日本酒 おつまみ 簡単。 日本酒に合うおつまみが知りたい!コンビニでも手に入る?家でも簡単に作れる日本酒のあても!

これでおつまみ選びに困らない!日本酒に合わせると相性抜群なおつまみを酒蔵に聞いてみた

日本酒 おつまみ 簡単

みなさんは日本酒を飲むときに、必ずこれを食べる!というものはありますか?パッと思いつかない方も多いかもしれませんね。 そこで今回は、日本酒に合う定番おつまみを、日本酒のプロである酒蔵に聞いてみました。 実際にお酒の造り手である酒蔵が合うというなら、もうおつまみ選びに困ることはなくなるかもしれません。 そもそも日本酒に合うと言われているおつまみって? 日本酒は香りとコクによって、日本酒の分類は大まかに分けて上記のように4つに分類されます。 それぞれどんなおつまみと相性がいいのでしょうか。 大吟醸酒、吟醸酒 ー 薫酒(くんしゅ) フルーティーな香りで、軽快で爽やかな味わいが特徴です。 素材を活かした、あっさりした味付けのものと相性がいいです。 もちろん、大前提としてですが、蔵元さんが造る日本酒にはそれぞれ個性があるので、一概にはこの4つに分類できるわけではありませんが、実は、日本酒に合うおつまみって意外と多いんですよね。 和食だけでなく、洋食や中華とも相性がいいことがこれでお分かりいただけたと思います。 酒蔵に聞いた定番おつまみ 実際に、日本酒の酒蔵に聞いてみました。 日本酒のプロは、普段どういうおつまみを食べているのでしょうか。 今回ご協力いただいた酒蔵に特に人気の高かったおつまみをランキング形式で紹介します。 3位:豆腐 冷奴としても湯豆腐としても美味しい豆腐がランクイン。 ネギやミョウガ、わさび、鰹節など、薬味をたっぷりかけて食べという意見も。 味付けも醤油だけではなく、ポン酢や、ごま油、オリーブオイルなど、バリエーションが豊富ですよね。 豆腐には肝臓の機能を正常に保つ働きのある、良質なタンパク質がたくさん含まれているので、日本酒に限らずお酒のお供におすすめですよ。 2位:チーズ ワインのお供のイメージが強いチーズがランクイン。 実はかなり日本酒と相性がいいと言われているんです。 特に酒蔵に人気が高かったのは、クリームチーズでした。 あまりクセのないクリームチーズは、そのまま食べるのもアレンジして食べるのもオススメです。 酒盗がけや、わさび和えなど、和のテイストを加えるとより日本酒と同調するそうです。 1位:塩辛 定番のおつまみ1位は塩辛でした。 日本酒に含まれるアルコールが塩辛の生臭みを取り除き、旨みを引き立てたせるのでよく合うといわれています。 多くの酒蔵が一言目に「塩辛!」というくらい人気でしたので、本当に定番のおつまみと言えますね。 ランキングに入った3つは「用意がしやすいので、毎日の晩酌のお供にしている」という酒蔵が多く、日頃から日本酒を飲む機会の多い酒蔵に人気なのも納得でした。 その他にも、お刺身、味噌きゅうり、出し巻き卵、ちくわ、ホタルイカ、きんぴらごぼうなど、たくさんの回答をいただきました。 番外編!ちょっと変わったおつまみ 今回酒蔵から、こんなのもおつまみになるんだ!というものもたくさん教えていただきました。 せっかくなので少しだけ紹介します。 アンチョビ、合鴨の燻製など西洋風の味付けのもの 日本酒といえば和のテイストのおつまみと思われがちですが、2位にランクインしたチーズの人気からもわかるように、西洋風の味付けの料理ともよく合います。 アンチョビには綺麗な味わいのお酒、合鴨の燻製には山廃造りのお酒や熟成酒が合うそうです。 少し特別な日や、お洒落に飲みたい時にいかがでしょうか。 チョコレート、レーズンバター、チーズケーキ ベリーソースがけ など甘いもの 甘いものと日本酒を組み合わせるという回答が多いことに驚きました。 チョコレートやレーズンバターには風味豊かな古酒を、チーズケーキ ベリーソースがけ には甘酸っぱい味わいのお酒を合わせるのがオススメです。 特にチョコレートには、KURANDで販売している「」がとてもよく合いますよ。 ご飯、お酒、お醤油など意外すぎるもの こんな回答は蔵元さんからしか聞けませんよね。 意外すぎるおつまみですが、日本酒は米からできているので味が同調しますし、お醤油の塩辛さは日本酒とよく合います。 今回ご紹介したおつまみは、あくまで一例にすぎません。 どんなおつまみを合わせる方はあなた次第。 ぜひお好みのおつまみを見つけて、楽しい日本酒生活を送ってくださいね。 料理と合う日本酒の紹介 様々な料理に好相性の日本酒もあります。 料理との相性を楽しみたい方は、ぜひ一度お試しください。 うどんに合う日本酒 うどんのプロ「丸山製麺」が、本気を出して製品開発に取り組んだ末生まれた、うどん専用日本酒「」です。 お米ならではの優しい旨味と、穏やかな余韻がうどんとのペアリングを最高に引き立ててくれます。 チョコレートに合う日本酒 チョコのために生まれた山廃長期熟成古酒「」。 少し温めてお燗にすることで、その風味とお米の旨みがさらに増し、よりチョコとベストマッチします。 古酒とチョコのマリアージュをご堪能あれ。 味噌に合う日本酒 信州味噌を良く知る長野県の芙蓉酒造だからこそつくれた、味噌に合う日本酒「」。 地元で採れた特別栽培米の「高原のしずく(コシヒカリ)」を原料に、ふくらみある米の旨味を引き出した、甘味と酸味のバランスが特徴のお酒です。 手前味噌ではありますが、味噌に良く合う日本酒ができました。 肉に合う日本酒 「世界一肉に合う」をコンセプトに、完全会員制の低温調理肉と日本酒のペアリング専門店「29ON」とコラボして誕生した肉にぴったりの日本酒「」。 特殊な製法を取り入れることで、複雑かつ旨味が強いどんな肉にも負けない味わいに仕上がりました。 チーズに合う日本酒 人気チーズ専門レストランと共同コラボしたチーズに"マッチ"する日本酒「」。 チーズはミルクを発酵させて造り、日本酒も米を発酵させて造られた同じ発酵食品なので、お互いの味を引き立て合い、絶妙にマッチします。 お知らせ:インターネット限定!プレミアム酒が当たる「酒ガチャ」企画実施中! 「」とは、ランダムでお酒を詰め込んだお買い得BOXです。 中身は届いてからのお楽しみ。 「KURAND 酒ガチャ」は、「なにが当たるかわからない。 だからこそ楽しめる、新たなお酒との出会い。 」をコンセプトに、お酒のお買い得BOXをお届けするという企画です。 同梱されるお酒は、で人気の日本酒や果実酒が入っているので、飲んだことないタイプのお酒と出会う新しい体験を楽しんでいただけます。 中には希少な超レア酒な大当たりの商品が含まれているかも。 ぜひお試しください。

次の

晩酌・日本酒に合う!「肴・おつまみ」レシピまとめ

日本酒 おつまみ 簡単

タラの切り身160g• じゃがいも160g• 塩適量• コショウ適量• 牛乳80g• 生クリーム20g• ニンニク1片• タイム2本• ローリエ1枚• 薄力粉適量• 溶き卵適量• パン粉適量• バジルお好み• タラの切り身は骨をに抜いて塩コショウで下味をつけておきます。 小鍋に下ごしらえしたタラとにんにく、牛乳、生クリーム、タイム、ローリエを加えて、弱火で煮ます。 タラの皮が自然に剥けたら取り除きます。 鍋で じゃがいもを茹でて皮を剥きます。 茹で上がった じゃがいもを適当な大きさにカットし、タラの鍋に加えます。 煮あがったらブレンダーにかけてペーストにします。 粗熱がとれるまで待ち、小さく丸めます。 小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて180度の油で揚げます。 きつね色に色づいたら完成です。 じゃがいも4個• 厚切りベーコン70g• バター15g• 白ワイン100g• ピザ用チーズ適量• 塩適量• コショウ適量• じゃがいもは茹でて半月切りにしておきます。 玉ねぎは薄切り、ベーコンは食べやすい大きさにカットしておきます。 熱した鍋にベーコンと玉ねぎを入れて炒めます。 玉ねぎが透明になる程度炒めます。 白ワインを加えます。 じゃがいもを入れて塩コショウで味付けをします。 蓋をして じゃがいもが煮崩れる程度まで煮込みます。 耐熱皿に盛って、たっぷりチーズを見えなくなる程度までかけます。 180度のオーブンで30分程度焼けば完成です。 ベーコン150g• じゃがいも150g• オリーブオイル少々• 塩適量• コショウ適量• 粒マスタード大さじ1杯• レモンしぼり汁小さじ1杯• じゃがいもはよく洗い、皮が付いたまま茹でます。 竹串が刺さる程度に茹で上がったらざるにあけて水気を切ります。 粗熱をとります。 ベーコンは3cm角にカットします。 玉ねぎも同じくらいの大きさにカットします。 コショウ、粒マスタード、はちみつ、レモンしぼり汁を合わせてハニーマスタードソースを作ります。 フライパンにベーコンを入れ、中火で焼きます。 表面がカリッとしたら皿に取りだし同じフライパンで玉ねぎを中火でしんなりとするまで炒めます。 粗熱が取れた じゃがいもを加えて更に炒めます。 ベーコンをフライパンに再度入れ、塩こしょうで軽く味付けします。 ハニーマスタードソースを加えて強火で炒め合わせれば完成です。 じゃがいも6個• 豚ひき肉300g• 塩適量• 胡椒適量• 鶏がらスープの素大さじ1杯• 小麦粉適量• 卵1個• パン粉適量• じゃがいもは洗って皮を剥き、手頃な大きさにカットして大きめの鍋で茹でます。 フライパンで豚ひき肉とおろしにんにくを炒めます。 そぼろ状にしておきます。 じゃがいもが茹で上がったらボウルの中で潰します。 じゃがいも挽き肉を混ぜ、鶏がらスープの素と塩コショウで味付けします。 食べやすい大きさに丸めて小麦粉をまぶします。 溶き卵をくぐらせてパン粉を付けます。 180度の油できつね色になるまで揚げれば完成です。

次の

日本酒に合うおつまみが知りたい!コンビニでも手に入る?家でも簡単に作れる日本酒のあても!

日本酒 おつまみ 簡単

タラの切り身160g• じゃがいも160g• 塩適量• コショウ適量• 牛乳80g• 生クリーム20g• ニンニク1片• タイム2本• ローリエ1枚• 薄力粉適量• 溶き卵適量• パン粉適量• バジルお好み• タラの切り身は骨をに抜いて塩コショウで下味をつけておきます。 小鍋に下ごしらえしたタラとにんにく、牛乳、生クリーム、タイム、ローリエを加えて、弱火で煮ます。 タラの皮が自然に剥けたら取り除きます。 鍋で じゃがいもを茹でて皮を剥きます。 茹で上がった じゃがいもを適当な大きさにカットし、タラの鍋に加えます。 煮あがったらブレンダーにかけてペーストにします。 粗熱がとれるまで待ち、小さく丸めます。 小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて180度の油で揚げます。 きつね色に色づいたら完成です。 じゃがいも4個• 厚切りベーコン70g• バター15g• 白ワイン100g• ピザ用チーズ適量• 塩適量• コショウ適量• じゃがいもは茹でて半月切りにしておきます。 玉ねぎは薄切り、ベーコンは食べやすい大きさにカットしておきます。 熱した鍋にベーコンと玉ねぎを入れて炒めます。 玉ねぎが透明になる程度炒めます。 白ワインを加えます。 じゃがいもを入れて塩コショウで味付けをします。 蓋をして じゃがいもが煮崩れる程度まで煮込みます。 耐熱皿に盛って、たっぷりチーズを見えなくなる程度までかけます。 180度のオーブンで30分程度焼けば完成です。 ベーコン150g• じゃがいも150g• オリーブオイル少々• 塩適量• コショウ適量• 粒マスタード大さじ1杯• レモンしぼり汁小さじ1杯• じゃがいもはよく洗い、皮が付いたまま茹でます。 竹串が刺さる程度に茹で上がったらざるにあけて水気を切ります。 粗熱をとります。 ベーコンは3cm角にカットします。 玉ねぎも同じくらいの大きさにカットします。 コショウ、粒マスタード、はちみつ、レモンしぼり汁を合わせてハニーマスタードソースを作ります。 フライパンにベーコンを入れ、中火で焼きます。 表面がカリッとしたら皿に取りだし同じフライパンで玉ねぎを中火でしんなりとするまで炒めます。 粗熱が取れた じゃがいもを加えて更に炒めます。 ベーコンをフライパンに再度入れ、塩こしょうで軽く味付けします。 ハニーマスタードソースを加えて強火で炒め合わせれば完成です。 じゃがいも6個• 豚ひき肉300g• 塩適量• 胡椒適量• 鶏がらスープの素大さじ1杯• 小麦粉適量• 卵1個• パン粉適量• じゃがいもは洗って皮を剥き、手頃な大きさにカットして大きめの鍋で茹でます。 フライパンで豚ひき肉とおろしにんにくを炒めます。 そぼろ状にしておきます。 じゃがいもが茹で上がったらボウルの中で潰します。 じゃがいも挽き肉を混ぜ、鶏がらスープの素と塩コショウで味付けします。 食べやすい大きさに丸めて小麦粉をまぶします。 溶き卵をくぐらせてパン粉を付けます。 180度の油できつね色になるまで揚げれば完成です。

次の