モバイル suica 使い方 改札 iphone。 モバイルSuica完全ガイド!使い方や新幹線・特急券購入などのメリットまとめ

お得で便利!コンビニでSuicaを上手に使う方法

モバイル suica 使い方 改札 iphone

還元率• 通常のポイント還元なし 開催中キャンペーン dポイントカードとApple Payで7倍• dポイントカードをApple Payに設定して支払うとdポイントが7倍 特長• Appleによって提供されており、iPhoneやApple Watchから利用できる• iD、QUICPay、Suicaなどに対応しているお店で利用可能• アプリ内に「クレジットカード」や「電子マネー」を登録して使うことができ、その利便性は抜群に高い 支払い方法• Suicaなどの電子マネーで支払う• クレジットカードで支払う 使える代表的なお店• 毎回Face IDやTouch IDによって本人確認が要求される• クレジットカードの情報はApple Payのサーバーで暗号化される• スマホ紛失時も即座に利用停止できる こんな人におすすめ!• iPhoneをお持ちで、できるだけ様々なお店でスマホから決済していきたい方• Suicaをスマホに登録して使っていきたい方• 汎用性や利便性を最重要視していきたい方 ApplePay アップルペイ でSuicaを登録して利用するメリット 出典: ApplePayでSuicaを利用するメリットは主に以下の4つです。 カード不要でスマホからタッチして決済が可能• Suicaの残高をスマホからチャージする事もできる• ApplePayでSuicaを利用すれば年会費は無料!• お得にポイントを貯められる可能性がある カード不要でスマホからタッチ決済が可能 ApplePayにSuicaを搭載すれば、物理的なICカードをわざわざ持つ事なく、 スマホ一台でお店での決済をしたり、改札を通り抜けたりする事が可能となります。 従来のICカードの場合、決済の際にカードケースや財布などから都度カードを取り出す必要がありましたが、SuicaのICカードをスマホに搭載すれば、 スマホから不便なく利用する事ができるようになるでしょう。 今やスマホを持ち歩く事が当たり前となった現代において、スマホで完結できるサービスが便利である事はもはや言うまでもありません。 ApplePay アップルペイ ならSuicaの残高をスマホからチャージする事もできる なお、ApplePayならSuicaの残高をスマホ上から Suicaに登録したクレジットカード経由でチャージする事ができます。 これが従来の物理的なICカードの場合、駅の改札にある切符売り場などを使ってチャージする必要がありました。 そこでもしも行列が出来ていたとすれば、チャージをしている間に電車に乗り遅れてしまう事だって起こりえたでしょう。 しかし、ApplePayからクレジットカードを使ってSuicaにチャージする事によって、そのような問題も解決する事が出来ます。 ApplePay アップルペイ でモバイルSuicaを利用すれば年会費は無料! なお、実はSuicaは物理的なICカードだけでなく「モバイルSuica」といった専用アプリが存在しているのですが、 基本的にモバイルSuicaを利用する際には年会費1,030円がかかるようになっていました。 しかし、SuicaをApplePayで利用する場合には その年会費が一切かからず無料です。 カードタイプのSuicaを利用した場合は200円ごとに1ポイント 0. なので、 Apple Payから支払えばポイント還元4倍となり断然お得です。 なお、10月1日よりSuicaで適用されるポイント還元の対象は以下。 Suicaの残高でJR東日本の在来線に乗車する度、その利用額に応じて還元される• Suicaグリーン券を購入する度、その購入額に応じて還元される• Suicaを利用するならApple Payでも使える「ビューカード」がおすすめ! なお、これからSuicaをApple Payで利用していこうと考えている方にとって、 「使わないと損」と言っても過言ではないほどのクレジットカードがあったことをご存知でしょうか? それが、Suicaへのオートチャージが可能で、ポイントも3倍になって返ってくることで定評の「」です。 Apple PayのSuicaにオートチャージできるのはビューカードのみ Apple PayでSuicaを使う場合に、 オートチャージすることができるのは しかありません。 いつもSuicaの残高不足に気づかないまま改札にタッチしてしまう…。 残高不足で改札で止められることがしょっちゅうあるし、面倒くさいと思ってた…。 今までこんな悩みを抱えていたあなたも、を使ってオートチャージの設定を行っておけば、もう二度とSuicaが残高不足で困ることもなくなるでしょう。 Suicaへのチャージに使えばポイント3倍 では通常1,000円の利用につきJRE POINTが5ポイント貯まりますが、Suicaへのチャージや定期券の購入に使うことで、 そのポイントが3倍貯まるようになります。 はい、Suicaへのチャージも、オートチャージも、定期券の購入も、全てポイント3倍です。 さらに、貯まったポイントはそのままSuicaへとチャージできるので、ポイントの使い道に困ることもないでしょう。 オートチャージ3,000円以上の利用で300ポイント• カードの利用額5,000以上〜5万円以下で500ポイント• カードの利用額50,001円以上〜10万円以下で1,500ポイント• さらに、をSuicaのチャージや定期購入に使えばポイントが3倍付与されるので、長期的にSuicaを利用するのであれば、ほぼ損をすることはないと言って良いでしょう。 Apple PayでSuicaをオートチャージしながら使っていきたい…。 より高いポイント還元率でSuicaを利用したい…。 と考える方は、是非を使ってみてください! 既にSuicaのICカードをお持ちの場合 ApplePayにSuicaを設定する方法ですが、まずはiPhone内に搭載されている「Wallet」を開きます。 その後は「Suica」を選択して次へ進みましょう。 そしてSuicaのカード裏面に記載のある下4桁の番号を「カード番号欄」に入力してください。 出典: その後は以下の図のように、SuicaにiPhoneの上部をかざして、動かさずに置いておきます。 出典: しばらく待って転送が完了した後、ApplePayに自分のSuicaが設定されます。 そして、カードの種類を「Suica」に選択し、最初にチャージする金額を設定して「追加」をタップしてください。 利用規約に同意後、Apple Payに登録したカードを使ってSuicaへチャージして使えるようにしましょう。 これでApple PayからSuicaを使えるようになります! Suicaの残高をApplePay アップルペイ からチャージする方法 Suicaの残高をApplePayからチャージする方法ですが、まずは「Wallet」アプリを起動してSuicaを選択して「チャージ」をタップしましょう。 なお、Suicaでは他にも「モバイルSuicaのアプリからチャージする方法」や「オートチャージ機能を使う方法」などもあるので、気になる方は以下のリンクからチェックしてみて下さい! ApplePay アップルペイ のSuicaで決済する方法 では、実際にSuicaをApplePayから決済する方法について見ていきしょう。 ApplePay アップルペイ のSuicaのコンビニでの使い方 ApplePayのSuicaでコンビニの支払いを行う場合、まずコンビニの店員に「Suicaで」と伝えた後、店舗側の読み取り端末にApplePayのSuicaの画面を表示してかざしてください。 これでApplePayのSuicaによる支払いは完了します。 なお、Suicaは代表的なコンビニである「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」などで利用する事が出来ます。 ApplePay アップルペイ のSuicaの改札での使い方 ApplePayのSuicaを改札で使う方法ですが、予めWalletからSuicaの画面を開いておき、以下の写真のようにタッチを行なってください。 出典: 方法はカード形式のSuicaと変わりませんが、スマホから行う事によって、わざわざ物理的なカードを取り出す必要が無くなり非常に便利です。 ApplePay アップルペイ にSuicaが登録できない場合に確認するべきこと 「ApplePayにSuicaが登録できない…。 」 万が一そのような事が起こった時、まず自身の利用しているiPhone、もしくはAppleWatchが以下の対応デバイスに該当しているかをチェックしてみて下さい。 使っているデバイスの国/地域が日本に設定されているかどうか• My Suica 記名式 や Suica 定期券を追加するときは生年月日 これらのプラスチックカードを購入した時に入力した生年月日 も入力• SuicaのICカードを読み取る時にカード、もしくはデバイスを動かしていないか• Suica の残額が 19,500 円以下であるかどうか• iPhone または Apple Watch を再起動してみる• そして、一部の Suicaは、ApplePayに追加する前に確認が必要になる場合があります。 なので、該当する恐れのあるSuicaの場合はモバイルSuicaのアプリをダウンロードして会員登録を行う必要があります。 まとめ:SuicaはApplePay アップルペイ で便利に利用しよう! 以上、SuicaはApplePayから利用する事で、よりその利便性を高められます。 特に「財布も持たず、スマホ一台で生きていきたい。 」といったような「ミニマリズム」的思考をお持ちの方にはピッタリでしょう。 なのでこの機会に是非、SuicaとApplePayを活用してキャッシュレス決済をスタートさせてみてはいかがでしょうか。 なので、の10,000円キャッシュバックでは煩わしいポイント交換の手続きなんてありませんし、 もちろん年会費だって永年無料です。

次の

iPhoneでSuicaを使うための最強マニュアル。登録方法から基本の使い方、オートチャージ設定や機種変更などモバイルSuicaを徹底解説!

モバイル suica 使い方 改札 iphone

関東の私鉄定期券ユーザーのあいだで話題です。 モバイルPASMOとは、交通系ICカードPASMOの機能をスマートフォンで利用できるサービスです。 スマホをかざすだけで改札を通れるようになります。 すでに多くの人が使う「モバイルSuica」は、私鉄や地下鉄にも乗れるものの、定期券はJRにしか対応していませんでした。 モバイルPASMOの登場によって、私鉄や地下鉄、バスの定期券もカードレスになります。 しかし、人によっては 従来のPASMOカードや モバイルSuicaのほうが向いている人もいます。 それぞれの違いを比較しました。 モバイルPASMOの使い方 モバイルPASMOの使い方は、モバイルSuicaとほぼ同じです。 モバイルPASMOアプリをスマホにインストールすると、モバイルSuicaと同じくスマホを改札にかざすだけで通れるようになります。 年会費などはいっさいかかりません。 都度アプリを立ち上げる必要はありません。 ロック解除前でも、スマホをかざせば読み取れます。 チャージ方法 モバイルPASMOは、 クレジットカードでのチャージが基本です。 あらかじめクレジットカードを登録し、チャージしてから使うプリペイド方式(前払方式)です。 一部のクレジットカードは、 オートチャージにも対応しています。 クレジットカードを持っていない人は、駅のチャージ端末などで 現金チャージも可能です。 モバイルSuicaは、コンビニのレジやセブン銀行ATMでもチャージできます。 特に、セブン銀行ATMですぐにチャージできるのは便利です。 モバイルPASMOもATMでチャージできるようになると、クレジットカードを持っていない人も使いやすくなりそうです。 ちなみにモバイルSuicaは、デビットカードや一部のプリペイドカードでもチャージ可能です。 モバイルPASMOでもこれらが使えるようになれば、 クレジットカードを持っていない人もスマホからチャージできるようになります。 たとえばモバイルSuicaは、現金チャージできるカード「」や、「」などを登録できます。 全国の交通機関で利用できる モバイルPASMOはPASMOカードと同じく、全国のJRや主要な私鉄は、問題なく使えます。 2012年から、主要な交通系ICカードは全国相互利用できるようになっています。 以下の交通系ICカードが使えるエリアでは、どのICカードでも改札を通れます。 PASMO(パスモ)• Suica(JR東日本)• Kitaca(JR北海道)• manaca(名古屋交通開発機構)• TOICA(JR東海)• PiTaPa(スルッとKANSAI)• ICOCA(JR西日本)• はやかけん(福岡市交通局)• nimoca(ニモカ)• SUGOCA(JR九州) ただし、各鉄道会社のエリアをまたいでの利用(いわゆる「エリアまたぎ」)はできない場合があります。 例:JR東日本の駅から乗り、JR東海の駅で降りるなど。 定期券として使える モバイルPASMOは 定期券として利用できます。 財布やパスケースを出さずに、改札でスマホをかざすだけで通勤・通学できるようになります。 定期券の購入もスマホで行います。 モバイルSuicaのように、管理画面から定期の新規購入や継続購入の手続きができると思われます。 定期券を使わなくなった場合の払い戻しも、スマホで完結します。 モバイルPASMOで定期券を購入するには、クレジットカード登録が必要です。 現金チャージのみでは購入できません。 電子マネーとして買い物に使える モバイルPASMOは、 交通系電子マネーが使えるお店での買い物にも使えます。 改札でスマホをかざすのと同じように、レジ横にある決済端末へスマホをかざすだけで支払いが完了します。 セブンイレブンやローソン、ファミリーマートといった主要コンビニは、すべて交通系電子マネーに対応しています。 大手ドラッグストアや家電量販店、飲食店でも、電子マネー決済できるお店が増えています。 電車やバスに乗る交通費と、ふだんの買い物の出費をまとめて管理できます。 モバイルSuicaのほうがおすすめの人 モバイルSuicaも、モバイルPASMOと同じ用に使えます。 しかし現時点では、モバイルSuicaのほうがメリットが多い印象です。 以下3点のメリットが魅力に感じる人は、モバイルPASMOよりモバイルSuicaが向いています。 すでに定期券を持っている人も、モバイルSuicaの新規登録時に移行できます。 モバイルPASMOと同じく、年会費も完全無料です。 ポイントを貯めたい モバイルSuicaには、 JR東日本のポイント還元サービスがあります。 モバイルPASMOには、自社のポイント還元制度はありません。 モバイルSuicaでJR東日本の交通機関を利用したり、特定のお店で電子マネー決済すると、 JREポイントというポイントが貯まります。 JREポイントは、キャッシュレス決済のなかでもかなり高還元です。 関東でJRによく乗る人は活用したいサービスです。 ふだんの移動や買い物で貯まったJREポイントは、1ポイント1円として買い物に使えます。 0%(Suicaカードは0. 5%) JREポイント加盟店で買い物 100円につき1ポイント 1. 0% Suica利用可能店で買い物 100~200円につき1ポイント 0. 5~1. 0% JREモールでネット通販 100円につき1ポイント 1. 0% 特に、モバイルSuicaでJR東日本の電車に乗ったときの 2. 0%還元は、大きなメリットです。 JR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」を使うと、さらにSuica還元率を上げることも可能です。 モバイルSuicaがこれだけポイント還元に力を入れている一方、PASMOには独自のポイント還元制度はありません。 2020年6月までは、政府のキャッシュレス・消費者還元事業によるポイントバックがあります。 それ以降は、ポイント還元なしで利用することになります。 iPhoneユーザー モバイルSuicaは、 iPhone・Android両方のアプリがあります。 対してモバイルPASMOは、リリース時点では Androidアプリしかありません。 iPhoneユーザーがスマホで電車に乗るためには、必然的にモバイルSuicaを選ぶことになります。 モバイルPASMOを利用できるのは、おサイフケータイ機能搭載のAndroidスマートフォン(Android6. 0 以上)のみです。 今後、モバイルPASMOがiPhoneに対応するかは未定とのことです。 PASMOカードのほうがおすすめの人 すでにPASMOカードを使っている人のなかには、モバイルPASMOに移行せずカードを使い続けるほうがよい人もいます。 iPhoneユーザー すでに述べたとおり、モバイルPASMOはまだAndroidアプリしかありません。 iPhoneユーザーは、しばらくPASMOカードを使い続けることになります。 家族にPASMOを貸したい人 家族などでPASMOカードを共有している人は、モバイルPASMOにすると貸し借りができなくなります。 無記名PASMOは、自分以外の人も使えます。 ただし無記名PASMOは、紛失しても再発行できません。 プリペイドカードやiTunes Cardをなくしても、残高が戻ってこないのと似ています。 記名PASMOは、カードを紛失した際に再発行できます。 モバイルPASMOを会員登録なしで利用すれば、無記名PASMOに近い使い方にはなります。 会員登録なしのPASMOは、個人情報を登録せずに使えますが、スマホの故障などが起きても再発行できません。 ただし、モバイルPASMOは会員登録しないと、クレジットカードチャージや定期券購入ができません。 利用できるチャージ方法は、現金のみです。 モバイルPASMOの利用頻度が増えてきたら、会員登録することをおすすめします。 会員登録すれば、スマホの故障時や紛失時の再発行サポートも受けられます。 モバイルPASMOがおすすめの人とは モバイルSuicaやPASMOカードより、モバイルPASMOのほうが向いている人は、 私鉄の定期券を利用中のAndroidスマホユーザーです。 モバイルPASMOでは、私鉄や地下鉄、バスなど19社の路線の定期券を利用できます。 JR以外の主要な路線を網羅しているといえます。 私鉄の種類が多い関東では、JRにほとんど乗らない人も多いと思います。 通勤でJRを経由せず、今までモバイルSuicaを使えなかった人も、モバイルPASMOでスマホ定期券を使えるようになります。 Xperia 1• Xperia 5• Xperia 8• Pixel 4• Pixel 4 XL• Android One S6 上記以外の機種では、モバイルSuicaがインストールされていると、モバイルPASMOをインストールできません。 関東で私鉄の定期券を使わない人は、現時点ではモバイルSuicaで十分だと思います。 モバイルSuicaでも、私鉄やバスには乗れます。 JR東日本の鉄道に乗れば、2. 0%ものポイント還元も受けられます。 ふだんからモバイルSuicaを使って移動すれば、気づかないうちにポイントが貯まるかもしれません。

次の

iPhoneのApple Payには複数のSuicaを登録して使い分けて利用することができる

モバイル suica 使い方 改札 iphone

iPhoneでSuicaを使う方法まとめ どうも、なす()です。 突然ですが、みなさんは電車やバスに乗る際に「 Suica」を利用していますか? 2016年発売の「 iPhone 7」以降、 iPhoneでもSuica(モバイルSuica)が利用できるようになりました。 ご存知でしたか? 今回は「まだiPhoneでSuicaデビューしていない」という方々のために、 iPhoneでSuicaを利用する方法を紹介します。 モバイルSuicaを利用できるiPhone端末は? まずは自分の使っているiPhoneがモバイルsuicaに対応した端末かどうかを確認しましょう。 【モバイルsuica対応のiPhone一覧】• iPhone X• モバイルSuica対応のiPhoneまたはApple Watch、 どちらも持ってないという場合はオートチャージ機能の付いた「 View Suicaカード」の利用がおすすめです。 (View Suicaカードについては) モバイルsuicaを利用するまでの手順を解説 ここからは実際にiPhoneでモバイルsuicaを利用するまでの手順を解説していきます。 専用アプリをダウンロード iPhoneでモバイルSuicaを利用するには、iPhoneアプリ「 」が必要です。 以下のリンクからアプリをインストールしてください。 Suicaの「登録」と「新規発行」、どちらに当てはまるのか確認する ダウンロードが完了したら、 アプリを起動してSuicaを登録していきます。 登録方法は、既にSuicaカードを持っているかどうかで 下記の3パターンに分類されるので、どれに当てはまるのか確認しておきましょう。 実際にSuicaカードを作るというわけではありません。 また注意してほしいのが、「2. 既にクレジットカード一体型のSuica(View Suicaカード等)を持っている」パターンです。 この場合ですが、 iPhoneのWalletアプリに「クレジットカード一体型のSuica」を登録しても、Suica機能を使うことはできません。 実際のSuica登録手順を解説 ここからは実際のSuica登録手順を解説していきます。 機種変更以外の場合、「 Suica発行」を選択してください。 ・ 既にSuicaカードを持っている場合は、画面下部の「 Suicaカードの取り込み」 ・ Suicaカードを持っていないあるいは クレジットカード一体型のSuicaを持っている場合は、「 My Suica(記名式)」または「 Suica定期券」をご利用方法に合わせて選択してください。 また、カードを 再発行することができます。 「Suica(無記名)」の場合、これらの 保証がありません。 そのため、特に理由がない場合は「 My Suica(記名式)」か「 Suica定期券」のどちらかとしてください。 「 会員登録」を選択しましょう。 少し待ちましょう。 (僕は試しに10,000円をチャージしたため、残高が10,000円となっています。 」と表示されます。 Suicaを「エクスプレスカード」に設定しておかないと、改札で毎回指紋認証が必要になってしまいます。 (これでは使いものになりませんね…。 おつかれさまでした。 オートチャージの設定をしよう モバイルSuicaの登録が完了したら、併せて オートチャージの設定をしましょう。 オートチャージとは、「 Suicaの残高が設定した値段を下回ったら、自動的に指定した金額がチャージされる」という機能です。 「勝手にお金が追加されるのは不安」という意見もありますが、実際に使ってみると本当に便利です。 オートチャージの設定方法を解説 ここからは実際のオートチャージの設定手順を解説していきます。 金額は「1,000円〜10,000円」の範囲内で設定できます。 これでオートチャージの設定は完了です。 この設定をしておけば、 面倒な入金手続きとはおさらばです。 快適なSuicaライフを送ることができるでしょう。 モバイルSuicaのよくある質問 ここからはモバイルSuicaに関して、よくある質問に答えていきます。 使用履歴の確認方法は? モバイルSuicaの使用履歴は以下の画面から確認できます。 ただし、Suicaがあれば 全国相互利用のICカードシンボルマークのある鉄道やお店で決済ができるため、特に問題はないかと思います。 PASMO・ICOCA・PiTaPaなどを使用している方は、この機会にSuicaに乗り換えましょう。 駅の改札でiPhoneをかざす際は、 カメラの横あたりをタッチすればうまく反応してくれます。 iPhoneの電源が切れた場合もSuicaは使える? 残念ながら、 iPhoneの電源が切れた場合はSuicaも使えなくなります。 電池切れの心配がありそうなときは、モバイルバッテリーを用意しておきましょう。 「VIEW Suicaカード」はモバイルSuicaとの相性抜群 ここまでの記事中で何度か紹介した「VIEW Suicaカード」。 僕も愛用してます。 このクレジットカードは 「Suica」と「クレジットカード」が一体になった、とても便利&お得なカードです。 後ほど詳しく解説しますが、 モバイルSuicaの支払先のクレジットカードとして登録すると、 かなりお得な特典がついています。 ちなみにVIEW SuicaカードはSuicaとして使うことも出来るのですが、その場合「 オートチャージ機能」を使用することができます。 そのため、モバイルSuica対応のスマートフォンを持っていないという方にもVIEW Suicaカードはおすすめです。 VIEW Suicaカードをオートチャージ機能付きのSuicaとして利用することができます。 VIEW Suicaカードのポイント還元率は? (ビューカード公式サイトより) VIEW Suicaカードを「モバイルSuica」や「オートチャージ」で利用した場合の ポイント還元率は1. 5%です。 (10,000円の利用で150円相当のポイント獲得) 【ポイント還元率が1. 5%となる利用方法 下記以外の利用はポイント還元率が0. 5% 】• 乗車券、定期券、回数券、特急券• JR東日本国内ツアー• Suica定期券、Suicaカード• ビューカードでのSuica入金(チャージ)• オートチャージ• モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション クレジットカードについて詳しい方なら分かるかもしれませんが、 ポイント還元率1. 5%というのはとてもお得です。 しかも、• 溜まったポイントをモバイルSuicaにチャージできる(現金と同様の扱い)• オートチャージ機能付きSuicaとして利用できる という2つの大きなメリットを考慮すると、電車をよく利用する方は 間違いなく持っておいたほうが良いクレジットカードだと思います。 VIEW Suicaカードのポイントはチャージに使える VIEW Suicaカードの利用で貯まるポイントは、 400ポイントにつき1000円分のチャージに交換できます。 モバイルSuicaを使用していれば、ウェブサイトからポイントをチャージに交換することが可能です。 実際に試してみたところ、交換申請から入金までは2~3日ほどかかりました。 ポイントの交換はモバイルSuicaアプリではなく、VIEW Suicaカードの管理画面より行います。 ちなみに僕の場合、 定期券代をVIEW Suicaカードで支払っているので、 年間30,000円ほどがモバイルSuicaに現金としてチャージされます。 気になる方は、ぜひVIEW Suicaカードのポイントシミュレーションを利用してみてください。 iPhoneでSuicaを使う方法まとめ 以上、iPhoneでSuicaを使う方法まとめでした。 iPhoneでのモバイルSuicaの利用は、• オートチャージ機能が使える• Suicaの使用履歴がすぐに確認できる など、本当に便利なのでぜひ使って欲しいと思います。 新型iPhoneを購入した方(もしくは購入予定の方)は、ぜひこの機会にモバイルSuicaデビューをしてみてはいかがでしょうか おわり!.

次の