久保 ゴール マジョルカ。 マジョルカ指揮官 完敗受けチームの改善点指摘…ゴール前で「決断力のあるプレー欠けていた」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

モドリッチ、久保建英、ウーデゴール「玉突き移籍」をスペインメディアが示唆

久保 ゴール マジョルカ

試合が動いたのは16分。 右サイドでボールを持った久保がカットインから左足でシュートを放つ。 これは相手DFにブロックされるも、こぼれ球をクチョ・エルナンデスが右足でダイレクトボレー。 強烈な一撃がネットを揺らし、マジョルカが先手を取った。 ホームで負けられないベティスもすぐに反撃に転じる。 17分、ドリブルでペナルティエリア内に侵入したナビル・フェキルが倒されてPKを獲得する。 これをセルヒオ・カナレスが落ち着いて沈め、ホームチームが同点に追いついた。 それでもマジョルカは27分、クチョ・エルナンデスとの連携プレーから久保が左サイドを突破。 マイナスへの折り返しを受けたアンテ・ブディミルがワントラップから右足を振り抜く。 マジョルカが勝ち越しに成功した。 33分にはフェキルのクロスボールがフラン・ゴメスのハンドを誘発し、ベティスがこの試合2回目のPKをゲット。 キッカーを務めたフェキルのシュートはマジョルカGKマノロ・レイナの手に当たってゴールに吸い込まれ、ベティスが再び同点に追いついた。 前半はこのまま終了した。 後半に入って最初の決定期を生かしたのはベティス。 48分、カウンターの流れからカナレスがロングフィードを送ると、左サイドを抜け出したのはホアキン・サンチェス。 ドリブルで相手DFをはがし、右足で強烈な一撃を叩き込む。 ベティスが試合をひっくり返した。 しかし、試合はこのままでは終わらない。 70分、センターサークル付近でボールを奪うと、マジョルカは素速く攻撃へ。 ルーズボールを拾った久保は相手DF2人を引き付けると、利き足ではない右足で狙う。 相手DFの股を抜いた一撃は、GKの手をかすめてゴールイン。 久保は今季のリーガ・エスパニョーラで2ゴール目を記録し、マジョルカが試合を振り出しに戻した。 試合はこのまま3-3でタイムアップ。 久保はフル出場を果たし、1ゴール1アシストを記録した。 次節、マジョルカは3月1日にヘタフェをホームに迎える。 一方、ベティスは29日に敵地でバレンシアと対戦する。 【スコア】 ベティス 3-3 マジョルカ 【得点者】 0-1 16分 クチョ・エルナンデス(マジョルカ) 1-1 19分 セルヒオ・カナレス(PK/ベティス) 1-2 27分 アンテ・ブディミル(マジョルカ) 2-2 35分 ナビル・フェキル(PK/ベティス) 3-2 48分 ホアキン・サンチェス(ベティス) 3-3 70分 久保建英(マジョルカ).

次の

久保建英、マジョルカ初ゴールで歓喜の咆哮! 圧巻の左足ミドル弾を叩き込む

久保 ゴール マジョルカ

7 リーガ・エスパニョーラ第27節 エイバル1-2マジョルカ] リーガ・エスパニョーラは7日、第27節を各地で行い、MF所属のがMF所属のと対戦した。 久保が右足で今季3点目を挙げたマジョルカが2-1で勝利。 一方、乾は2試合連続でメンバー外となり、日本人対決は実現しなかった。 3バックのシステムを採用した中、中盤インサイドハーフでピッチに立った。 先にスコアを動かしたのは今季アウェーゲームで勝利のないマジョルカだった。 前半42分、左サイドで自身が獲得したFKに久保も位置についたが、蹴ったのはMFダニ・ロドリゲス。 ゴール前に鋭く蹴り込んだボールをDFマルティン・バリエントが軌道を変え、ゴールマウスに入った。 さらにマジョルカは後半33分、右サイドを駆け上がったDFアレハンドロ・ポソの横パスが久保に入ると、左足の選択肢をさらしながらも持ち替えて右足一閃。 これがゴール左隅に吸い込まれ、ベティス戦に続いての右足ゴールで貴重な追加点が入った。 久保は後半37分、新加入の元韓国代表MFとの交代でピッチを後にした。 エイバルは終了間際、MFペドロ・ビガスが1点を返したが反撃はここまで。 久保が2点に絡んだマジョルカが今季のアウェー初勝利を手にした。

次の

絶賛に次ぐ絶賛!初ゴール久保にマジョルカ監督

久保 ゴール マジョルカ

レアル・ソシエダとの総合力の差もあったが、久保は途中出場から見せ場を作れず。 [スペイン1部 21節] レアル・ソシエダ 3-0 マジョルカ /2019年1月26日/エスタディオ・アノエタ スペインリーグ(ラ・リーガ)1部、RCDマジョルカがレアル・ソシエダに0-3の完敗を喫した。 マジョルカの日本代表MF久保建英はリーグ2試合連続のベンチスタートとなり、71分から途中出場したものの思うように見せ場を作れなかった。 この試合の注目点の一つが、レアル・マドリードからレンタル移籍している18歳の久保とレアル・ソシエダの21歳マルティン・ウーデゴールの対決だった。 いずれもトップ下でプレーする機会の多い二人だが、今回、ウーデゴールが改めて好調ぶりを見せつけた。 2列目に入ったノルウェー代表のレフティは、センターフォワードに入る20歳のスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクとの巧みな連係を築き、何度もマジョルカゴールに襲い掛かった。 46分の1点目はニアサイドでつぶれておとりになってイサク弾を演出し、58分の2点目は自身のチェイスからボールを奪ってオウンゴールを誘い、さらに82分の3点目はミドルを放ってポルトゥのゴールをお膳立て。 ウーデゴールはいずれの得点にも関与して、チームに勝点3をもたらした。 一方、久保は71分にラゴ・ジュニオールと代わってピッチに立った。 左MFに入ったレフティは中央にもポジションを取りながら攻撃のアクセントを加えようと試みた。 が、約20分間の出場で11回ボールに触ったものの、流れを変えるようなプレーを見せることができなかった。 マジョルカはいまだ開幕からアウェーでの勝ち星がなく、リーグ5勝3分13敗(22得点・37失点)で17位のまま。 しかし2部降格圏の18位セルタ・デ・ビーゴには勝点1差に迫られている。 一方、レアル・ソシエダは6位をキープし、4位以内のUEFAチャンピオンズリーグ(CL 出場圏内も再び視野に捉えている。 久保はリーグ18試合出場で1得点・2アシスト。 マジョルカは次戦、勝点4差で暫定16位のレアル・バリャドリードとホームで対戦する。 1部残留に向けて、勝点3が必須の一戦になる。 [文:サカノワ編集グループ] 関連記事リンク(外部サイト).

次の