大雷鳳。 大雷鳳 (だいらいおう)とは【ピクシブ百科事典】

開始的開始到結束~ @ IemBoii's Blog :: 痞客邦 ::

大雷鳳

說穿了,是一款遊戲。 但是他陪我度過了四年的暑假。 每一年暑假我都在拯救世界、拯救地球、到了這次更厲害了,我開始拯救銀河。 機械人大戰,說起來我從GB的第二次機械人大戰G開始接觸,那個時候正好SFC的第四次機戰很紅,於是就踏下這條不歸路。 我是個羅撥迷。 機戰對我來說,是一個回憶、一個過程、一個讓自己更成熟、一個不可缺少的部分。 蕾比的加入、教官英格蘭姆的叛變,最後擊退巴魯瑪星人,是謂巴魯瑪戰役。 四線主人公、四條完全不同的劇情,是全新的體驗。 第一次玩的主人公是當麻,超級系男主角。 機組是雷鳳,後繼機大雷鳳。 主人公當麻是一個熱血、剛直、武人性格的笨蛋(?)擁有無數的證照與莫名其妙的打工經驗。 為了能夠駕馭雷鳳,當麻在各路高手的調教之下,漸有進步。 但是他剛直的武人性格卻在半路讓他走火入魔。 原因是在他成長的路上,一道牆的突然出現。 每一次挑戰巴蘭都失敗的當麻,已經忘記他為什麼坐上雷鳳、為什麼要變強,終於迷失成為一個追求力量的餓鬼羅煞。 雷鳳的LIOH系統,美其名是激發駕駛員潛力,根據駕駛員的潛力來調整雷鳳機能的超級系統,其實是將駕駛員當作零件的狂戰士系統。 遊戲初期的當麻,為了要能夠駕馭LIOH而不斷的請鐵也、宙以及凱來鍛鍊自己,但是最終還是敵不過LIOH的摧殘,終於還是不支倒地。 ミナキ終於是失望的迷失了方向。 沒有LIOH的加持,雷鳳就無法完全發揮本身的力量,當然,身為一個普通人的當麻,戰鬥力平平、長相沒有特色、當然無法馬上就成為戰力。 但是當麻畢竟是主人公啊!什麼都普通的當麻,最厲害的就是鬥志。 但是好景不常,隨著與巴蘭數次的對戰,只有鬥志的當麻當然不是巴魯碼帝國第一武將巴蘭的對手,當麻屢次在差一點就可以勝利的時候被巴蘭的鐵球入魂給擊潰。 當然,支撐巴蘭的信念、武人之魂是當時的當麻所不能理解的...... 每次的鍛鍊都讓當麻覺得這一次一定可以擊敗巴蘭,也一定要擊敗他!但是都只差一點點。 一次的打擊、兩次的打擊、無數次的打擊讓當麻的鬥志破碎了。 當麻認為只有打敗巴蘭才是真正的強,於是逐漸步入追求力量的餓鬼之道。 像是要證明什麼似的,只要巴蘭出現的場合,當麻就一定要和他拼命。 巴蘭發現當麻的狂氣與迷失,便也不願意再以武人之禮對待當麻,又使的當麻對巴蘭的執著更深了一層。 早已忘了為什麼坐上雷鳳、早已忘了為什麼自己要受這麼多的訓練以及磨練,此時的當麻,眼中只有巴蘭,只有力量。 一次無情敗北,當麻的雷鳳大破,無情的鐵球像是要打醒這個羅煞一樣襲來,已經無法抵擋的當麻只能閉起眼睛吼叫與昏厥。 突然之間鐵球像是撞倒一睹巨牆一般的彈開,「武神見參」,擊退鐵球正是大前卡的斬艦刀。 同是武人的前卡與巴蘭,也因此理解彼此的意思,巴蘭便賣了前卡的面子離開了。 醒來的當麻知道自己被前卡所救,一股油然而起的羞愧馬上變成憤怒。 前卡留下來的訊息看也沒看便撕成兩半...... 又是一次難堪的敗北,當麻不顧其他同伴的勸告兀自去和巴蘭單挑。 單然,缺乏信念的餓鬼是不可能勝過絕對信念支持的巴蘭。 此刻,現身相救的又是大前卡。 「劍,再打就有了;人命卻不可以重來。 」 前卡拿出他的斬艦刀來交換當麻與雷鳳的性命。 雖然換得巴蘭的手下留情,卻換不回來當麻的回頭。 雷鳳大破,右眼無法修復。 面對屢次修理大破的雷鳳,ミナキ也不願意看到當麻繼續沈淪,當當麻提出重新拿出LIOH系統的時候,ミナキ終於按耐不住,放出狠話要洗掉雷鳳所有的紀錄,不再給當麻駕駛。 而當麻只是悻悻然的離開,在心中盤算要去搶哪一台更強力的機械人來使用。 偶然的機會,當麻和巴魯碼帝國的巫女アルマナ結伴出遊,隨行的還有一直想要說服當麻回頭的老大。 獨自一人,沒有半點力量的當麻走在街上,除了和アルマナ聊天很開心之外,一談到有關力量與戰鬥的事情就皺起眉頭...... 周圍迴響著救命與逃難的嘶吼與慘叫,當麻好恨自己沒有力量可以救這些人...... 一瞬間,他想到了自己坐上雷鳳的情景,一個為了救他而死的聯邦軍軍人,一個威風凜凜的武人,一個再過去封印戰爭就過自己的武人前卡,以及一個與前卡有類似風股的武人...... 過去因為前卡,而也想成為一個擁有救人之力的強者,而與巴蘭的對戰中,想要藉由戰勝巴蘭來證明自己已經擁有那樣的實力,卻總是被擊敗而還被自己所景仰的前卡所救的窘態...... 一瞬間,當麻的心結解開了。 終於瞭解到為什麼前卡會那麼強,為什麼自己打不贏巴蘭。 因為信念。 因為要守護大家的信念。 此刻的當麻,眼中所希望的不是「戰勝」的力量,而是「守護」的力量。 ミナキ看到當麻已經重生,立刻把新生雷鳳交給當麻...... 除了補強雷鳳的武裝以及內裝,徹底的個人化也是讓當麻更順手駕馭雷鳳的原因,新生雷鳳...... DGG 3號機 鬥神大雷鳳 就此誕生。 既然大雷鳳登場了,剩下就是清光地圖上的100台雜魚。 眾人看到當麻的成長,也是非常的高興以及興慰。 好景還是不常,雖然大雷鳳很厲害,但是沒有LIOH系統的支援,還是無法發揮他百分之百的力量。 在一次惡鬥中,大雷鳳還是被巴蘭的鐵球入魂撂倒了。 躺在病院的當麻,眼神中閃耀著覺悟,對ミナキ說希望把LIOH系統重新安裝在大雷鳳身上,這樣才能有足夠的力量守護大家...... 就算自己會犧牲也沒關係。 ミナキ面對有必死覺悟的當麻,終於還是把LIOH系統裝回去。 就在當麻還躺在病院,巴魯碼帝國的攻擊又來了,這次的攻擊的對象正是藏匿帝國女巫アルマナ的大空魔龍!有勇無謀的ミナキ開著小吉姆就想要去子彈...... 甩著紅色領巾的大雷鳳突然之間現身在敵人和ミナキ的小吉姆中間!硬是接下了這一次的攻擊,準備反擊的大雷鳳...... 『トウマ! LIOHの啟動方法は...... 』 「いいんだ,ミナキ... 」 『え... ?』 「俺はLIOHをわない... 」 「俺は俺の力で戰う... ! LIOHの力に賴ったち それは俺の戰いではなくなっちまう!」 『トウマ... 』 「だけど,ミナキ... 君とアルマナは必ず守る... ! 今のうちに退くんだ!」 『私,ここにいる... 』 「ミナキ... 」 『わかるわ... トウマが何をようしているが... きっとそれには私の力も必要になる... 』 『それに...... 信じている,トウマの勝利を... 』 【ならば,やってみせろ! 奇跡というやつを!】 「外道っ! お前に見せてやるは 奇跡なんかじゃない!」 「今日まで戦ってきた 俺の闘志の結晶だ!」 「飛ぶぞ!大雷鳳!」 人機一體大雷鳳,以超過機體負荷的力量給敵人重擊,終於,當麻有超越極限的力量去守護自己所心愛的人與重視的人...... 受傷的右眼張開,並且直視著前方!隨空氣中細小微塵的摩擦,超越極限的大雷鳳以神雷般的速度給予敵連續的重擊,高速的摩擦終於引起了大火,燃燒的大雷鳳不顧一切,只要給敵人致命的重擊!終於從天灌腦一擊斃殺伴隨著巨大的火柱落入地平線,爆炸般的大火如洩洪一般向上噴射,只見一個黑影從火柱之中竄出,只看到領巾的飛揚以及威風八面的武者勝利...... 「これは... 俺の勝ちだ!」 每一次玩,都會有這樣的感動,也會奮不顧身(!?)的跟著台詞一起吼叫...... 哈~ 最後附上幾個我認為很經典的Mix~.

次の

ダイナミック・ゼネラル・ガーディアン

大雷鳳

大雷鳳(だいらいおう)とは、「」に登場する機体である。 概要 の強化機体。 初出は「」編第話。 式番号D-C。 正式名称は「・・」であるが、その名前を聞いたにより「大雷鳳」と呼ばれ、以後一般名詞化している。 要はと同じである。 また、・トオミネの意向により・・機としてのを正式に受けたことで、てやアウセンザイターと並ぶ「機」となった。 をにであるのに合わせて、機体そのものに底したを施した結果、非常にピーなを持つに到っている。 が使用する事に特化されたにより、以外では歩行させる事すら困難な代物となっている。 にの出向上やの追加などに重点を置いた強化が施され、汎用性と引き換えにのをより引き出せるようになっている。 それに伴い、全高. 8m・総重量. 6tとと較して一回りほど大化され、より色の強い機体に仕上がっている。 (ちなみには全高. 3m、総重量. 2t) なお、機体強化には・トオミネの他にもも関わっていたとされている。 終盤に・ドバンの機「ベミドバン」とのに敗れ、その際に頭部右半分が損壊してしまった為、応急処置として右眼にが取り付けられている。 余談だが、この機体が登場するよりも前に、「2」にてがにならい、ライの名前を取って「ライ」、ひいては「ラー」と言っている。 作中の活躍について ・ドバンとの決着に固執するあまりとしての本懐を見失い、のからも外されたであったが、ハが仕向けた意志を持たないム「衆」操縦による体のの破壊活動に巻き込まれた達を守る為に、捨て身で戦おうとしていたのとしての覚悟を見たから再び託されている。 初登場時は演出とはいえ、破壊を行っていた体をほぼ一で殲滅してしまうほどの活躍を挙げており、それを見ていたやを驚かせ、をとして認せるほどだった。 最終的には、体全てを大雷鳳1体で撃墜する事になる。 また、他にもではやのを一撃で葬った事があったりと、他の機と較して優遇されている節がある。 (注記:厳密にいえばに対してはとの連携攻撃で倒したが、大雷鳳だけでも十分すぎるを出している。 ) システムLIOHの呪縛 大雷鳳は長所を伸ばす事に特化された為、短所はと同様に残されている。 特に、Hによりの潜在を引き出していなければに性を発揮できない、というの呪縛もそのままである。 更に大雷鳳にいたっては、Hを使用せずにで戦うと、そのでが機体諸共破壊されるという危険な側面を持つに到っている。 はこの側面を「が時速キロで飛ぶのなら大雷鳳は時速200キロで飛ぶの球」と喩している。 (の球:に解説すると重さ4~7キロ程度のウレタンの塊と思えば間違いない。 のとは違い、硬いものにぶつける事を想定して作られていない。 ) これの解決策としては、「Hの封印を解く」以外にも「常に攻撃を芯で、相手にその威を伝達させる事(一矢談)」というにも等しい芸当がある。 論なんですけどね。 「神の雷」 も終盤にさしかかろうとしていた話。 Hの封印解除を伝えようとしていたを遮り、はHを使わない事を選択。 も本当は判っていたのである。 もう一つの解決策があった事を。 によりのリミッターが解除されると、大雷鳳の右眼部分のと開き、そこに現れた々しき「人の顔」はの決意の表れといったところか。 して相手にめがけて突撃したかと思えば、最大限に開放されたがまるでのとでもいうべき姿に変わり、大雷鳳のによる渾身の飛び蹴りが相手に突き刺さった時、からの警告が伝えられる。 しかし、大雷鳳との攻撃は更に続いた。 点に到達したでがに変わり、相手を殴り飛ばしたかと思えばそれを上回るで先回りして相手の上へ舞い上がり、メといわんがばかりにもう一撃渾身の飛び蹴りを見舞い、相手を地表につけた直後、巨大な火柱が上がる。 そして火柱から抜け出し、火柱を背にしてはこう言ったのだった。 「名づけて・・・・・・!」 一矢が述べていた「」は、の闘志が引き起こした「人機一体による一撃」によって体現されたのである。 また、最後の一撃を放った際の大雷鳳の稼動効率は. 「Hをえた」とが発言しており、破れないのHの呪縛を通り「蹴り砕いた」のだった。 ちなみに、この凄まじい威を誇る「」の犠牲者第はで、一撃で倒されていた。 (注記:直後に。 しかし、この後に「鋼の戦」と眠れる獅子状態から覚めたがハを襲うのである。 ) また、先述したに対してはの上から 万( 実質上万)という規格外のぶっ飛んだを出した。 ユニットとしての性能 の強化機体という事で、全体的な強化が図られている。 特にで飛行可になった点は結構大きい。 より対戦にがった性に仕上がっているが、底上げされた武装の攻撃と自身の格闘値と技量値の、加えて長が「格闘の攻撃+20」に変化したお陰で、通常でも見違える程のを発揮する。 更に、長は員に適応されるため、攻撃の威も底上げされる。 試しに員を、攻撃が格闘であるにして、それらに「攻撃」のを習得させてみよう。 やの状態にもよるが、攻撃だけで1万近いかそれ以上のを楽に出せるである。 これだけでも相当なものだが、更に終盤に追加される「」が破格の威を誇る事に加え、敵のバや特殊装甲、差による低下を視してを与えるので、正にとして部隊の中心的存在になる。 主な技• ・ の強化技。 ・チャージ の強化技。 からこれといって変化したモーションはいが、機体出の向上により威が上がっている。 ・ ルの強化技。 モーションに変化は見られないが、コンー展開時のが右足のみに変わり大化している。 また、突撃する際にが螺旋を描くようにも見えなくはい。 ライグ・ ライグの強化技。 どちらかといえばを生かした技であったライグであるが、こちらはを生かした技へと変化している。 右腕で相手を掴みの如く相手を振り回した後上へ投げ飛ばす。 そしてメの一撃に高速の飛び蹴りを見舞い相手を粉砕する技となっている。 (じんらい) 話から追加される。 先述したとおり、大雷鳳のリミッターを解除して、を引き出し渾身の飛び蹴りを放つ技。 大雷鳳が持つから常に相手を芯で捕らえて打ち込む必要があり、動く相手に対しそれを為し得るのはもはやであるとも言われている。 破格の威を誇るが、気以上でないと放てないという欠点もある。 (注記:は養成で「気」を習得していない限りは最大値。 ) なお、この技のを作成するのに2ヶを要したという逸話は有名であろう。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

大雷鳳とは (ダイライオウとは) [単語記事]

大雷鳳

說穿了,是一款遊戲。 但是他陪我度過了四年的暑假。 每一年暑假我都在拯救世界、拯救地球、到了這次更厲害了,我開始拯救銀河。 機械人大戰,說起來我從GB的第二次機械人大戰G開始接觸,那個時候正好SFC的第四次機戰很紅,於是就踏下這條不歸路。 我是個羅撥迷。 機戰對我來說,是一個回憶、一個過程、一個讓自己更成熟、一個不可缺少的部分。 蕾比的加入、教官英格蘭姆的叛變,最後擊退巴魯瑪星人,是謂巴魯瑪戰役。 四線主人公、四條完全不同的劇情,是全新的體驗。 第一次玩的主人公是當麻,超級系男主角。 機組是雷鳳,後繼機大雷鳳。 主人公當麻是一個熱血、剛直、武人性格的笨蛋(?)擁有無數的證照與莫名其妙的打工經驗。 為了能夠駕馭雷鳳,當麻在各路高手的調教之下,漸有進步。 但是他剛直的武人性格卻在半路讓他走火入魔。 原因是在他成長的路上,一道牆的突然出現。 每一次挑戰巴蘭都失敗的當麻,已經忘記他為什麼坐上雷鳳、為什麼要變強,終於迷失成為一個追求力量的餓鬼羅煞。 雷鳳的LIOH系統,美其名是激發駕駛員潛力,根據駕駛員的潛力來調整雷鳳機能的超級系統,其實是將駕駛員當作零件的狂戰士系統。 遊戲初期的當麻,為了要能夠駕馭LIOH而不斷的請鐵也、宙以及凱來鍛鍊自己,但是最終還是敵不過LIOH的摧殘,終於還是不支倒地。 ミナキ終於是失望的迷失了方向。 沒有LIOH的加持,雷鳳就無法完全發揮本身的力量,當然,身為一個普通人的當麻,戰鬥力平平、長相沒有特色、當然無法馬上就成為戰力。 但是當麻畢竟是主人公啊!什麼都普通的當麻,最厲害的就是鬥志。 但是好景不常,隨著與巴蘭數次的對戰,只有鬥志的當麻當然不是巴魯碼帝國第一武將巴蘭的對手,當麻屢次在差一點就可以勝利的時候被巴蘭的鐵球入魂給擊潰。 當然,支撐巴蘭的信念、武人之魂是當時的當麻所不能理解的...... 每次的鍛鍊都讓當麻覺得這一次一定可以擊敗巴蘭,也一定要擊敗他!但是都只差一點點。 一次的打擊、兩次的打擊、無數次的打擊讓當麻的鬥志破碎了。 當麻認為只有打敗巴蘭才是真正的強,於是逐漸步入追求力量的餓鬼之道。 像是要證明什麼似的,只要巴蘭出現的場合,當麻就一定要和他拼命。 巴蘭發現當麻的狂氣與迷失,便也不願意再以武人之禮對待當麻,又使的當麻對巴蘭的執著更深了一層。 早已忘了為什麼坐上雷鳳、早已忘了為什麼自己要受這麼多的訓練以及磨練,此時的當麻,眼中只有巴蘭,只有力量。 一次無情敗北,當麻的雷鳳大破,無情的鐵球像是要打醒這個羅煞一樣襲來,已經無法抵擋的當麻只能閉起眼睛吼叫與昏厥。 突然之間鐵球像是撞倒一睹巨牆一般的彈開,「武神見參」,擊退鐵球正是大前卡的斬艦刀。 同是武人的前卡與巴蘭,也因此理解彼此的意思,巴蘭便賣了前卡的面子離開了。 醒來的當麻知道自己被前卡所救,一股油然而起的羞愧馬上變成憤怒。 前卡留下來的訊息看也沒看便撕成兩半...... 又是一次難堪的敗北,當麻不顧其他同伴的勸告兀自去和巴蘭單挑。 單然,缺乏信念的餓鬼是不可能勝過絕對信念支持的巴蘭。 此刻,現身相救的又是大前卡。 「劍,再打就有了;人命卻不可以重來。 」 前卡拿出他的斬艦刀來交換當麻與雷鳳的性命。 雖然換得巴蘭的手下留情,卻換不回來當麻的回頭。 雷鳳大破,右眼無法修復。 面對屢次修理大破的雷鳳,ミナキ也不願意看到當麻繼續沈淪,當當麻提出重新拿出LIOH系統的時候,ミナキ終於按耐不住,放出狠話要洗掉雷鳳所有的紀錄,不再給當麻駕駛。 而當麻只是悻悻然的離開,在心中盤算要去搶哪一台更強力的機械人來使用。 偶然的機會,當麻和巴魯碼帝國的巫女アルマナ結伴出遊,隨行的還有一直想要說服當麻回頭的老大。 獨自一人,沒有半點力量的當麻走在街上,除了和アルマナ聊天很開心之外,一談到有關力量與戰鬥的事情就皺起眉頭...... 周圍迴響著救命與逃難的嘶吼與慘叫,當麻好恨自己沒有力量可以救這些人...... 一瞬間,他想到了自己坐上雷鳳的情景,一個為了救他而死的聯邦軍軍人,一個威風凜凜的武人,一個再過去封印戰爭就過自己的武人前卡,以及一個與前卡有類似風股的武人...... 過去因為前卡,而也想成為一個擁有救人之力的強者,而與巴蘭的對戰中,想要藉由戰勝巴蘭來證明自己已經擁有那樣的實力,卻總是被擊敗而還被自己所景仰的前卡所救的窘態...... 一瞬間,當麻的心結解開了。 終於瞭解到為什麼前卡會那麼強,為什麼自己打不贏巴蘭。 因為信念。 因為要守護大家的信念。 此刻的當麻,眼中所希望的不是「戰勝」的力量,而是「守護」的力量。 ミナキ看到當麻已經重生,立刻把新生雷鳳交給當麻...... 除了補強雷鳳的武裝以及內裝,徹底的個人化也是讓當麻更順手駕馭雷鳳的原因,新生雷鳳...... DGG 3號機 鬥神大雷鳳 就此誕生。 既然大雷鳳登場了,剩下就是清光地圖上的100台雜魚。 眾人看到當麻的成長,也是非常的高興以及興慰。 好景還是不常,雖然大雷鳳很厲害,但是沒有LIOH系統的支援,還是無法發揮他百分之百的力量。 在一次惡鬥中,大雷鳳還是被巴蘭的鐵球入魂撂倒了。 躺在病院的當麻,眼神中閃耀著覺悟,對ミナキ說希望把LIOH系統重新安裝在大雷鳳身上,這樣才能有足夠的力量守護大家...... 就算自己會犧牲也沒關係。 ミナキ面對有必死覺悟的當麻,終於還是把LIOH系統裝回去。 就在當麻還躺在病院,巴魯碼帝國的攻擊又來了,這次的攻擊的對象正是藏匿帝國女巫アルマナ的大空魔龍!有勇無謀的ミナキ開著小吉姆就想要去子彈...... 甩著紅色領巾的大雷鳳突然之間現身在敵人和ミナキ的小吉姆中間!硬是接下了這一次的攻擊,準備反擊的大雷鳳...... 『トウマ! LIOHの啟動方法は...... 』 「いいんだ,ミナキ... 」 『え... ?』 「俺はLIOHをわない... 」 「俺は俺の力で戰う... ! LIOHの力に賴ったち それは俺の戰いではなくなっちまう!」 『トウマ... 』 「だけど,ミナキ... 君とアルマナは必ず守る... ! 今のうちに退くんだ!」 『私,ここにいる... 』 「ミナキ... 」 『わかるわ... トウマが何をようしているが... きっとそれには私の力も必要になる... 』 『それに...... 信じている,トウマの勝利を... 』 【ならば,やってみせろ! 奇跡というやつを!】 「外道っ! お前に見せてやるは 奇跡なんかじゃない!」 「今日まで戦ってきた 俺の闘志の結晶だ!」 「飛ぶぞ!大雷鳳!」 人機一體大雷鳳,以超過機體負荷的力量給敵人重擊,終於,當麻有超越極限的力量去守護自己所心愛的人與重視的人...... 受傷的右眼張開,並且直視著前方!隨空氣中細小微塵的摩擦,超越極限的大雷鳳以神雷般的速度給予敵連續的重擊,高速的摩擦終於引起了大火,燃燒的大雷鳳不顧一切,只要給敵人致命的重擊!終於從天灌腦一擊斃殺伴隨著巨大的火柱落入地平線,爆炸般的大火如洩洪一般向上噴射,只見一個黑影從火柱之中竄出,只看到領巾的飛揚以及威風八面的武者勝利...... 「これは... 俺の勝ちだ!」 每一次玩,都會有這樣的感動,也會奮不顧身(!?)的跟著台詞一起吼叫...... 哈~ 最後附上幾個我認為很經典的Mix~.

次の