理容 室 赤 青白。 理容室の赤青白でグルグル回ってるサインポールの由来は?

理容店のクルクル回る青赤白の三色サインポールには意味があった!

理容 室 赤 青白

理容室や美容室の休みって月曜日のところが多いですよね。 月曜日定休にしている意味が何かあるのでしょうか?なんとなく疑問に思ったので、床屋さんや美容院が月曜日を休みにする理由を探ってみました。 理容室や美容室の定休日が月曜日じゃない時代があった! 昭和初期の頃まで全国の美容室や理容室は十七日を定休日としていました。 それは髪結業の始祖とされる藤原采女亮政之(ふじわらうねめのすけまさゆき)の歿(没)年月日が武二年(1335年)七月十七日であったためです。 始祖の冥福を祈るために命日である十七日を定休日としていたのですね。 その後、どうして理容室や美容室の休みは月曜日となったのでしょうか。 スポンサードリンク 戦時中の電力不足が原因。 「休電日」が理容室や美容室の休みを月曜日にした。 第2次世界大戦前後からは、月曜日を定休日とする美容室や理容室が多くなりました。 元々多くの人達の休日が土日であり、美容室や理容店を訪れるのも土日に集中していました。 そういった理由から理容室や美容室では土日を営業して月曜日を定休日とするところが多かったのです。 しかし全ての理容室や美容室が一列で月曜日定休となった決定的な原因は戦争にありました。 第2次世界大戦前後の日本は、渇水や石炭不足などから電力供給が追いつかず、節電や使える時間帯の制限など電気の使用制限だけでは対応できなかったため、「休電日」と呼ばれる電力の供給をストップさせる日を設けていました。 1942年8月14日 昭和17年 、大阪朝日新聞の記事には「休電日を増加 電気冷房に禁止告示」という記事データが残っており、それを読むと当時の深刻な電力不足事情が垣間見られます。 「休電日を増加 電気冷房に禁止告示」全文。 逓信省では昨今の渇水状況に処する応急措置として従来行われていた月二日の休電日を第一種 軍工場 需用については変りがないが第二種需要甲類 軍需及び生拡産業など に対しては月二日以内、その他の一般需要に対しては月三日以内の休電日を追加指定することになり、本年三月十五日公布施行された電力消費規正告示を改正するとともに新たに電気冷房装置に対する電力の使用禁止告示を制定、右両告示を十四日附官報で公布実施することとなった 休電日の追加指定についてはもちろん今後も依然降雨なき場合を予想しての臨時的対策であり例年この時期には時おり山岳地帯に相当の降雨をみるのを常とし、かく一度天候が崩れさえすれば冬季と異なり水力発電の状況は好転するのであるからその場合逓信当局としては従前通り月二日の休電日の振替指定だけで乗りきるべく本改正にはすこぶる弾力性をもたせることになった、しかし電力使用工場、一般家庭においては一層電力の消費節約に協力することを希望している、また電気冷房装置に対する電力の使用禁止については時局下娯楽的または奢侈的需要に対する電力供給を停止するという本年度電力動員計画の線に沿い決定されたものであるが衛生上乃至作業上やむを得ないものについては除外例を認めることになった 電気パーマ『電髪』 1935年(昭和10年)当時のパーマは「電髪」と呼ばれる数十本の電極を頭に付けて電気でパーマをかけるものが大流行していました。 業務上、なにかと電気を使う美容室や理容店は、電力供給をストップさせられては店を閉めざるを得ません。 休電日に合わせて定休日を設定するしかなかったのです。 つまり休電日が関東の方では火曜日だったのですが、全国的には月曜日だったことから美容室や理容室の定休日は月曜日のところが多いわけです。 同じ理由で関東の方は火曜日を定休日にしました。 このように、美容室や理容店の休みは、日本の歴史的、社会的背景に由来する理由があったのです。 余談ですが、第二次世界大戦勃発と共に、おしゃれなんかしてる場合じゃない!「ぜいたくは敵だ」「パーマネントはやめましょう」という標語が出され、パーマの自粛が求められました。 戦争が終わるまで、実質的にパーマは禁止されていたのです。 官製標語で「パーマネントはやめましょう」とは、なんともすごい時代だったのですね。 スポンサードリンク なぜ戦争が終わった現在も美容院や理容院の定休日は月曜日が多いの? 第二次世界大戦後、理容業・美容業は安定した収入が得られる職業として就業者が増えていきました。 そのため理美容業界は過当競争に陥り、利潤を無視した値下げ合戦などの共倒れしかねない競争が繰り広げられ、経営をしていくことが困難なサロンが増えていきました。 それは衛生水準の低下にも繋がり、消費者にとっても不利益をもたらすことになりかねない状況に陥っていきました。 業界では保護を求めて国会に陳情を続け、1956年に「環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律」(環衛法)が成立しました。 *2000年の法改正により「生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律」に名称変更。 適正化規程で理容室や美容室の月曜日休みは続いた この 環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律は、理容組合・美容組合は組合員の健全な営業が阻害される恐れがある場合、「適正化規程」を定め、組合員に対して営業日や営業時間、料金などの制限を課すことができるというものでした。 事実上のカルテルでしたが、独占禁止法の適用は除外されるというものでした。 この法律によって組合が決めた月曜日の定休日を組合店は守らなくてはならず、理容室、美容室の月曜日休みは続いていきました。 (非組合店の理容室、美容室は関係がありません) *カルテルとは、企業連合のこと。 企業間(事業者間)がお互いの利益を守るために協議して、価格や生産数量や販売地域などで協定を結ぶことです。 これらは消費者の利益を損ない、経済の健全な発展を阻害する恐れがあるため、独占禁止法でカルテルは原則として禁止されています。 規制緩和 適正化規程の廃止で理容室の月曜日休みも廃止? 時代は流れ、日本は規制緩和の時代となります。 1998年3月末、理容業界も規制緩和の流れを受け、「適正化規定」は全ての都道府県で廃止となりました。 そのため、組合による料金、休日、営業方法等の制限は一切できなくなりました。 公正取引委員会の指導によって組合加入の理美容室の各店が自由に定休日を決めることができるようになったのです。 それでも床屋は月曜日の定休日が多いですよね? 理容業界は過当競争の激化で低料金競争の行き着く先を学習した業界です。 ですから、適正化規程の廃止によって休日や営業方法を自由に決めることができることになっても、おいそれと過去と同じことを繰り返すことはがなかったのだと思います。 そういった理由から、適正化規程廃止後も組合による「秩序ある競争」の呼び掛けに耳を傾ける店は多く、現在に至るまで月曜日を休みとする床屋さんは多いのだと思います。 その他の理由としては、1000円カットのお店や非組合店の多くが月曜日も営業をしているため、すでに月曜日営業の美容室や理容室はめずらしい存在ではないので、無理に定休日を月曜日以外の曜日に変える必要性を感じていないということもあります。 また業界が行うセミナーや技術講習会、ヘアショーなどのイベントは月曜日や火曜日がほとんどですので、別の曜日を定休日にすると、こういったものにも参加できなくなります。 最新の技術や流行ヘアを提供していくには、こういったものに参加できないというのは、大変なリスクであるため、月曜日を休みとする理容室や美容室は現在でも多いのだと思います。 いかがでしたでしょうか。 理容室や美容室が月曜日を定休日とする意味は思いのほか深い理由があったのですね。 歴史的、社会的背景や過去の法律、そういったことを業界が経験し、学び、選択し、現在も月曜日休みの美容室や理容室が多いのです。 *理容室や美容室が月曜日を定休日としている由来には諸説があります。 内容が異なる説があったとしても、一概に違うとは言いきれません。 スポンサードリンク.

次の

床屋に置かれている赤・白・青のくるくる回る看板の名前と由来は?どんな仕組み?

理容 室 赤 青白

今日は理容室の予約について解説していきます。 最近の傾向ですが、美容室はホットペッパーなどで簡単に予約することができますね。 しかし、そこに理容室はあまり掲載されていません。 理容室は予約を受け入れていないのでしょうか?それとも予約してから行った方が良いのでしょうか? 今日は理容室の予約について理容室側、お客さん側、両方の立場から検証して行きたいと思います。 あくまで個人的な意見になります。 理容室はなぜ予約制があまりない?その理由とは? どちらかと言えば美容室は予約する、理容室はあまり予約をしないという傾向にあるような気がします。 実際予約を受け入れていない理容室も多いんですね。 その理由としては、下記のようなことが挙げられます。 ・昔から予約を受け入れていないので、その流れが続いている ・予約を取ってしまうと隙間時間がもったいない ・1人にかかる時間が短いので、待ち時間が極端に多くならない場合が多い こういった理由からあまり予約を取らない理容室が多いようです。 例えば1人で店をしている理容室で10時に予約が入ったとします。 そうすると、9時45分にもし飛び込みでお客さんが来たとしたら、予約のお客さんをお待たせすることになるので、その飛び込みのお客さんを断らなくてはならないですね。 せっかく来ていただいたお客様を断るのはもったいない。 だからと言って飛び込みのお客さんを受けてしまうと予約のお客さんをお待たせすることになる。 せっかく予約したのに20分、30分も待たされると気分が悪いでしょうし、店側も予約のお客さんを大幅にお待たせするということに、気持ちが焦って目の前のお客さんにも集中できなくなったりします。 美容室も同じなんじゃないの? と思われるかもしれませんが、基本的に理容室と美容室ではメニュー構成に違いがあります。 同じ売り上げを上げるにしても美容室の場合は比較的「高単価で少人数」、理容室は「低単価で多数」のお店が多い。 お店にもよりますが、理容室のメニューとしてはカットとお顔そりメニューが中心のお店が多いです。 カットとお顔そりなら長くても1時間、早ければ20~30分で終わります。 (単価は2000円台~7000円程度) 対して美容室はカットもありますが、カラーリングやパーマも多い。 カット1つをとっても長い髪の毛を扱うので髪を小分けにしてブロッキングしたり、乾かす時間も髪の毛が長いというだけで時間がかかります。 シャンプーも男性と女性では倍以上の時間、乾かすところまで考えると軽く3倍以上の時間がかかります。 さらにカラーやパーマなども同時にすると2~3時間かかる場合もあります。 (単価は7000円~1万5000円程度) なので美容室の場合お客さんが重なると待ち時間が相当長くなる場合があります。 なので予約で振り分けておいた方がやりやすい場合が多いんです。 理容室は、そういった業務的な特性から予約は受け付けていないと考えられます。 理容室で予約はできる? 上記のような傾向にはありますが、理容室で予約ができる店も多くあります。 予約可能かどうかは、下記のような条件に一致しているか調べてみましょう。 ・比較的高単価 ・ネットでの集客に積極的な理容室 このようなお店は予約できる可能性が高いです。 例えば、ホームページを頻繁に更新していたり、ネットに広告を載せているような理容室であれば、ネット、電話予約を受け付けている可能性があります。 また、先ほどの美容室と同じ理由で単価の高い理容室も予約制が多いです。 予約できるかどうかは、まずその理容室を調査するところから始めてみましょう。 手っ取り早く調べるにはホットペッパービューティーの理容室、理髪店検索を使うのもおすすめ。 こういったところに登録している店舗でしたら予約できる可能性が高いです。 またインターネット検索で調べるとだいたい予約できるお店はホームページなどにも「予約制」「予約優先」など表示してある場合が多いです。 いつまでに予約すればよい? 店にも寄りますが、特にルールはありません。 当日でも空いていれば予約できるお店も多いです。 ただ人気店だと当日や次の日の予約はいっぱいというケースもあります。 行く日と時間が決まっているなら、できるだけ早い段階で予約を入れておくことをお勧めします。 当店のお客さんも来店された日に次回の予約をして帰られる方もおられます。 実際多いのは3日以内の予約 とはいえ実際、理容室や美容室の予約を取るときは、3日以内の人が約7割というデータもあります。 行きたいと思ったタイミングで予約を取る、というスタンスで問題ないでしょう。 あとは店の人気度で予約がとりにくいお店なら早い目に、土曜日、日曜日などの忙しい日も早い目に予約した方が無難ですね。 キャンセルはできる? キャンセルは大概の店舗で出来ますが、無断キャンセルなどした場合は店から電話がかかってくることもありますし、次回の予約ができないといったペナルティを受ける可能性もあります。 キャンセルをする場合は少なくとも前日までに連絡するのがいいです。 当日急に行けなくなった時は、できるだけ早い段階でキャンセルを伝えるとお店も予定が組みやすいでしょうね。 理容室でキャンセル料を取るところはあまりありませんが、誠意を見せる意味でも必ず電話で伝えるようにしましょう。 お店にとってはあなたのために時間を確保していたので、その時間、他の予約を断っている可能性もあります。 電話予約の仕方とは 電話で予約を入れる場合、下記のような流れで予約する場合が多いです 1、予約したい旨を伝える 2、希望日時、メニューを聞かれる 3、名前を聞かれる 4、電話番号を聞かれる(店による) 上記が電話予約の流れになります。 髪型の話や髪質の話など細かい話をする必要はありませんが、気になることがある場合は事前に電話で確認しておくのもいいでしょう。 髪型の希望があれば、来店するときに切り抜きやスマホの画面などを提示できるようにしておくとより理想の髪型になりやすいでしょうね 電話予約の仕方の例 電話での予約が苦手な方にちょっとシミュレーションしてみましょう。 それではご希望のお時間ありますでしょうか?」 あなた:「23日の水曜日、午後1時から空いていますか?」 店:「23日の水曜日ですと、午後3時からなら空いているのですが、いかがでしょうか?」 あなた:「分かりました。 3時でお願いします」 店:「ありがとうございます。 ご連絡先はこちらの携帯番号でよろしいでしょうか?」 あなた:「はい」 店:「承知いたしました。 それではご予約承りました。 当日お気をつけてお越しくださいませ。 失礼致します。 」 このような流れになるのが一般的です。 必ずしも希望日時が空いているとは限らないので、いくつか候補を考えておきましょう。 また、気になることがあれば、その時に聞いておきましょう。

次の

ちょいネタとしても知っておきたい美容・理容の歴史!

理容 室 赤 青白

由来(ゆらい)にいくつかの説(せつ)があるんだけど、確(たし)からしいところから話(はな)すわね。 中世(ちゅうせい)のヨーロッパでは、歯(は)を治(なお)したり傷(きず)を手当(てあ)てしたりする人(ひと)たちが理髪外科医(りはつげかい)と呼ばれ、髪(かみ)を整(ととの)える仕事(しごと)もしていたのよ。 体(からだ)の悪(わる)い部分(ぶぶん)に悪い血(ち)が集(あつ)まるから、病気(びょうき)を治すためにその血を体外(たいがい)に出(だ)そうとしたの。 当時(とうじ)は盛(さか)んだったみたい。 だから、血が目立(めだ)たないように、棒は赤く塗(ぬ)られていたらしいの。 治療後(ご)にまく白い包帯(ほうたい)が棒に巻(ま)き付(つ)いたことがあり、そんな様子(ようす)から赤と白が理髪外科医の看板(かんばん)に使(つか)われるようになったというの。 その後、専門性(せんもんせい)が高(たか)まって外科と理髪が分(わ)けられるようになり、イギリスで1745年(ねん)に仕事別(べつ)に組合(くみあい)を作(つく)った時(とき)、外科は赤白、理髪は赤青白を使うようになったんだって。 理髪店(てん)の団体(だんたい)の人に聞(き)いても、この説が有力(ゆうりょく)だと教(おし)えてくれたわ。 ただ動脈を赤、静脈を青で表(あらわ)すのは、1628年の発表(はっぴょう)で用(もち)いられたのが最初(さいしょ)らしい。 でも、赤青白を使った看板はその前からあったので、この説はあとから広(ひろ)がっただけと言(い)えそうね。 きちんとした記録(きろく)がないので、どれが正(ただ)しいと、はっきり言い切(き)るのは難(むずか)しいみたい。 その2年後には、赤青白に塗り分けた看板の記録が残(のこ)っているので、西洋の理髪技術(ぎじゅつ)とともに入(はい)ってきたようね。 赤青白のサインポールは、その時に理髪店が引(ひ)き継(つ)いだらしいわ。 大(おお)きいのは存在感(そんざいかん)があるけれど、出(だ)し入(い)れが大変(たいへん)といった悩(なや)みもあって、最近(さいきん)は壁(かべ)に取(と)り付ける小(ちい)さめサイズも好(この)まれるそうよ。 (取材協力=全国理容生活衛生同業組合連合会、大阪サイン、ポーラ文化研究所、構成=米山正寛) バックナンバー•

次の