いろは かわいい。 まどか☆マギカの外伝アプリ!いろはちゃんかわいい!【マギアレコード】

【俺ガイル】一色いろは(いろはす)がかわいい!八幡との恋愛・デートや告白の断り方・あざとい名言や結末・その後のまとめ!(ネタバレ注意)

いろは かわいい

精神強化が解放された水着いろははどこが強いのか? そのステータスやコネクトなどをチェックしていきます。 妨害系、いいですね。 マギアは縦方向にダメージと、ちょっと使い勝手が悪い部分はありますが、相手の防御力を下げつつ、味方全体のアクセルMPアップとHP回復が可能。 なんだかんだ味方全体のHP回復持ちは貴重なので、回復役として採用するのもアリですね。 潜在アビリティは状態異常耐性アップと、地味ながらも幅広いシーンで役立つ便利なもの。 状態異常を使う敵は多いですからね……。 そして、潜在スキルがなかなか便利。 味方全体に防御力アップとHP自動回復を付与できます。 バトル開始直後に防御を固められるので、戦いを有利に進めやすくなる寸法です。 限定魔法少女の中ではちょっと地味……もとい、縁の下の力持ちという印象ですが、全般的に高水準でまとまっています。 格上のボス敵相手に持久戦気味で立ち向かう際には役立つ能力がそろっているので、お迎えできたら育てる価値はあるかと。 攻撃重視のパーティが好きなので!•

次の

釣りいろは しまがかわいいと話題!! 年齢や彼氏,本名(名前),結婚などプロフィール【島恵子】

いろは かわいい

【マギアレコード】環いろはのプロフィール・性格・願い まずは、 いろはがどんなキャラクターなのか?ってことを簡単にご紹介します。 プロフィールはこんな感じ。 神浜市で小さいキュゥべえと接触してから、同じ夢を何度も見るようになります。 知らない少女に、病院で話しかけられる夢。 その秘密を知るために、神浜市へやってきた 魔法少女です。 彼女には、普通の魔法少女とは違うところが一つあります。 それは 「自分の願い事がわからない」ということ。 しかし、小さいキュゥべえと出会い、抱きしめたことでそれを思い出します。 でも何故か、今の今まで妹がいたことさえ、忘れてしまっていた……。 妹のういは、何故いなくなってしまったのか……? どこへ行ったのか……? いろはは、ういの行方を探ることを決意するのでした。 そんな経緯で神浜に根付いた魔法少女となります。 環いろはの人物像 性格はとても温厚で、優しい少女。 ういが入院していたときは甲斐甲斐しく面倒を見て、彼女を励ましていました。 でも、 学校ではあまり友達がいなかった。 周囲に遠慮しがちで本音を言えず、いつも曖昧な笑顔を浮かべていた。 嫌われたくなくてそうしていたはずなのに、周りからは 「何を考えているかわからない」と言われてしまいます。 神浜に来てからは、ういのことを調べている中、魔法少女たちと仲良くなっていきます。 面倒を見てくれたももこや、そのチームメイトであるかえでやレナ。 最初は小さいキュゥべえを巡って敵対していたものの、ウワサを探っている間に距離が近づいていった、やちよ。 フェリシアやさなたちとも仲良くなって、 やちよの家である「みかづき荘」に4人で住むようになり、家族のような関係になっていきます。 方向音痴だったり、流行に疎くてスマホもうまく使えないなど、 抜けてるところがあってかわいい。 料理が得意ですが、 和風で味付けが薄めだったり、年寄り好きするものが多め。 フェリシアいわく、 「味なし料理」。 ただこれは、 病弱で食べられるものが限られていたういのために覚えた料理だから、という理由があります。 次に、中のかわいい画像・衣装をまとめていきます。 【マギアレコード】環いろはのかわいい衣装・画像! アニメでは多分描写されませんが、では可愛い衣装に着せ替えが可能。 現時点では、 魔法少女衣装・制服・制服(神浜転校後)・水着・冬服・メイド服・お正月衣装が実装されています。 魔法少女衣装 デフォルトの魔法少女の姿。 意外と露出度高め。 おへそが眩しい……! 首元にあるのがソウルジェム。 制服衣装 制服衣装(神浜転校後) 水着 「はぁっ!ぼ、ぼーっとしてて、びっくりしちゃった。 ふふっ、今度私も、冷えたジュースをピタって、びっくりさせちゃおうかな。 」 い、意外と大胆な水着なんですね……。 最高です! 冬服 メイド服 やちよさんをおもてなしするためにメイドになるとか、ヤバい。 お正月衣装 「あ、いた!よかった〜。 どこに行っちゃったのかと思って心配したんだよ…。 だいぶ人も多くなってきたし、はぐれないように手繋ごっか。 」 続いて、 ストーリーでの活躍やかわいいシーンを詳しく紹介していきます! 【マギアレコード】環いろはのかわいい・かっこいいシーンまとめ!やちよ・さなとの関係は? それでは、いろはの活躍やかわいいシーンについてご紹介します! 主にメインストーリーで、みかづき荘のみんなと仲良くなっていく過程で魅力が発揮されるので、 やちよやさなとの関係を中心に、いろはの可愛さ・活躍を見ていこうかなと! いろはとやちよの関係 もはや 夫婦とまで呼ばれるレベル。 出会いは最悪 いろはとやちよが出会ったのは、いろはが小さいキュゥべえを探しに神浜へ来た時のこと。 小さいキュゥべえと接触しようとするいろは。 しかし、イレギュラーである そのキュゥべえをやちよは許せなかった。 小さいキュゥべえを襲おうとする彼女に立ち向かったのが、いろはとやちよの出会いでした。 しかし…… ウワサを追っていく途中で、お互いに分かり合っていく 記憶を取り戻し、ういを探すために神浜を探るいろは。 口寄せ神社のウワサや、ミザリーウォーターのウワサなどを調べていると、同じくウワサを追うやちよと一緒に行動することが多くなっていきました。 やちよは ウワサには気をつけなさい、と注意してくれた。 魔女に襲われた時、助けてくれた。 そんなやちよの優しさに触れたとき、いろはは気付きます。 いろははそうだと確信します。 やちよはいろはを遠ざけるような発言をしてばかりでしたが、 いろははその中にある優しさに気づける少女なんですよね。 そして、そんなやちよの優しさに気づいていながらも、何かを抱えていそうなやちよ本人には言わず、自分の心の中にとどめておける。 そんな思いやりのできるところが可愛いと思います。 口寄せ神社のウワサ ソウルジェムが穢れきってしまった状態で、ウワサと戦うことになってしまったいろは。 そんな彼女を、やちよは庇いながら戦います。 背中に抱えられながら、いろははやちよのぬくもりを感じていました。 そして、その後心配されたいろはは、やちよの家に泊まることに。 やちよの優しさに感化され、いろはは一緒に活動することを持ちかけます。 決めたら一直線というか、まっすぐなのがかわいい。 ニッコニコ笑顔で 「仲間なんですね!」と喜ぶも、 「仲間じゃないわ、協力関係」とやっぱり突き放されて驚く顔もかわいい。 一緒に住むことに フェリシアと仲間になったいろはとやちよ。 やちよは家がないというフェリシアを住まわせることを決めます。 引っ越し予定があるも、まだ住む場所が決まっていないといういろはも、やちよは一緒に住むように提案します。 それを受けていろはは言う。 「なんかこうなるのも、ちょっとした運命みたいです」 チームの解散、そして…… みかづき荘に住む仲間も増えてきて、みんなでやちよにプレゼントを用意していたものの、やちよの様子がおかしい。 みんなのことを拒絶し、 「チームは解散よ」と冷たく言い放たれてしまいます。 そして、鶴乃やフェリシアたちも、マギウスの翼に洗脳されてしまう……。 いろはは、完全に孤立してしまいます。 それでも、やちよは一緒に戦ってくれるはず。 そう思っていましたが、いろはは拒絶されてしまう。 ここまでのストーリーで唯一、いろはが感情を顕にしたシーンです。 やっと得られた友だちだからこそ、絶対に手放したくない。 そんないろはの想いが伝わってきて熱い。 そしてやちよは全てを話します。 彼女は魔法少女になったときの願いによって、 「みんなが自分を守るために死んでいく」と思っている。 だから、頑なに仲間だと言わなかったのは、失うことを怖れていたから。 そんな彼女に、いろはははっきりと言い放ちます。 私はやちよさんが居なくなったら、寂しいから。 悲しくて嫌だからこのウワサを1人で倒します! そして、ふたりで一緒に、みんなを助けに行くんです!」 そんな彼女に絆されて、やちよも初めて名前を呼ぶ。 「ありがとう……いろは……」 それからは、二人は大切な友だちとしてお互いを想い合うようになっていきます。 最高に尊い。 中でのイベントでも度々百合百合しい描写があるのでぜひ。 いろはとさなの関係 さなちゃん側からのアプローチがすごい。 ウワサに囚われたさなを救い出す 名無し人工知能のウワサに囚われたさな。 彼女は家族や友だちから拒絶されたことによって、 「消えてしまいたい」と願い続けていた。 だから魔法少女となって「消えたい」と願ったり、ウワサに閉じ込められることを自分から望んでしまった。 しかし、ウワサはそんな彼女を救済する人を求めていた。 そして、いろはは事情を聞いて、 さなのことを助けたいと思った。 いろはも、 前の学校ではうまく友だちが作れなかった。 嫌われることが怖くて、ずっと周りに合わせてきた。 でも神浜に来てからは、やちよやフェリシア、鶴乃たちに救われた。 ういに紹介したいと思えるような友だちができた。 だから今度は。 「私がさなちゃんを必要としてあげたい……!」 そう思って、彼女を救い出すために自らウワサの中へと入っていきます! そのときから、「自分を必要として、助け出しに来てくれた」いろはに、 さなは懐いていきます。 そして、そんな彼女を妹のように思って、いろはも世話をやいていきます。 かわいい。 手を繋ぐ二人 マギウスの灯火とねむを探すため、ウワサを探すいろはとさな。 いろはに幸せになってもらうために、とさなは張り切る。 そして、能力で一緒に気配を消すためにと、さなは言います。 いろはちゃん優しいもんね。 分かる。 そんな感じでいろはちゃんは面倒見がよかったり、天然なところも最高なんですが、 何よりも やちよさんたちに対しては譲れない想いをもってるのがイイ。 ここぞってときは決めるギャップが最高です。 最後に、いろはの正体や、妹のういに関して、ストーリーの根幹に関わる部分をご紹介します。 大いにネタバレを含むので、苦手な方は履修後に読むことをおすすめします。 【マギアレコード】環いろはの正体・妹のういについて(ネタバレ注意) それでは、いろはやういの正体についてご紹介します。 まずは、妹のういがやはり根幹になるのでご紹介します。 環いろはの妹・ういの正体とは? 環ういはどこへ行き、何故記憶から消えていたのか……? 彼女は、マギウスが孵化させようとした魔女・ エンブリオ・イブでした。 全ての魔女の穢れを吸い込む存在。 ういは、いろはを救うことを望んだからなんですね。 自分の病を治すために魔法少女となったいろは。 そして、一緒に入院していた灯火とねむは、キュゥべえと遭遇し、彼の目的を知る。 3人は、 大好きないろはを救うために、魔法少女になることを選びました。 願いは、「キュゥべえの機能を奪う」こと。 3人でキュゥべえの役割を担い、魔法少女を救おうとしたのです。 しかし。 ういの「回収」の力は、街中の魔法少女の穢れを吸ってしまった。 ういの魂は機能を失った小さいキュゥべえに。 そして、肉体はイブの核の中へ。 それによって、 ういに関する記憶は全ての人間に消えてしまった……。 いろはとうい、そして灯火とねむ。 この4人の優しさが招いたのが、神浜での出来事だったわけですね。 環いろはの正体とは? そんな物語の核となる1人だったいろはですが、正体は何のことはない普通の少女。 ですが、 一つだけ特別なことがありました。 それは、 「本当ならば魔法少女にはならないはずだった」ということ。 全てを知るアルティメットまどかは言う。 環いろはが魔法少女になるのは、数多の時間軸の中でも一度だけ。 彼女が起こしたイレギュラーな行動によって、魔法少女になる運命となりました。 だから、 マギレコ時空の事件の全ての発端は、唯一この時間軸の彼女が魔法少女になったからこそ引き起こされた、異例中の異例だった、と。 それは、まどかにも分からない。 少なくとも、他の時間軸では魔法少女ではないということなので、 特別な存在ではない。 数多くの時間軸の中で一つだけ起きたイレギュラーの発端というのが、いろはの正体というか、特別性だったわけですね。 マギレコ・まどマギを楽しむなら マギアレコードやまどマギ本編をお得に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介します。 まどマギ本編も全話見放題なので、設定のおさらいにもぴったり。

次の

おしゃれでかわいいペンケース

いろは かわいい

プロフィール 誕生日 所属 総武高校 千葉県 1年 部活動 、 11月~ 趣味 お菓子作り・自分磨き 特技 おねだり 休日の過ごし方 部活・買い物・適当な男子と遊びに行く 異名・あだ名 CV 概要 本作の・の後輩で、や戸部翔の所属するのマネージャーを務めている。 戸部からのニックネームは「」。 初登場は7. 5巻で、この時は出番が少なかったため、使い捨てのだと思っていた人も多いだろうが、8巻から本格登場し、物語に深く関わっていく。 人物像 亜麻色の髪 地毛? をしたゆるふわビッチ系の美少女で、良くも悪くも自分が可愛いことを理解している的な性格の持ち主。 サッカー部の葉山に恋慕の情を抱いているが、同じくサッカー部の戸部のことはまるでアッシー君のように扱っている。 人にはよく頼るものの、任された仕事はしっかりとこなすなど存外真面目。 その一見ふんわりとした可愛らしさを「打算的」だと初見で見抜いた八幡からは警戒されているが、男子にはわりとモテるようで、それは休日の過ごし方からも見て取れる。 プロフィールからも分かるように女子の友達は多くないようで、軽い嫌がらせを受けたこともあるようだが本人はあまり意に介していない様子 気にしているが表に出していないだけ、の可能性もあり。 へは無理矢理立候補させられた職をいかにして避けるかを依頼したのだが、紆余曲折あって八幡に乗せられる形でを引き受ける事に。 始めは乗り気ではなかった上に、生徒会メンバーと互いに遠慮しあっていたため、上手くリーダシップを取れずにいた。 だが、雪乃や結衣に向き合おうとする八幡の姿に感化された事から、葉山へ強引に告白するも玉砕。 この一件を期に自分なりの接し方を模索していく。 しかし、3学期に入った後はどういうわけかに入り浸っている。 八幡や雪乃からも度々「何でいるの?」とツッコまれているが、難癖じみた理由を付けて躱している。 また、懲りずに葉山狙いを公言しつつも八幡に気があるような節があり、10. 5巻では無理矢理に誘っている。 関連イラスト.

次の