インターネット 速度計測。 Wild Speed インターネット回線 スピード測定

回線速度の測定

インターネット 速度計測

インターネットが快適に利用できる回線速度の目安は? 快適に感じる速さの目安は下り10〜30Mbps 普通にインターネットでWEBサイトの閲覧を中心に利用されるのであれば、下り10Mbpsほどあればサクサクと快適にインターネットに接続できます。 高画質動画を見られる方でも実は100Mbps以上の速度は必要ありません。 インターネット動画の視聴やオンラインゲームをされる場合まで考慮に入れても、 30Mbps程度の回線速度が1つの目安となります。 『上り』よりも『下り』の回線速度が重要 インターネット回線速度は『上り』と『下り』の2種類があります。 上り(アップロード)・・・メールを送信したり、写真を送信• 下り(ダウンロード)・・・ホームページ閲覧や動画視聴 ネットサーフィンをしたり、動画視聴する時に重要になるのは下りの回線速度です。 大きなファイルをネット上にアップロードするのでなければ、 上りの回線速度は1Mbpsでも快適に利用可能です。 最大通信速度はベストエフォート型!実測速度は違うので注意 インターネットを契約する時に『最大通信速度100Mbps』、『最大通信速度1Gbps』などの速度が記載されていたかと思います。 しかし、これらはベストエフォート型となっており、『最大限の努力をする』という意味での 理論値です。 実際に出る速度ではありません。 インターネット回線速度は、利用しているプロバイダ、場所、混み具合などで大きく異なります。 光回線の場合、実測速度は契約速度の3割〜6割ぐらいが目安となってきます。 最高通信速度1Gbpsの光回線になると実測速度はかなり落ちてくるので、3割の 300Mbpsほど出ていれば十分な速度が出ていると言えます。 実測速度• 100Mbpsの回線なら・・・30〜60Mbps• 1Gbpsの回線なら・・・〜300Mps ベストエフォートの通信速度と実効速度の乖離が起きないように、実行速度計測手法や情報提供などに関するガイドラインもできています。 参考: ネット回線速度の目安を用途別に紹介 インターネットの回線速度の目安は、インターネットを利用して何をするのかでも変わってきます。 PCを利用するのか?スマホに接続するのか?テレビを視聴するのか?用途別の回線速度の目安を紹介していきます。 用途 回線速度 LINE・メール 128kbps〜1Mbps ホームページ閲覧 1Mbps〜10Mbps YouTube動画 1Mbps〜20Mbps オンラインゲーム 30Mbps〜 LINE・メールの送受信の目安 LINE・メールの送受信に必要な回線速度は128Kbps〜1Mbps程度です。 LINEでのやり取りや、メールの送受信はほとんどデータ容量を利用しません。 ですので、もし速度制限にかかっていて128kbpsの速度しか出なかったとしても普通に通信することは可能です。 PCでのホームページ閲覧・ファイルのダウンロードの目安 ホームページ閲覧やネットサーフィンでは 1Mbps〜10Mbpsほどの回線速度が目安となります。 画像が多いサイトでも3Mbps〜10Mbps程度でスムーズにアクセスすることができます。 文字テキストが中心のページならば1Mbpsでも問題はありません。 YouTube動画の視聴の目安 画質 推奨回線速度 4K 20Mbps HD 1080p 5Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 7 Mbps YouTube動画は、動画の解像度によって推奨される回線速度が異なります。 1Mbps〜20Mbps程度の回線速度が必要となります。 スマホで標準画像の動画を視聴するならば1Mbps。 最も高画質となる4K画質の動画の場合は20Mbpsの速度が必要となりますが、HD動画でも5Mbpsで十分ですので、 4K画質の動画を見ない場合は5〜10Mbpsもあれば十分と言えます。 参考: PS4やPCでオンラインゲーム(ネトゲ)をする場合 オンラインゲームもゲームの種類によっては回線速度が8Mbpsぐらいでも問題ないものはあります。 私も以前PS4でFF14を10Mbpsの速度で接続したことがありますが、簡単なプレイならば問題なく接続できました。 ただ、激しい戦闘などは少しでも止まってしまうと問題がありますので、速ければ速いほどよいですね。 FPSなどをされる場合は実測値で50Mbpsほどの回線速度は欲しいです。 インターネット回線の応答速度(PING)も重要 特にFPSなどのオンラインゲームをされる場合は回線速度だけではなく応答速度(PING値)も重要となってきます。 スプラトゥーンなどのFPSゲームや格闘ゲームを遊ばれる方は Ping値10m以下がおすすめです。 1〜15m・・・かなり速い• 15〜35m・・・速い• 35〜50m・・・普通• 50m〜・・・遅い Ping値は25mほどで快適に利用可能です。 50mを超えていたら遅いと認識しておくと良いです。 Ping値の目安は、有線LANならば〜20mbps、無線LANならば20m〜50mぐらいとなりますので、 有線接続にするだけでも応答速度を改善することが可能です。 ネット回線速度とPING値の実測を測定してみよう 自分のインターネット回線速度がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。 スピードテストで有名な『』で回線速度の測定をしてみましょう。 『Speedtest. net』は回線速度と応答速度(PING)の両方を測定することができます。 スマホからでも簡単にアクセスすることができます。 環境・・・Broad WiMAX『W05』• 場所・・・都内のスタバ• 回線速度・・・37. 4Mbps• 応答速度・・・72m 回線速度はポケットWiFiでも問題ない速度がでます。 仕事や動画視聴であれば十分です。 応答速度は遅めになりますので、オンラインゲームには向かないと言えます。 Googleで『スピードテスト』と入力してもチェックできる 簡単にスピードテストをしたい場合はGoogleの検索窓に『スピードテスト』と入力してみましょう。 以下のような画面になり、直接スピードテストを行うことができます。 実際にポケットWiFiでスピードテストを利用してみましたが、18Mbpsでも高速と診断されます。 インターネット回線速度の平均は?どれくらいが普通なの? ブロードバンド通信速度測定サイト『』のランキングデータ集計では、回線速度の平均値を確認することができます。 スマホの回線速度の平均値• 固定回線速度の平均値• 都道府県別の平均値 などの月間80万件ほどのデータを集計しているので信頼できますね。 光回線の回線速度の平均 NURO光とauひかりの回線速度の平均は900Mbps以上とかなりの高速です。 1位・・・NURO光• 2位・・・auひかり(au one net)• 3位・・・auひかり( nifty) プロバイダはSo-net、au one net、 nifty、BIGLOBEの平均値が速いですが、そこまで変わらないので誤差ですね。 ケーブルテレビは一部の地域でしか利用できませんがもTOP10入りしているものがあります。 光コラボの回線速度の平均 光コラボレーションはフレッツ光の回線を利用しています。 ビッグローブ光、 nifty光、AsahiNet光の回線速度の平均値が高いですが、対象の計測数はドコモ光やソフトバンク光が圧倒的に多いです。 特にドコモ光はプロバイダによってかなり速度が変わりますので、どのプロバイダを利用しているのかもチェックする必要があります。 それでも改善しないようであればインターネット回線自体を乗り換えてしまうのが確実です。 NTTのフレッツ光や光コラボを利用している場合、NTT以外の回線に乗り換えをすることで速度が改善することはよくあります。 NURO光(最大通信速度2Gbps) NURO光は 最大通信速度2Gbpsの光回線です。 他社の光回線は最大1Gbpsですので、 2倍の回線速度となります。 一番速度が速い光回線として有名で、施設したけれど使われていない『ダークファイバー』という光ファイバーを利用しています。 しかし、NURO光は関東と関西の一部の地域のエリア限定の光回線となりますので、エリア外の方は残念ながら利用することができません。 月額料金は戸建て4,743円、マンション1,900円〜2,500円と他社の光回線と比べて料金が安いので『速度が遅い』とお悩みの方は乗り換えの考慮に入れてみることをおすすめします。 キャッシュバック額は35,000円と高額キャッシュバック特典も付きます。 nuro光(2Gbps)導入までの顛末。 結果として得られた速度は最高でした — Engadget 日本版 engadgetjp auひかり(auユーザーにおすすめ) auひかりもNURO光と同じぐらいの実測速度が出る光回線です。 NURO光が対象外のエリアにお住まいの方におすすめです。 ネットのみの申込みでも43,000円のキャッシュバック特典があります。 月額料金は戸建て5100円、マンション3,800円とNURO光よりは高くなりますが、auのスマホをお使いの方はスマホ料金も割引となりますので、特にauユーザーにおすすめできます。 インターネット契約を変更する際の違約金負担もしてくれるのが魅力ですね。 ちなみにauひかりの仙台サーバとの通信速度はこうだった — 喘息肺炎治らないマン NTRoLIKoNs ドコモ光(v6プラス対応プロバイダがおすすめ) ドコモ光も回線速度が速いと評判の光回線で、フレッツ光を利用中の方は簡単に転用できますし、光電話や光テレビも継続して利用することができます。 しかし、ドコモ光はプロバイダによって速度がかなり異なります。 現在ドコモ光を利用されている方であればプロバイダを変更するだけでも速度は改善する可能性があります。 高速通信をしたい場合はv6プラス対応のプロバイダを選択することが重要です。 月額料金も戸建て5,200円、マンション4,000円と低価格です。 『GMOとくとくBB』のドコモ光では公式サイトで実測速度を公開していますし、対応の無線LANルーターも無料でレンタルできますので、ドコモの携帯電話やスマホをお持ちの方にはとてもおすすめの光回線です。 900Kbps. もし、『自宅であまり高画質動画を見ない』『オンラインゲーム』をやらないのであれば最大1Gbpsの光回線は必要ありません。 WiMAXの最新機種『W05』の最大通信速度は758Mbpsで、高速通信ができるモバイルルーターです。 自宅のみで利用されるのであればホームルーター『L01s』で安定通信が可能です。 マンションタイプのフレッツ光ネクストを利用している場合、集合住宅で共有となりますので、モバイル通信に切り替えてしまった方が通信速度が改善する場合があります。 ギガ放題プランに加入することで月間のデータ通信量は無制限、通信制限無しで利用可能となります。 月額料金2,726円〜利用可能なので、光回線を利用されている方ならば毎月2,000円近く節約できる可能性が高いです。 関連記事: まとめ ネット回線速度の 目安は下り30Mbps、応答速度25msほどあれば十分快適にインターネット利用することができるでしょう。 光回線は確かに高速通信ができるのですが、そこまでの速度を必要としていない方は多いはずです。 高画質動画やオンラインゲームを利用されない方でしたら、通信速度は10Mbpsでも十分ですので、WiMAXなどの料金の安いプランに変更をしてしまった方がお得にインターネットが利用できるかと思います。 逆に、ネット回線速度が速ければ速いほどいい方はNURO光やauひかりがおすすめです。

次の

Wild Speed インターネット回線 スピード測定

インターネット 速度計測

【Wild Speed 免責事項】• このサイトの測定範囲は、下り最大1Gbps、上りは最大100Mbpsです。 計測の値はご利用のPCとサーバ間で計測した値による参考値です。 計測時点のISPやネットワーク環境、利用環境によって結果は変化します。 計測値は他の計測サイト、ソフト等とは測定方法が違なる場合があるため、同一の値にはなりません。 本サイトのご利用に関連して発生するいかなる不具合も、本サイトでは責任を負いません。 あらかじめご了承ください。 お使いの回線速度に関する問い合わせは、ご契約のプロバイダーにお問い合わせください。 【注意】• 測定クライアントがJavaアプレットの場合、測定を実行する際に確認ダイアログが表示される場合があります。 Javaの警告表示については、[]をご確認下さい。 測定クライアントがJavaアプレットの場合、プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます。 測定クライアントがJavaScriptの場合、測定にWebSocketを使用しますので、プロクシを設定していて、そのプロクシがWebSocketに未対応の場合は、測定でができないまたは不安定になる場合があります。 混雑する時間帯は正確な測定を維持するために測定をお断りする場合がございます。 動作環境については[]をご確認ください。

次の

光回線のインターネット速度を測定できるスピードテスト5選【スマホOK】

インターネット 速度計測

あなたのインターネットが遅ければ、インターネットInternet Speed Testツールは、速度テストにおけるパフォーマンス問題を診断できます。 スピートテストは、パソコンのアップロード・ダウンロードの実測値を表示するスピードメータです。 これらの速度測定は、とても大事で、遅いダウンロードとアップロードスピードは、インターネットサービスプロバイダーかルーターに問題がある可能性があります。 もし、スピードテスト結果より、回線速は通常であれば、訪問しているサイトに問題があるか、回線速度が特定のブラウジングにサポートできないかのことが考えられます。 Ping測定であるインターネットスピードは数秒しかかかりません、簡単にでます。 それではSpeedcheckを使ってみましょう。 回線速度のチェック(回線速度計測)、ネット速度計測は、Speedcheck. orgにアクセスするので、とても簡単にできます。 青いスタート・テストボタンをクリックし、テストを始められます。 Internet Speed Testの完了時、3つの測定結果がスクリーンの上に表示されます:• レイテンシは、データが目的地到着までの遅延を表しています。 レイテンシは、ミリセカンドで測定されます。 100ms以下のレイテンシは、良好です。 それ以上の場合、例えば200ms以上なら、ビデオチャットなどの活動に影響し、あなたの回線速度は仕様より見かけ上遅くなる可能性があります。 Mbpsで測定されるダウンロードスピードは、どれだけデバイスがデータダウンロードできることを表しています。 もし、スピードがあなたの活動にサポートできない場合、あなたの回線スピードは、落ちるでしょう。 具体的には、ビデオ鑑賞やゲームなどです。 Mbpsで測定されるアップロードスピードは、どれだけデバイスがデータをアップロードできることを表してています。 アップロードスピードは、サイズの大きいファイルのアップロードに影響します。 例えば、写真やビデオなどです。 定期的に回線速度を確認する理由は、下記です。 あなたのインターネットサービスプロバイダー(ISP)との契約は、アップロードとダウンロードスピードを約束しています。 しかし、回線速度は、必ずしも契約通りになっていない場合があります。 むしろ、契約より遅く、あなたのネット機能とネットブラウジング能力に影響する場合があります。 一日中数回契約通りに回線速度が得られる。 ネットパフォーマンスを評価するには、スピードテストを一日に数回インターネット速度テストするしかありません。 ピーク時にサービスが遅くなり、深夜もしくは早期に利用者数が少ない時に、回線速度が速くなることがあります。 回線速度を知るには、一日中に数回のスピードテストを実行する必要があります。 Speedcheck. orgでは過去のスピードテスト結果が記録されています。 過去のすべての結果を確認するのに、とても便利です。 例えば、ISP契約でダウンロードとアップロードスピードは、それぞれ50Mbpsと10Mbpsです。 数回テストをやってもダウンロードとアップロードスピードは、それぞれ48. 9Mbpsと9. 4Mbpsである場合、仕様に近くてとても良いです。 しかし、テスト結果はが50Mbpsと4. 5Mbpsであれば、この大きな差は、あなたのインターネット機能に影響するだけではなく、あなたのシステムにも問題があると考えられます。 異常に遅いアップロードとダウンロードスピードは、サビースプロバイダー、接続、利用者数が多い時間帯に問題があります。 もし、何回通信速度測定を実施しても、一貫にしてスピード測定が遅く、順調なネットブラウジング、速いページローディング及びスムーズなビデオ視聴を求めれば、この問題を対応する必要があります。 回線速度を理解ことは、トラブルシューティングの一つのステップに過ぎません。 つい維新速度診断、わかるほど、回線速度の低下と弱いパフォーマンスの原因を断定できます。 そこから、パフォーマンスを向上する対策を考えることができます。 しかし、Mbpsとはそもそも何でしょうか?遅いネット接続をどのように改善できるのか?ここから、あなたに知って貰いたい情報で、ネット接続の改善ツールを紹介します。 インターネットの仕組みの説明から始めましょう。 我々が行っているトラブルシューティングを理解できるようになるでしょう。 コンピューター、携帯電話及びタブレットといったデバイスは、土地に埋めているケーブル、携帯接続、または衛星を通して、インターネットに接続します。 接続すると、コンピュータ同士がコミュニケーションができ、人と情報のやり取りが秒間でできるようになります。 インターネットの接続は、あなたのデバイスがインターネットサービスプロバイダー(ISP)もしくは、携帯のテザリングにより、実現可能となります。 携帯電話のテザリングは、自動的に携帯をホットスポットとして使います。 通信会社とプランによって、テザリングが制限されることもあります。 また、テザリングは、データ消費するので、注意してください。 ベライゾン、クリケットとスプリントといった通信会社は、テザリングプランを提供しています。 インターネットサービスプロバイダー会社の選びは、通信会社を選ぶことと同様にできます。 一般のインターネットサービスプロバイダーは、コムキャスト、コックス、タイムワーナーケーブルなどがあります。 各社は、ダイヤルアップ、ブロードバンド、DSLなど、異なるインターネットサービスを提供しています。 我々はここかもう少し詳細に、各接続方法はどのようにパソコンもしくは携帯電話の接続に影響するかを説明します。 ISPと契約して、インターネットサービスは始まると、自動的にパソコンにインタネットプロトコルもしくはIPアドレスがアサインされます。 このアドレスは、時間が入っている一列の番号に構成されて、パソコンと他のオンライン活動を特定できます。 パソコンがISPに接続している時、あなたはIPアドレスをもち、インタネットにアクセスしたり、サイトに訪問したり、メールを送信したりすることができます。 (これは、自動的にできるので、ご安心してください。 問題はシステムのどこかに故障があった場合、インターネットにアクセスできなくなります。 もしネットスピードが遅くなったら、簡単なネットブウラウジングができなくり、特定なサイトすらアクセスできなくなります。 いつもシステムの故障箇所がわからない場合。 ここから、トラブルシューティングが必要になってきます。 重要なのは、各ISPは、異なる価格、ダウンロードとアップロードスピードを提供していることです。 各ISPが違うので、慎重に評価する必要があります。 また、各ISPが少なくとも2年間契約を要求しており、簡単にISP間に切り替えないので、慎重に決断する必要があります。 ISPプランの評価時、各社のサービスレビューを参考すべきです。 レビューには、信頼性、技術支援、全体パーフォーマンスの情報を提供しています もう一つ重要なのは、各ISPが違うダウンロードとアップロードスピードを提供しているというとです。 このスピードは、あなたのインターネットの使い方に直接影響します。 これも、遅い回線速度の一つ原因となります。 ISPのプラン以外に、下記の理由も考えましょう:• ISPは、特定エリアしかサービス提供せず、また町の特定なエリアにしかサービス提供しないことがあります。 また、ISPのサービスマップにあまり頼らないほうがよいです。 殆どの場合、そのマップに細かい情報が入っていないことが多いです。 そのかわりに、ISPに直接問い合わせして、自分にいるエリアにどのようなサービスがあるかを確認したほうがよいでしょう。 よく遮断することは、あなたの仕事に影響し、特に、インターネットに頼って仕事する方は尚更です。 プランは、スピードと価格で違ってきます。 自分に相応しいプランかどうか確かめて、なければ、他のISPを確認しましょう。 殆どの契約は、最低二年間の縛りがあり、途中の解約に高額な費用を払う必要があります。 また、コストにも確認すべきです。 コストが一定期間に固定されて、その期間を過ぎると、高くなることがあります 他の重要なのは、あなたは、どのような接続方法を希望しているかということです。 インターネット回線速度がいくつの方法で測定され、よく使われている方法は、Mbpsです。 一キロビット毎秒 Kbps は、一番遅いスピードレーティングです。 これは、ダイヤルアップモデムのような古いインターネットによく使われています。 一メカビット毎秒 Kbps は、1,000 Kbpsと等しく、今一番使われている測定です。 一ギガビットは、1,000 Kbpsに等しく、これは、高パフォーマンスネットワークによく使われています。 レーティングが高ければ、高いほど、回線速度は高速です。 ここでは、Mbpsに注目しましょう。 何か普通で、何か異常ということを確かめてみましょう。 ISPに提供されているインターネット契約は、ダウンロードスピードに重視することが多いです。 グローバルから見ると、契約は、10Mbpsから, 20Mbps, 50Mbps, 100Mbps, 200Mbps, 500Mbpsまであり、1000Mbps 1Gbps までいく都市もあります。 自分の回線速度のパフォーマンスを確かめる為に、デバイスをモデムに接続してみましょう。 典型的なイーサネットケーブルは、100 Mbps もしくは 1 Gbps 1000 Mbps をサポートできます。 回線速度にもよりますが、インターネット接続もしくはイーサネットケーブルは、ボトムネックになる可能性があります。 例えば、500 Mbpsで100 Mbpsのイーサネットをモデムに繋いで、速い回線速度に契約したとしても、イーサネットケーブルは、回線速度を下げることができます。 50 Mbpsの契約で、ギカビットイーサネットケーブルを利用する場合、ISPからの回線速度がケーブル仕様より大きく下回り、イーサネットケーブルが使えなくなります。 イーサネットケーブルをパソコン、モデム、ルーターに必ずしも接続する必要がありません。 もし、デバイスがラップトップとスマートフォンのようなWiFi機能があれば、モデムと無線での接続が可能があります。 このケースにおいて、2種類の接続方法があります。 デバイスがモデムに無線で接続して、モデムがISPに接続します。 どちらも回線速度を下げる可能性がります。 ということは、WiFiルーターが回線速度に満たす必要があります。 また、ルーターからの距離も回線速度に影響します。 したがって、ルーターは、ISP回線速度の2倍以上の速度をサポートできるような仕様が必要とされています。 ホームネットワークに、1 Mbps から500 Mbpsまでのインターネットスピードがある。 イーサネットケーブルは、100 Mbps or 1000 Mbps をサポートします。 殆どのWiFiルーター 802. 11g は、少なくでも 802. 11g をサポートできます。 あなたの回線速度は、十分ですか?いい回線速度とは? 誰も正確に回線速度を言えません。 回線速度は、様々原因に影響され、インターネットの使い方、アクセスするサイト、アップロード・ダウンロード量によります。 例えば、wifi速度測定一日数回ニュースサイト、天気情報、メールの利用は、写真のアップロード、毎日ネットフィリックスの鑑賞、ゲームといった利用方法と違う回線速度が必要とされます。 ISPは、ダウンロード及びアップロード速度を広告しますが、上記に述べた理由より、いつも同じ速度が得られません。 マニュアル的にテストする必要があります。 Speedcheck は、リアルタイムかつ正確な回線速度を測定できます。 Speedcheckは、ダウンロード及びアップロード速度のデータを提供し、回線速度のトラブルシューティングに貴重なデータとなります。 Speedcheck は、回線速度を数秒でテストでき、あなたは、朝に速度が落ちると思ったら、数回テストを行うことができます。 Speedcheckは、結果を記録し、将来アクセスしたり、レビューしたりすることが可能です。 遅い速度は、一般的にあるインターネットスピード問題を説明できます。 回線速度問題として認識すれば、トラブルシューティングにも役に立つでしょう。 今まで回線速度について話したので、速い回線速度がより良いインターネット経験に繋がることは、理解したと思います。 遅い回線速度をトラブルシューティングし、スピードテストを行う必要がある時に、回線速度とブラウジングへの影響について、少しでもわかれば、とても役に立ちます。 回線速度と言えば、アップロードとダウンロードスピードのことです。 ダウンロードスピードは、インターネットからパソコンにデータをダウンロードする速さです。 ダウンロードスピードから、ビデオ鑑賞、複数写真があるサイトのローディング、書類ダウンロードのタスクに使われている時間を求められます。 アップロードスピードは、自分のパソコンからコンテンツをアップロードプロセスを指します。 アップロードスピードは、写真、書類、ビデオをアップロードする時間に影響します。 インターネットブラジングに発生している作業は、アップロードより、ダウンロードの方が多いです。 従って、殆どのISPは、アップロードスピードより速いダウンロードスピードパッケージを提供しています。 一般ユーザは、あまりアップロードスピードに影響されません。 しかし、ビデオ、写真のようなサイズ大きいなファイルを大量かつ頻繁にアップロードする時、通常より速いスピードサービスを使う必要があります。 パソコンからインターネットに接続できる方法の説明を覚えてますか?これらの接続は、インターネットサービスのスピードと機能に影響します。 一部のISPは、一つまたは二つだけの接続タイプを提供しています。 我々は、これらの利点・欠点を知る必要があります。 Dialダイヤルアップ-up ダイヤルアップは、一時期よく使われていましたが、今殆ど使われていません。 ダイヤルアップは、モデムの利用が必要とされ、固定電話線を通して、インターネットと接続します。 ダイヤルアップは、とても遅く、固定電話を使えなくします• DSLデジタル加入者線 A デジタル加入者線(DSL)は、同時にインターネットと電話を使えます。 DSLは、都市の方によく使われるが、田舎の方にあまり使われていません。 現在一番普及しているオプションです。 ケーブル ケーブルは、固定電話線に頼らず、テレビケーブルを通して、インターネットに接続することが可能です。 ケーブルは、電話とインターネットを同時に使える利点があるので、とても人気の選択肢となっています。 光ファイバー 光ファイバーは、他の選択肢より遥かに速いので、人気となっています。 大都市においてはとても普及していますが、田舎の方は、あまり使われていません。 WiFi 無線ブロードバンド接続(略語:WiFi)は、DSL、ケーブル、光ファイバーと同様にデバイス間に電波を送信します。 これは、高速接続になり、図書館、レストラン、公衆建物などのホットスポットとして使われています。 自宅でも同じようにWiFiスポットをセットアップできます。 様々な接続があるの中、もし、回線速度を最大にしたいなら、自分の所に一番速い接続方法の選択をお勧めです。 パソコンがISPに接続すれば、インターネットセービスを使える。 これは、とても簡単ですが、しかし、自宅またはオフィスにWiFi信号を作り、無線ルーターを選別する時に、一層難しくなります。 セットアップ時に間違いがあると、回線速度が遅くなります。 それにもかかわらず、無線ルーターを使う理由が複数存在します。 無線ルーターは、自宅インターネットの使い方に多様性をもたらします。 無線ルーターがなければ、パソコンとモデムにイーサネットを使って接続する必要がす。 これによって、ラップトップを使う時、自由に移動することができなくなります。 無線ルーターがある場合、ラップトップ、電話、タブレットなど、様々なデバイスが同時にインターネットに接続できます。 (殆どのISPは、無線ルーターのモデムを提供し、新たに購入する必要がない。 無線ルーターは、優れている理由が沢山あり、ただ、機能にいくつかの要因に影響されていることを覚えてください:• 距離—ルーターから遠ければ、遠いほど、接続が弱くなります。 自宅が大きければ、複数のルーターの設置が必要です。 障害—もし、壁や障害物がルーターとデバイスのパスを邪魔するなら、Wi-Fi範囲が制限されています。 あなたは、ルーターから二つ、三つぐらいの部屋に離れているなら、Wi-Fi範囲が短くなり、インターネットに接続できなくなります。 これは、電波干渉です。 ルーターも電波送受信しているので、電子レンジのような電波が発生している環境においては、ルーターと回線速度が影響されています。 もし、ルーターを購入したければ、自分のニーズに合うようなルーターを購入すべきです。 ルーターは、異なる仕様に作られて、アップロードとダウンロードスピードに影響し、回線速度を下げる可能性があります。 ルータースピードは、メカビット毎秒 Mbps に測定され、レーティングが高ければ、高いほど、スピードが速いです。 ルーターのレーティングは、54 Mbps から1 Gbps 1,000 Mbps までとされている. ルータースピードは、どれぐらいで良いでしょうか?それは、ケースバイケースです。 遥かに遅いルーターなら、回線接続を遅らせます。 ISPが提供しているスピードより速いルーターを購入しても、役に立たないこともあります。 速いルーターを購入することが大事ですが、良いルーターに投資したら、もし、ISPがそこまで速いスピードを提供しない限り、速いインターネットスピードを得られることができません。 ルーターを評価する時にもう一つ考慮すべき項目:ルーター技術基準。 ルーターのような無線ネットワークデバイスは、技術基準で測定されています。 この基準は、802. 11で識別できる。 番号の後ろに文字がついています。 番号と文字の組み合わせは、ルーターの技術を特定できます。 これで、適用されるスピード範囲もわかります。 802. 11g は、ルーターに見つけるベース技術である。 これは、2. 4 GHz技術のみです。 一般の技術なので、最大54 Mbpsまでしか達成できません。 802. 11n は、一個上の技術である。 この2. 8 GHzの技術においては、ルーターが600 Mbpsスピードまで達成できます。 802. 11acは、もっと先進的な技術で、500 Mbpsまで達成できます。 自分に適用するルーターのアセスメントをしたければ、一番良い方法は、ネットの口コミを読むことです。 これらのレビューは、ルーターのパフォーマンスとスピードについて、書いています。 一般的に、廉価、低パフォーマンスルーターを避けるべきです。 これらのルーターは、質が悪い場合があります。 それでは、ルーターのトラブルシューティングについてもっと詳細にご説明しましょう。 回線速度が大丈夫と思ったら、実は、他の要因で回線速度が落ちることがあります。 これらの要因で、パフォーマンスイシュー、サイトの読み込みが遅い、ビデオバッファリング数分かかり、その他の問題などが発生します。 あなたのネット接続方法。 ダイヤルアップは、DSL,光ファイバー、ブロードバンドで体験できるスピードと全く違います。 接続によって、限られているスピードしか提供されていない。 スピード要求をよく考えた上、自分に一番適している接続方法を選ぶ必要があります。 あなたのISP。 ISPがそれぞれ異なるアップロードとダウンロードスピードを提供する。 速いプランは、高いが、より良い、安定なブラウジング経験できます。 もし、いつも遅いスピードを経験しているならば、ブロードバンドスピードテストで確認し、より速いプランにアップグレードして、問題改善しましょう。 時間帯。 回線速度は、複数の人が使う時に落ちます、特に昼間の時。 これはよくある問題です。 利用者が少ない時、例えば、深夜または朝早くの時に、回線速度が正常に戻ります。 トラフィックが多いサイト。 サイトのトラフィックは、ブラウジングの時の回線速度に影響します。 トラフィックが多いサイトは、とても遅いです。 もし、トラフィックが過負荷の状態になると、サイトがクラッシュする場合があります。 これは、待機と再アクセス以外の対策がありません。 あなたのデバイス。 速い回線速度があるが、しかし、あなたのデバイス、例えば、パソコン、スマートフォン、タブレットが古くて、ウィルスがあり、処理速度が遅い原因で、回線速度が遅くなることがあります。 対策として、パソコンをアップグレードする。 または、自宅にある他のパソコンを試して、古い機体が原因なのかかどうか、識別できます。 遅い回線速度ブラウジングに問題を起こす。 これらの問題は、悪化する問題でもあります。 回線速度がとても遅くなると、完全機能できなくなります。 遅い回線速度のせいで、下記の問題が発生する:• サイトタイムアウトと正常にローディングできない• ビデオストリーミングができなく、もしくは、スカイプとネットフィリックスの利用ができない。 ビデオも長時間バッファリングして、おかしい状態となっている• 大きなサイトが遅くローディングする(複数大きなイメージがある場合)• ページレスポンスは、タイピングもしくはマウスの動きと比べ、遅延している もし、上記の問題がある場合、あなたの回線速度は、ブラウジングにサポートできないことが考えられます。 回線問題に初めて気づくのは、サイトに接続できなく、メールのアクセスに長い時間がかかった時です。 この時、おそらくサイトがあまりにもローディングが長くて、サイトアクセスできないメーセージが出てきます。 トラブルシューティング始まる前に、サイトクラッシュしているかどうか確かめましょう。 URLを二回クリックしたり、他のサイトに訪問したりして、同じ問題があるか確認します。 downforeveryoneorjustme. com. というサイトにアクセスしてもいいでしょう。 ここに訪問しているサイトのURLを入力して、クラッシュしているか確認できます。 クラッシュしてなければ、接続に問題があると言えます。 他のサイトも同じようにローディングできなくて、もしくは、インターネット接続ありません・サイトにアクセスできないメーセージをもらう時、あなたのインターネットに問題があります。 パソコンとルーターの接続を確認 初めは、パソコンがインターネットに確実に繋いでいるかどうか確かめよう。 パソコンは、イーサネット経由に繋いでいるかWiFiに繋いでいるか、もし、イーサネットの場合、ケーブルが確実にデバイスとモデムに繋いでいることを確かめよう。 もしWiFiを使う場合、パソコンのデバイスセッティングに行って、ネットワーク接続状態を確認してください。 次に、パソコンがネットワークに繋いでいる証拠を探し、ネットワークが使えることも確かめよう。 これは、ネットワークに、もしくは、パソコンからの接続方法に問題がある。 パソコンからネットワークを切り、繋ぎ直すことで問題解決できるかもしれない。 もし、まだ解決できない場合、パソコンのIPアドレスを確認する必要がある。 二つのIPアドレスがあり、一つは、デバイスとモデム・ルーター、もう一つは、モデムとインターネットである。 ここで言っているIPアドレスは、ローカルIPであり、デバイスとルーター・モデムの方である。 自分のIPアドレスに分からない場合はどうしたらいいか?それを探すのは、とても簡単です。 デバイスのIPアドレスをチェックするのに、セッティングにまず行ってください。 そして、ネットワークもしくはWiFiを選んでください。 次に、その他の情報を選択する。 もしモデム・ルーターからIPアドレスがアサインされているなら、そこに表示されてます。 IPアドレスの有効性を確かめよう。 このアドレスは、一連の数字でできており、192. 168. 104もしくは10. 8 といった期間で区別されている。 もし、あなたのアドレスが0. 0であれば、これは、無効なアドレスである。 インターネットに繋ぎ直す為に、あなたはIPアドレスを更新したりIPアドレスを再構成したりする必要がある。 やり方は、インターネットネットワーク種類に依存する。 ルーターにインターネットに繋いでいることを確かめよう Iもし、ルーターは、モデムもしくはインターネットに繋がらなければ、パソコンも接続できない。 全部のケーブルチェックから始めよう。 全部のケーブルは、確実にルーターとモデムに接続していることを確かめよう(もし、ルーターとモデムが別れている)。 次に、ルーターとモデムのライトを見よう。 赤い・黄色・光が消滅しているサインがあれば、問題がある。 そして、モデムを繋ぎ直して、システムをリセットし、接続問題を解決できるかもしれない。 もし、まだ繋がらない場合、ルーターを繋ぎ直す。 予備のルーターがあれば、それと交換して、問題を解明する。 もし、まだ繋がらない場合、パソコンとモデムをイーサネットケーブルで繋ぎ直す。 タブレットと電話など他のデバイスを無線で繋ぐことを試すこともできる。 他のデバイスは、問題なく繋がる場合、あなたのパソコンのワイレスカードもしくはパソコンのセッティングに問題がある。 しかし、あなたは、パソコンでイーサネットケーブルで繋げるなら、ルーターのWiFi信号に問題がある。 もし、パソコンと他のデバイスが全部繋がらない場合、それは、恐らくISPのほうで工事を実施している。 ISPに連絡して、問題を説明しよう。 ISPは、住んでいる地域の工事情報について、教えてくれる。 衛星インターネットについて もし、あなたのインターネットは、衛星より提供されている場合、インターネットトラブルシューティングが複雑になる。 衛星は、雨、雪、厚い雲までに影響されている。 もし、あなたのインターネットは、気候が悪い時に発生しているなら、これが原因の可能性が高い。 ディスクに障害物を確認し、積もっている雪を取り除く。 イライラするかもしれないが、天気がよくなるまで有効なトラブルシューティングができない。 天気が良くなったら、すぐにインターネットが回復することもある。 ISPに電話したら、自分に住んでいる地域の工事情報を提供されるかもしれない。 もし、あなたは、遅い回線速度に直面したら、いくつか診断ヒントがあり、回線速度を上げる方法を決められます。 一日中に数回インターネットスピードテストを行う。 Speedcheckは、自動的にテスト結果を記録します。 将来、あなたは結果をレビューするのにとても簡単です。 これらのテストから、実際に直面しているスピードをモニタリングしたり、理解できたりもできます。 もし、これらのスピードがとても遅い場合、インターネットサービスプランをアップグレードするか、新しいルーターを購入するかによって、改善できると考えられます。 ルーターをアセスメントする。 遅いもしくは故障のルーターは、インターネットスピードを下げ、接続問題を起こす場合があります。 つねにルーターのバージョンを確かめ、希望しているスピードが提供されているか確認しよう。 予備のルーターがあれば、そちらと交換し、スピードに差があるかどうか確認すします。 ネットワークの利用者数を削減する。 もし、複数の人とデバイスがネットワークにアクセスするなら、回線速度を下がっています。 同時に電話、タップレート、パソコンを利用している時、パソコン一つだけと比べたら、より速い回線速度が求められ。 同時に利用しているデバイス数を削減して、状況が変わるかどうか確かめよう。 もし、速度が変われば、インターネットプランをアップグレードする必要があります。 インターネットを異なる時間で使ってみよう。 インターネットが忙しい時間に、回線速度が落ちる。 深夜か朝早くかのような利用者数が少ない時に、インターネットを使ってみよう。 戦略的にダウンロードを計画する。 大きなプログラムをダウンロードする必要がある時に、利用者数が少ない朝早くにダウンロードしよう。 これは、時間節約にもなり、速い回線速度のアドバンテージをフルに活用できます。 ISPに問題がある時にトラブルシューティングしても問題解決できません。 なぜならば、インターネットがないためです。 ISPが問題の原因なら、直接に会社に連絡してください。 カスタマサポートセンターに電話するより、多くの場合、現地のオフィスに行って、スタッフと直接に話したほうがより良い結果が生まれます。 もちろん、これは、近くにオフィスがあり、時間に余裕がある時に限ります。 電話するか、直接にオフィスに訪問するか、どちらでもケースナンバーを控えてください。 将来、この情報は、問題フォローアップの問い合わせに時間短縮ことができます。 もし、数日にわたるネット障害が場合、殆どの会社は、そのダウンタイムにクレジットを提供します。 ただ、自分からは、問い合わせする必要があります。 使えない日数をトラッキングして、ISPに連絡して、クレジットをリクエストしましょう。 インターネットに何かあったか分からない、スピードがとても遅い、接続が完全にできない。 残念ながら、他に複数のトラブルシューティングしにくい問題があり、下記を含みます:• パソコンのセッティングが間違っている• ネットワークが正しく設定されてない• ワイレスカードの故障• ルーター・モデムの故障• その他 もし、イライラして、何をやればわからない時に、IT会社もしくは専門家を雇ったほうが良い場合もあります。 IT専門家は、自宅まで接続問題をトラブルシューティングしに来ます。 彼らは、装置をアセスメントしたり、改造したり、設置をやり直したり、一番安定なパフォーマンスを得られる方法を推薦したりします。 (これもトラブルシューティングしているビジネスに適用。 ITサポートを探す時に、近くのパソコン修理屋から始めよう。 彼らは、恐らくこのようなテックサポートを提供しています。 もし、提供してなければ、誰かを紹介してくれるはずです。 またわからなければ、ローカルビジネスディレクトリもしくはグーグルに助けを求めましょう。 小さいビジネスの方が安価であり、大手IT会社と比べたら、自宅まで足を運ぶ可能性が高いです。 これらのトラブルシューティングヒントは、回線速度を上げることに役に立てれば幸いです。 グッドラック!

次の