幻影戦争 回避 召喚獣。 【幻影戦争】【育成】召喚獣のボードを取るSP? JP?ってどうやればたまるの? 召喚獣を使わないとダメなの?

【FFBE幻影戦争】回避力がエグイ暗殺者?ヴィネラの性能評価!

幻影戦争 回避 召喚獣

回避率に関わるステータス 回避率は運と素早さで決まる 基本回避率 命中率 は主に 「攻撃側の器用さと運」及び 「受け手側の素早さと運」で決まります。 ・シュテル Lv85、器用さ223、運222• ・エンゲルベルト Lv89、素早さ62、運322• ・オルランドゥ Lv99、素早さ83、運280 上の表はシュテルを使ってエンゲルベルトとオルランドゥ相手に、ステータスを変えつつ命中率の推移を記録したものです。 攻撃側の運と器用さを上げることで当たりやすく、受け手側の素早さと運を上げることで当たりにくくなることがわかります。 なお攻撃側の素早さ及び受け手側の器用さを上げても命中率に変化はありませんでした。 装備での変化 強力な回避装備 装備の効果でも回避が上がります。 なお、付与効果については、同じ効果を重複して発動できません。 例として賢者の帽子とリボンを装備した場合、効果量の高いリボンの回避アップのみ発動ます。 ステータスは装備武具のステ順に割合が変化しますが、重複して回避を伸ばせます。 ビジョンカードでも変化 ビジョンカード「シヴァ」は回避アップの効果を持ち、PT全体の回避率を増加させます。 また運アップや素早さアップのビジョンカードでも、実質的な回避率アップの効果が発揮できます。 これらも装備と同じく基本回避率にそのまま加算や減算されるため、他の回避アップと合わせることで敵の攻撃を限りなく高い確率で回避することが可能になります。 回避は性質上、重ねれば重ねるほど強くなるため、マスアビで回避を持つキャラに装備などで回避を盛ることで被弾率を極端に低くすることができます。 召喚獣のアビリティボードでも増加 一部の召喚獣はアビリティボードに回避アップを持っており、回避率アップをキャラクターに付与することができます。 回避率を重視する場合、回避が上がる召喚獣を装備させてあげましょう。 回避への対策 回避対策の例• ・命中装備• ・必中技• ・横や後ろから攻撃する 現状、アリーナやマッチバトル上位層で猛威を奮っている回避装備。 その対策を紹介します。 命中装備 エイムタイプの装備や、エクスカリバーは高い命中補正を持ちます。 特にエクスカリバーは鍛えるのが非常に簡単な上、24と極端に高い命中補正を持つため、とりあえずこれをもたせていればミスは少なくなります。 必中技 フェデリカなど狩人が持つ「狙い撃ち」は必中技のうえ、遠隔攻撃で高い威力を持っているため、回避に特化した低耐久キャラなどは一撃で葬れます。 ラムザのアルテマや白魔道士のホーリーなど必中技は複数あるため、回避キャラの相手が苦手なら育成してみましょう。

次の

【FFBE幻影戦争】リセマラ当たり最強UR召喚獣ランキング

幻影戦争 回避 召喚獣

特に多くのアタッカーに幅広く運用出来る 斬撃アップに、対人戦でも有効な 人キラーを習得可能。 ステータスは勿論、習得アビリティでもトップクラスの汎用性の高さを持つ。 育成に関しても無属性で 全属性の魔石で育成出来る難易度の低さも魅力。 ただ、 魔石1つ辺りにつき獲得経験値は全て0. 75倍となっている点だけがネック。 斬撃アタッカーとセットで狙う事をオススメ。 その為、魔法を扱うキャラに装備させる事で高い恩恵を得られる性能。 前述の2名の内どちらかを入手しているのなら是非とも獲得しておきたい。 その他 幻獣キラーや 風属性キラーといったものも有り、 最大で25%の火力アップを獲得出来る。 攻撃力も高く、素早さの補正値も割と高めなので足の遅いキャラに装備させるのもオススメ。 その為、魔力依存の斬撃アタッカーと相性が良く使いやすい性能となっている。 幅広く運用出来る召喚獣の為、是非とも獲得しておきたい。 それだけでなく、対人にも有効な命中アップも習得出来る事からアタッカーと非常にかみ合った性能を持つ。 攻撃面なら間違いなくトップクラスの性能を誇る為、物理アタッカーを獲得するのなら同時に獲得しておきたい存在。 その為、魔法アタッカーとの相性が良く大幅な火力アップを狙える。 特にオススメなのが沈黙の背徳者 キルフェへの装備。 硬く、火力も高い魔法アタッカーなので相性は抜群。 斬撃耐性アップを習得して防御面の底上げが可能な点も魅力の1つ。 アタッカーだけでなく、 タンクとの相性も良く精神を底上げする目的でキャラに装備させるのも有り。 汎用性が高く、幅広く運用出来るので獲得しておいて損はない性能。 その為、攻撃力を伸ばしたいキャラに装備させる事で高い効果を発揮。 ただし前述した2体は中距離からの攻撃に秀でている為であり、 接近戦が得意なキャラに装備させてもそこまでメリットを得られないので注意が必要。 特に 回避アップに関しては最大で+15と得られる補正が多く、回避キャラに装備させるのも有り。 タンクキャラと相性が良く、一番最初から獲得している運命の王子 モント・リオニスに装備させると耐久面の底上げが出来る。 タンクとして壁になれる耐久力を誇りつつ、人キラーでの火力アップも可能。 キャラは選ぶものの、かみ合えば優れた恩恵を得られる召喚獣といえるだろう。 魔力だけで言えばシヴァよりもこちらの方が高いが、シヴァは素早が高くその分行動回数を増やせるなど優秀な部分が火力以外にもある。 対人戦としての対策としては便利な性能ではあるが、正直そこまで優先すべき召喚獣ではない。 ゴーレムを既に獲得しているのならそれで十分代用が利く。 事前登録で獲得出来る割には素早さも高く、尚且つ斬撃耐性を盛れたりと優れた性能。 勿論、上位ランクの召喚獣の方が幅広く運用出来るがそれでも序盤は重宝する。 防御面だけでなく、魔力のステータスも高いので魔法アタッカーに装備させても高い恩恵を得られる。 ただ何かに突出している訳ではなく最初から獲得している召喚獣の為、このランク。 総合評価 UR召喚獣は正直どれも強力な性能となっています。 特に5位までの召喚獣は幅広く運用が出来、習得できるアビリティボードも優秀です。 ビジョンカードとセットでの入手になるのでも考慮して何を狙うかを決めて下さい。 斬撃タイプのアタッカーなら誰と組み合わせても問題ないくらいの性能。 共鳴値等の問題はあるが、召喚獣の素早さは装備させるキャラへ補正される。 その為、足がある程度遅いくらいなら赤チョコボだけで補えるのが魅力。 その素早さを大きく伸ばせるなら確実に狙っておきたいところ。 ビジョンカード自体も優秀なので、コラボガチャが開催されている間に是非獲得を。 物理アタッカーとの組み合わせがトップクラスのURオーディンは最優先で入手すべき召喚獣だが、どうしても排出されない場合はアタッカー+ベヒーモスの組み合わせでも十分戦力になる。 物理アタッカーとの組み合わせなら全召喚獣と比べても優秀な部類。 かみ合うキャラも多く、汎用性も高いので獲得出来れば優先して育成するのも悪くはない。 攻撃力はSSRベヒーモスとそこまで大差が無いのでアタッカーとの組み合わせでも十分使える。 素早さの代わりに防御面が秀でており、タンクキャラと組み合わせるのもオススメ。 ただ、素早さは戦闘において行動回数を決める重要なステータス。 その部分が低いので出来る事なら元々素早さの高いキャラと組み合わせて補うようにしたい。 その為、対人で魔法アタッカーに装備させる事で高い能力を発揮してくれる。 排出ガチャ実装時点ではイフリートがレイドで出現しているので、その対策としても火属性キラーは運用可能。 上位召喚獣と比べるとステータス面でやや劣るが、魔法キャラの火力を上げる分には十分優秀。 尚且つ、 魅了耐性も底上げ出来るのでハートを盗むの対策としての運用も可能。 魅了を付与されると同士討ちを行い、攻撃を受けるまで解除されないので非常に厄介。 その為、魅了を付与してくるような滴がいるクエストでは重宝する召喚獣といえる。 打撃アタッカー自体が斬撃アタッカーに比べて層が薄く汎用性が低いのがネック。 イベント周回で獲得出来るエトアはフル覚醒させても火力に難があるので、底上げの為に運用したい。 とはいえ、優先すべき召喚獣とは言いにくい。 その為、装備させるのなら魔法アタッカーがオススメ。 あえて狙っていく必要性は無く、それならURの召喚獣やSSRの上位召喚獣を狙っていきたい。 火力面はそこまでだが、 斬撃耐性アップなど防御面を高められる点は優秀。 とはいえ、そこまでかみ合うキャラもいないので優先度は低い。 モンクをメインジョブに持つキャラと相性が良く、魔法耐性アップによって耐久値を上げたい場合にも運用が出来る。 ただ、性能としては正直中途半端になってしまうのでモンクならラミアクィーンの方がオススメ。 氷耐性アップなども習得出来る為、完全に耐久値に全振りするような形でも有り。 総合評価 UR召喚獣に比べると、見劣りする部分が多いですがベヒーモスは斬撃アタッカーと非常に相性の良い召喚獣といえます。 火力の他に素早さも高いので、汎用性が高くURの召喚獣と比べても優秀な場合があるでしょう。 ただ、それ以外に関してはやはりUR召喚獣と比べて見劣りする部分が多いです。 あえて狙う必要性は無いので、最初はURアタッカー+UR召喚獣の組み合わせを狙うようにしましょう。

次の

FFBE幻影戦争|ラヴィエスの性能を完全評価。アビリティとおすすめビジョン解説

幻影戦争 回避 召喚獣

ギルガメッシュの虎鉄について ギルガメッシュの十八番といえば最初から覚えているアビリティの「虎鉄」です。 攻撃範囲が広く、ダメージもそこそこあって、おまけに斬撃攻撃耐性ダウンがついてる非常に強力なアビリティです。 その虎鉄を同行者やアリーナででてくるギルガメッシュが、初ターンに放っているのを時々みかけていました。 初ターンに虎鉄を打てるか打てないかでクエストの周回効率が全然違いますし、アリーナやマッチバトルでの勝率がグッと上がります。 レベルを上げれば僕のギルガメッシュもいつか初ターンで使えるようになるのかなとなんとなく考えていましたが、レベル55まで育てても使えるようになりませんでした。 そもそも初ターンで虎鉄の使用するためには、 初期APが24以上必要になります。 初期APは覚醒数、限界突破数、レベル、ステータスなどが関係していると考えましたが、覚醒や限界突破は素材の関係上簡単にはできないので、とりあえずステータスを上げてみることにしました。 初期APはステータスのAPが関係している? 上の画像は僕の限界突破回数2、覚醒4のギルガメッシュのステータス画像です。 翼ある者、時魔導士、ソルジャーのjobレベルはすべて9まで上げています。 このステータスになってからようやくギルガメッシュが初ターンに虎鉄を放つことができました。 どうやらステータス のAPの値が135を超えると、初期APが24以上得られるらしいです。 具体的な計算式はわかりませんが、APが133では初期APが23だったので、このあたりの数値が初期AP23と24の境目かなと思います。 ステータスのAPを上げるためには 召喚獣との共鳴度を上げる 上の画像はギルガメッシュのステータスの詳細です。 ギルガメッシュのアビリティボードには初期APアップが存在しないので、召喚獣との共鳴度をあげてAPを上昇させるのが一般的になります。 共鳴度は、ユニットと召喚獣との親密度のようなもので、 共鳴度を上げていくと召喚獣のステータス反映率が上昇します。 例 共鳴度LV. 僕はギルガメッシュにベヒーモスをずっとセットしていて、共鳴度が100%になったときようやく、APのステータスの値が135になりました。 ベヒーモスはAPの値が低めなので、イフリートなどのAPが高い召喚獣をセットしたほうがもっと簡単にAPのステータスを上げることができます。 ちなみに共鳴度は、 ユニットに別の召喚獣をセットしてクエストをこなすと、もとにセットしていた召喚獣との共鳴度は減少するので注意が必要です。 この仕様のせいで、なかなかベヒーモスからイフリートにチェンジすることができません(泣) 召喚獣を変えても共鳴度が下がらないように修正されるのを期待します。 ジョブレベルを上げる ジョブレベルを上げるとほんの少しだけステータスが上昇します。 (上の画像では のなかに入っている数字です) 上がるのはほんとに微量で、APのステータスが上がらないこともよくあります。 とりあえず、Jobレベル9、限凸2、覚醒4で初ターン虎鉄使用可能です。 APのステータスが高い召喚獣をセットすれば、ジョブレベルはもっと低くてもいいかもしれません。 限界突破、覚醒、レベルを上げる 当然ですが、限界突破や覚醒、レベルなどを上昇させるとステータスが上がりますので、初期APも上昇します。 ただ、覚醒素材や限界突破するための欠片は持っていない人も多いと思うので、とりあえず召喚獣の共鳴度やジョブレベルを上げることをおすすめします。

次の