トヨタ レンタカー 片道 go。 【2020年8月最新版】トヨタレンタカーでau Pay(エーユーペイ)は使える?使えない?

特割GO!|トヨタレンタカー【公式】

トヨタ レンタカー 片道 go

最も一般的なのは新幹線だろう。 なかには航空機という人もいるだろうし、節約派なら夜行バスという選択肢もある。 だが、レンタカーを利用するという人はあまりいないのではないだろうか。 とくに片道利用ともなれば距離が遠いだけに乗り捨て料金は膨大な金額となる。 仮に2019年5月中旬で24時間コンパクトカーをレンタルする場合の金額を楽天トラベルで検索してみた。 すると最安値となったのがニッポンレンタカーで基本料金が5616円。 それに乗り捨て料金3万7800円が加わり、トータル4万3416円。 気軽に利用できるような金額ではない。 トヨタレンタカーの「片道GO!」とは ところが、トヨタレンタカーが興味深いサービスを行っている。 その名も「片道GO!」。 関東と関西の間でレンタカーを利用し、到着地で乗り捨てするにもかかわらず、24時間以内で2160円(税込)、48時間以内で4320円(税込)という低価格で利用できるというものだ。 この金額に乗り捨て料は含まれているので、前述した通常のレンタル代と比較すると驚異的に安いといえる。

次の

東京ー大阪「片道2160円」破格レンタカーの正体

トヨタ レンタカー 片道 go

旅行や仕事でレンタカーを「乗り捨て」しようとしたら、 乗り捨て料金って すっごい高い… 当サイトに来ていただいた方は、乗り捨て料金が高くて、乗り捨てしようかどうか迷っている方、他の交通手段を使おうかいろいろと調べている方が多いのではないでしょうか? 「」では、レンタカー各社の乗り捨て料金を比較調査してみました。 例えば、ご覧の通りです。 結構高いですね。 東京-名古屋なら、2~3. 5万円。 東京-大阪なら、3. 5~4. 7万円。 札幌-旭川なら、0. 5~0. 8万円。 そんな方に朗報です。 最近、 この乗り捨てを破格の料金で利用できるサービスが始まっています。 その名は、 ニッポンレンタカーの「特割ワンウェイ」 トヨタレンタカーの「片道GO」 です。 当サイトは上記の2つの格安な乗り捨てサービスについて紹介していきたいと思います。 ざっくり言うと、 9割引きの料金で利用ができます。 レンタカーの乗り捨て(ワンウェイ)料金が高い理由 そもそも乗り捨て料金はなぜ高いのでしょうか? 乗り捨てされたクルマは元の営業所に戻す(回送)必要があり、多くのレンタカー会社では専門の車の回送業者に委託しています。 結構、重労働。 時間もかかりますね。 このため、専門業者に回送業務をお願いすると、それなりの料金がかかってしまうのです。 乗り捨てを低料金で実現する仕組み 乗り捨てされたクルマの回送を専門業者に委託すると、レンタカー会社は回送費用を支払わなくてはなりません。 そこで、レンタカー会社は専門業者に委託するのではなく、お客さんに回送してもらうことを考えたのです。 ちょうど元の営業所方面に向かおうとしているお客さんを募集し、そのクルマを破格の料金でレンタルするのです。 レンタカー会社としては、売り上げが上がるし、お客さんも低料金で乗り捨てができるのでありがたい。 両者にとってメリットがある仕組みなのです。 この格安で乗り捨てサービスを提供しているのが、ニッポンレンタカーの「特割ワンウェイ」とトヨタレンタカーの「片道GO」です。 それでは、順に紹介していきたいと思います。 ニッポンレンタカーの格安なワンウェイサービス「特割ワンウェイ」 ニッポンレンタカーは、「特割ワンウェイ」というサービス名で格安の乗り捨てサービスを2018年6月12日より提供しています。 「特割ワンウェイ」の利用区間と料金 ニッポンレンタカーの「特割ワンウェイ」は様々な区間で利用ができます。 料金は、決まっておらず、日付や利用区間によって異なります。 いくつか調査してみると御覧の料金となっています。 一般的なコンパクトカー、セダンの場合、 24時間レンタル:1,100円、48時間レンタル:1,650円です。 ミニバンやトラックなどの場合、 24時間レンタル:3,300円、48時間レンタル:4,950円です。 「特割ワンウェイ」も魅了的な料金ですね。 次に「特割ワンウェイ」の予約方法を紹介するとともに、実際にどの区間で、どんな車種のクルマが利用できるのかを紹介いたします。 「特割ワンウェイ」の予約方法 この「特割ワンウェイ」は、webからは利用できず、スマホのアプリ限定です。 アプリは、ニッポンレンタカーのHPに「google play」、「app store」のリンクがありますので、そちらよりダウンロードください。 ・ クルマを借りたい営業所で検索 クルマを借りたい営業所、つまり、「出発する営業所」を指定して検索します。 その営業所に乗り捨てされたクルマがあると、ご覧のように表示される。 行先(返却先)として選択できる営業所 ご覧のように行先(返却先)として、複数の営業所が表示されます。 西は平塚から東は東京江戸川区辺りまで複数の返却先から選択することができるのです。 このクルマは、おそらく、返却先は都内のどこかの営業所でしょう。 レンタカー利用者は、「特割ワンウェイ」で、上記のいずれかの営業所まで運転し、乗り捨てする。 その後、ニッポンレンタカーのスタッフor回送業者に返却先の営業所に回送するという仕組みとなっているようです。 レンタカー会社は、本来、静岡から都内まで回送しなければならないところ、その近くの営業所までお客さんにレンタカーで貸し出しをして、最後の短い距離をレンタカー会社で回送するということを行っているようです。 ・ 「目的地の営業所」を指定して検索 目的地の営業所を指定して、特割ワンウェイが利用できるクルマを検索できます。 こちらの検索方法の方が、クルマを見つけやすいので、「クルマを借りたい営業所」で検索するよりも、 「目的地の営業所を指定」して検索するほうがおすすめです。 クルマのある営業所は、藤枝駅南口、佐久平駅浅間口、本塩釜駅前、神戸三宮、名古屋駅前、名古屋今池で、全国各地バラバラで、車種も様々です。 この中に 自分の近くの営業所がヒットすればラッキーというわけだ。 破格な料金なので、ちょっと離れた営業所まで出向いてでも、利用する価値はあるでしょう。 ちなみにトラックがヒットするのは面白いですね。 例えば、引っ越しを業者に頼まず、自力でやろうとしている人がいれば、悶絶モノでしょう。 24時間借りてもたったの3,300円(利用料+乗り捨て料)です。 トヨタレンタカーの格安なワンウェイサービス「片道GO」 トヨタレンタカーは、「片道GO」というサービス名で格安の乗り捨てサービスを2019年1月28日~提供しています。 他は両方向での乗り捨て可です。 「片道GO」の料金は、 レンタルが24時間の場合は2,200円 レンタルが48時間の場合は4,400円 です。 この料金は、 乗り捨て料金だけではなくレンタル料金も含まれます。 一方、「片道GO」は2,160円です。 Web及び予約センターでのご予約は承っておりません。 指定の「予約電話番号」に直接お電話にて予約をお願いいたします。 台数に限りがあるため、既に満車の場合もございますのでご了承ください。 【引用元】 他の交通手段(新幹線、高速バス)との比較 「片道GO」や「特割ワンウェイ」の料金は、破格の料金で乗り捨てができましたが、その他の交通手段である「新幹線」「高速バス」と比べるとどれくらいお得なのでしょうか? ここでは、「東京~大阪」の場合で比較します。 交通手段 料金 移動時間 新幹線 14,250円 2時間 高速バス 1,500円~6,200円程度 8~9時間 片道GO 13,000円 6~7時間 特割ワンウェイ 12,000円 6~7時間 レンタカー(片道GOや特割ワンウェイ)の場合は、人数が多ければ、一人当たりの金額が安く済みますし、いろんな観光地を周回したり、立ち寄ったりしながら、旅をするのも良いかもしれません。 交通手段によって、その移動の目的が変わるので、どれがよいかは一概に言えませんが、目的・予算に合わせて最適な交通手段を選ぶとよいのではないでしょうか? まとめ 格安でレンタカーの乗り捨てを行いたいのなら、ニッポンレンタカーの「特割ワンウェイ」、トヨタレンタカーの「片道GO」は最適です。 自分が利用したい区間にちょうど回送予定のクルマがあれば、破格の料金で利用できるのは大変魅力的です。 運のよいあなたなら、きっとちょうど良いクルマが見つかるでしょう。 残念ながら「片道GO」「特割ワンウェイ」で格安の乗り捨てできるクルマがなかった。。。 そんな方は、」をご参照ください。 乗り捨て料金はレンタカー会社によって大きく異なります。 ぜひ、一番お得なレンタカー会社を見つかるでしょう。

次の

トヨタレンタカーの片道GOで東京➡名古屋(下道)を利用してみた話

トヨタ レンタカー 片道 go

tags: , , , 東京~大阪間も2160円! トヨタレンタカーにおいても2019年1月から、乗り捨て車両を活用したワンウェイレンタルサービス「片道GO!」を東京都(成田空港の店舗含む)と、大阪および京都府内の店舗で開始。 貸渡期間は出発日から最大48時間で、車両と出発営業所、出発期間は決められていますが、返却営業所は、たとえば「トヨタレンタリース京都」管轄の対象店舗ならどこでもOK、といった形になっています。 料金は一律で、24時間まで2160円、48時間まで4320円(税込。 免責補償料などは含まない)。 つまり、レンタカーで東京~大阪間を最安2160円と燃料代で移動できてしまうのです。 対象車両や出発店舗は、トヨタレンタカーのウェブサイトで随時掲載されています。 トヨタ自動車のモビリティ事業部によると、トヨタレンタカーでも、車両輸送業者を使って乗り捨て車両を登録店舗に返却しているとのこと。 その輸送コストのほか、「業者の人手不足もあり、たとえば東京~大阪間で2週間程度を要するなど、返却まで時間がかかることが課題となっています」といいます。 車両の登録店舗は、その車両が戻ってくるまで次の予約を取れず、貸出機会の損失につながることから、この「輸送待機」期間を利用機会に変えるべく、サービスをスタートしたそうです。 「片道GO!」サービスは、東京(および成田空港)と大阪、京都のあいだで展開されている(トヨタレンタカーのウェブサイトより)。

次の