マスト 細胞 活性 化 症候群。 KAKEN — 研究課題をさがす

CiNii Articles

マスト 細胞 活性 化 症候群

近年,新生児・周産期医療の発展や妊婦の骨格構造の変化,多胎率,高齢出生の増加などによって在胎週数が短く出生体重1,000 g未満で産まれる超低出生体重児が増加している.超低出生体重児は組織未成熟による機能不全のため,肺異形成症候群や動脈管開存症,貧血など種々の合併症を引き起こすリスクがある.そのため出生後直ちに高酸素環境での保育が必要で,分娩時からの集中治療において大きな酸素濃度の変化に曝され,純酸素に近い高濃度から通常濃度への極端かつ急激な酸素濃度の変化(相対的低酸素)によって未熟児網膜症が誘発される. 未熟児網膜症を程すると,網膜血管と無血管野の間の境界部に異常血管が伸長し,重症例では牽引性網膜剥離により視野欠損や失明に陥る.近年の新生児医療の目覚しい進歩により,出生体重わずか300〜400 gの超低出生体重児でも救えるようになったが,皮肉にも医療の進歩により本疾患の患者数は増加の一途を辿っている.未熟児網膜症に対する治療は,レーザーによる光凝固術や強膜輪状締結術,硝子体手術など侵襲性を伴う外科的処置と眼内血管新生病変部位に対する抗vascular endothelial growth factor(VEGF)抗体の投与による薬物療法以外に為す術がなかった.しかしながら,外科的処置は麻酔誘導性発達性神経毒によって後遺症の残る中枢神経障害が誘発されやすく,またVEGFの多様性に基づく抗体の副作用に対して臨床医は非常に慎重な対応を余儀なくされる. マスト細胞は,サイトカインやケモカインなどの炎症性メディエーターや硫酸化プロテオグリカンを含む豊富な顆粒を有する造血幹細胞由来血球系細胞の一つで脱顆粒というプロセスを経てケミカルメディエーターを放出し即時型アレルギー反応を誘導する.他方,組織修復や腫瘍化のプロセスにおける血管新生のエフェクター細胞としても注目されている. 最近,我々の研究グループはマスト細胞が相対的低酸素をセンシングすることを証明した.さらに脱顆粒によって放出されたトリプターゼが未熟児網膜症のモデルマウスである酸素誘導性網膜症における網膜血管異常新生を誘発することを証明した.本稿では,従来の知見に基づくVEGF依存的な未熟児網膜症の病態形成に加えて,マスト細胞の活性化に基づくVEGF非依存的未熟児網膜症の病態形成と新たな治療指針の可能性について我々の研究成果とともに最新の知見を考察する. The number of extremely low birth weight infants less than 1,000 gram of the weight is increasing year by year because of the development of perinatal and neonatal care, the increase of elderly birth, and the high rate of multiple pregnancy. Extremely low birth weight infants caused by organ dysfunction often involve various complications such as pulmonary dysplasia syndrome, anemia, and patent ductus arteriosus. Therefore, a high oxygen care is required to prevent them and save their lives. However, the exposure of extreme changes of an oxygen concentration during the intensive care leads to retinopathy of prematurity ROP. Abnormal extension of the retinal vessels to avascular area is observed in the patients with ROP. In the case of severe patients, ROP is a leading cause of visual field defect or blindness by the tractional retinal detachment. For the treatment of ROP, laser photocoagulation, scleral buckle, and vitreous surgery are often performed in the early stage. The injection of anti-vascular endothelial growth factor VEGF antibody to the lesional site is effective to inhibit abnormal extension of the retinal vessels. However, the surgical treatment for ROP infants has the risk of sequela of the central nervous system caused by anesthesia-induced developmental neurotoxicity. Furthermore, treatment with anti-VEGF antibody requires careful consideration for using because of the diversity of a VEGF molecule. The mast cell is one of the hematopoietic cells containing cytoplasmic granules that contain various kinds of cytokines, chemokines, and chondroitin sulfate proteoglycan, and these factors induce allergy and inflammation through degranulation process. Otherwise, mast cells also produce and release angiogenic factors. Recently, our research group has demonstrated that the mast cells are activated by oxygen stress through the transient receptor potentially ankyrin 1 sensing. Moreover, abnormal retinal angiogenesis is sprout by mast cell tryptase in murine oxygen-induced retinopathy, a model for ROP. We mainly describe the novel pathogenesis of ROP via mast cell activation.

次の

マスト細胞とEDSの、正直まだよくわからない関係: 零陵洞

マスト 細胞 活性 化 症候群

これら起炎性物質は血中に放出された後、遠隔部位で病態誘導する場合があり、近年マスト細胞活性化症候群という新たな概念が提唱されている。 本研究では、マスト細胞の活性化と病態発現部位について、組織微小環境を背景に疾患および動物ごとの機能性物質を同定し、多種類の動物を対象とする獣医領域において未だ十分に解明されていない難治性炎症性疾患の病態解析と再定義をすることによって、病因と病勢評価につながる新たな診断法および治療薬の開発を目指す。 また、消化管寄生虫感染により腸管マスト細胞の増殖を誘導し、その単離を試みた。 ソーティングによりNaphthol AS-D陽性の腸管マスト細胞を得た。 これら皮膚および腸管マスト細胞に加え腹腔内マスト細胞、骨髄由来培養マスト細胞を材料としてラベルフリー定量ショットガンプロテオミクスによる網羅的なタンパク質比較解析を実施、現在その解析中である。 2.transient receptor potential TRP A1が相対的酸素変化をセンシンシングすることを突き止めた。 3.マウスのマスト細胞トリプターゼ欠損マウスの作成に成功した。 4.未熟児網膜症モデルにおいて、網膜の異常血管誘導因子の同定に成功した。 この研究成果はJournal of Clinical Investigationに掲載された。 5.ウマ蕁麻疹症例の末梢血中において、高濃度のマスト細胞トリプターゼの測定に成功した。 現在までの達成度 区分 現在までの達成度 区分 1: 当初の計画以上に進展している 理由 未熟児網膜症モデルによる研究では、マスト細胞由来の病態誘導のマスター分子の発見に続き、網膜における異常血管誘導因子の同定に成功した。 これは予想を超える結果である。 この成果は、Journal of Clinical Investigationに掲載されるとともに、Journal of Allergy and Clinical Immunologyのthe News Beyond Our Pages columnで紹介された。 今後の研究の推進方策 予定した研究計画は順調に実施され、成果を得ていること、さらにウマの試験も開始、着実に結果を得ていることから、特段の推進方策を計画していない。

次の

【感動物語】愛しているのに会えない…「夫アレルギー」と闘うアメリカの夫婦

マスト 細胞 活性 化 症候群

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の