オーバー フロッ シャー ギア。 【スプラトゥーン2】オーバーフロッシャーの立ち回りとおすすめのギア【お風呂】|ゲームエイト

オーバーフロッシャーの立ち回りのコツとおすすめのギア

オーバー フロッ シャー ギア

メイン性能アップの効果 効果 付きやすい 付きにくい メインウェポンの性能の一部を強化する。 強化内容は武器ごとに異なる。 メイン性能アップを積むことで最大で約1. 2倍の塗り性能を上昇させることができます。 塗り性能の上昇率はわかばシューター系と同じで最大1. 2倍ですが、わかばシューター系よりも恩恵を感じやすいです。 弾がころころと転がっていくこともあり少し塗り性能が上がるだけでも、なんか塗れてる気がするといった実感があります。 ダメージの弾の大きさが増えるといったことはありません。 メイン性能アップを積むべきか否かは立ち回りによるのかなと思います。 同じ効果のブキ メイン性能アップの効果 塗り性能がアップします。 メイン性能アップの効果のギアパワー数の上昇値 メイン サブ 57 効果(倍率) 0 0 0 1. 0 0 1 3 1. 019 0 2 6 1. 037 0 3 9 1. 055 1 0 10 1. 061 0 4 12 1. 071 1 1 13 1. 077 0 5 15 1. 087 1 2 16 1. 092 0 6 18 1. 101 1 3 19 1. 106 2 0 20 1. 110 0 7 21 1. 114 1 4 22 1. 119 2 1 23 1. 123 0 8 24 1. 127 1 5 25 1. 131 2 2 26 1. 135 0 9 27 1. 139 1 6 28 1. 143 2 3 29 1. 146 3 0 30 1. 149 1 7 31 1. 153 2 4 32 1. 156 3 1 33 1. 159 1 8 34 1. 162 2 5 35 1. 165 3 2 36 1. 168 2 6 38 1. 173 3 3 39 1. 175 2 7 41 1. 179 3 4 42 1. 182 2 8 44 1. 186 3 5 45 1. 188 2 9 47 1. 191 3 6 48 1. 192 3 7 51 1. 196 3 8 54 1. 199 3 9 57 1.

次の

【スプラトゥーン2】オーバーフロッシャー(おふろ)が嫌われているけど使ってみたら楽しかった

オーバー フロッ シャー ギア

あるまと申します。 ガチアサリ用オーバフロッシャーのギア構成 ・ メインインク効率アップを 大 2 小 2積むことで、 シールドを置いた後にメインを7回出せるように調整しています。 シールドを置かずに、インク量MAXの状態からメインを振り続けると、17回振ることができます。 ・ とにかくたくさんメインを振りたいので、 インク回復力アップを 小 2個分積んでいます。 ・ガチルールの中でも、ガチアサリは塗りによる制圧を特に意識した方が良いので、 メイン性能アップを 小 2個分積み、メインの塗り性能を若干上げています。 ・デス後も早期に前線に関与できるように ステルスジャンプ、スーパージャンプ時間短縮 小 1個を採用しています。 ・アサリを入れに行く時や、高台にいる敵の長射程を無理やり倒しに行く時にシールドを使って前線に出た際に少し動きやすくするために、 イカダッシュ速度アップ、 相手インク影響軽減をそれぞれ 小 1個分積んでいます。 ガチアサリでのオーバフロシャーの立ち回り方 【メインで塗り状況を良くして場を制圧する】 オーバーフロッシャーのメインは 長い射程を活かした強い塗り性能を持ちます。 更にメイン性能アップの効果でメインの塗りの範囲が広がり、場を制圧しやすくなります。 更に、スペシャルウェポンのアメフラシによる塗りも強力です。 アメフラシはインク回復としても使用できます ガチアサリというルールは、アサリを多く集めることが勝つために重要です。 また、自インクの上に散らばっているアサリは画面上やマップ上に黄色の丸で表示されますので、アサリを集める際の目印になります。 【シールドを使って敵に圧力をかける】 オーバーフロッシャーのサブウェポンである「スプラッシュシールド」は、 高台にいる敵の長射程に対して詰めたり、 アサリを入れる際の防御手段として使えたり、非常に有能なサブです。 オーバーフロッシャーは状況に応じて、後衛寄りで塗りに徹することもできるし、シールドを使って前線に出ることもできます。 特に、ガチアサリというルールではアサリを入れている最中などで前線に出ないといけないケースもあるので、自分のインクタンク残量と相談して、必要に応じてシールドを使いこなすことが重要です。 オーバフロッシャーの弱い点・難しい点 オーバーフロッシャーは メインの弾速が非常に遅く、遠距離の敵を狙って倒すことがとても難しいです。 特に 偏差撃ち 移動している敵に対して、移動先を予測して弾をあてる技術 の難易度が高く、キルを狙うためには試し打ち場などでの練習が必要になります。 おわりに 以上が、ガチアサリにおけるオーバーフロッシャーのギア構成と立ち回りについてです。 当ブログでは、スプラトゥーン2のガチマッチの勝ち方や様々な武器のギア構成・立ち回りについて解説していますので、他の記事もぜひ読んでいただけると嬉しいです! ここまで読んでくださってありがとうございました。

次の

【スプラトゥーン2】オーバーフロッシャーの立ち回りとおすすめのギア【お風呂】|ゲームエイト

オーバー フロッ シャー ギア

こんにちは、minoruです。 スプラトゥーン2の新ブキとして登場したオーバーフロッシャーは、インクの弾が連なって転がっていくという今までには無いタイプのブキですが、有効射程が長くチャージも不要なために、なかなか倒しに行くのが大変です。 ボムを投げつけるにしても射程が長いので、ボムを届かせるにはサブ性能アップのギアパワーを付けていなければ届きませんし、オーバーフロッシャーは射程をいかして自分は塗り状況の良いところからバシャバシャやってるので、簡単にボムは避けられてしまいます。 オーバーフロッシャーの射程は白線5本分以上 オーバーフロッシャーの射程は試し撃ち場の白線でいうと5本分。 上向きに撃つと5本半ぐらいまでは相手にいくらかダメージを与える事ができます! たとえばスプラシューターやZAPなどの白線2本分の射程のブキが近寄ろうと思ったら、相手の発射と発射の間のわずかな時間に、白線3本分の距離を詰めなければならず、これはなかなか大変です。 3本分の距離を詰める事は可能ですが、相手がその分下がってしまえば距離が詰められず一方的に攻撃されてしまいます。 相手インク影響軽減のギアをいっぱい乗せてカニ歩きしてみた その結果がこちら。 相手が後ろに下がれる状況だったら倒せていたかどうかは微妙なところではないでしょうか。 色んなブキで接近を試みた結果 最初はオーバーフロッシャーの射程が長いので、こちらも射程が長めのジェットスイーパーで対抗してみようと思ったのですが、オーバーフロッシャーの方が射程が長く、ジェットスイーパーは連射が遅く塗りが細い事もあって、逆に返り討ちにされる事が多いですね。 以外だったのは「わかばシューター」で、サブ性能アップギアを付けてスプラッシュボムを足元に投げたり、比較的短時間で太い塗りができるので、相手の弾をよく見て左右に避けながら移動できました。 オーバーフロッシャーの弾速の遅さは1つの弱点ですね! ボールドマーカーでカーリングボムの軌跡をイカダッシュで間合いを詰めるのはどうか?とも思ったんですが、カーリングボムは一直線にしか投げられないので、比較的容易に迎撃されてしまいますし、ボールドマーカーの射程が短すぎてかなり接近しなきゃ倒せません。 オフロ使用者が感じる脅威はジェッパ ネットの掲示板やツイッターなどでオーバーフロッシャー使用者の声としては「ジェットパックに対応できない」という声が多く見られます。 確かに放物線を描く攻撃なので障害物の向こう側への攻撃…みたいなのは得意なんでしょうけど、上空にフワフワと浮かび、さらに比較的左右にもフラフラ動くジェットパックを撃ち落とすのは苦手そうですし、射程もジェットパックの方が長いです。 あとはマニューバー系のスライド移動にも手を焼いているようですね。 オーバーフロッシャーは連射が遅いので、一発撃った直後にスライドで弾を避けられると、次の発射まで無防備になり、スライドで移動された分エイム(照準)も修正しなきゃいけないので、確かに苦戦しそうです。 つまり、オーバーフロッシャーの弾が届かないくらいの高所からの攻撃や、俊敏な左右への移動がオーバーフロッシャーの弱点と言えそうです。 ツイッターはじめました!まだまだフォロワーさんが少なくてさみしいので、ぜひお願いしまーす!.

次の