加古川 市 オンライン 申請。 【朗報】加古川市が独自の「特別給付金オンライン申請」を開始・・・・・: 燃えよVIPPER

特別定額給付金の【加古川市版】オンライン申請受付の開始について/加古川市

加古川 市 オンライン 申請

各地で混乱している特別定額給付金の申請について、兵庫県加古川市はネットを活用した独自のサービスを次々に打ち出している。 申請処理状況を市のホームページで確認できるようにしたほか、27日からはマイナンバーカードがなくてもオンライン申請できるようにした。 どちらも市情報政策課副課長の多田功さん(46)のアイデアだ。 多田さんは入庁後、地域振興部で書類の書式を統一したり、人事部では給与システムを担当したりした。 その中でパソコン技術を学び、2014年、庁内のネット環境を整備する情報政策課に配属された。 4月末、全国の自治体で情報通信技術(ICT)を担当する職員約30人のオンライン飲み会に参加すると、メンバーの中にLINEを使って特別定額給付金の申請状況を問い合わせるサービスを考えた人がいた。 直後、多田さんは新設された「新型コロナ感染症生活支援課」の兼務となった。 飲み会で知ったLINEを使った問い合わせサービスをヒントに「市民が一番知りたいのはいつ振り込まれるかだ。 市のホームページで申請状況が確認できるようにしては」と提案。 庁内の賛同を得て1週間程度でシステムを立ち上げた。 今月20日に開設した問い合わせサイトの閲覧は、29日までに約1万7千件にのぼった。 申請でも、郵送の場合は、振り込み決定の通知書は送らない方針のため、問い合わせが殺到することが予想された。 紙で届いた書類は、読み取り機を使ってもデータ化できるのは1日に7千通程度。 多田さんは「世帯全員の氏名などすでに入力済みの情報もある。 照会番号でひもづければ、ネット申請も可能」と考え、一般的なプログラム作成ツールを使って手軽に入力できるオンライン申請システムを作った。 「マイナンバーカードは持っていないが、手で書類を書いたり、印鑑を押したり、コンビニで書類をコピーするのが面倒だと思っている人も多いはず」。 ネット通販などでパソコンやスマホを使い慣れた人たちには歓迎されるとみていたが、市独自のオンライン申請は開始1日で約6千件に達し、これまでのマイナンバーカード申請の総数約4千件を上回った。 興味のある自治体には自由に使ってほしいと、28日には作ったオンライン申請システムを公開。 すぐに10近い自治体から問い合わせがあった。 多田さんは「生活を楽にするための補助ツールとして、デジタルにはまだまだ可能性がある」と話す。 (三浦宏).

次の

特別定額給付金の【加古川市版】オンライン申請受付の開始について/加古川市

加古川 市 オンライン 申請

加古川市では、特別定額給付金の申請書を5月27日に発送。 加古川市では、特別定額給付金の申請書は5月27日発送されます。 また、5月中旬からオンライン申請も開始予定です。 給付対象者及び受給権者:給付対象者は、令和2年4月27日の時点で、本市の住民基本台帳に記録されている方です。 受給権者は、給付対象者の属する世帯の世帯主です。 給付額:給付対象者1人につき10万円 郵送申請:• 郵送申請方法:市から受給権者宛てに郵送した申請書に振込先口座等を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに、同封の返信用封筒により市に郵送する。 申請書送付:5月27日 水曜• 申請期間:5月28日 木曜 から8月28日 金曜 まで• 給付開始:申請受付後、順次給付を行う オンライン申請:オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)• オンラインによる申請方法:オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能) マイナポータルから振込先口座等を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請する(電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要)。 連絡先:5月1日まで 電話:03-5638-5855 :5月2日以降 電話:0120-260020• 応対時間:9時から18時30分 加古川市の特別定額給付金についての情報詳細は、.

次の

特別定額給付金の【加古川市版】オンライン申請受付の開始について/加古川市

加古川 市 オンライン 申請

2 「いかに早く間違いなく支給できるか」 開発の経緯 郵送方式は申請用紙に必要事項を記入する時間や、書類をコピーする手間、封筒を用意して郵送する作業などが市民の負担になっていた。 申請を受け付ける加古川市側でも、届いた申請書を職員が封筒から出して中身をチェックし、手作業でデータ化しており時間がかかっていた。 加古川市は「マイナンバーカードを使った申請は便利で、市としても推進する」としているが、市内におけるマイナンバーカードの普及率は18%程度で、実際の申請も4000件程度だという。 市の担当者は「早く(給付金を)支給したい。 そのためには事務作業をどれだけ早く、間違いのないようにできるかが問題」と考え、21日にハイブリッド方式を考え出したという。 コーディング不要の業務システム開発ツール「kintone」(サイボウズ)などを使い、22日には申請システムを内製。 27日に公開した。 ハイブリッド方式の導入で、職員の事務処理の手間は「めちゃくちゃ減った」(加古川市)という。 申請用紙の処理やデータ入力の手間がないうえ、申請ページで市民が入力する項目をできるだけ減らしたことで、申請時のミスも減ったという。 関連記事• 政府が国民に一律10万円支給する「特別定額給付金」のオンライン申請受付を一部の自治体で始めた。 マイナポータルから手続きできる。 特別定額給付金のオンライン申請が5月1日から順次始まった。 PCやスマートフォンの操作に不慣れな人にとっては注意すべきポイントも多いが、ネットを使った行政サービスとして評価できる面もあり、今後の進歩を期待したい。 香川県高松市が、特別定額給付金のオンライン申請の受付を中止すると発表した。 手作業での審査や事務処理に時間がかかりすぎるためで、以降は郵送での申請のみを受け付ける。 特別定額給付金のオンライン申請は、同一人物が複数回申請手続きができる仕様になっており、申請の重複を整理するため、市区町村では確認作業が行われている。 この仕様は、申請の修正や大人数世帯の申請ができるように定められたものだった。 コロナ給付金寄付実行委員会は、政府が一律給付する特別定額給付金を寄付できる特設サイトを公開した。 同給付金については、一部で受け取りを放棄する動きがあるが、委員会の発起人は「給付金を受け取ったうえで、できる範囲で寄付を検討してほしい」としている。 関連リンク•

次の