告白 映画 キャスト。 映画『ある少年の告白』実話が原作のあらすじ・ネタバレ結末を紹介!

映画告白生徒のキャスト一覧【辞めた人、今もいる人】

告白 映画 キャスト

解説 俳優ジョエル・エドガートンが「ザ・ギフト」に続いて手がけた監督第2作で、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」などの若手実力派俳優ルーカス・ヘッジズを主演に迎え、2016年に発表され全米で大きな反響を呼んだ実話をもとに描いた人間ドラマ。 アメリカの田舎町で暮らす大学生のジャレッドは、牧師の父と母のひとり息子として何不自由なく育ってきた。 そんなある日、彼はある出来事をきっかけに、自分は男性のことが好きだと気づく。 両親は息子の告白を受け止めきれず、同性愛を「治す」という転向療法への参加を勧めるが、ジャレッドがそこで目にした口外禁止のプログラム内容は驚くべきものだった。 自身を偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じた彼は、ある行動を起こす。 ジャレッドの両親役をラッセル・クロウとニコール・キッドマンが演じるほか、映画監督・俳優としてカリスマ的人気を誇るグザビエ・ドラン、シンガーソングライターのトロイ・シバン、「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のフリーらが共演。 2018年製作/115分/PG12/アメリカ 原題:Boy Erased 配給:ビターズ・エンド、パルコ スタッフ・キャスト 同性愛矯正施設に入れられた少年と、家族の葛藤を描いた作品。 父が保守的な田舎町の牧師という立場で、信仰心と社会的立場から息子の同性愛を認めることのできないことへのいらだち、夫に逆らうことはできないが、息子を愛する母親、そして、同性愛になってしまったことを両親に対して申し訳なくおもってしまう息子。 三者三様の葛藤が痛ましい。 欧米のホモフォビアは宗教心からくるゆえに苛烈を極める。 「イミテーションゲーム」で描かれたアラン・チューリングも、晩年同性愛矯正のために薬漬けにされてしまった。 アメリカでは未だにこういう施設が禁止されていないそうだが、宗教心からくるゆえに改善するのが極めて困難な問題なのだろう。 ホモフォビアを過剰に持ち出すのは、時に同じ同性愛者であることがある。 これは、様々な問題に言えることだ。 時に女性に最もきびしく当たるのが女性自身であるように。 自分は耐えた、だから耐えずにいる奴が許せない。 人間はあまりにも複雑で、弱い生き物だなと思い知らされる。 「ザ・ギフト」を観て、ジョエル・エドガートンすごい、監督と脚本の才能もあるんだ!と感心したので、今作も当然期待していた。 実話に基づく社会派の内容ということで、新たなジャンルに挑戦したのは買うが、映画としての面白さは残念ながら監督デビュー作にとどかなかった。 今も米国各地に残る同性愛者の矯正施設を告発する姿勢は支持するし、牧師の息子という親子関係が問題を一層複雑にしていることも興味深い点ではあるが、優等生的な意見表明や啓発の域にとどまっている気がする。 ニコール・キッドマンが演じる母親がラスト近くで行動を起こす展開で救われた気持ちになった。 オーストラリア出身のエドガートンがオセアニア人脈で主要キャストを配役したか。 ラッセル・クロウはNZ出身だし、キッドマンはハワイ生まれの豪州育ち。 怖い施設職員を演じたレッチリのフリーも豪州出身。 ただしルーカス・ヘッジズは米国人だが。 日本にも存在するのだろうか? こういう現実があるからこそ、アメリカはLGBTの権利に関する運動が盛んなのだろう。 矯正施設の「治療」は、忖度というか、強制はせずに自分の意思であると感じさせるのが悪質だと感じた。 自分が悪だと自身で認識させる。 本当に残酷。 病気の治療で暴力を振るわれることなんてあるだろうか? 繰り返し語られることが「元に戻す」ということ。 その「元」っていうのがキリスト教に由来しているから問題は根深い。 自分を「善」だと信じる者たちは譲歩のしようがないことが恐ろしい。 考えを改めてしまうということは自分の価値観を変えることだからなかなか叶わない。 ただ、自身の家族を痛めつけることが正解なことなんて存在しないだろう。 C 2018 UNERASED FILM, INC. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ある少年の告白 : 作品情報

告白 映画 キャスト

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、2017年6月10日に公開されたクライムサスペンス映画。 藤原竜也さん、伊藤英明さんの初共演作で、ダブル主演の作品となっています。 ここでは映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』のキャスト・出演者と相関図、あらすじ、主題歌、評価とともに、最後の結末のネタバレについて考察や感想を交えつつ紹介します。 なお、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の動画は動画配信サービス『U-NEXT』にて無料視聴することも可能となっています。 無料視聴の手順については下記記事にまとめていますので、あわせて参考にしてみてください。 現在は配信終了している場合もありますので、最新の情報は公式サイトにてご確認下さい。 2017年の初夏公開予定です🎥 — 映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』 22kokuhaku そして、2人を囲むキャストも、夏帆さん、野村周平さん、石橋杏奈さん、竜星涼さん、早乙女太一さん、平田満さん、岩松了さん、岩城滉一さん、仲村トオルさんなど超豪華キャストが勢ぞろいしています。 曾根崎雅人(演:藤原竜也) 22年前に起きた東京連続殺人事件の犯人として突如名乗り出た容姿端麗な謎の男。 『私が殺人犯です』というタイトルの告白本を大々的に発表したり、サイン会を開催したりなど、メディアを最大限に活用するが、その詳しい正体は謎に包まれている。 牧村航(演:伊藤英明) 22年前の連続殺人事件を追っていた担当刑事の一人。 当時、犯人をギリギリまで追い詰めたが、格闘の末、取り逃がしてしまった過去を持つ。 その時に切りつけられた傷は今でも顔に残っている。 岸美晴(演:夏帆) 22年前の事件のうち犯人にとって第2の事件に当たる被害者の遺族。 現在は書店で働いている。 小野寺拓巳(演:野村周平) 牧村の妹である牧村里香の恋人で本気で結婚しようと思っていた婚約者。 牧村里香(演:石橋杏奈) 牧村航の妹。 22年前の事件の最中に行方不明になってしまう。 春日部信司(演:竜星涼) 牧村航の直属の後輩で若手刑事。 戸田丈(演:早乙女太一) 裏社会で力を持つ橘組の構成員。 22年前の事件とは意外な繋がりを持つ。 滝幸宏(演:平田満) かつての牧村航の上司の刑事。 22年前の事件の事実上最後の被害者となった。 山縣明寛(演:岩松了) 22年前の事件の第4の事件の被害者遺族で目撃者。 現在は、共立中央病院の院長。 橘大祐(演:岩城滉一) 22年前の事件の第3の事件の目撃者。 橘組の現組長。 仙堂俊雄(演:仲村トオル) 人気報道番組「NEWS EYES」のメインキャスター。 22年前の事件についても当時、細かく調べ上げており、今や時の人となった曽根崎を番組に呼び、メディアの手によって裁こうと提案する。 映画『22年目の告白』登場人物の相関図 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の登場人物の相関図は以下の通り。 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』のあらすじ 映画『22年目の告白-私が殺人犯です- 』のあらすじは以下の通りとなります。 1995年、阪神大震災、地下鉄サリン事件など混沌としていた時代に起きた5件の連続殺人事件。 被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させるという、その残忍な犯行は世間から大きな注目を浴びた。 この事件を担当する刑事の牧村(伊藤英明)は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、結局、突き止めることはできず・・・ 事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。 そして事件から時効を迎えた22年後。 1995年のあの事件の犯人と名乗る男が突然、自ら「私が殺人犯です。 」というタイトルの書き綴った殺人手記を出版し、日本中を震撼させる。 「はじめまして、私が殺人犯です」 その本の出版記念会見に不敵な笑みを浮かべながら現れたのは、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る妖艶な男だった。 顔を晒して、肉声で殺人を告白する曽根崎にマスコミの報道は加熱し、ネット上も熱狂する。 その結果、本もベストセラーになり、サイン会まで執り行われるなど殺人犯にも関わらず、一躍、時の人になっていく。 しかし、これらは日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりに過ぎなかった… 韓国の映画を原作にリメイクした作品 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、もともと2012年に韓国で公開されたクライムサスペンス映画『私は殺人犯です』が原作・原案となって作られています。 しかし、原作の話を忠実にそのまま再現したというわけではなく、人気映画『ジョーカー・ゲーム』などを手がけた監督の入江悠さんが、日本の社会情勢や時代の空気を盛り込み、オリジナルにアレンジされています。 なので、原作となった作品を視聴された方も楽しめる内容となっています。 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』関連動画 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の公式予告動画など関連動画をまとめましたので、内容把握の参考にしてみてください。 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の予告動画 映画『22年目の告白』は面白い?評価・感想まとめ 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は面白いのかどうか? 見た人たちの評価や感想をまとめてみました。 「22年目の告白」 なにこれ。 まさかすぎてめっちゃ面白い。 てか藤原竜也イケメンすぎな🙌 —. なんかもうどんでん返しがすごすぎて、疲れた。 個人的にもミステリーやサスペンス好き、あとは『デスノート』『カイジ』といった藤原竜也さん関連の作品が好きな人は間違いなくハマると思いますので、まだ見てない方は必見だと言っても過言でないぐらいオススメします。 登録の際に料金は発生しませんし、無料期間内に解約した場合は料金はかかりません。 映画『22年目の告白』の動画を無料視聴する手順については下記記事にまとめていますので、あわせて参考にしてみてください。 また、まだ視聴されていない方は、U-NEXTにて無料視聴も可能となっていますので、そちらをご覧になった上で見ることをオススメします。 次々と話が展開していき1秒も目が離せないぐらい楽しめる内容になっていますので、ぜひ最初はネタバレなしで視聴してみてください。 それでは以下より、『22年目の告白』の藤原竜也さん演じる曾根崎の正体など、最後の結末のネタバレについて感想・考察とともに紹介します。 ーネタバレ注意ー まず物語の主人公である藤原竜也さん演じる「曾根崎雅人」。 彼が1995年の事件から22年が経った後に、「自分が犯人です」と本の出版とともに名乗り出るわけですが、 結論から言えば、彼は犯人ではありません。 実は曾根崎雅人(藤原竜也)の正体は、1995年の事件の最中に行方不明になってしまった牧村航(伊藤英明)の妹・牧村里香(石橋杏奈)の婚約者・小野寺拓巳(野村周平)でした。 拓巳は、1995年の事件中に婚約者の里香が行方不明にあると、人生に絶望し、自ら生を絶とうとマンションから飛び降ります。 しかし重傷を負いながらも、奇跡的に一命をとりとめた拓巳。 そんな彼はしばらくは何度も生を絶とうとしますが、やがて里香の兄である牧村航(伊藤英明)と組んで、事件の犯人を暴き出すことを決意します。 そのためにまずは別人になると顔を整形して、戸籍も変えます。 こうして藤原竜也さんが演じる「曾根崎雅人」が誕生。 曾根崎が発表した本を書いたのは実は、刑事で事件のことを追っていた牧村航(伊藤英明)。 そして、それを曾根崎が「自分が犯人だ」と大々的にアピールし、本を売って金儲けすることで、本当の犯人の反感を買って炙り出す計画でした。 計画は一時、失敗したかのように見えましたが、結果的に新たに掴んだ手がかりから犯人を暴き出すことに成功。 その事件の犯人とは、仲村トオルさんが演じる「仙堂俊雄」でした。 仙堂は過去に大切な人を奪われたことがあり、そのことが心的外傷となって、事件を起こすまでに至ってしまった模様。 そして、行方不明になっていた里香は仙堂の手によって殺されており、事実上は5件ではなく、6件の事件を起こしていたことが判明します。 犯人を暴きだし、さらに里香を殺されていたことを知り激昂する曾根崎。 そのまま首を絞めて復讐を果たそうとしますが、牧村(伊藤英明)が最後の里香の事件が起こされた日時的にまだ時効が訪れていないことに気づきます。 そして、そのことを曾根崎に伝えて、必死に説得し、結果的に仙堂は法のもとで裁かれることに。 しかし、一番最後。 エンドロールの最中にまさかの展開が起こり、仙堂は事件の被害者の一人である戸田丈(早乙女太一)に曾根崎との戦闘で負った傷の治療をしていた病院内で突然刺されて、おそらく死亡した、といった結末になり、エンドとなります。 個人的には結末やオチも文句なしでおもしろかったです。 口コミなどを見ると、何人かの人は最後の結末部分で• 曾根崎(藤原竜也)は最後、飛行機に乗ってどこにいったのか?• 最後に仙堂を刺したのは誰?曾根崎なのか? という疑問などを抱いているようですね。 この点について解説すると、まず前者については 曽根崎は犯人を炙り出すために自らが犯人となって有名になったため、世間からそのことが忘れられるまで海外に身を潜めた という説が有力だと考えられます。 そして後者ですが、これは曾根崎ではなく、早乙女太一さんが演じる「戸田丈」という橘組の構成員になります。 実は、曾根崎のサイン会に銃を持って参戦していた人物でもあります。 彼は22年前の事件の被害者の1人で、犯人には強い復讐心を燃やしていたので、そのことから犯行におよんだのでしょう。 一部では「曾根崎が海外に行って顔を変えて戻ってきて復讐したのでは?」という声もあがっているようですが、その説は間違いのようです。 まとめ 今回は映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』のキャスト・出演者とその相関図、あらすじ、主題歌、最後の結末のネタバレまでご紹介しました。 これはミステリーだったり、サスペンスが好きな方は間違いなくハマる作品だと思います。 展開が早く、結末やオチなども素晴らしい出来だと思います。 オチを知った上でもう1度視聴しても、また違った見方ができて楽しめそうです。 ぜひまだ見てない方は1度見てみることをオススメします。

次の

キャスト

告白 映画 キャスト

C 2018 UNERASED FILM, INC. 母が運転する車に乗り込み、ジャレッドは施設へと向かう。 「治療内容はすべて内密にすること」細かな禁止事項が読み上げられ、部屋へと案内される。 白シャツの同じ服装の若者たちが弧を描くように椅子に腰を下ろしている。 「救済プログラムにようこそ!」12日間のプログラムが始まった。 19歳の青年ジャレッド母ナンシーの車で送られ、同性愛矯正プログラムを行う施設に入ります。 彼は大学の寮で友人にレイプされそうになり、そして、自分も同性愛者ではないかと両親に打ち明けるのでした。 動揺した両親は、その事実を受け入れられず、息子を同性愛矯正プログラムに入れると決意したのです。 父は「今のお前を認めることはできない。 心の底から変わりたいと思うか?」とジャレッドに問います。 そして、悲しげな表情の母を見て、ジャレッドは「はい」と答えたのでした。 受付で携帯や日記などを全て預け、母と別れたジャレッド。 施設にはジャレッドと同年代の若者たちが集まっていました。 他の青年たちと同様の白い服に着替えたジャレッドと若者たちに、セラピストのヴィクターは説教をします。 ヴィクターは自分も同性愛者であったと言い、そして、このプログラムによって治ったといいます。 彼はなぜ自分がゲイであると思うようになったのか、自身の記憶を振り返ります。 こうしてジャレッドの矯正プログラムが始まったのでした。 映画『ある少年の告白』の作品情報 C 2018 UNERASED FILM, INC. 参加者の一人キャメロンも必死に矯正プログラムに取り組もうとします。 しかし、それがなかなかできずにヴィクターに罵られるのでした。 キャメロンがヴィクターに叱咤された翌日、施設は物々しい空気に包まれていました。 なんと、職員たちはキャメロンのための偽の葬儀を執っていたのです。 そこに、彼の家族も集まっていたのですた。 ヴィクターは家族に聖書でキャメロンを叩くように頼みます。 それは、キャメロンの中に存在する悪魔を追い払う行為であると話すのでした。 家族は泣き叫ぶキャメロンを聖書で叩きます。 ジャレッドは耐え消えれずにその場を飛び出しました。 自分も問題視されたジャレットは、携帯を取り返して母に連絡。 そして、駆け付けた母と施設を去るのでした。 しかし、父のマーシャルは施設に残るよう言いました。 ですが、ジャレッドは施設に戻ることはありませんでした。 それから程なくして、警察が家に訪ねてきました。 それはキャメロンが自死したという知らせだったのです。 その後、四年。 ジャレッドは実家に戻り、父に自分の記事を読んでもらおうとやってきました。 そして、ふたりは和解をしていくのでした。 映画『ある少年の告白』は原作者ガラルド・コンリー自身が経験した実話 原作者のガラルド・コンリーは19歳の時にこのプログラムを受けています。 そして、10年後に原作となる『Boy Erased: A Memoir of Identity, Faith, and Family(消された少年:アイデンティティと信仰、家族の回想)』を出版し、ニューヨークタイムズのベストセラーとなりました。 コンリーはLGBTを題材にした文学賞のラムダ文学賞にノミネート。 コンリーは活動家として学校や施設に登壇、また、TEDで矯正治療の実態を告白するなど、国内外で廃止を支援している。 ポッドキャストを配信やインタビューなどを通して、自分の受けてきた矯正治療の歴史を明かしています。 スポンサーリンク まとめ:映画『ある少年の告白』みどころ いかがでしたでしょうか。 今回は、映画『ある少年の告白』についてご紹介してまいりました。 みどころとしては、以下ですね。 映画『ある少年の告白』のみどころ• 自分の本当の姿を両親が受け入れられずに葛藤する家族のそれぞれの気持ち• どのようにして同性愛の矯正プログラムが行われているのか• 最後に家族と向き合う、息子と父親のシーン 最近では日本国内でもLBGTを発表したりする人もいますが、まだまだ、受け入れられるような感覚を持っている人は少ないでしょうね。 このような作品が話題作としてではなく、通常のシチュエーションとして取り入れられる時代が早く来ることを期待したいと思います。 個人の時代、そして、多様性の時代はもうやってきていますからね。 今回は、「 映画『ある少年の告白』実話が原作のあらすじ・ネタバレ結末を紹介!」と題してご紹介してまいりました。 それでは、今回はこの辺で。 関連記事:.

次の