるなどいろいろなメリットがあります。 正しい敬語を、ビジネスの場で使いこなしましょう。 敬語を身に着けるには普段から使う意識が重要 敬語には他にもいろいろありますが、敬語を身に着けたいときには練習するのが一番です。 なめらかに、自然に口にできるよう慣れていけるよう、普段から使う意識を持っておきましょう。 社内での上司との関係がフランクな場合でも、肝心なシーンで違和感なく使えるように敬語で話す癖をつけておくとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」はビジネスの場で目上の人にも使える!「お久しぶりです」は避けよう.

次の

「ご無沙汰しております」の意味や使い方、期間、返事、目上の人に使える?

ご無沙汰 し て おり ます ビジネス

突然ですが、皆さんは自分の発した言葉や作成した文章を、100%理解していますか。 「当然理解している」という方がほとんどでしょう。 しかし、ビジネスの場においてはどうでしょうか。 ビジネスの場で、いつも友人や家族に話すような口調をそのまま使う人はいないはずです。 それはメールや資料など、文章になっても同じことが言えます。 今回ご紹介する言葉は、ビジネスの場において頻繁に使われる言葉「しており」です。 ビジネスに限らず、日常のいたるところで聞く言葉です。 動作を表す敬語であり、日常で使う頻度も高い言葉です。 言葉の意味と活用、使い方などをしっかり覚えて正しい日本語を使いましょう。 次から、「しており」の意味と使い方をご紹介します。 「しており」の意味とは? 「しております」の意味がわかったところで、次は実際に「しており」の使い方について学んでいきましょう。 上司や取引先、お客様など、敬語を使う機会は頻繁にあります。 意味がわかっていても、スムーズに使えないと「敬語を知らないんだな」という悪い印象を与えかねません。 どのような場面で使うことが多いのか、例を挙げてご紹介します。 ・ご無沙汰しており、申し訳ございません ご無沙汰の「沙汰」とは、「消息」や「便り」を表す言葉です。 文字どおり「挨拶や便りを送らず消息を伝えられていなかった」という非礼を詫びた言葉になります。 最近では、単純に「お久しぶりです」という意味で「ご無沙汰しております」と使われる場面も多いです。 久しぶりに会った取引先や、贔屓にしてもらっていたお客様には「ご無沙汰しており、申し訳ございません」と伝えた方が好印象でしょう。 ・この製品はわたくしもすでに試飲しており、効果を実感しております。 「すでに試飲していて」という意味と、「実感している」という意味の2つの言葉が、それぞれ「しており」で表されているのがお分かりいただけましたでしょうか。 このように、現在行っているだけでなく、過去にすでに行っていた状態のことも「しており」と表すことができます。 ・ただいま店内が大変混雑しており、ご迷惑を掛けしております。 混雑している理由が自分ではなく「お客様」だった場合でも、自分の店を指して言う場合はこのように謙譲語で表現します。 この場合の「しており」は、「今も現在進行形でしているので」という意味が含まれています。 接客業やサービス業の方はとくに「ただいま在庫が欠品しており」「レジに5千円札が不足しており」などお店の状態を表すときに多く使う言葉でしょう。 「しておりません」の使い方 「しており」の意味や使い方がわかったところで、ここからは「しており」を活用した言葉の使い方をご紹介します。 まずは、否定を表す「しておりません」という表現。 こちらは現在進行形で行っていない、という意味になります。 「受け付けていない」と拒否を表すときにも使われる言葉です。 ・こちらの商品は、現在販売しておりません 欠品ではなく、販売自体をしていないという否定の言葉。 しかし、言い切りで文章を終えると相手にきつい印象を与えてしまう恐れがあります。 その場合は、「こちらの商品は、現在販売しておりませんが〇月ごろ入荷を予定しております」「現在販売しておりませんが、販売の目途が立ちましたらご連絡いたしましょうか」と情報を付け加えることで、文が柔らかい印象になるでしょう。 ・現在、弊社では求人の募集はしておりません 他にも「弊社では新規会員の受付はしておりません」など、「現在わが社では行っていない」という旨を相手に伝えるときに使います。 相手に柔らかい印象で伝えたいときには、文頭に「誠に申し訳ございませんが」「恐れ入りますが」といったクッション言葉をつけるといいでしょう。 「しておりませんでした」の使い方 こちらは、前述の「しておりません」という現在進行形の否定に対して、「していなかった」「できていなかった」など過去の行いを指す言葉です。 相手から問われた件に対して「まだしていなかった」と伝えるときに使います。 会社全体の意向を伝える際にも使う「しておりません」に対して、「しておりませんでした」は個人的な行いを指す場合に多く使われます。 ・この件に関しては把握しておりませんでした 上司や取引先から指摘を受け、「現在まで把握をしていなかった」という状況のときに使います。 何か重要なことを、意識的に「やらなかった」という方はまずいないでしょう。 「誤認で」「双方に食い違いがあり」といったニュアンスが含まれた言葉です。 「しておりますため」の使い方 現在行っている事柄を相手に伝え、その上でさらに何かを伝えたいときに用いる言葉が「しておりますため」といった言い回しです。 ただ、「もう少々お待ちいただけますでしょうか」と伝えるよりも、そうなる理由を事前に述べることで相手に納得してもらいやすくします。 他にも、「こちらの商品ですが、容器が破損しておりますため新しいものをお持ちいたします」など、報告と提案を同時に行う際にも使える言い回しです。 ・部長の鈴木は席を外しておりますため、折り返すよう申し伝えます 会社内の人間や会社のことを説明する際にも使えます。 他にも、「現在エスカレーターは使用を停止しておりますため、エレベーターをお使いいただけますでしょうか」など、相手に不都合を与える場合にも使える言葉です。 「しており」とは「している」の謙譲語です。 ビジネスシーンにおいて、自分や自分の会社を指す場合に使う謙譲語は、もっとも使うといっても過言ではありません。 相手の立場を低める誤った敬語は厳禁ですが、同じように自分の立場を高めてしまうのもマナー違反です。 謙譲語と尊敬語はセットで覚えて、どんなシーンでもスムーズに使えるように心がけましょう。 次から、「している」のように動作を表す謙譲語をいくつかご紹介します。 とくに頻繁に使うものなのでしっかり覚えておきましょう。 「言う」の謙譲語 「言う」の謙譲語は「申し上げる」です。 「現況を申し上げますと」「先ほど申し上げましたように」と自分の意見を言う場合に使います。 ビジネスの場で頻繁に使われるので覚えておきましょう。 反対に、尊敬語として目上の方に使う場合には「おっしゃる」になります。 「見る」の謙譲語 「見る」の謙譲語は「拝見する」です。 取引先の相手から、「弊社の製品はご覧になりましたか」と聞かれた場合には、「はい、拝見いたしました」と返答します。 間違っても「はい、ご覧になりました」と答えないようにしましょう。 手紙やメールの場合には、読んで内容を確認したという意味合いも含めて「拝読しました」と伝えるのがベストです。 「行く」の謙譲語 「行く」の謙譲語は「伺う」です。 他にも、「伺う」は「聞く」の謙譲語でもあるので「よろしければ、わたくしがご用件お伺いいたします」といった使い方もできます。 反対に、「行く」の尊敬語は「いらっしゃる」「おいでになる」です。 自分の言葉を理解してから相手に伝えよう.

次の

「ご無沙汰しております」の意味と使い方|「お久しぶりです」との違い

ご無沙汰 し て おり ます ビジネス

ワンパターンの挨拶文じゃつまらない 日頃からやりとりしている相手なら定番の挨拶で十分です。 これさえおさえれば8~9割のメールに対応できます。 サイズ感を出したいときは「大変」をつけてみましょう。 ・お世話になっております。 ・いつもお世話になっております。 ・いつも 大変お世話になっております。 ビジネスメールの挨拶文2:お礼やお詫びから始める ひとことお礼やお詫びから始める方法もあります。 先ほどはお電話にてありがとうございました。 先日は弊社までご足労くださり、お礼申しあげます。 早々と返信をいただき助かります。 たびたびのメールとなり申し訳ありません。 受信を確認せずにメールを送り、失礼いたしました。 ビジネスメールの挨拶文3:「ご無沙汰しております」の使い方 久しぶりに連絡するとき、いつもの調子で「お世話になっております」と挨拶し、用件に入っても間違いではありません。 でも「長い間疎遠になっていたくせに、頼み事があるときだけメールがくるんだから」とマイナスの印象をもたれないようにしましょう。 「ご無沙汰」と挨拶すれば違和感がなく、印象もよくなります。 「ご無沙汰」とは、長い間連絡や訪問をしていないことの丁寧語です。 次の挨拶文を書くときは「(いつも)お世話になっております」は省いて、自分を名乗りましょう。 ご無沙汰しております。 すっかりご無沙汰をしております。 日頃はご無沙汰をいたしまして、申し訳ございません。 久しくご連絡もさしあげず、申し訳なく思っております。 ビジネスメールの挨拶文4:親しい人へひと言添えたいとき 相手のハートをキャッチしよう 親しい人へ定型的な挨拶だけ書くと、なんだか素っ気なく感じることがあります。 そのときは天気やニュース、共通の話題、相手への気配りなどを入れてみましょう。 ・お世話になっております。 今日は快晴で気持ちがよいですね。 ・おはようございます。 そろそろ梅雨入りの季節ですね。 ・いつもお世話になっております。 その後、体調はいかがでしょうか。 ビジネスメールの挨拶文5:初めての相手には安心感を与える 知らない人へ初めてメールをするときは丁寧に書きます。 ある日突然、知らない人からメールが届くと、読み手は不安なものです。 その不安を解消するには、自分が何者かを名乗り、相手を知った理由や了解を取ったうえで紹介者を入れるようにします。 ・突然のメールで失礼いたします。 弊社はフリーペーパーを発行している企業です。 このたび、「地元でおいしいお店」を特集するにあたり、インターネットの検索で貴店の評判を知りました。 ・初めてメールをお送りします。 ビジネスメールの挨拶文6:お客様への丁寧な返信! お詫びやお礼を伝えるとき、自社のホームページに問い合わせがあり、面識のないお客様に返信するときは、かしこまった挨拶が向いています。 ビジネス文書のように書くと礼儀正しさや品格を表すことができます。 平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 日頃はなにかとご支援をいただき、お礼申しあげます。 日頃より弊社製品をご愛顧くださいまして、ありがとうございます。 普段のメールの書き出しは定番の挨拶ですませ、ときには心に響くフレーズにする。 挨拶文を使い分けると、読み手に好感を与え、お互いの仕事がスムーズに運ぶ効果があります。 お気に入りのフレーズが見つかったら、あなたのメールにぜひ使ってみてください。 どんな返信がくるか、ワクワク楽しみに待ってみませんか? 【関連記事】•

次の