スーパー ウェルター 級。 ボクシング階級表

【ボクシング】日本スーパーウェルター級タイトルマッチ “縦横無尽”ならずとも松永宏信がTKOでV1

スーパー ウェルター 級

MMAにおける新体重階級 JMOCコラム限定版はJMOCコミュニティにて JMOCコミュニティ会員募集中 ————————————————————————- 日本では意外なほど知られていないのですが、今年(2018年)からユニファイド・ルールでは、中・重量級が4階級増設されています。 スーパーライト級(165lb:74. 8kg)、スーパーウェルター級(175 lb:79. 4kg)、スーパーミドル級(195lb:88. 5kg)、クルーザー級(225lb:102. 1kg)です。 これまで、ライト級からミドル級までの各階級間の体重差が15パウンドだったのを10パウンドに変更するものです。 ただ、これまで定着してきたウェルター級(170 lb:77. 1kg以下)は、ルール上、旧来のまま残りました。 したがって、スーパーライト級とウェルター級の間、それにウェルター級とスーパーウェルター級の間は変則的にそれぞれ体重差が5パウンドになっています。 UFCもまだ階級を変更していません。 新区分が普及・定着するにはしばらく時間がかかるかもしれませんが、ゆくゆくは、現在のウェルター級が廃止され、スーパーライト級が新ウェルター級になることが見込まれます。 新しい階級区分(数字は上限体重。 6 kg ストロー級:115 lb 52. 2 kg フライ級:125 lb 56. 7 kg バンタム級 :135 lb 61. 2 kg フェザー級:145 lb 65. 8 kg ライト級:155 lb 70. 8kg) ウェルター級:170 lb 77. 4kg) ミドル級:185 lb 83. 5kg) ライトヘビー級:205 lb 93. 1kg) ヘビー級:265 lb 120. 2 kg スーパーヘビー級:265 lb 120. 2 kg 以上.

次の

ボクシング階級表

スーパー ウェルター 級

マニー・パッキャオ パッキャオはやはり半端なかった。 そう思わせてくれた、対ルーカス・マティセ戦。 彼との試合に勝利し、パッキャオはWBAウェルター級王座を獲得しました。 記念すべき60戦目ですし、本人にとってもあの試合は大きな節目になったことでしょう。 パッキャオがウェルターで戦ってきた相手は• ミゲール・コット• ブランドン・リオス• メイウェザー• ティモシー・ブラッドリー• ジェシー・バルガス• ジェフ・ホーン• マティセ です。 2連敗となってしまったブラッドリーとファン・マヌエル・マルケスとの試合は、スーパーウェルターでしたので、今のパッキャオに一番合っているのはウェルターだと思います。 マティセ戦では、フレディ・ローチと袂を分かつなど、周囲の環境も変わっており、それ故かファイトスタイルも若干の変化が見られました。 スピードある前後のステップは顕在として、ジャブに合わせるひっかけのショート・フックと、これまで見られなかった左アッパーが精彩を放っていましたね。 マティセもガンガン前に出てこず、中間距離で戦っていたので、パッキャオが自分のボクシングを出来た、ここ数年で一番のパフォーマンスかと思います。 とは言っても、キャリア晩年である事は否めません。 年齢的なものかどうかは分かりませんが、フィジカルボクシングに弱くなっている感があります。 ジェフ・ホーン戦は微妙な判定でしたが、どんどん前に来るホーンに押し切られ、非常に見栄えは悪かったですね。 判定に不服もあるようですが、ホーンのホームであることもかんがみれば、ホーンの勝ちでもまったく不思議はない試合だったと思います。 既に引退はしていましたが、今のパッキャオは、マティセと同じアルゼンチンのマイダナには手を焼きそうですね。 しかし、「負けるかもしれない」という試合にきっちり勝つパッキャオ。 その点だけは、若いころと変わらず我々ファンを楽しませてくれます。 キース・サーマン 大の日本好きで知られるキースサーマンが、現在ウェルター級WBAのスーパーチャンピオンの座についています。 怪我もあり、ダニー・ガルシア戦からしばらく試合をしておらず、元々持っていたWBCのベルトは返上している状態です。 なので今WBCは空位。 最新のダニー・ガルシア戦を見た印象は、やはりバランスが非常にいい。 あとボディにはやっぱり弱い。 テレビの映像を見ても、ガルシアのボディ打ちが決まると、スローで再生をされています。 バランスがいいと言うのは、相変わらずの手数の多さで体勢が崩れるという事がほとんどない。 飛び込みの左フックの後でも、しっかりと右ガードが有効に働いています。 手数が多いのと、それにガードの隙をねらって打ってるのが凄い。 手数が多いのでめちゃくちゃ打ってるように見えますが、丁度空いているところを打っているシーンが多いです。 左フックからの右アッパーも秀逸。 2回綺麗にきまっていました。 しかし、それは2017年3月の話。 右肘と左手を故障し、1年以上リングから遠ざかっています。 それなのにまだスーパー王者にいるという事自体も不思議なものですが、フェリックス・ベルデホのように、怪我上がりでのポカはやめてほしいですね。 早めのリング復帰が望まれます。 「メイウェザーの後継者?」エロール・スペンス・ジュニア メイウェザーとスペンス 偉大なる王者の後には、その後継者の座を誰に渡すのかという事がよく議論に挙げられます。 「ネクスト・パッキャオ」なんかよく聞きますね。 ネクスト・メイウェザーも、もちろんそのはんちゅうであり、エイドリアン・ブローナーなどがそのスタイルも酷似しているので、そういわれていた時期もありました。 しかし、マイダナ戦から上の上のクラスの選手には負け越すようになり、その声も薄れてきたように思えます。 現在その筆頭が彼、 エロール・スペンス・ジュニアです。 現在 24戦24勝21KOのパーフェクトレコードを誇っており、ケル・ブルックからIBF王座を奪取後、初防衛戦をレイモンド・ピーターソンと行いTKO勝ち、続くカルロス・オカンポも速攻で沈めています。 ボディが得意なようで、オカンポ含めキャリアの中で8戦ほどはボディで決めているみたいです。 オカンポ戦では結構ローブロー気味でしたが、オカンポ自身もあまりアピールしていなかったので、ボディで効いていたのでしょう。 オカンポはIBF3位の格下で、世界初挑戦がスペンスというのもかわいそうでしたね。。 レイモンド・ピーターソン戦を見てみると、こちらはフェンシングのようなスペンスのジャブが光っていました。 距離を支配するジャブと、効かせるジャブを有効に使っているという印象を受けます。 ジャブ、ジャブ、左ボディストレートを序盤は多用していました。 中盤から、それに加えスペンスのパワーヒットが増え始めます。 ピーターソンも結構良い右を入れたりするのですが、それが余計にスペンスを燃えさせるのか、さらにスペンスからくらってしまいます。 結局スペンスに終始ボコボコにされ、7ラウンド開始時にギブアップ。 この試合で光ったのは、右ジャブを使用しての距離感の支配。 右ジャブを打って、すぐに返ってくる相手の左ジャブを見切る目もいい。 そして、パワーファイトも出来る。 距離の関係ない接近戦になった際に、少しもらってしまうのが玉に傷ですが、今後防衛を繰り返し、さらに磨かれていってほしいですね。 彼の初めての試練、そしてビッグファイトは、今後予想される対クロフォード戦でしょう。 テレンス・クロフォード 一つ下のスーパーライト級で4団体統一を果たしたテレンス・クロフォード。 ウエルターに上げてからは、対ジェフ・ホーンの1戦のみですが、あまり体重増加により苦しんでいるようには見えません。 ジェフ・ホーンと比べるとどうしても体格的に劣っているように見えてしまいますが、突進を右にステップしてからの右フックでうまくいなせています。 パッキャオもそれが出来ていれば、クロフォード対パッキャオのビッグマッチが実現していたのかもしれないのに、残念ですね。 ホーン戦では、フリッカー気味ですが正統派のサウスポー的に戦うクロフォードですが、スーパーライト級での何試合を見る限り、左右どちらでも戦える スイッチヒッターです。 且つ、どちらでも倒す力を持っている やっかいなファイターです。 ウェルター級最強は誰だ! ウェルター最強は、 スペンスかクロフォードのどちらかでしょう。 現在のパッキャオをウェルター最強に推すファンも少ないでしょうし、試合枯れしているキース・サーマンを最強にするのも現実的ではありません。 であれば、実力者のケルブルックとピーターソンを撃破したスペンスと、スーパーライト4団体王者のクオフォードの2人ですね。 この2人を比較すると、スピードはクロフォード、パワーはスペンス。 型があるのがスペンス、自由自在がクロフォードといった対比が出来ると思います。 気になるのは、クロフォードがウェルターにおいて耐久性を保てるかという問題。 もともとライトで戦っていたクロフォードに、そろそろ体重の壁が立ちはだかるかもしれません。 ホーンはパンチというよりも、フィジカルで相手のスタミナを削るタイプなので、そこまでホーン戦が参考にならないと思うので外します。 クロフォードは、ガンボア戦でも若干ぐらついていましたし、そこまで耐久性があるようには思えません。 そこでウェルターに階級を上げ、実力者であるスペンスの攻撃に耐えうる耐久性があるかというと、それが疑わしいですね。 クロフォードが勝つという予想確率を下げる一因です。 この2人の試合は、やはりフェンシングのようなジャブの差し合いから始まるでしょう。 いきなりごちゃごちゃはなさそうです。 このジャブの差し合いを制し始めるのは、難しい予想ですが スペンスでしょうね。 ジャブジャブの後の左ボディにだんだんクロフォードが押されていき、その後パワーヒットが効き始め、判定勝ち。 といったストーリーになるかと思います。 よって「ウェルター級最強」は、 エロール・スペンス・ジュニアに決定いたします。 エロール・スペンス・ジュニア まだ正式に何も決まっていない試合ですが、この2人の試合が現時点におけるウェルター頂上決戦としていいでしょう。 まとめ 以上、ウェルター級の王者と、その最強に関してまとめさせていただきました。 ウェルターは人気階級ですので、各プロモーター次世代選手の発掘に躍起になっており、新陳代謝も盛んで面白いですね。 早くサーマンが復帰することが望まれますが、今の話題はスペンスとクロフォード。 ナチュラルでウェルターで戦ってきたスペンスが勝ち、つまり最強だと予想させていただきましたが、おそらくどちらに転んでもおかしくありません。 実現すれば、本当に楽しみな1戦です。 これだから「ボクシング」は面白い! おわり.

次の

WBAスーパーウェルター級に新王者?! アンナ・ガブリエル

スーパー ウェルター 級

ウェルター級 最激戦階級と呼ばれていますが実はつまらん階級。 アメリカ人だけでベルトを回し金を集めます。 是非とも旧ソ連の怪物たちにこの悪しき慣習を打破してもらいたい。 ゴア・イエリツィアン 技体はウェルター級の最前線でやっていくに相応しいものを持っています。 後は「心」、最も大切な資質を試すだけです。 髭を蓄えた風貌とは裏腹にスタイリッシュなカウンターパンチャーで、その流れるような足さばきと華麗な身のこなしを見れば只者でないことは本能が理解するはずです。 名コーチ、そしてハードワークを求めるフレディー・ローチにその猛烈な練習量を認められました。 アレクサンダー・ベスプーチン ロシアの弾丸。 一瞬で間合いを詰める踏み込みとマシンガン並みの連打が武器のロシア人。 ブタエフとの全勝ロシア対決を制してPFPテレンス・クロフォード挑戦への切符を手にしました。 ブタエフのパンチやハンドスピード、プレッシャー、カウンターのスキルを見れば一瞬でやばい相手だと理解しますが、ベスプーチンは勤勉に動き回りそれを封じ込めました。 お互いに死力を尽くした試合で素晴らしいパフォーマンスを披露。 ウェルター級トップレベルの力を証明しています。 後一段、クロフォードを乗り越えるだけです。 バージル・オルティス 全KOのトッププロスペクト。 メキシコ系のアメリカ人で伝統のコンビネーションとカウンター、そして鈍器のように重い拳を武器に快進撃。 スーパーライト級二冠王者ラミレスと徹底的に打ち合い鉄の顎と精神を証明していたオロスコと元プロスペクトソロモンをいとも簡単に粉砕。 そして何より恐ろしいのが21歳という年齢。 何者にでもなれます。 将来のPFP候補のとんでもない逸材です。 ダニヤル・イエレウシノフ 見た目には分かりにくいですがパンチのタイミングを変えて相手に読ませない技術、変幻自在のディフェンスが売りのオリンピック金メダルの達人です。 アマチュアではユース時代から金メダルを連発、モハメド・ラビー、ジョシュ・ケリー、シャフラム・ギヤソフなど並み居る強豪を抑えてずっと一番だった男です。 才能があるのことは間違いありません。 着々とキャリアを進めています。 デビュー戦のカウンターはまるで電撃。 テレンス・クロフォード カバラウスカス戦のパフォーマンスは圧巻でした。 ボクシングもファイトもできる。 この男はどこまでその才能を隠しているのか。 まだまだ本当の姿は見せていないのかもしれません。 戦術的な幅に加えてウェルター級に上げてからのパワーの充実度、こいつはやばいと感じました。 スーパーウェルター級 マイキー・ガルシアがついに進出してしまう階級。 安定的に勝ち続けられる王者がおらず、ジャメール、ウィリアムはやっと走りだしたと言える段階なので統一戦などの激戦が期待されます。 停滞しているウェルター級やミドル級よりはるかに面白いのがスーパーウェルター級です。 ジャメール・チャーロ 一度負けたハリソンにリベンジ。 進化の止まらないこの男こそがこの階級の中心です。 負けたハリソン戦の後に見せた涙は本物でした、マイナーチェンジを加えてその強さを補強、ベルトを奪還。 これまで上手くいった方法を捨てるのは難しいものです。 しかしハリソン戦でのあの積極性。 短期間であれだけ急増できるジャメールのモチベーションを考慮すると、ついに離陸態勢に入ったと言えるでしょう。 トラヴェル・メイゾン この男は一押しです。 スタイル、風貌共にクール。 攻めでも守りでも挑発でも魅せてくるエンタータイナーです。 188cmも身長のある男の動きではありません。 しかしあだ名に恥じない魔術を持っています。 イスライル・マドリモフ この階級にもウズベキスタンからの刺客。 スタンス関係なく動ける加えて変幻自在なスタイルで野性動物のような躍動感と強靭さが持ち味です。 綺麗なアマチュアスタイルではありません。 しかし例にもれずこの男もハンマー。 数戦しかしていませんが来年には世界戦線に絡んでもおかしくありません。

次の