ソフトバンク 光 wifi 繋がら ない。 フレッツ光Wi

ソフトバンク光が突然つながらない時に!原因とすぐ試せる対処法7選

ソフトバンク 光 wifi 繋がら ない

二階に行くとWiFiが弱くなる原因とは 一階のWiFi接続には問題がないのに、なぜ二階に行くとWiFiが弱くなってしまうのか、まず、その原因を知っておきましょう。 WiFiルーターの弱点が高低差である WiFiルーターはその仕組み上、電波を横方向に飛ばすのは得意ですが、高低差を苦手としています。 そのため、違う階には電波が届きにくくなり、一階に親機がある場合は、二階では繋がりにくくなるという状況が生じてしまいます。 高低差があればあるほど電波は届きにくくなるため、1階の床にWiFiルーターを置いた場合と、1階の天井に近いところにWiFiルーターを置いた場合であれば、後者のほうが2階に電波が届きやすいです。 また、可能であれば、階段にWiFiルーターを置くというのも試す価値がある方法です。 障害物が電波強度を落としている WiFi接続は、電波が届かない場所では使用できません。 そして、WiFiの電波は元々そこまで強力なものではありません。 そのため、WiFiで飛ばす電波にとって障害物は大敵です。 ガラスや壁など障害物の影響でWiFiの電波が遮断されてしまったり、届く範囲が狭くなってしまったりすることは往々にしてあります。 このような理由から、親機であるWiFiルーターと、子機であるスマホなどの端末の間には、障害物が無いことが理想です。 WiFiルーターを設置する際には、様々な場所に置いて通信速度を測定するなどして、なるべくWiFiの電波が障害物の影響を受けないような場所を探してみましょう。 実際に試してみると、設置場所を変えるだけで、通信速度や繋がりやすさが大きく変わることが良くわかるかと思います。 回線を利用している端末の数が多い 多くのWiFiルーターは、複数の端末を同時に無線接続することが可能です。 しかし、パソコンやスマホやゲーム機を何台も同時にWiFi接続して使用していると、回線が込み合った状態になってしまうため、通信速度が落ちることや接続が切れてしまうことがあります。 であればよいのですが、データの送受信速度が極端に下がってしまう可能性があります。 大抵のWiFiルーターは、同時に接続できる機器数が決まっています。 WiFi接続で快適にインターネットを楽しむためには、決まっている同時接続機器数を超えないようにしましょう。 このような理由でWiFi接続が安定しない場合には、親機と子機の高低差はあまり関係ありません。 この状態を解決させる一番の方法は、WiFi接続している機器を減らすことです。 もしくは、 複数端末を接続しても安定して通信できるルーターに乗り換えるのも1つの手です。 出典: 例えば、ホームルーターのであれば、最大32台まで同時接続することができます。 加えて、コンセントに挿すだけでWiFi環境が整うので、面倒な工事立ち会いや設定がありません。 家中どこにいても通信速度が安定しているので、これを機にソフトバンクエアーに乗り換えるのも良いでしょう。 は、こちらの記事で詳しく解説しています。 ファイヤーウォールが原因の可能性も ファイヤーウォールは直訳すると「防火壁」という意味ですが、ネットワーク関連用語としてのファイヤーウォールは、セキュリティのために特定の通信を阻止するシステムのことを指します。 目に見える壁ではなく、設定することによって、特定の通信を遮断するものです。 現在発売されているルーターの中には、このファイヤーウォール機能を搭載しているものも数多く存在します。 ファイヤーウォールが、使用したいWiFi機器を危険なものとみなしてその通信を遮断している場合、どんなに電波状況が良くてもWiFi接続はできません。 この場合も親機と子機の高低差は関係無く、ファイヤーウォールの設定を変更してWiFi機器の通信を遮断しないようにすれば、解決することが可能です。 二階に中継機を設置する WiFiの電波が届かない場合の改善方法として、よく使われるのが「」です。 この製品は、その名の通りWiFiの電波を中継してくれます。 もし一階に親機を設置して二階までWiFiの電波が届いてないという場合は、二階にWiFi中継機を設置し、WiFiの電波を中継させることによって電波状況が改善される場合があります。 多くのWiFi中継機は、コンセントに直接差して使用します。 そのため、コンセントの差込口があるところが設置場所となりますが、設置場所がWiFiルーターから遠すぎると電波を中継することができないため注意しましょう。 もしWiFi中継機を設置する場合は、室内の色々な場所に置いて試してみて、ベストな設置位置を探してみるのがおすすめです。 同軸モデムを使ってみる WiFi中継機でも状況が改善しない場合、同軸モデムを導入することによって、テレビのケーブルを利用して電波強化するという手段もあります。 同軸モデムは、テレビ用の同軸ケーブルが配線されている部屋であれば利用することができる大変便利な機器です。 場所によってはWiFi中継機より電波を届かせる効果も大きいのですが、値段が高価なのがネックです。 効果は大きいだけに、予算的に許されるのであれば使用を検討してみてはいかがでしょうか。 同機種のWiFiルーターを複数設置する 各階に同機種のWiFiルーターを複数設置することによって、WiFiの電波状況が改善される場合もあります。 もしこの方法を実践する場合は、WiFiルーターの設定に注意が必要です。 WiFiルーターを複数設置する場合は、子機になるルーターをAP アクセスポイント として使用できるモードにすることと、WiFiルーター同士で電波干渉が起きないようにチャンネルを設定する必要があります。 電波強度の高いWiFiルーターに買い替える WiFiルーターは、機種によって電波強度に違いがあります。 そのため、現在使用しているWiFiルーターよりもというのも有効な対策法です。 ただし、電波強度の強いWiFiルーターは総じて値段が高めなため、予算に応じて対策方法を考えると良いでしょう。 WiFiルーターを選ぶ際のポイントですが、1つの判断基準として、基本的にアンテナの本数が多いほど、電波強度も強くなります。 アンテナの数は壁の数と同じ数が目安ですが、壁が木材ではなく鉄筋など電波を通しにくい材質の場合は、WiFiルーターのアンテナの本数は4本以上あることが理想です。 ファームウェアをアップデートする ファームウェアやドライバにはバージョンがあって、性能や不具合の解消、セキュリティ対策の向上があった場合に、新しいバージョンのものがリリースされます。 そのため、WiFiルーターのファームウェアやドライバは、常に最新のバージョンにしておくのが理想です。 大抵の場合、WiFiルーターの製造メーカー公式サイトで、最新版のファームウェアやドライバはダウンロードできるようになっています。 そのため、定期的にWiFiルーターの製造メーカー公式サイトをチェックして、新しいバージョンのファームウェアやドライバがリリースされていないかを確認しましょう。 もし、新しいバージョンがリリースされていた場合は、何かしらの改善があるということです。 WiFiルーターを快適に使うために、早めにアップデート作業をするようにしましょう。 二階の廊下には不要な物を置かない 一階からのWiFiの電波の通り道がふさがってしまうため、二階の廊下には不要な物を置かないようにしましょう。 廊下以外の場所でも、電波の通り道を邪魔してしまいそうなものは極力、片付けたり、場所を移動したりするようにしましょう。 WiFiをより繋がりやすくする親機の設置場所 WiFiをより繋がりやすくするためには、親機となるWiFiルーターの設置場所が重要です。 WiFiがつながりやすくなるために理想的な親機の設置場所、逆に望ましくない設置場所についても、詳しく見ていきましょう。 床への直置きや水回り近くはNG 親機を床に直置きしたり、風呂場や洗濯機など水回りの近くに置いたりするのは止めましょう。 床へ直置きした場合、床で電波が反射してしまうため、結果的に通信速度の低下などが起きやすくなります。 水回りに置いた場合は、電波が水を通過しにくいという性質を持っているため、電波が広がっていくのを妨げる可能性があります。 室内に水槽がある場合は、できるだけ離れた場所に親機を設置するようにしましょう。 部屋の中央に置くと電波が繋がりやすくなる 親機を部屋の中央に置くと、親機を中心として360度の方向に電波が広がっていくため、WiFiが繋がりやすくなります。 逆に部屋の片隅に置いた場合は、壁側の方向には電波が広がらないため、電波の届く範囲も狭まり、部屋の中でWiFi接続が繋がりやすい場所と繋がりにくい場所ができてしまう可能性が高いです。 1~2メートルの高さに置くのが理想 WiFiルーターは、1~2メートルの高さに置くのが理想です。 実際に、とある調査でWiFiルーターを低い位置に置くよりも高い位置に置いたときの方が、WiFi接続の回線速度も早くなったという検証結果が出ています。 このように、WiFiルーターはある程度高い位置に設置するのが望ましいのですが、地震などが起きても落下して破損しないように安定した場所に置くか、固定するなど落下防止対策を忘れずにしっかりしておきましょう。 二階まで届かないWiFiの強化には中継機の利用がおすすめ WiFi接続をするためには、親機から子機までしっかり電波を届かせる必要があります。 親機であるWiFiルーターの電波を広く遠く届かせるためには、設置する場所が非常に重要です。 設置する場所を変えるだけで、WiFiの繋がりやすさが大きく変わることもあります。 また、WiFiルーターは高低差が弱点のため、設置する高さを変えるだけでも、電波状況を大きく改善させることができる場合もあります。 もし、それらの対処方法を試しても、WiFiが二階まで届かない場合には、WiFi中継機や同軸モデムを使用するという方法があります。 特に予算と性能のバランスから見て、WiFi中継機の利用がおすすめです。 WiFi中継機も設置場所によって大きく効果が変わるため、どこに置くのがベストなのか、いろいろ試してみると良いでしょう。

次の

ソフトバンク光が突然繋がらない!原因と確認・対処法・問い合わせ先

ソフトバンク 光 wifi 繋がら ない

二階に行くとWiFiが弱くなる原因とは 一階のWiFi接続には問題がないのに、なぜ二階に行くとWiFiが弱くなってしまうのか、まず、その原因を知っておきましょう。 WiFiルーターの弱点が高低差である WiFiルーターはその仕組み上、電波を横方向に飛ばすのは得意ですが、高低差を苦手としています。 そのため、違う階には電波が届きにくくなり、一階に親機がある場合は、二階では繋がりにくくなるという状況が生じてしまいます。 高低差があればあるほど電波は届きにくくなるため、1階の床にWiFiルーターを置いた場合と、1階の天井に近いところにWiFiルーターを置いた場合であれば、後者のほうが2階に電波が届きやすいです。 また、可能であれば、階段にWiFiルーターを置くというのも試す価値がある方法です。 障害物が電波強度を落としている WiFi接続は、電波が届かない場所では使用できません。 そして、WiFiの電波は元々そこまで強力なものではありません。 そのため、WiFiで飛ばす電波にとって障害物は大敵です。 ガラスや壁など障害物の影響でWiFiの電波が遮断されてしまったり、届く範囲が狭くなってしまったりすることは往々にしてあります。 このような理由から、親機であるWiFiルーターと、子機であるスマホなどの端末の間には、障害物が無いことが理想です。 WiFiルーターを設置する際には、様々な場所に置いて通信速度を測定するなどして、なるべくWiFiの電波が障害物の影響を受けないような場所を探してみましょう。 実際に試してみると、設置場所を変えるだけで、通信速度や繋がりやすさが大きく変わることが良くわかるかと思います。 回線を利用している端末の数が多い 多くのWiFiルーターは、複数の端末を同時に無線接続することが可能です。 しかし、パソコンやスマホやゲーム機を何台も同時にWiFi接続して使用していると、回線が込み合った状態になってしまうため、通信速度が落ちることや接続が切れてしまうことがあります。 であればよいのですが、データの送受信速度が極端に下がってしまう可能性があります。 大抵のWiFiルーターは、同時に接続できる機器数が決まっています。 WiFi接続で快適にインターネットを楽しむためには、決まっている同時接続機器数を超えないようにしましょう。 このような理由でWiFi接続が安定しない場合には、親機と子機の高低差はあまり関係ありません。 この状態を解決させる一番の方法は、WiFi接続している機器を減らすことです。 もしくは、 複数端末を接続しても安定して通信できるルーターに乗り換えるのも1つの手です。 出典: 例えば、ホームルーターのであれば、最大32台まで同時接続することができます。 加えて、コンセントに挿すだけでWiFi環境が整うので、面倒な工事立ち会いや設定がありません。 家中どこにいても通信速度が安定しているので、これを機にソフトバンクエアーに乗り換えるのも良いでしょう。 は、こちらの記事で詳しく解説しています。 ファイヤーウォールが原因の可能性も ファイヤーウォールは直訳すると「防火壁」という意味ですが、ネットワーク関連用語としてのファイヤーウォールは、セキュリティのために特定の通信を阻止するシステムのことを指します。 目に見える壁ではなく、設定することによって、特定の通信を遮断するものです。 現在発売されているルーターの中には、このファイヤーウォール機能を搭載しているものも数多く存在します。 ファイヤーウォールが、使用したいWiFi機器を危険なものとみなしてその通信を遮断している場合、どんなに電波状況が良くてもWiFi接続はできません。 この場合も親機と子機の高低差は関係無く、ファイヤーウォールの設定を変更してWiFi機器の通信を遮断しないようにすれば、解決することが可能です。 二階に中継機を設置する WiFiの電波が届かない場合の改善方法として、よく使われるのが「」です。 この製品は、その名の通りWiFiの電波を中継してくれます。 もし一階に親機を設置して二階までWiFiの電波が届いてないという場合は、二階にWiFi中継機を設置し、WiFiの電波を中継させることによって電波状況が改善される場合があります。 多くのWiFi中継機は、コンセントに直接差して使用します。 そのため、コンセントの差込口があるところが設置場所となりますが、設置場所がWiFiルーターから遠すぎると電波を中継することができないため注意しましょう。 もしWiFi中継機を設置する場合は、室内の色々な場所に置いて試してみて、ベストな設置位置を探してみるのがおすすめです。 同軸モデムを使ってみる WiFi中継機でも状況が改善しない場合、同軸モデムを導入することによって、テレビのケーブルを利用して電波強化するという手段もあります。 同軸モデムは、テレビ用の同軸ケーブルが配線されている部屋であれば利用することができる大変便利な機器です。 場所によってはWiFi中継機より電波を届かせる効果も大きいのですが、値段が高価なのがネックです。 効果は大きいだけに、予算的に許されるのであれば使用を検討してみてはいかがでしょうか。 同機種のWiFiルーターを複数設置する 各階に同機種のWiFiルーターを複数設置することによって、WiFiの電波状況が改善される場合もあります。 もしこの方法を実践する場合は、WiFiルーターの設定に注意が必要です。 WiFiルーターを複数設置する場合は、子機になるルーターをAP アクセスポイント として使用できるモードにすることと、WiFiルーター同士で電波干渉が起きないようにチャンネルを設定する必要があります。 電波強度の高いWiFiルーターに買い替える WiFiルーターは、機種によって電波強度に違いがあります。 そのため、現在使用しているWiFiルーターよりもというのも有効な対策法です。 ただし、電波強度の強いWiFiルーターは総じて値段が高めなため、予算に応じて対策方法を考えると良いでしょう。 WiFiルーターを選ぶ際のポイントですが、1つの判断基準として、基本的にアンテナの本数が多いほど、電波強度も強くなります。 アンテナの数は壁の数と同じ数が目安ですが、壁が木材ではなく鉄筋など電波を通しにくい材質の場合は、WiFiルーターのアンテナの本数は4本以上あることが理想です。 ファームウェアをアップデートする ファームウェアやドライバにはバージョンがあって、性能や不具合の解消、セキュリティ対策の向上があった場合に、新しいバージョンのものがリリースされます。 そのため、WiFiルーターのファームウェアやドライバは、常に最新のバージョンにしておくのが理想です。 大抵の場合、WiFiルーターの製造メーカー公式サイトで、最新版のファームウェアやドライバはダウンロードできるようになっています。 そのため、定期的にWiFiルーターの製造メーカー公式サイトをチェックして、新しいバージョンのファームウェアやドライバがリリースされていないかを確認しましょう。 もし、新しいバージョンがリリースされていた場合は、何かしらの改善があるということです。 WiFiルーターを快適に使うために、早めにアップデート作業をするようにしましょう。 二階の廊下には不要な物を置かない 一階からのWiFiの電波の通り道がふさがってしまうため、二階の廊下には不要な物を置かないようにしましょう。 廊下以外の場所でも、電波の通り道を邪魔してしまいそうなものは極力、片付けたり、場所を移動したりするようにしましょう。 WiFiをより繋がりやすくする親機の設置場所 WiFiをより繋がりやすくするためには、親機となるWiFiルーターの設置場所が重要です。 WiFiがつながりやすくなるために理想的な親機の設置場所、逆に望ましくない設置場所についても、詳しく見ていきましょう。 床への直置きや水回り近くはNG 親機を床に直置きしたり、風呂場や洗濯機など水回りの近くに置いたりするのは止めましょう。 床へ直置きした場合、床で電波が反射してしまうため、結果的に通信速度の低下などが起きやすくなります。 水回りに置いた場合は、電波が水を通過しにくいという性質を持っているため、電波が広がっていくのを妨げる可能性があります。 室内に水槽がある場合は、できるだけ離れた場所に親機を設置するようにしましょう。 部屋の中央に置くと電波が繋がりやすくなる 親機を部屋の中央に置くと、親機を中心として360度の方向に電波が広がっていくため、WiFiが繋がりやすくなります。 逆に部屋の片隅に置いた場合は、壁側の方向には電波が広がらないため、電波の届く範囲も狭まり、部屋の中でWiFi接続が繋がりやすい場所と繋がりにくい場所ができてしまう可能性が高いです。 1~2メートルの高さに置くのが理想 WiFiルーターは、1~2メートルの高さに置くのが理想です。 実際に、とある調査でWiFiルーターを低い位置に置くよりも高い位置に置いたときの方が、WiFi接続の回線速度も早くなったという検証結果が出ています。 このように、WiFiルーターはある程度高い位置に設置するのが望ましいのですが、地震などが起きても落下して破損しないように安定した場所に置くか、固定するなど落下防止対策を忘れずにしっかりしておきましょう。 二階まで届かないWiFiの強化には中継機の利用がおすすめ WiFi接続をするためには、親機から子機までしっかり電波を届かせる必要があります。 親機であるWiFiルーターの電波を広く遠く届かせるためには、設置する場所が非常に重要です。 設置する場所を変えるだけで、WiFiの繋がりやすさが大きく変わることもあります。 また、WiFiルーターは高低差が弱点のため、設置する高さを変えるだけでも、電波状況を大きく改善させることができる場合もあります。 もし、それらの対処方法を試しても、WiFiが二階まで届かない場合には、WiFi中継機や同軸モデムを使用するという方法があります。 特に予算と性能のバランスから見て、WiFi中継機の利用がおすすめです。 WiFi中継機も設置場所によって大きく効果が変わるため、どこに置くのがベストなのか、いろいろ試してみると良いでしょう。

次の

ソフトバンク光が繋がらない!通信障害の原因別5つの対処法と問い合わせ先

ソフトバンク 光 wifi 繋がら ない

SSID・パスワードが正しく入力できているか確認• 機器を再起動してみてもう一度接続してみる• ルーターのランプの色が赤になっていないか確認• 料金は滞納していないか確認• 機内モードがオンになっていないか・WiFi接続がオフになっていないか確認 SSID・パスワードが正しく入力できているか確認 初めてWiFiに接続するときは、選択するべきSSIDと入力するパスワードを間違えがちです。 インターネット回線やモバイルルーターを契約して間もない段階でWiFiにつながらないときは、設定画面で選んだSSIDや入力したパスワードを間違っていないか確かめてみましょう。 無線WiFiルーターに貼ってあるシールを見て設定をやり直してください。 機器を再起動してみてもう一度接続してみる 以前から利用しているWiFiが突然つながらなくなったときは、光終端装置ONUやモデム、無線ルーターなどの周辺機器に不具合が起きている可能性があります。 ONUや無線LANルーターを長く使うと、サーバーへのアクセスログが溜まって処理速度が遅くなるため、定期的に再起動をかけると速度を維持できます。 この場合、周辺機器を再起動させればアクセスログが消えて不具合を解消できます。 スマホやパソコンに不具合が起きてWiFiに接続できない場合もあるので、デバイスも再起動させてみましょう。 ルーターのランプの色が赤になっていないか確認 WiFiに接続できるのにインターネットが使えないときは、無線LANルーターのランプを確認してください。 ルーターの種類にもよりますが、Internet ランプが搭載されて赤く点灯している場合、無線WiFiルーターがインターネットに接続できていません。 無線WiFiルーターがインターネットに接続できない原因は以下3つのどれかです。 設定を間違えている• 回線かプロバイダに通信障害が起きている• 終端装置ONUに不具合が起きている 契約してからある程度の期間が経っているのであれば、回線かプロバイダに通信障害が起きているかONUに不具合が起きているかのどちらかです。 通信障害が起きていれば復旧するのを待つしか方法はありません。 ONUを再起動させてもルーターのINTERNETランプが赤く点灯する場合は、故障の可能性が考えられますので契約している回線事業者のサポート窓口に連絡してください。 料金は滞納していないか確認 WiFiに接続できるのにインターネットが使えないときは、利用料金を滞納していないかも調べてみましょう。 口座の残高不足やクレジットカードの有効期限切れで料金が精算されず滞納扱いとなり、気づかずに回線が停止されるパターンは珍しくありません。 機内モードがオンになっていないか・WiFi接続がオフになっていないか確認 スマホやノートPCの機内モードがオンになっていないか、WiFi接続機能がオフになっていないかも確認するべきポイントです。 何かのはずみでそのスイッチがOFFになることは稀にあります。 また、飛行機から降りて機内モードの解除を忘れるパターンは意外と多く、外出先でWiFi接続機能をOFFにして家に帰ってからもONに戻し忘れるといったことも。 【デバイス別】急にWiFiに繋がらなくなったときの対処法【PC・iOS・android・ルーター】 パソコン、スマホがWiFiにつながらないときの対処法はほとんど共通していますが、それぞれでしか試せない方法もあります。 ルーターがインターネットにつながらないときも基本の対処法はパソコンやスマホと同じですが、設定を見直す必要があります。 PCが繋がらないときの対処法 パソコンをWiFiに接続できないときの対処法は主に以下の5つです。 コントロールパネルを開く• ネットワークとインターネットを開く• ネットワーク接続を開く• イーサネットを開く• アダプターのプロパティを開く• WiFiを右クリック• 無効にするを選択• 再度、右クリックで有効にする セキュリティソフトを一時的に無効にしてみる パソコンでインターネットを使う場合、セキュリティソフトが原因でWiFiに接続できない場合があります。 セキュリティソフトを1度無効にしてWiFiに接続できるか試してみましょう。 スマホ(iPhone・iPad・android)がWiFiに繋がらないときの対処法 スマホがWiFiにつながらないときの対処法はパソコンとほとんど変わりません。 スマホを再起動させる• 終端装置ONUと無線WiFiルーターを再起動する• スマホ側の登録している接続情報を削除して再設定する• 設定画面で選択するSSIDと入力するパスワードを確認する• 管理画面につながっているデバイスがないか確認し、無線WiFiルーターの管理画面が見れれば、WiFiに同時接続しているデバイスの台数を確認する。 無線WiFiルーターがONUに接続できているか 物理的に 確認する WiFiに同時接続できるデバイスの台数は、無線WiFiルーターの種類ごとに決められています。 スマホで特定のアプリのみWiFiに繋がらないときの対処法 例えば、スマホをWiFiにつないでいる状態でLINEだけが使えないときはアプリにバグが起きている可能性があるので、以下の方法で対処します。 LINEのアプリ 該当するアプリ を終了して再起動する• アプリを最新のバージョンにアップデートする• スマホを再起動する• OSをアップデートする アプリを再起動させるか最新のバージョンにし、スマホを再起動すれば、高い確率で問題を解決できます。 スマホの動作ログが溜まりすぎてLINEが機能しない場合もあるので、スマホの再起動も行いましょう。 OSのバージョンが古すぎてLINEが機能しない場合もあるので、可能であればOSもアップデートさせてください。 無線WiFiルーターがインターネットに繋がらないときの対処法 TP-LINKやBuffaloなど無線WiFiルーターがインターネットに接続できていない場合は、ルーターの不具合か設定の誤りが原因なので、以下の対処法を試してください。 再起動する• ルーターの設定内容を見直す• 登録した接続情報を削除して再設定する• 初期化させて再設定する 【回線別】急に光回線が繋がらない時の対処法・問い合わせ先 光回線がつながらない原因は周辺機器やデバイスの不具合か設定の誤り、そして通信障害です。 周辺機器やデバイスの不具合や設定の誤りなら先ほど紹介した方法で対処できますが、通信障害が起きると復旧するのを待つしかありません。 通信障害が起きているかは、契約している回線の事業者かプロバイダに確認してください。 auひかりが繋がらないときの対処法と問い合わせ先 auひかりに通信障害が起きているかは、下記の電話窓口かWebページで確認できます。 kddi. kddi. nifty. t-com. biglobe. dream. so-net. softbank. ドコモ光が繋がらないときの対処法と問い合わせ先 ドコモ光に通信障害が起きているかは、下記の電話窓口かWebページで確認できます。 nttdocomo. J:COM(ケーブル回線)が繋がらないときの対処法と問い合わせ先 J:COMのインターネット回線に通信障害が起きているかは、下記の電話窓口かWebページで確認できます。 myjcom. 自宅のWiFiが途切れる時に!「無線LAN中継器」の使い方 2階や3階の部屋でWiFiが途切れると感じる場合は、回線やプロバイダではなく無線WiFiルーターの性能に原因があります。 無線WiFiルーターがWiFiを飛ばせる範囲には限界があるので、2階や3階などの離れた部屋は電波が弱くなって途切れがちになってしまいます。 特に縦方向、および、コンクリートの壁などは通過しにくいです。 しかし、無線LAN中継器を使えば、WiFiが途切れる問題を解決できます。 無線LAN中継器は、無線WiFiルーターから電波を中継してWiFiを利用できる範囲を広げてくれる機器であり、ルーターからはなれてWiFiを利用する場合は必須です。 無線LAN中継器の使い方は、ルーターに中継器を接続し、スマホなどを接続するだけです。 注意点として、ルーターとの接続設定は、電波が届いていないと意味がないため、必ず近くでおこないましょう。 また、無線WiFiルーターと中継器は同じメーカーの方が設定が簡単です。 引用:TP-LINK公式サイト 無線LAN中継器とおなじような考え方で、WiFiを中継することにより接続可能範囲を広げ、安定した通信を行う目的で開発された、メッシュWiFiも市販化がはじまりました。 概念や使い方は、無線LAN中継器と同じですが、最初から中継する機能が設定されています。 つまり、中継するのが前提の親機子機セットみたいなものです。 引用:BuffaloメッシュWiFiでまるごとカバー 引用:J:com NET メッシュWiFiはこんな方におすすめ 停電後にWi-Fiが繋がらないときの対処法・復旧方法 停電したあとにWi-Fiがつながらない原因は、周辺機器が正しい順番で起動されていないことです。 停電から復旧するときはONUと無線LANルーターが同時に起動するので、通信状態で不安定になってWi-Fiが使えなくなる場合があります。 停電から復旧したときは、周辺機器の電源を落としてONU、無線LANルーターの順に再起動させてください。 WiFiスポットでWiFiが繋がらない!原因と対処法 外出先のWiFiスポットがつながりにくい、通信速度が不安定な原因は以下2つのどちらかが考えられます。 どこよりもWIFIの申込・詳細チェック 公式: まとめ WiFiにつながらなくなったときは、周辺機器やデバイスを再起動させて様子をみるのが第一歩です。 インターネット回線を契約して間もない場合は、接続設定に間違いがないかを確認してください。 まれに回線やプロバイダの障害が原因ということもあるので、その際は公式サイトの障害情報もチェックしましょう。 【おすすめ】5G実用化とWiFi6について そろそろ5Gの実証実験が始まっていますが、実用化は数年後になりそうです。 しかしWiFiの新規格、WiFi6(IEEE 802. 11ax)はすでにルーターの販売がはじまり、iPhone11など、最新のスマホでも対応しはじめました。 従来規格よりも高速なWiFi機器の設計が可能となり、下記Buffaloの製品はWiFi実測スループットが約3. 7Gbpsに到達しました。 これは、従来の最上位機種WXR-2533DHP2 11ac世代 よりも約3. 1倍高速な実測値です。 WiFiが遅い、つながりにくい、壊れたかも?、古いしそろそろ買い替えかな?と思う方々!今購入するなら是非WiFi6(IEEE 802. 11ax)対応のルーターをお勧めします。 同時接続台数も大幅にUPしています!.

次の