医療費集計フォーム 書き方。 医療費集計フォームの書き方を記入例で解説「医療費控除の明細書」はエクセルで作ろう!

医療費控除 出産一時金と出産費用の差額の書き方を分かりやすく解説!

医療費集計フォーム 書き方

入力例が掲載されているので確認 詳しい入力方法や、注意するポイントを、次章から説明します。 「医療を受けた人」の名前を入力 2. 「病院・薬局などの名称」に、受診した病院名を入力 3. 「医療費の区分」は、「診療・治療」に「該当する」を入力 4. 「支払った医療費の金額」に、かかった医療費を入力 5. 「医療を受けた人」の名前を入力 2. 「病院・薬局などの名称」に、利用した処方せん薬局名を入力 3. 「医療費の区分」は、「医薬品購入」に「該当する」を入力 4. 「支払った医療費の金額」に、かかった薬代を入力 5. 「医療を受けた人」の名前を入力 2. 「病院・薬局などの名称」に、受診した病院名を入力 3. 「医療費の区分」は、「診療・治療」と「医薬品購入」両方に「該当する」を入力 4. 「支払った医療費の金額」に、かかった医療費と薬代を合わせて(領収書の請求金額を)入力 5. 「医療を受けた人」の名前を入力 2. 「病院・薬局などの名称」に、利用した交通機関名を入力 3. 「医療費の区分」は、「その他の医療費」に「該当する」を入力 4. 「支払った医療費の金額」に、かかった交通費を入力 5. 「支払年月日」は任意で入力 通院した病院の、すぐ下の行に入力すると、あとで見返したときに分かりやすいのでおすすめです。 その他の注意事項 治療費よりも多くの保険金をもらったら 実際にかかった医療費+交通費よりも、多く保険金が出た場合は、どうすればいいのでしょうか。 保険金は、保険金を請求した病気やケガに対してだけの補てんとなる そのため、 多く保険金が出ても、他の病気やケガの医療費から引くことはありません。 保険金が医療費+交通費を上回ったら、医療費集計フォームには、その病気やケガに対しての医療費+交通費と同額を入力しましょう(差し引き0円になればよい) 年末に保険を請求したので、保険金がいくら戻ってくるか分からない 医療費控除の書類作成時に、保険金の支給額がまだ分からない場合、支給されるだろうと予測される保険金額を入力しておきます。 医療費控除の申告後に、保険が下りなかったなどで変更があった場合には、医療費控除額を訂正し、申告し直すことになります。 しかし、申告し直すには、もう一度医療費控除の書類を作らなければいけません。 そうした面倒を避けるため、保険金の支給額が決定してから、医療費控除の申請をしましょう。 医療費控除は還付申告のため、給与収入しかないサラリーマンの場合なら、税務署で1年中受付しています。 まとめ 医療費集計フォームが、国税庁から配布されているのはありがたいですね。 私は、自分や家族が病院を受診したら、その日のうちにフォームへ医療費などを入力します。 領収書をためてしまうと、どんどん入力が面倒になってしまうので、受診するたびには無理でも、月に一度は入力するなど決めておくと、確定申告のときに楽ですよ。

次の

医療費控除の交通費の書き方と記入例。領収書ない時のエクセルテンプレートあり♪

医療費集計フォーム 書き方

医療費控除では交通費も対象 確定申告の医療費控除として認められる費用には、 治療を受けるためにかかった交通費が認められています。 9 次のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの (1) 医師等による診療等を受けるための通院費(後略) 引用: 基本的には、電車やバスなどの公共交通機関を使ったときにかかる交通費が対象ですが、緊急時のタクシー代なども認められています。 これらの交通費(通院費)は、他の医療費と同じように「医療費控除の明細書」に記入をして、確定申告書と一緒に税務署へ提出することになります。 領収書がない交通費 通院のため電車を使いましたが、Suica(スイカ)で支払いをしたので領収書などがありません。 それでも医療費控除として認められますか? 主婦 もちろん、 領収書がなくても医療費控除として認めまれます! ・・・というか、公共交通機関を使ったときって、基本的に領収書もレシートももらいませんよね。 そのため、Suicaなどの電子マネーやICカードの利用履歴だったり、チャージしたときの領収書なども不要です。 その代わり、 いくら通院費がかかったのかを分かるようにしておく必要があります。 エクセルで交通費の明細を作る エクセルなどを使って、通院にかかった交通費の明細を記録しておきます。 明細には、以下の内容を「通院ごと」に記録しておきます。 ちょっと待ってください!それは医療費控除の対象外です。 通院のための交通費といっても、医療費控除の対象として認められるもの認められないものがあります。 間違えやすいポイントでもあるので、具体的なケースをチェックしていきましょう。 自家用車のガソリン代、駐車場代 自家用車で通院するときの費用は、医療費控除の対象外です。 ガソリン代はもちろん、駐車料金の領収書があってもNGです。 高速代も認められません。 同じく、自転車で通院した時の駐輪場代もNGです。 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金は、医療費控除の対象とはなりません。 (国税庁「自家用車で通院する場合のガソリン代等」より抜粋) タクシー代 通院のためのタクシー代は、原則、医療費控除の対象外です。 緊急性があるなど公共交通機関が利用できない場合のみ、医療費控除として認められます。 この場合は、高速料金が含まれていてもOK。 例えば、急病で仕方なくタクシーを利用したとか、出産のための陣痛タクシーを利用したケースですね。 タクシー代については、一般的な料金が分かりにくいため必ず領収書をもらうようにしてください。 領収書なしのタクシー代は認められない場合があります。 遠方への新幹線や飛行機代 県外の総合病院への転院を勧められたり、難病のため専門医のいる病院で手術をする必要があるなど、遠隔地への交通費であっても「治療のために必要な相当の理由」があれば、医療費控除の対象になります。 新幹線や飛行機など使用した交通機関にかかわらず、どんな理由で遠方の病院へ行かなければいけなかったのか、が判断の基準になります。 このあたりはケースバイケースになりますので、気になる方はお住いの税務署などへ相談するのが確実です。 なお、里帰り出産のための帰省費用は医療費控除の対象外となっています。 付き添いの人の交通費 原則、医療費控除として認められるのは「患者自身が通院するための交通費」ですが、患者を1人で通院させるのが危険な場合には、付添人の交通費も医療費控除として認められます。 赤ちゃんや幼児など、子供は1人で病院へ行けませんので、付き添う母親・保護者の交通費は医療費控除の対象です。 (個人的な見解ですが、中学生くらいまでは付添人が認められると思います) また、一人では満足に歩けない高齢者や車いすで移動する方も、付添人の交通費が認められます。 入院中の看病のための交通費 家族が入院した場合、特に子供が入院した場合は、看病のために母親が毎日病院へ通うケースは珍しくありません。 しかし、このような場合は患者である子供自身が通院していないので、母親の交通費は医療費控除として認められません。 同じ理由で、入院中のお見舞いや面会、出産時の夫の立ち合いのための交通費も医療費控除の対象外です。 定期券を利用した交通費 通勤途中に病院へ寄ったり、病院から会社へ向かったり、会社帰りに職場から直接通院したり…。 定期券を利用して通院するケースは多いと思います。 このように通勤定期や通学定期を利用して病院へ行ったときの交通費は、医療費控除の対象外になるので注意してください。 ただし、職場から通院した場合でも、定期券を使わなかった交通費については医療費控除の対象になります。 (会社から病院、病院から自宅の交通費を計上できます) また、定期区間外の料金であれば、医療費控除の対象になります。 たとえば、A駅からB駅までは定期区間で、B駅からC駅へは定期区間外の場合は、B駅からC駅の交通費のみ医療費控除として認められます。 医療費が0円のときの交通費 子供の医療費助成や受診票を利用した妊婦健診など、病院でのお会計が0円になるケースがあります。 医療費が0円だと、医療費控除の明細書には書く必要がありません。 このようなケースで、交通費だけを明細書に書いてもよいものでしょうか? 結論としては、交通費のみを書いてOKです。 この場合は、医療費控除の明細書へ「〇〇病院への通院費」と書いておきましょう。 できれば、0円の領収書を保存しておき、通院履歴と照合できるようにしておくのが望ましいです。 同じようなケースで、医療費通知を利用して医療費控除の申請をする場合も、明細書には交通費のみを書くことになります。 医療費控除対象外の費用にかかる通院費 病院で支払ったお金であっても、健康診断や予防接種、美容目的のための施術(美容整形や歯列矯正など)などは医療費控除の対象外です。 このような目的で通院した場合の交通費は、同じく医療費控除の対象外になります。 対象になる交通費は、あくまで「治療のための患者自身の通院費」ですのでお気を付けくださいね。 医療費控除の交通費まとめ.

次の

初心者も楽勝!医療費控除明細書の書き方(エクセル、医療費集計フォーム、手書き)

医療費集計フォーム 書き方

医療費控除では交通費も対象 確定申告の医療費控除として認められる費用には、 治療を受けるためにかかった交通費が認められています。 9 次のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの (1) 医師等による診療等を受けるための通院費(後略) 引用: 基本的には、電車やバスなどの公共交通機関を使ったときにかかる交通費が対象ですが、緊急時のタクシー代なども認められています。 これらの交通費(通院費)は、他の医療費と同じように「医療費控除の明細書」に記入をして、確定申告書と一緒に税務署へ提出することになります。 領収書がない交通費 通院のため電車を使いましたが、Suica(スイカ)で支払いをしたので領収書などがありません。 それでも医療費控除として認められますか? 主婦 もちろん、 領収書がなくても医療費控除として認めまれます! ・・・というか、公共交通機関を使ったときって、基本的に領収書もレシートももらいませんよね。 そのため、Suicaなどの電子マネーやICカードの利用履歴だったり、チャージしたときの領収書なども不要です。 その代わり、 いくら通院費がかかったのかを分かるようにしておく必要があります。 エクセルで交通費の明細を作る エクセルなどを使って、通院にかかった交通費の明細を記録しておきます。 明細には、以下の内容を「通院ごと」に記録しておきます。 ちょっと待ってください!それは医療費控除の対象外です。 通院のための交通費といっても、医療費控除の対象として認められるもの認められないものがあります。 間違えやすいポイントでもあるので、具体的なケースをチェックしていきましょう。 自家用車のガソリン代、駐車場代 自家用車で通院するときの費用は、医療費控除の対象外です。 ガソリン代はもちろん、駐車料金の領収書があってもNGです。 高速代も認められません。 同じく、自転車で通院した時の駐輪場代もNGです。 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金は、医療費控除の対象とはなりません。 (国税庁「自家用車で通院する場合のガソリン代等」より抜粋) タクシー代 通院のためのタクシー代は、原則、医療費控除の対象外です。 緊急性があるなど公共交通機関が利用できない場合のみ、医療費控除として認められます。 この場合は、高速料金が含まれていてもOK。 例えば、急病で仕方なくタクシーを利用したとか、出産のための陣痛タクシーを利用したケースですね。 タクシー代については、一般的な料金が分かりにくいため必ず領収書をもらうようにしてください。 領収書なしのタクシー代は認められない場合があります。 遠方への新幹線や飛行機代 県外の総合病院への転院を勧められたり、難病のため専門医のいる病院で手術をする必要があるなど、遠隔地への交通費であっても「治療のために必要な相当の理由」があれば、医療費控除の対象になります。 新幹線や飛行機など使用した交通機関にかかわらず、どんな理由で遠方の病院へ行かなければいけなかったのか、が判断の基準になります。 このあたりはケースバイケースになりますので、気になる方はお住いの税務署などへ相談するのが確実です。 なお、里帰り出産のための帰省費用は医療費控除の対象外となっています。 付き添いの人の交通費 原則、医療費控除として認められるのは「患者自身が通院するための交通費」ですが、患者を1人で通院させるのが危険な場合には、付添人の交通費も医療費控除として認められます。 赤ちゃんや幼児など、子供は1人で病院へ行けませんので、付き添う母親・保護者の交通費は医療費控除の対象です。 (個人的な見解ですが、中学生くらいまでは付添人が認められると思います) また、一人では満足に歩けない高齢者や車いすで移動する方も、付添人の交通費が認められます。 入院中の看病のための交通費 家族が入院した場合、特に子供が入院した場合は、看病のために母親が毎日病院へ通うケースは珍しくありません。 しかし、このような場合は患者である子供自身が通院していないので、母親の交通費は医療費控除として認められません。 同じ理由で、入院中のお見舞いや面会、出産時の夫の立ち合いのための交通費も医療費控除の対象外です。 定期券を利用した交通費 通勤途中に病院へ寄ったり、病院から会社へ向かったり、会社帰りに職場から直接通院したり…。 定期券を利用して通院するケースは多いと思います。 このように通勤定期や通学定期を利用して病院へ行ったときの交通費は、医療費控除の対象外になるので注意してください。 ただし、職場から通院した場合でも、定期券を使わなかった交通費については医療費控除の対象になります。 (会社から病院、病院から自宅の交通費を計上できます) また、定期区間外の料金であれば、医療費控除の対象になります。 たとえば、A駅からB駅までは定期区間で、B駅からC駅へは定期区間外の場合は、B駅からC駅の交通費のみ医療費控除として認められます。 医療費が0円のときの交通費 子供の医療費助成や受診票を利用した妊婦健診など、病院でのお会計が0円になるケースがあります。 医療費が0円だと、医療費控除の明細書には書く必要がありません。 このようなケースで、交通費だけを明細書に書いてもよいものでしょうか? 結論としては、交通費のみを書いてOKです。 この場合は、医療費控除の明細書へ「〇〇病院への通院費」と書いておきましょう。 できれば、0円の領収書を保存しておき、通院履歴と照合できるようにしておくのが望ましいです。 同じようなケースで、医療費通知を利用して医療費控除の申請をする場合も、明細書には交通費のみを書くことになります。 医療費控除対象外の費用にかかる通院費 病院で支払ったお金であっても、健康診断や予防接種、美容目的のための施術(美容整形や歯列矯正など)などは医療費控除の対象外です。 このような目的で通院した場合の交通費は、同じく医療費控除の対象外になります。 対象になる交通費は、あくまで「治療のための患者自身の通院費」ですのでお気を付けくださいね。 医療費控除の交通費まとめ.

次の