アリウム ミレニアム。 宿根アリウム ミレニアム 大株 1ポット

アリウム ミレニアム ポット苗 2株(入荷予定:2020年3月下旬頃) :405002:e

アリウム ミレニアム

商品説明 アリウム・ミレニアムは、従来のアリウムは春咲きであるのに対して盛夏に花を咲かせ、コンパクトな草丈で花壇の前方から中程に植えると良く映える品種です。 2018年にアメリカ多年生植物協会のプランツオブザイヤーを受賞している魅力的な植栽アイテムです。 赤紫色のボール状のお花を咲かせます。 年間を通して日当たりの良い場所で育てます。 増やし方は、株分けか実生で行います。 リン酸分の多い肥料をやることで花つきが良くなります。 【水やり】 露地植えの場合には、雨が降らない日が続くとき以外には特に必要ありません。 鉢植えの場合には表土が乾いたらたっぷりとやります。 【肥料】 リン酸分の多い肥料をやると花つきが良くなります。 【用土】 特に選びませんが、鉢植えの場合には、水はけの良い用土を使用すると良いでしょう。

次の

ネギ属

アリウム ミレニアム

分布 [ ] の温暖な地域に分布するが、(チリの A. juncifolium、ブラジルの A. sellovianumなど)やに自生する A. spathaceum 例外もある。 形態 [ ]。 花期は通常、初夏から秋である。 草丈は5から150cmにおよぶものまで、さまざまである。 が細長くが葉のない花茎の先端に散形花序をなし、傘状もしくは球状に密集する。 線形、中空の円柱形、ひも形などがある。 花は散形花序であるが、多数の花が密集してできる「」と呼ばれる1つの花序が1輪の花のようになっているものが多い。 花弁と雄蘂は6つある。 (球根)の大きさも種類によって異なり、直径2から3mmの大変小さなものから直径8cmから10cmになるものまである。 fistulosum のように、鱗茎を形成しない種類もある。 繁殖・栽培 [ ] 球根性のネギ属の多くは種子で増えるほか、古い球根の周りに小さな球根をつけるか側枝を延ばして子株を作る。 中には花序に直接小さな鱗片(=、英語ではbulb=球根に対してbulblis=小さな球根)をつけて発芽するものもある。 や、に使われる A. cepa var. proliferum がこれにあたり、花序が重みで倒れるなどして球根がばらまかれ、増殖する。 ほとんどがで、やの付近なら露地で栽培できる。 brassicae をはじめとする Noctuidae の幼虫による食害が知られている。 分類 [ ] 約800種を含み、ネギ亜科のみならずヒガンバナ科における最大の属である。 を中心に自生する。 cepa• fistulosum• var. caespitosum• porrum• sativum• chinensis 日本の自生種 [ ] 日本に自生しているものには以下のようなものがある。 ただし、ノビルとニラは、自生状態で見られるものの、古い時代に渡来したものとの見方もある。 victorialis subsp. platyphyllum Hulten• monanthum• tuberosum Rottl. カンケイニラ A. togashii• イトラッキョウ A. virgunculae et• var. kiiense Murata• ミヤマラッキョウ A. splendens Willden. macrostemon• thunbergii• schoenoprasum var. foliosum• エゾネギ var. schoenoprasum• ヒメエゾネギ var. yezomonticola• シブツアサツキ var. shibutuense• シロウマアサツキ var. orientale• イズアサツキ var. idzuense 分類学的位置 [ ] ツリーオニオン( A. fistulosum) 以下のようなものがある。 を食用にするもの:、、、など• 花序にできた鱗片を食用にするもの:、ニンニク• ニンニクも本来は花序に鱗片をつける種であったが、花を摘むなどして球根だけ大量栽培されている。 筒状の葉を食用にするもの:、(葉ネギ)、、など• 扁平な葉を食用とするもの:• かつて日本で栽培されていたヤグラネギ(サンガイネギ: Allium fistulosum var. viviparum )は花序に鱗片をつけて増えるが、種としてはの仲間である。 現在ではほとんど栽培されていない。 肥大化した偽茎を食用にするもの:、など• 花茎を食用にするもの このほか、やは山野に自生するものを採取し、食用とする。 園芸 [ ] A. giganteum 、 A. cristophii などの大型の品種は、立体的な花壇を設計するのに重要である。 豪華な紫色の花を咲かせる交配種がいくつか作出されているが、中でも A. hollandicum は人気があり、 よりを授与された。 ギガンテウム A. giganteum は原産。 「巨大な」という種名の通りの大柄な植物である。 鱗茎は直径10cm以上もあり、葉は幅5cmくらいの剱状、草丈80cmくらいになり、5月ごろに5mm位の花が千個近くも集合した直径20cmあまりの巨大な藤色の「ネギ坊主」を開く。 schoenoprasum も花壇によく植えられる。 薄紫色の花が普通だが、白花種もある。 園芸種はすべて地下茎または鱗茎を持っており、秋植え球根として扱われる。 長く切花として流通していたが、近年では園芸愛好家の間で栽培が増えており、ネット販売などで球根が手に入る。 日当たりと水はけのよいを好む。 途中の植え替えはできないので、花壇やプランターに直接植える。 植え付けの間隔は、小さななどでは15cmくらい、大きななどは40cmくらい必要である。 球根の高さの2倍くらい土がかぶるように植える。 小型の種は花壇やプランター植えにできるが、多くは切り花用に用いられている。 とくに、茎をたやすく曲げることができるなどは、生け花やフラワー・アレンジメントによく使われている。 ギャラリー [ ]•

次の

アリウムの育て方。コツとお手入れ、寄せ植えを一挙紹介します

アリウム ミレニアム

製品名 宿根アリウム ミレニウム(ミレニアム)の苗 2株1組 型番 KI-tanen-289 メーカー 北山ナーセリー 多年草(宿根草)「宿根アリウム ミレニウム」苗のサイズ:9cm~10. 5cmポット植え 開花期:6~9月 草丈:35~55cm前後 備考:ユリ科 多年草 多年草とは:2年以上生存を続ける植物のこと(宿根草も含む)。 宿根草とは:多年草の中で、冬期に地上部だけが枯死して休眠し、春に再び生長する植物のこと。 <多年草(宿根草)「宿根性アリウム ミレニウム」の育て方・栽培方法> 日当たりが良い場所を好みます。 根が良く伸びるので深く耕し、石灰と化成肥料を施して植えつけます。 植えつけ後はたっぷりと水やりをしてください。 一定期間低温に当たることで開花しますので、冬は戸外の寒い場所で管理してください。 また、水切れすると花が咲かなくなりますので、鉢植えの場合は冬もたっぷり水をやってください。 (沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください) 花後、葉が枯れたら掘り上げて涼しく風通しのよい場所で保存します。 自然分球または実生によって殖やすことができます。 <多年草(宿根草)苗のご注意事項> 植物は生き物ですので、個体差や季節により商品画像と姿・形が異なります。 サイズ表記及び写真画像は、平均的なものを掲載しておりますので、ご了承ください。

次の