ハニーレモンソーダ 37話 ネタバレ。 ハニーレモンソーダ 36話~39話 10巻 ネタバレ注意

【あらすじ】『ハニーレモンソーダ』49話(13巻)【感想】

ハニーレモンソーダ 37話 ネタバレ

前回までのあらすじ 界のいる教室は渡り廊下の向こう側 『三浦くんの環境を壊さない』と勝手に自分でルールを決めて寂しく感じていた羽花 しかし、会えないのを寂しく感じていたのは界も同じで…? 2人は今後図書室で一緒にお弁当を食べようとルールを決めたのでした ハニーレモン sparkle54 高校3年生 羽花はクラス替えで、あゆみやゆるとクラスが離れてしまった それでも2人は彼氏(さとると桐生君)が同じだと知り、自分のことのように喜ぶ羽花 新しい場所でもっと楽しい毎日が送れるよう頑張ろうと奮起します 教室に向かい、界は何組だろうと思いを馳せる 就職組は渡り廊下の向こう側の教室なので、これからは毎日会いに行こうと考えていると、なぜか隣の教室に入ろうとしている界の姿が 「……え?」 「進学する。 以上、報告」 それ以上はめんどくさいから聞くなと教室に入ってしまう界 なかなか会えないと思っていた所に、まさか隣のクラスになれるとは思わず、理解が追いつかない羽花 さらに教師たちに興奮気味に名前を呼ばれ振り向くと、羽花に憧れて入学してきた真面目そうな1年生の姿 「お前みたいに高校で人生変えたいって」と先生に言われ、1年生には「先輩」と呼ばれ、幸先の良いスタートにバチが当たってしまいそうと感じる羽花 席に座ると、担任の青木先生が入ってくる 自己紹介をしていたところに、隣のクラスから「界、一緒かー!」と賑やかな声が聞こえ、思わず微笑む羽花 「石森羽花!何をニヤついてる!!」 急に青木先生に怒鳴られ驚く羽花 「彼氏と隣のクラスなのがそんなに嬉しいのか。 いいか、お前たちは受験生だ。 もっと気を引き締めろ」 高圧的に話す青木先生の声は隣の界のクラスにも聞こえたらしく、界も微妙な表情 意気込みが空回り 新入生への学校紹介が体育館で行われ、今日は『男子バージョン』のプレゼン 羽花は整列しながら「後輩たちの手本になってくれ」と今朝先生達に言われたことを思い出し、無意識にニヤついていたのを反省して気を引き締めようと自分に言い聞かせる 「満開の桜が、みなさんのご入学に彩りを添えているようです。 八美校へようこそ」 壇上に立つ界の姿に驚く羽花 「あいつあんなんまでやるようになったの?」 「なるべくやるんだって。 最後の1年だから」 あゆみとさとるの会話を聞きながら新入生に目を向けると、アーチをくぐり入場してくる初々しい姿に思わず和む羽花 そのアーチの紐が緩み、崩れそうなのに気付いた羽花は、新入生の子を庇うように飛び出す 大きな音を立てて崩れたが、羽花に衝撃はない 壇上の界達が間一髪のところで支柱を支えてくれていた それでも羽花が庇った女の子は倒れた際に足を痛めたようで保健室へ連れて行く 朝、先輩と呼んでくれた新入生の真面目そうな女子生徒 彼女から「友達の作り方を教えてほしい」「本当に憧れです」と言ってもらい、絶対うまくいってほしいと心から思う羽花 「話しかける!」と後輩にアドをした羽花は、自分も頑張ろうと新しいクラスで積極的に話しかけにいくが、なかなかうまくいかずに落ち込んでしまう 足りないものは勇気と自信 3年生の教室まで羽花に会いに来た新入生が、青木先生に捕まっているのを庇うように間に入る羽花 「すみません、私が呼びました」 「石森お前、入学当初から随分変わったな。 先輩後輩までするようになったか。 に恋人」 「…ご」 「まぁいい。 そのうち今までの環境が甘かっただけだと気付くさ」 そう言い置いて去っていく青木先生 恐縮する後輩に要件を聞くと、友達を作ろうと話しかけたが失敗してしまったらしく、羽花にコツを聞きに来たと言う 自分も新しいクラスに馴染めずにいた羽花は、何もアドが出来ず、謝るしかなかった… 教室でひとり落ち込んでいると、レモンを持って界が入ってくる 「おまえに今足りないものは?」 「…勇気」 「もう一声」 「自信」 満足そうに笑顔になる界 翌日の学校紹介『女子バージョン』 やあゆみ達が壇上に上がり、寸劇を見て欲しいと話し出します 『むかしむかしあるところに、ひとりの地味目な女の子がいました』 ナレーションが読み上げられると、体育館の脇で魔法に掛かる前のシンデレラの格好をした羽花にスポットライトが当たる シンデレラのストーリーが展開され、舞踏会があると知る女の子 『これは変わるチャンスだと、女の子は自分で妖精を探し始めました』 そして出てくる魔法使いや妖精に扮したやあゆみ達 『妖精たちは喜んで女の子の手助けをします。 なぜならそれまでの頑張りを見ていたから』 そしてボロの服から八美津の制服に着替えた羽花 『そして晴れて女の子は王子様に会いにいきました。 めでたしめでたし』 そう締めくくられたナレーションに「これで終わり?!」と戸惑う生徒たち しかしナレーションは続きます 『他人に優しくなれたか。 勇気を出せたか。 今の自分に満足しない。 高みを目指して、奇跡は自分で起こす』 魔法使いや妖精の衣装を脱ぎ、壇上で制服で待っている達 その舞台に羽花も上がり、真ん中に立ちます 『守られるだけじゃない。

次の

ハニーレモンソーダ54話ネタバレ!青木に怒鳴られ自信をなくす羽花は…

ハニーレモンソーダ 37話 ネタバレ

ハニーレモンソーダ55話ネタバレ 高校生最後の1年。 羽花のクラスメイトたちが最悪だーと文句を言いながら廊下を歩いています。 新しい机ががたがたするという話を聞き、いつも壁側に追いやられていた経験がある羽花は、壁にギュッとつけると平気になることがあると笑い白い目で見られてしまいました。 するとあゆみが、羽花のことを心配して声をかけてくれます。 友達はできた?先生とはうまくやってる?と心配するあゆみに、笑顔で大丈夫!と答える羽花。 とはいえ現実は初日から先生に怒られたり、クラスメイトに声をかけても戸惑われたり前途多難なのでした。 しかし、何かあったら言ってねとやさしいあゆみたちに囲まれながら羽花はA組の教室に入ろうとします。 隣のクラスでは、界がもう来ているようです。 せっかく界と隣のクラスなのだから、暗い顔はせずに3年生は楽しいよと報告しようと思っている羽花。 明るく挨拶をしながら教室へ入ろうとしますが… すでに担任がきていました。 「座れ」と言われてしまい、急に教室内がざわつきます。 雑誌を没収されると二度と返ってこない、スマホも鳴らさないようにしようとバタバタするクラスメイト達。 すると、担任はクラスで宿題などを提出していない人間も把握しているようでした。 しかし生活指導は厳しそうですが、言っていることはまともです。 羽花はまっすぐ見つめながら話を聞いていました。 すると、羽花の前の子のスマホが鳴り始めてしまいます。 その子は焦りますが、羽花はその音に驚いてプリントやノートをバサバサと落としてしまいました。 その間にスマホの音は止まり、何事もなかったかのように先生は教室を出ていきます。 羽花がいなかったらどうなっていたか、とクラスメイトはみんな羽花に感謝していました。 初日は先生に思いっきり怒られていた羽花ですが、自分が回りの人には嫌われていないことに気が付きます。 結局、グループにも入れなかった羽花ですがそれを話すと、自分たちのところに入ってくれたらよかったのに!と慌てられてしまいました。 そこで思い切って、次は一緒にやりたいと話しかけることができた羽花。 周りの子はきょとんとしていましたが、すぐに良い返事をくれました。 そんな中、騒がしいねと隣のクラスから界たちがやってきます。 彼女が心配で見に来たのかと聞かれ、全然と答えた界は、A組の梓の彼氏の付き添いできたと言います。 梓の彼氏は梓をあーたんと呼び、彼女大好きな感じです。 そんな姿を眺める羽花に、界はすっと手を小さく上げて挨拶しました。 何それ?と周りに言われる中、高嶺が「いつものあいさつだよね」とやってきました。 もっと付き合っている感じにしたら?という高嶺に、自分たちはあるよと梓の彼氏はノリノリです。 界たちはこんなのはどう?と頭の上でレモンの形を手で作る挨拶を考えた様子。 それを見て、羽花も界も茫然としてしまいました。 無言で見つめあう羽花と界。 すると界はどんどん歩いて行ってしまいます。 振り返ると高嶺に話しかけ、クラスの女子たちは高嶺と界の距離感を不思議に感じていました。 やけに距離が近い二人。 しかもイケメンなので眼福です。 すると、羽花は、界とどうやってつきあったのかと周りの女子たちに聞かれます。 そんな中、恋バナもいいけれど…とやってきたのは英語のプリントを提出していなかった女の子。 担任の青木の話も出ながら、羽花が思っていたよりもずっと良い子たちでした。 羽花は梓たちとラインの交換を始めます。 しかし初期設定のままの羽花。 界とおそろいにしないのかと聞かれ、おそろいという言葉にキラキラしています。 羽花が思っていたよりも高校3年生の1年間は夢も希望もあふれています。 体育は隣のクラスと合同のため、界の姿も簡単に見れてしまうことに嬉しそうな羽花ですが、自分も同じように界に見られてしまうことに気付くと絶対に変なことはできないと思ってしまいました。 うまくやらねば、と思っても、羽花は跳び箱に思いっきりぶつかってしまいます。 やらかして血まで出してしまった羽花に近づき、ジャージで鼻を押さえてくれたのは界でした。 そのまま抑えててと言いながら羽花をお姫様抱っこして保健室へ連れていこうとした界。 見ていた女子たちが、彼女にはあんなことをするのかと盛り上がりました。 そんな中、また告白されるんじゃないかと界が言われているのを聞いてしまう羽花。 「また」?と疑問になった羽花ですが、実は界は同じクラスの子に告白されていたようなのです。 心配しそうな羽花に、気にするなと界は言うだけ。 もしかして今までもこういうことがあったのではないかと急に気になるようになってしまいました。 隣のクラスになって困ってしまうこともあるんだなと思いながら、羽花は界のラインのトップ画の女性が気になってたまりません。 そのトップ画の女性は高校生のようでした。 誰なのだろう?気にしなくていいのかな?と思いながらも、隣のクラスだからすぐに聞きに行けるという距離感にも悩みます。 一方で、界はちゃんと構っての合図は使っているかと梓の彼氏に言われてしまいました。 もうあきらめろ、と周りに言われていましたが、ふと教室の入り口を見ると羽花がレモンのポーズをしていました。 そのまま恥ずかしそうに逃げる羽花を急いで界は追いかけました。 後ろから羽花を捕まえ、抱きしめるような形になった二人。 すると羽花は、トップ画の女性は誰かと聞いてみました。 「は?」とトップ画の女性は羽花だよと話す界。 羽花の横顔を雰囲気が出るように加工していたものでした。 そんな話をしていると、目の前を担任の青木が通り過ぎます。 界をじっと見つめると、黙って行ってしまった担任を見て、界は「悪い人ではないけれど自分のことを嫌いなのは間違いない」と言います。 そんなことないよと言おうとする羽花でしたが、目を見ればわかるという界。 何かあったらすぐに言ってと言ってくれます。 すると羽花は「大丈夫」と界に笑顔を見せるのでした。 二人きりになった界と羽花を探すクラスメイトの声が聞こえます。 戻らなきゃ、と思って移動しようとする羽花を、界はぐっと引き寄せてキスをします。 みんなが呼んでると言いたそうな羽花の口をまたふさぐように、まだちゃんと構ってないと言いながら再びキスをするのでした。 3年生楽しい! 界に向かってとびっきりの笑顔を見せることができた羽花。 そんな二人のラインのトップ画は変わり、みんなが見ています。 最後の1年はまだ自分が知らない界に会いたいと思う羽花。 二人のライントップ画像とアイコンはペアになっていたのでした。 >> ハニーレモンソーダを無料で読む方法 「ハニーレモンソーダ」は、連載されているSho-Comiを購入して読むか、マイクロ版で1話ずつ読んでいくか、好きな方で楽しむことができます。 以下に「ハニーレモンソーダ」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。 無料トライアル登録時に 600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 ダウンロード無料。 毎日回復するチケットやボーナスコインで「ハニーレモンソーダ」も待てば無料で読める。 集英社運営のアプリで安全。 今すぐ読むならおすすめ! 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 無料で読める。 会員登録無料。 半額クーポンがもらえなくもらえて「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」がお得に読める。 じっくり試し読み3000作品以上。 動画配信サービスではもらったポイントを電子書籍の購入に充てられるので、 最新刊であっても0円で読むことができるんです! 最新刊も完全に無料で読みたい場合は、U-NEXTがおすすめです。 ハニーレモンソーダ55話感想 二人のラインのトップ画がすごくよかったです! 界は羽花が横を向いている写真をトップ画にしていて、雰囲気が出るように加工していました。 羽花も同じように界が横向きの雰囲気ある写真をトップ画に、アイコンは遊園地でお揃いで買っていたキーホルダーになってました。 高校生でお揃いって青春という感じでいいですよね。 青木も厳しいですが悪い先生ではなさそうです。 界は自分が嫌われているから羽花にも何か影響があるのかもとは思っているのかもしれませんね。 A組はクラスメイトもみんな良い子みたいです。 羽花もだいぶ自信が持ててきたようなので、高校最後の1年間たくさん思い出を作ってほしいですね。 「ハニーレモンソーダ」55話のネタバレを紹介しました。 ネタバレより漫画の方が数倍楽しめます!ぜひ漫画の方で読んでみてくださいね。 ダウンロード無料!登録不要で漫画が読める >>.

次の

ハニーレモンソーダ「漫画コミック単行本12巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

ハニーレモンソーダ 37話 ネタバレ

ハニーレモンソーダ 1月号第37話のネタバレとあらすじ 羽花になりたいと真似をしていた奈乃だった。 でも羽花と気持ちをぶつけ合ったことで誤解が解ける。 そんな奈乃は「もう羽花じゃないから」と、髪の毛をバッサリ切る。 しかしクラスメイトから「やっと本性出た、なんかキャラ作ってると思ってた、石森さんの真似してたんだね、納得。 」と言われてしまう。 いじめられていた経験のある奈乃は、その言葉を無視して通り過ぎようとする。 その時「大丈夫だよ。 これからも何も変わらないから。 でもちょっと気持ちが悪いから、何があったか言いたくなったら聞かせて」と優しく接してくるクラスメイト。 そんな言葉に、涙を流しながら羽花に思いを打ち明ける。 「この学校で友達を作ること。 一人でも多くの人の記憶に残りたい。 」と思いを告げる そして最後に「今までは諦めてたけど、一度知ったら欲張りになるね」と。 〝欲張りになる゛という言葉が何故か羽花の心に大きく響いてきた。 奈乃のことですれ違いの日が多かった二人。 テストが終わった日に下駄箱で三浦くんが待ち伏せていた。 友達が冷やかしてくる中、遊園地に行くんだと告げる三浦くん。 過保護の親のせいでずっと箱入り娘だった羽花。 ゲームセンターを遊園地だと言っていた。 そんな羽花のことを知っている友達は、三浦くんがふざけて遊園地にいくと言っているだけだと思っている。 そんな時二人に対して友達が問いかける。 「久々に遊ぶのがゲームセンターって、それが平気なのもすごいよね!君ヤキモチとか独占欲ないもんね(笑)面倒臭いの嫌いだからよかったな!」と。 でも三浦くんについて行ったその先は、本物の遊園地だった! 驚きを隠せない羽花の反応を見て微笑む三浦くん。 前にも増して三浦くんのすること一つ一つに、心が動かされる羽花。 そんな時、お土産屋さんで可愛いクマのキーホルダーを見つける。 でも、三浦くんがお揃いのを付けてくれるわけがない。 そう思い買うのを諦めてしまう。 乗りたいものが沢山ある羽花は、ジェットコースターを選んだ。 想像以上の怖さに放心状態になってしまう羽花。 そんな姿を見て「初めてなら言えよ」と言う三浦くん。 「どうしても乗ってみたくて、今までは絶叫系はダメって言われてたから」と告げる羽花。 過保護の父親のことを知っている三浦くんは「禁止されてたもん、あとどんだけあんだよ。 」と羽花に問いかける。 「レモンソーダとか。 でも、隠れて飲んだら美味しくて大好きになった。 まるで三浦くんのこと言ってるみたい」と照れながら話す羽花。 そんな羽花に優しく微笑みかける三浦くん。 優しい笑顔を見て恥ずかしなり、ほかに乗りたいものがないか一人探しに行ってしまう。 三浦くんの元に戻ろうとすると、女の子に囲まれている姿を見つけてしまう。 その光景を見て少し前を思い出す。 出会った頃は目が合うだけで嬉しかった。 ひとこと言葉を交わせるだけで満足だった。 女の子と話していても全然平気だった。 あの奈乃が言った「一度知ったら欲張りになるね」という言葉の意味をハッキリと理解した瞬間。 勇気を出して女の子の中にいる三浦くんの元へ駆けつけ、不安な表情を見せる羽花。 そんな羽花に「あれもう一回言えよ。 三浦くんは私のって」 そう言いながら羽花のカバンに付けたのは、気になっていたクマのキーホルダーだった。 「初めてだ、お揃いとか」と微笑む三浦くん。 そんな優しさに嬉しくなり三浦くんに抱きつく羽花。 その時突然、「甘い方が好き?食べる?」と飴を見せる三浦くん。 欲しがる羽花を前に自分で食べてしまう。 かと思ったらキスをする。 羽花へ口移しで飴をあげて微笑む三浦くんにドキドキしてしまう羽花だった。 羽花の真似をしていたと分かっても優しく接するクラスメイト! そんな仲間に出会えて良かったなと思いました。 いじめなどの人間関係も考えさせられるストーリーが続いてましたが、一方の羽花と三浦くんの関係。 ドキドキする展開は毎回あるんですけど、今回の口移しのキス! きたー!と思いましたよ(笑)普段は能面の三浦くんが羽花にだけ見せる甘い笑顔。 それだけでもたまらなくドキドキするのに、口移しですからね! 初めての経験ばかりの羽花にはちょっとハイレベルな気もしますが(笑) でも私が好きなのは、三浦くんは三浦くんで羽花と付き合ったことによって初めての経験をしてるんですよね! 初めてお揃いのものを持ってみたり、確か人前でイチャつくのも嫌いだったはず! そんな三浦くんが遊園地で口移しですからね。 お互いに初めてを経験しあってるところが私は1番好きですね。 それに三浦くんと出会って、真面目でいじめられっ子で何も言うことができない羽花が成長していくストーリーも大好きです。 でも漫画を読むにはお金がかかります。。。 電子書籍サイトや漫画アプリで無料で読むこともできますが、もちろん制限があり好きな漫画を読めるとは限りません。 ましてや違法アップロードされた漫画を読むのは、悪質な広告やウィルスに引っかかるリスクもあるうえ、サイト運営者だけでなく利用者も逮捕される可能性はあります。 絶対に手を出さないほうがいいでしょう。 では無料で読みたければ試し読みや、時間をかけて少しずつ読む以外に方法はないのでしょうか? ・・・それが、あるんです。 これから紹介する方法を使えば、 1200円分の好きな漫画を無料で読めるんです。 気になっていたけど後回しにしていたコミックの1巻だったり、りぼんなどの雑誌最新号などなど、あなたの好きな漫画が読めてしまいます。 書籍にも力を入れていて、マンガのラインナップも充実しています。 『music. jp』は、音楽をはじめ動画・マンガ・書籍と幅広く楽しめる、総合配信サービスです。 U-NEXT 600ポイント music. jp 動画ポイント 1000ポイント 通常ポイント 600ポイント 注意music. jpはこのページのリンクから無料会員登録をする必要があります。 公式ページから登録すると無料期間がつきません! U-NEXTは600ポイント。 music. jpでは漫画に使えるのが『通常ポイント』なので、600ポイント。 それぞれ1ポイントは1円分になります。 U-NEXTとmusic. jpの特典ポイントの合計、 1200円分の好きな漫画を読めるのです。 music. jpの『動画ポイント』を使って1000円分の映画やドラマなどを見ることもできますよ。 この方法で1200円分のポイントを使えば、 コミックなら2,3冊、 雑誌はモノによって3,4冊が読めますね! もちろん動画配信サービスなので漫画だけでなく、無料期間中は見放題の動画も見ることができます。 ポイント追加購入でポイント還元もあり、普通に漫画を買うよりお得に漫画が読めるので、使ってみて気に入ればそのまま継続するのもアリですね。

次の