アンサンブル おすすめ。 弦楽アンサンブルにおすすめの曲♪鉄板の5曲はコレ!

舞台の「アンサンブル」の意味と魅力を解説 │ その他大勢?いいえ世界観の職人です

アンサンブル おすすめ

曲名:打楽器3重奏《舞姫》 作曲:嶋崎雄斗/演奏時間:約4分30秒 楽器編成• 打楽器奏者 1:マリンバ、ゴング、ウィンドチャイム、スネアドラム、小物楽器 自由に• 打楽器奏者 2:シロフォン、グロッケン• 打楽器奏者 3:ヴィブラフォン、和太鼓4台 またはコンガやトムなど4台 、サスペンダーシンバル この曲は打楽器奏者である嶋崎雄斗氏が、「 鍵盤楽器と和太鼓を用いた、和風で激しい3重奏を」というリクエストを基にアンサンブルコンテスト用に作曲した委嘱作品です。 和楽器がない場合には、上の動画のようにコンガを代わりに使うこともできます。 別々のリズムが絡み合ったり、追いかけっこしたり、ソロなども盛り込まれるなど、 見せどころ・聴かせどころたっぷりです。 和太鼓のような力強いドラミングは、 スポーツのようにかっこよく、観客を魅了することでしょう。 曲名:彩雲(打楽器4重奏) 作曲:濵口大弥/演奏時間:4分43秒 楽器編成• 打楽器奏者 1: ウッドブロック、サスペンダーシンバル、ハイハット、ヴィブラフォン• 打楽器奏者 2:マリンバ、木片(Wood Piece)• 打楽器奏者 3: スレイベル、ボンゴ、宮太鼓、ウィンドチャイム、サスペンダーシンバル• 打楽器奏者 4: 締太鼓 またはスネアドラム)、大太鼓 、クラベス 作曲者の濵口氏によれば、太陽の近くを通りかかった 雲が緑や赤に彩られる彩雲という現象を、音楽的に表現しているとの事。 ドラムの見せ場が多く、リズムや強弱、 叩き方による表情の違いを使い分けられるとかっこいいですね。 鍵盤打楽器の使用は少な目で、そのぶん効果的に彩雲の情景を表しています。 曲名:3人の打楽器奏者のための組曲 作曲:大竹隆文/演奏時間:5分26秒 楽器編成• 打楽器奏者 1: ティンパニー、バスドラム• 打楽器奏者 2:スネアドラム、トムトム、ボンゴ、ギロ、ウッドブロック、トライアングル、フットバスドラム、スプラッシュシンバル• 打楽器奏者 3: クラッシュシンバル、木魚、サスペンダーシンバル、タムタム、チャイナシンバル、タンバリン、ティンバレ 打楽器のアンサンブルは、マリンバやヴィブラフォンといった鍵盤打楽器が使われることが多い中、この曲は 音程のない純粋な打楽器のみで演奏されます。 つまり、メロディーやハーモニーがありません。 そのため、打楽器にしか出せない キレのあるリズムや、演奏方法による 微妙な質感の変化を存分に表現することができます。 打楽器奏者 1: ボンゴ、トムトム、サスペンダーシンバル• 打楽器奏者 2: ボンゴ、トムトム• 打楽器奏者 3: ボンゴ、トムトム、ゴング(またはヴィブラフォン)、ティンパニー、グロッケン• 打楽器奏者 4: ボンゴ、トムトム、チャイム、グロッケン• 打楽器奏者 5: チャイム、マリンバ、タンバリン、ティンパニー• itomusic. 鍵盤打楽器はバリの ガムランを模しており、ボンゴの織りなす複雑なリズムは バリのケチャを思わせます。 実際にはコンガやボンゴを何台も使うので、一般的な中学校や高校では楽器を揃えるのが大変かもしれません。 (そんなわけで、番外編としてのおすすめ曲にしました!) ですが、こ の躍動感、プリムティブな力強さ、かっこよさは一見の価値ならぬ 一聞の価値ありです!.

次の

【デレステ】ユニゾン・アンサンブルのおすすめ編成と使い方

アンサンブル おすすめ

春や秋のオフィスコーデに欠かせないアイテムの一つがアンサンブルニット。 忙しい朝、何を着ようか困った時に、とりあえずスカートやパンツにアンサンブルニットを組み合わせれば、コーデが完成するので便利です。 アンサンブルニットの「アンサンブル」とは、組み合わせて着ることを前提として作られた1組の衣服のこと。 アンサンブルニットは一般的にハイゲージのものが多く、薄手できれいめな印象のコーデに最適です。 アンサンブルの組み合わせとしては、ノースリーブや半袖のニットとカーディガン、長袖のニットとカーディガンなどがあります。 インのニットとカーディガンがともにクルーネックでシンプルなものはオフィスコーデはもちろん、ちょっとしたお呼ばれの席でも着用できます。 アンサンブルニットは、インナーのニットとカーディガンをそれぞれ単品で使えるのも魅力。 ニットは他のアイテムのインナーとして、カーディガンはカットソーやシャツ、ブラウスの羽織りものとして。 その着回し力の高さで一年中活躍してくれるアイテムです。 秋や冬といったシックなカラーが似合う季節にも、きれい色をチョイスすることでコーデが華やいでおしゃれが楽しくなります。 ただ、普段はベーシックカラーのニットばかりできれい色には初挑戦という方は、似合わないかも……と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方におすすめなのが、UNIQLO ユニクロ のアンサンブルニット。 お手頃価格で挑戦できて、まずは単品で試すことができるのも魅力です。 普段はなかなか手が出せない赤のアンサンブルニットは、パンツや合わせる小物をシックなカラーで色みをおさえて、ニットを主役にコーディネート。 プチプラとは思えない深みのあるカラーはテクいらずで高見えしてくれるので、デイリーから特別な日のコーデまでさまざまなシーンで活躍してくれそうです。

次の

舞台の「アンサンブル」の意味と魅力を解説 │ その他大勢?いいえ世界観の職人です

アンサンブル おすすめ

テンポ的には、「こちらより二回りくらい速め」くらいで演奏されることが多い印象です。 なお、作曲者「フランク・ミルズ」のWikipediaにこんな記載もありました。 「スパニッシュコーヒー」Spanish Coffee(ギターによるアンサンブル(通称:ギター合奏)において、アレンジ版が定番曲として数多く演奏されている。 ) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Wikipedia上でギターアンサンブルについて触れた記載があるのは非常に稀で、ちょっと嬉しくなりますね。 情熱大陸 概要 葉加瀬太郎氏作曲の、TV番組「情熱大陸」テーマ曲でお馴染みの名曲ですね。 楽曲リリースから10数年以上は経っているはずですが、未だに根強いファンが多く、コンサートプログラムにも堪えうる名曲だと思います。 ギターアンサンブル動画 ギターアンサンブル編曲の大御所、平倉信行氏のアレンジ・演奏バージョンがありました。 演奏:平倉信行 聴いた感じ、オリジナル版をベースに「Sweet Melodies」版と「情熱大陸 2007」版の良いとこがガッチャンコされててカッコいい感じになってます。 これ版の楽譜ってないのかな。。 コーヒールンバ 概要 「高速道路PAのコーヒー自販機の曲」といえば、「ああ、あれね」で通じる人も多いかと思います。 曲の背景としては、作曲家ホセ・マンソ・ペローニ(Jose Manzo Perroni)作「Moliendo cafe モリエンド・カフェ 」をベースに、アルパ奏者の「ウーゴ・ブランコ」のアレンジ・演奏でヒットした曲、らしいです。 ギターアンサンブルとしては、いつから定番になってるかよくわかりませんが、少なくとも2000年代からはよく見かけるレパートリーになっていたはずです。 多くのギターアンサンブル団体が演奏していて、コンサートプログラムでも非常に使いやすい良曲だと思います。 ギターアンサンブル動画 演奏:明治学院大学クラシックギター研究会 リンク おわりに おすすめのギターアンサンブル曲、いかがだったでしょうか? 「 アマチュア団体の コンサートプログラムでよく演奏され、使いやすい曲目」という観点ですので、必要以上にとらわれることなく、参考程度にしていただけますと幸いです。 こちらに挙げた楽曲はYouTube上でよく見かける楽曲でもありますので、 「敢えて違った曲を採用する」ことで、独自性の高いプログラムにすることも可能かと思います。 なお、今回は 「ギターアンサンブルのために作曲された作品」は、度外視してピックアップしました。 もちろん、そうした作品を積極的に採用いただくとは素晴らしいことかと思いますので、気にしないでいただけると嬉しいです。 ゴリゴリにクラシックギター曲です^^; ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次の