日本 女子 バレー メンバー。 2018世界バレー・全日本女子代表メンバーのプロフィールや経歴を総まとめ!

【2020】火の鳥NIPPON(全日本女子バレー代表)メンバー!スケジュールは?

日本 女子 バレー メンバー

概要 [ ]• 人員: 選手 231人、役員 77人 主将:、旗手:• 結団式:()• 解団式:(岸記念体育会館) メダル獲得者 [ ] 金メダル [ ]• (男子60キロ級)• (柔道男子65キロ級)• (柔道男子95キロ超級)• (柔道男子無差別級)• (男子グレコローマン52キロ級)• (レスリング男子フリースタイル57キロ級)• (ラピット・ファイア・ピストル)• (男子鉄棒)• (体操男子吊り輪)• (体操男子個人総合) 銀メダル [ ]• (レスリング男子グレコローマン57キロ級)• (レスリング男子フリースタイル48キロ級)• (レスリング男子フリースタイル62キロ級)• (レスリング男子フリースタイル82キロ級)• (レスリング男子フリースタイル90キロ級)• (体操男子平行棒)• (体操男子跳馬)• (体操男子跳馬) 銅メダル [ ]• (柔道男子86キロ級)• (レスリング男子グレコローマン48キロ級)• (レスリング男子フリースタイル52キロ級)• (フライ級)• (ウエイトリフティングバンタム級)• (ウエイトリフティングライトヘビー級)• (男子)• (男子個人)• ・・・・・(体操男子団体)• (体操男子床運動)• (体操男子鉄棒)• ・・・・・・・・・・・()• (・ソロ)• ・(シンクロナイズドスイミング・デュエット) 陸上競技 [ ] 「」も参照 監督: コーチ: コーチ: コーチ: コーチ:• 男子走り幅跳び: 7位(7m87cm)• 男子やり投げ: 5位(81m98cm)• 男子400mハードル: 準決勝落選(49秒92)• 男子10000m: 7位(28分27秒06)• 男子やり投げ: 予選失格(74m82cm)• (教)• 男子棒高跳び: 12位(決勝記録なし)• 男子400m: 準決勝落選(45秒88)• (東海スポーツ用品)• 男子走り高飛び: 予選落ち(2m21cm)• (勤務)• ハンマー投げ: 予選落ち(70m92cm)• 男子マラソン: 17位(2時間14分38秒)• 男子マラソン: 4位(2時間10分55秒)• 男子三段跳び: 12位(15m66cm)• 男子10000m: 16位(28分55秒54)• 男子マラソン: 14位(2時間14分13秒)• (研究生)• 男子400mハードル: 予選落ち(50秒14)• 男子100m: 2次予選落ち(10秒75)• ・・・• 女子マラソン: 19位(2時間37分04秒)• 女子走り高跳び: 10位(1m84cm)• 女子やり投げ: 予選落ち(57m72cm)• (教)• 女子やり投げ: 予選落ち(56m60cm)• 女子マラソン: 途中棄権• 女子走り高跳び: 予選落ち(1m87cm) 水泳 [ ] 競泳 [ ] 監督: ヘッドコーチ: コーチ: コーチ:東島新次 コーチ:渡部敏夫• 男子200m個人メドレー: 10位(2分06秒07)• 男子400m個人メドレー: 13位(4分29秒76)• 男子400m自由形: 予選落ち(4分06秒31)• 男子100m自由形: 予選落ち(53秒83)• (研究生)• 男子100m平泳ぎ: 10位(1分04秒41)• 男子200m平泳ぎ: 12位(2分20秒93)• 男子100mバタフライ: 予選落ち(56秒40)• 男子200mバタフライ: 9位(2分00秒31)• 男子200m自由形: 予選落ち(1分54秒71)• 男子100m自由形: 予選落ち(52秒96)• 男子200m自由形: 予選落ち(1分55秒97)• 男子400m自由形: 予選落ち(4分02秒97)• 男子100mバタフライ: 予選落ち(56秒52)• 男子200mバタフライ: 予選落ち(2分03秒07)• (大塚中)• 男子100m平泳ぎ: 予選落ち(1分06秒10)• 男子200m平泳ぎ: 15位(2分22秒29)• 男子100m背泳ぎ: 11位(58秒30)• 男子200m背泳ぎ: 16位(2分06秒02)• ・・・• ・・・• ・・・• 女子100mバタフライ: 14位(1分03秒33)• 女子100m背泳ぎ: 予選落ち(1分05秒60)• 女子200m背泳ぎ: 14位(2分18秒87)• 女子100m平泳ぎ: 予選落ち(1分14秒68)• 女子200m平泳ぎ: 予選落ち(2分42秒69)• 女子200mバタフライ: 6位(2分12秒57)• 女子100mバタフライ: 11位(1分02秒55)• 女子200mバタフライ: 12位(2分16秒27)• 女子400m自由形: 予選落ち(4分28秒68)• 女子800m自由形: 予選落ち(9分13秒27)• 女子100m自由形: 予選落ち(59秒00)• 女子200m自由形: 13位(2分04秒11)• 女子400m自由形: 14位(4分20秒18)• 女子100m平泳ぎ: 6位(1分11秒33)• 女子200m平泳ぎ: 4位(2分32秒93)• 女子200m個人メドレー: 15位(2分22秒81)• 女子400m個人メドレー: 14位(4分58秒02)• 女子100m背泳ぎ: 予選落ち(1分07秒23)• 女子200m背泳ぎ: 予選落ち(2分25秒05)• 女子100m自由形: 予選落ち(58秒47)• 女子200m自由形: 16位(2分05秒24)• ・・・• ()・・・• ()・()・()・(勤務)・(研究員)・()・(横浜サクライスイミングクラブ)・(自営業)・(横浜サクライスイミングクラブ)・()・(光陽グラフィックインターナショナル)・()・()• 男子: 11位 飛込 [ ] コーチ:• 男子高飛込: 17位(462. 09)• 男子飛板飛込: 25位(427. 14)• (奈良県文化事業団)• 男子高飛込: 15位(466. 74)• (コラル・ギャブレス高)• 女子高飛込: 9位(348. 60) シンクロナイズドスイミング [ ] コーチ:• ソロ: 銅メダル(187. 050)• (関西保育専門学校)・• デュエット: 銅メダル(187. 992)• (): 出場せず 体操 [ ] 監督: 男子コーチ: 女子コーチ: 女子チームリーダー: 新体操コーチ: ピアニスト:石崎弘子 体操競技 [ ]• 男子床運動: 銅メダル(19. 700)• (職)• 男子あん馬: 6位(19. 625)• 男子個人総合: 8位(117. 375)• 男子平行棒: 銀メダル(19. 925)• (研究生)• 男子つり輪: 金メダル(19. 850)• 男子個人総合: 金メダル(118. 700)• 男子跳馬: 銀メダル(19. 825)• 男子鉄棒: 銅メダル(19. 950)• 男子平行棒: 5位(19. 800)• 男子つり輪: 6位(19. 725)• (教): 出場せず• 男子跳馬: 銀メダル(19. 825)• 男子鉄棒: 金メダル(20. 000)• 男子個人総合: 9位(117. 200)• ・・・・・• 男子団体総合: 銅メダル(586. 70)• 女子個人総合: 11位(76. 850)• 女子床運動: 7位(19. 375)• (ク)• 女子個人総合: 18位(75. 825)• 女子個人総合: 16位(76. 100)• 女子段違い平行棒: 7位(19. 325)• ・()・・・()・()• 女子団体: 6位(376. 75)• (): 出場せず 新体操 [ ]• (研究生)• 個人総合: 8位(56. 675)• 個人総合: 13位(56. 050) 自転車 [ ] 監督: コーチ:藤原英興• 男子50kmポイント・レース: 15位(8点(-1)、予選敗退)• (マエダ工業)• 男子個人ロード・レース: 45位(5分22秒17)• 男子50kmポイント・レース: 22位(2点(-2)、予選敗退)• 男子1000mタイム・トライアル: 13位(1分08秒87)• 男子スプリント: 銅メダル• 男子スプリント: 第3次予選敗者復活戦敗退• ()・・()・()• 男子4000m団体追抜競走: 11位(4分34秒39)• 女子79. 2km個人ロード・レース: 40位(2時間40分12秒) ハンドボール [ ] 監督: コーチ:• ()・(湧永製薬)・(湧永製薬)・()・()・(大同特殊鋼)・(本田技研)・(湧永製薬)・()・(大同特殊鋼)・(大同特殊鋼)・(大同特殊鋼)・()・(教)・(湧永製薬)• 男子: 10位 バレーボール [ ] 男子 [ ] ヘッドコーチ: コーチ: アシスタントコーチ:• ()・()・()・()・()・(富士フイルム)・(富士フイルム)・(新日鉄)・()・(富士フイルム)・(富士フイルム)・(富士フイルム)• 7位 女子 [ ] ヘッドコーチ: コーチ: アシスタントコーチ:三浦敏子• ()・(日立)・(大阪吹田クラブ)・(日立)・(日立)・(日立)・(日立)・()・()・(日立)・(日立)・(日立)• 銅メダル レスリング [ ] フリースタイル監督: フリースタイルコーチ: グレコローマン監督: グレコローマンコーチ:• (安藤コンクリート工業)• グレコローマン100kg以上級: 6位• グレコローマン52kg級: 金メダル• グレコローマン74kg級: 2回戦敗退• グレコローマン57kg級: 銀メダル• (教)• グレコローマンスタイル68kg級: 2回戦敗退• グレコローマン48kg級: 銅メダル• グレコローマン82kg級: 2回戦敗退• (教)• グレコローマン90kg級: 2回戦敗退• (青森県三八教育事務所)• グレコローマン62kg級: 8位• (教)• グレコローマン100kg級: 7位• (教)• フリースタイル52kg級: 銅メダル• フリースタイル68kg級: 4位• フリースタイル100kg以上級: 7位• フリースタイル62kg級: 銀メダル• (教)• フリースタイル90kg級: 銀メダル• (教)• フリースタイル82kg級: 銀メダル• フリースタイル48kg級: 銀メダル• (奈良県体協)• フリースタイル74kg級: 5位• (教)• フリースタイル57kg級: 金メダル• フリースタイル100kg級: 5位 柔道 [ ] 監督: コーチ: コーチ:• (教)• 男子60kg以下級: 金メダル• 男子65kg以下級: 金メダル• 男子71kg以下級: 5位• (鳥取エフワン)• 男子78kg以下級: 5位• (教)• 男子86kg以下級: 銅メダル• 男子95kg以下級: 2回戦敗退• (教)• 男子95kg超級: 金メダル• (教)• 男子無差別級: 金メダル ウエイトリフティング [ ] 監督: コーチ:• 60kg級: 4位(270. 52kg級: 4位(230. (教)• 5kg級: 6位(302. (今市青少年スポーツセンター)• 5kg級: 銅メダル(340. 56kg級: 4位(250. (教)• 56kg級: 銅メダル(252. (一宮グループ日泉科学工業)• 52kg級: 銅メダル(232. (教)• 60kg級: 5位(267. 5kg級: 5位(305. 0) ボクシング [ ] 監督: コーチ:斎藤義信• ライトミドル級: 3回戦敗退• (教)• バンタム級: 3回戦敗退• ライトフライ級: 5位(準々決勝敗退)• ライトウエルター級: 1回戦敗退• フライ級: 2回戦敗退• フェザー級: 2回戦敗退• ウエルター級: 2回戦敗退 フェンシング [ ] 監督: コーチ:藤沢義彦• 男子フルーレ個人: 予選敗退• 男子フルーレ個人: 予選敗退• (山梨県公園運動場管理事務所)• 男子フルーレ個人: 予選敗退• ・・()・()・• 男子フルーレ団体: 予選敗退• 女子フルーレ個人: 27位• (研究生)• 女子フルーレ個人: 30位• 女子フルーレ個人: 38位• ・()・・• 女子フルーレ団体: 8位 アーチェリー [ ] 監督: コーチ:• 男子個人総合: 銅メダル(2563点)• 男子個人総合: 4位(2552点)• (自営)• 男子個人総合: 52位(2312点)• 女子個人総合: 4位(2524点)• (教)• 女子個人総合: 10位(2481点) 射撃 [ ] クレー射撃 [ ] 監督:• トラップ: 11位(186)• (板倉精機)• スキート: 13位(192)• (みつわ革漉工業)• トラップ: 11位(186)• (林真珠商会)• スキート: 41位(184) ライフル射撃 [ ] 監督: コーチ:山本忠正• 男子ラピッド・ファイア・ピストル: 金メダル(595)• 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢: 33位(1125)• 男子ラピッド・ファイア・ピストル: 23位(583)• 男子スモール・ボア・ライフル伏射: 17位(591)• 男子スモール・ボア・ライフル伏射: 43位(585)• 男子フリー・ピストル: 29位(540)• 男子エア・ライフル: 18位(578)• 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢: 25位(1137)• 男子フリー・ピストル: 18位(551)• (出)• 女子エア・ライフル: 11位(383)• 女子スモール・ボア・スタンダードライフル3姿勢: 11位(568)• 女子スポーツ・ピストル: 23位(564)• 女子スポーツ・ピストル: 23位(564) カヌー [ ] コーチ:• (マルニ特殊家具)• レーシング男子カナディアン・シングル1000mC1: 8位(4分18秒72秒)• レーシング男子カナディアン・シングル500mC1: 6位(2分01秒79秒)• (職)・(役場)• レーシング男子カヤック・ペア500mK2: 敗者復活戦敗退(1分47秒42)• レーシング男子カヤック・ペア1000mK2: 敗者復活戦敗退(4分00秒02)• ()・()• レーシング男子カナディアン・ペア1000mC2: 準決勝敗退(4分10秒77)• レーシング男子カナディアン・ペア500mC2: 8位(1分50秒22秒) ボート [ ] 監督:• ()・()・()・()・(、かじ)• かじ付きフォア: 8位(6分52秒62)• シングルスカル: 敗者復活戦敗退(7分32秒53) セーリング [ ] コーチ: コーチ:• ()・()・()• ソリング級: 17位(124. 00)• ()・()・(福岡市立ヨットハーバー公社、出場せず)• 470級: 11位(93. 00)• ()・()• フライングダッチマン級: 14位(99. 70)• (ウィンド・サーフィン・ジャパン)• ウィンドグライダー級: 16位(132. 00) 近代五種 [ ] 監督: コーチ:川添博幸(選手兼任)• 男子: 46位(4282)• 個人: 29位(4809)• 個人: 28位(4829)• 団体: 11位(13920)• (): 出場せず 馬術 [ ] コーチ:• (相生馬事公苑、馬名:パープレックス)• 障害飛越個人: 46位(予選敗退)• (、馬名:メディーナ)• 馬場馬術個人: 39位• (乗馬クラブクレイン、馬名:コールマン)• 障害飛越個人: 34位• (京都洛北宝ヶ池観光農園、馬名:ラッキーボエッシジャー)• 障害飛越個人: 馬体検査失格• (、馬名:ザ・シントー)• 障害飛越個人: 14位(予選敗退)• (筑波ライディングパーク、馬名:信長)• 馬場馬術個人: 馬体検査失格• (廣松喜八郎公認会計士事務所、馬名:バンソール)• 馬場馬術個人: 43位• (中退)・(馬名:ザ・シントー)・(馬名:パープレックス)・(馬名:コールマン)• 障害飛越団体: 11位 本部 [ ]• 顧問:• 顧問:• 団長:• 副団長:• 総務主事:• 本部役員:• 本部役員:• 本部役員:• アタッシェ:田中克之• サブ・アタッシェ:石田訓夫• 本部員:樽味久行• 本部員:土屋和平• 本部員:浅沼隆和• 本部員:三浦宜久• 本部員:平野祐司• 本部員:金古正• 本部員:三瓶勝也• ドクター:高沢晴夫• ドクター:渡會公治• ドクター:坂本静男• ドクター:南谷和利• マッサー:川野哲英• マッサー:川上良太• マッサー:白川守 備考 [ ] ドーピング騒動 バレーボール全日本男子のとが、日本人の五輪史上としては初である検査の陽性反応が出た。 まず田中が検査に引っかかった。 風邪で体調を崩したためトレーナーが処方したを無自覚で服用、この中に含まれるが検出されたため。 この経緯のため田中自身は処罰されず、トレーナーが処分を受けた。 次に下村の場合は、の異常値がみられたことから。 ただしテストステロンがの一種で生成に個人差があることから「執行猶予付き有罪」とされ隔離された。 はこれを不服として再調査を行った結果、下村の特異体質ということが判明し無罪となった。 脚注 [ ].

次の

女子日本代表/2020年度登録メンバー発表。主将は荒木

日本 女子 バレー メンバー

爽やか、スッキリタイプの美女選手です。 宮下選手は三重県桑名市出身で小学1年からバレーボールを始め、中学校に入学後宮下選手はアタッカーからセッターに転向し春高校バレーにも出場しました。 2009年5月、宮下選手はVプレミアリーグ・岡山シーガルズに選手登録され、黒鷲旗に出場し、宮下選手の14歳8ヶ月での出場は史上最年少でした。 2009年11月、Vプレミアリーグ開幕戦で宮下選手は途中出場を果たし、15歳2ヶ月でのプレミアデビューも宮下選手が史上最年少の記録を作りました。 同チーム監督は「宮下選手は間違いなく全日本級のセッター」と太鼓判を押しています。 2010年全日本女子チーム登録メンバー33名に選ばれ、2014年東京オリンピックの強化指定選手として宮下選手は世界を目指す「Team CORE」のメンバーに選出されました。 女子バレー界で一世を風靡し写真集まで出した美女の「かおる姫」ことは菅山かおる選手は人気が高く、多くのファンがいました。 小学校3年からスポーツ少年団に入りバレーボールを始め、高校2年の時に春高校バレーで優勝、3年では主将を務めました。 高校卒業後小田急ジュノーに入社しアタッカーとして活躍し、JTマーヴェラスへ移籍。 2005年、Vリーグにおいてチーム初の4強進出貢献を評価され、全日本代表にリベロとして初選出されましたが、他の選手の怪我などによりレフトが不足となり、レフトとして再登録。 全日本デビューとなった2005年ワールドグランプリでは、攻撃・守備の両面で活躍し、可憐な容姿にも注目が集まり「かおる姫」の愛称で呼ばれ、多くのファンを生みました。 2008年JTを退社し、9月には第6回パーカッシオ美脚大賞スポーツ部門受賞しました。 空中を飛んでの捨て身のレシーブは歴代の選手の中でもピカイチで、美と実力が伴った選手として女子バレー界に長く名前が残るでしょう! 誰もが知っているバレーボールをする為に生まれてきたようなスラリとした美女バレー選手。 小学校2年でバレーボールを始め、中学時代もバレーで活躍し、2002年、名門成徳学園高校に進学し、ライトで主力選手となり、2003年春高校バレーで優勝を収める。 2005年7月開催の女子ジュニア世界選手権U-20では、全試合レギュラー出場し得点王に輝き、復活を遂げる2006年世界選手権出場、2007年アジア選手権では日本の優勝に大きく貢献し、ベストサーバー賞を獲得。 その後日本代表に選ばれて、キャプテンを長く務め、女子インドアバレー歴代史上日本初の五輪4大会連続出場の快挙を達成しました。 2017年に現役引退を発表し、一番印象に残った試合はロンドンオリンピック 2012年 の準々決勝で大接戦の末に勝利した対中国戦とのこと。 カザフスタンのサビーナ・アルシンベコバ選手は、今バレー界で「超カワイイ!」、「アニメ キャラのよう!」と人気の高い美人選手です。 また身長182センチで脚の長さは120センチで、12頭身の美女といわれています。 父親はカザフスタンのスキー選手、母親は陸上競技の選手で、高校のときにバレーボールを始めました。 2014年アジアジュニア女子バレーボール選手権大会にカザフスタン代表として出場以降、「あのカザフスタンの選手は誰?」とその美貌がメディアで取り上げられ、自身のインスタグラムのフォロワーは大会前の300人から10日もたたないうちに20万人以上に急騰し、カザフスタンを始め全アジア地域や欧米のメディアも取り上げています。 本人はバレー以外で騒がれることに困惑していますが、カザフスタンで彼女主演の映画も決定し「カザフスタンのスポーツ振興になるなら」と承諾したそうです。 2015年Vチャレンジリーグの日本GSSサンビームズはカザフスタンのチームに所属していたサビーナ選手の入団を発表しましたが、リーグ戦開幕直前に体調不良となりチームを離れカザフスタンに帰国しました。。 金髪に、憂いを含んだ表情が何とも魅力的な美人選手です。 TV局が付けた異名は「魅惑のポニーテール」「バレーボール界のシャラポワ」などとメディア界でも人気があります。 2001年にオランダ代表入りを果たし、2005年のワールドグランプリ、2006年の世界選手権などでオランダ躍進の原動力として活躍しました。 全身を躍動させて打つ強烈なジャンプサーブを持ち、2007年ワールドグランプリの初優勝に貢献しMVPを獲得。 2009年ワールドグランプリではベストスコアラーとベストサーバーを獲得し、同年の欧州選手権ではMVPを獲得しました。 歴代のオランダ選手の中でも、特にその美貌とバレーの活躍が記憶に残る選手です。

次の

北京オリンピック2008 バレーボール 日本代表選手団

日本 女子 バレー メンバー

Contents• 6 東レアローズ 黒後愛 選手 久光製薬スプリングス 戦 武田テバオーシャンアリーナ V. 26 V. 現役高校生の宮部愛芽世が初選出(月刊バレーボール&月刊バスケットボール) — Yahoo! LEAGUE ファイナル8 花巻大会 2019. 2019. 2019. 画像つきで28名を紹介-まとめ• 長内美和子選手 日立リヴァーレ• 吉野優理選手 埼玉上尾メディックス• 東谷玲衣奈選手 デンソーエアリービーズ• 石川真佑選手 東レアローズ• 宮部愛芽世選手 金蘭会高校3年• 渡邊彩選手 トヨタ車体クインシーズ• 入澤まい選手 日立リヴァーレ• 関菜々巳選手 東レアローズ が初選出となりました^^ 以前から活躍している選手に8人のニューフェイスを加えた火の鳥NIPPON。

次の