デブスの婚活。 婚活はブスには無理?いいえ、ブスでもデブでも婚活で彼氏はできます

ブスやデブが婚活してもムダなのか!?男の本音を語ります!

デブスの婚活

Contents• 恋愛でも就活でも損!デブスの具体的なデメリットとは デブスでいると、恋愛においても、就職活動においても不利になることがあります。 デブスのデメリットを見ていきましょう。 自己管理ができないと思われる デブスはその体型から、 自己管理ができていないと思われてしまいます。 好きなものを、欲望のまま好きなだけ食べていれば、太ってしまうのは当然です。 何かを我慢することができない、つまり 自分に甘いと思われてしまい、自己管理ができないと判断されてしまうのです。 特に就職活動の面接では、 容姿が判断材料のひとつとなりますので気を付けましょう。 オシャレを楽しめない そもそも自分が着れる服のサイズが少なく、 オシャレが全然楽しめません。 可愛い服をなかなか上手に着こなすことができないので、鏡を見るのも嫌になってしまいます。 自信がもてない デ ブスはマイナス要素であることが多く、 全く自信が持てません。 しかし、自信が持てないことで、そこから 変わろうと努力することができます。 向上心があれば誰でも変わることが可能です。 他人に見下される 人はきれいごとを並べていても、 結局第一印象は容姿で判断します。 デブスに対して持っているイメージ、固定観念で物事を勝手に判断し、見下してきます。 そんな人は相手にしなければいいのですが、 悲しいことにそんな人が多いのも事実です。 恋人ができにくい 「付き合うなら友人に自慢できるような可愛い女性がいい」 男性として、そう願うのはごく自然なことです。 ぽっちゃり体型が好きな男性はいても、 あえてデブスを選ぶ人は少ないでしょう。 合コンでも婚活パーティーでも第一印象は大切です。 ほとんどの人は外見を見てから中身を知っていくので、デブスでいると なかなか恋人ができない傾向にあります。 男にモテないデブスとは?性格の特徴 「デブス」は見た目だけで判断されるわけではありません。 実は大事な要素に性格が関係します。 デブスのブスの部分には、性格が悪いという意味が込められているのです。 性格的なデブスの特徴を解説しましょう。 【消極的デブス】コミュニケーションが苦手 自分の自信のなさから、 人と話をするのが苦手です。 過度に容姿を醜いと思いすぎている場合は、外出もしません。 ますます消極的になる一方です。 【卑屈系デブス】どうせ私なんか・・・ 自分を一番大切にできるのは他ならぬ自分自身なのです。 どうせ私なんか…と言いたくなったらぐっとその言葉を飲み込んでください。 自己否定は自分を暗くするだけです。 【品のないデブス】言動や態度がガサツ デブスは間接的に傷つけられ、自信をなくします。 どうでもよくなった時、言動や態度、生活までもが ガサツでズボラになります。 そうなると異性に対しても意識せず、どう思われてもいいといった 諦めや、開き直りのような行動をとってしまいます。 【押しつけデブス】なんでも人のせいにする 自分が悪くてもそれを 素直に認めることができません。 他人に責任転嫁し、つけ込みます。 仮に相手が美人で性格もいい女性ならば、なおさらひどくなる可能性があります。 【無愛想デブス】まったく笑わない コミュニケーションが苦手なデブスは、 笑顔を出さないのも特徴のひとつです。 期待をするから傷つくのであって、期待さえしなければ傷つくこともありません。 「愛想を振りまくだけ傷つくのでは」という不安な気持ちから、笑わないこともあるでしょう。 どういう心理なの?勘違いデブスエピソード デブスといわれる人たちのなかには、それを危機と捉えていない、 自覚がないタイプがいます。 彼女たちの 心理状態はどうなっているのでしょうか。 勘違いしているデブスのエピソードからひも解いていきましょう。 「私は可愛い」と信じて疑わない 周囲からモテている、 私は可愛いと思い込んでいるタイプのデブスがいます。 それは、ただ単に周りの人たちが優しいだけ、傷つけないように接してくれているだけなのです。 このタイプのデブスは、婚活パーティーに一度参加してみることをおすすめします。 パーティーで 現実を知ることで自覚することができます。 愛されぽっちゃり系だと思い込んでいる ぽっちゃり体型が好きという男性もいます。 そのため、 自分もぽっちゃり系だと信じて疑いません。 しかし、 愛されぽっちゃり系には条件があるのをご存知ですか。 その条件は次のような項目です。 男性に聞いた「ぽっちゃり系のOKライン、NGライン」 【OKライン】• 手を振ると、二の腕がフルフルする• 下っ腹がぷにぷにして、つかめる 二段腹はNG• 太股がムチムチしている• 下着の紐などが少し食い込んで、痕が付く 【NGライン】• ジーンズの上に腹肉がのっている• 二重あご• 足をキレイに組めない• ブラジャーの紐の上に背中の肉がのって、段ができている• gow. asia. 無駄にポジティブ 自分の容姿を顧みず、 ポジティブに明るさでカバーしようとしているタイプです。 デブスであることもギャグやネタにして笑い飛ばしていることでしょう。 一見、幸せなタイプのように思えますが、 そこには計り知れない寂しさや切なさが隠れています。 一人でいる時にふと悲しくなることがあるはずです。 自信家でプライドが高い 一番危ないタイプのデブスです。 自分のことを棚にあげて、周りの人を「動きがとろい」「いびきがうるさい」「汗臭い」など、悪口をいいます。 そんなあなたは 周りから「デブスのくせに」と思われ、敬遠されてしまうこともあるでしょう。 すでにこびりついてしまっているプライドは、なかなか捨てることができません。 周りの反応に気づくこともできないので、 このタイプは厄介です。 他人に厳しく自分に甘い 他人に厳しくしますが自分にとても甘いので、 言葉に説得力がありません。 それは信用にも関わることですので、 周囲の人たちは次第にあなたから離れていきます。 大切な友達を失ってしまうことにもなりかねません。 【改善法】モテないデブスの婚活までの一歩 デブスでいれば、婚活は困難を極めることになるでしょう。 幸せな恋愛ができるよう、 今の自分を改善していく努力が必要です。 まず自分のことを好きになる デブスの人は、 まず自分を好きになることから始めましょう。 自分の嫌な部分を見すぎていて、良いところなんて一つもないという感覚に陥っていてはいけません。 あなたの良いところはたくさんあるはずです。 紙に書き出して、アウトプットするのがおすすめです。 相手のいいところ探しをする デブスは妬みや嫉妬の気持ちから、 相手のダメなところに非常に敏感です。 男性だけではなく、 誰と接するときにもいいところを探す訓練をしていきましょう。 相手のよい部分を見つけたなら、「こういうところ素敵だね」と伝えてあげてください。 褒められて嫌な気持ちになる人はいません。 どんどん伝えていきましょう。 きっと相手もあなたのいいところを、見つけてくれるようになります。 ダイエット・筋トレを続ける 無理をせずマイペースに 運動を習慣化していきましょう。 太っているので、ランニングのような運動は膝や腰に負担がかかり不向きです。 負担の少ない水泳やウォーキングがおすすめです。 まずは習慣化を目標に、運動を継続してみてください。 自分に似合う服装・化粧を研究する 普段ズボラな格好に化粧は一切せず、スッピンという人もいるでしょう。 あなたに似合う服装、化粧は必ずあります。 ぜひ研究してみてください。 コーディネートのプロ、 メイクのプロに一度依頼してみるのも得策です。 プロの視点から色々と教えてくれるので、自分に似合うファッション、メイクを確立し、 激変することが可能となります。 積極的・ポジティブ思考になる 何事においても、待っていたり内にこもっていてはいけません。 行動に移さなければ、何も得るものがないからです。 どんどんお化粧や運動、エステなど積極的にチャレンジしていくべきです。 まずは自信をつけて ポジティブ思考に繋げていきましょう。 見違えるほど可愛くなる!デブスが似合う髪型 太っていると顔が大きく見えて、なかなか似合う髪型を見つけることができません。 ここでは、 印象も良く可愛く見せることができる髪型を紹介しましょう。 ミディアムヘア 肩より少し下までの長さのこと「ミディアムヘア」といいます。 ミディアムヘアには、• 顔の骨格を隠せる• 体型をカバーできる• 小顔効果• 可愛い印象を与える という 利点があります。 これより長いと重い雰囲気になり、 逆に短いとカバーできる範囲が狭まるため、太って見られやすくなります。 ほどよく明るいブラウンカラー 第一印象で好印象を得るには、明るいイメージを与えることが大切です。 そこでおすすめなヘアカラーが、 ほどよく明るいブラウンカラーです。 明るすぎないブラウンカラーは、 明るい印象を与えるうえに、清潔感を醸し出すことがでます。 黒髪も真面目で誠実そうな印象を与える反面、重たさや暗さも与えてしまうので、ベストな選択とはいえません。 前髪を作る 前髪をつくることで、顔を小さく見せます。 顏の出る範囲を狭くするため、 小顔効果が期待できます。 デブスを卒業して素敵な恋人をGET! デブスを卒業する決心がついたものの、今日明日で変身できるわけでもないし、モチベーションがキープできるとも限りません。 そんなとき、 モチベーションになってくれる彼がいたら…応援してくれる彼がいたら…なんて思いますよね。 ぜひ、そんなあなたにおすすめしたいのがマッチングアプリです。 累計会員数2000万を超える「 ハッピーメール」だからこそ、きっと見つかるぴったりの人。 あなただけの 理想の恋人を探してみませんか? もうデブスとはいわせない!自信をつけて素敵な恋をしよう デブスは外見だけで認定されるものではありません。 言い訳したり、嫉妬したり、卑屈になったり…。 このような 内面のマイナス要素が、外見にも現れ「デブス」認定を受けている可能性があります。 自分を信じて改善して、成功体験を積み重ねていきましょう。 恋も、結婚だって夢ではありません。 自信をつけてステキな彼氏をゲットしましょう。

次の

デブスの特徴13個!モテるデブスの恋愛・婚活術&メイクや髪型のポイント

デブスの婚活

美人や可愛い女子を羨ましいと思うこともあるでしょうね。 結婚相談所でも写真で蹴られる 自分はいいなと思った男性に即アプローチ!しかし仲人さんから返ってきた答えは「今回はご縁がなかった様で」の一言。 「え?」それって、「今回も」じゃないの?と断れられる回数も断続的であり、ガッカリしてしまうなんてことはありませんか? 結婚相談所でもプロフィールに体重の項目があり、自分は恥ずかしくて「体重を書きたくない…」なんて気持ちになる婚活女性も少なくはないです。 だからと言って、軽めの体重を書いて、いざ会った時には「イメージと全然違う」だなんて言われたら後の祭り。 デブスアラフォー婚活女子にはまだまだ厳しい門を経験しているのではないでしょうか。 ただし、写真で一瞬で判断されてしまう、また逆に女性達も判断しているのは事実です。 婚活パーティーでも声をかけられない それでも婚活を頑張ろうと心を鬼にして婚活パーティーへ参加してみると、やっぱり人気な女子の周りにはたくさんの男性達が群がり、自分はポツンとお一人さま状態。 勇気を出して、輪に入ると最初は「初めまして」と声をかけてくれるのに、会話が続かず、挙げ句の果てには沈黙。 気がついたら、空気の存在になっていて、料理だけをむしゃむしゃ食べる自分がいた。 なんて経験はないですか? そんな自分を全否定された様な気持ちになり、また帰宅したら暴飲暴食なんてパターン、うまくいかない婚活ではあるあるパターンですね。 一つ一つ習得できると現実世界が変わっていきます。 勿論、これを読んでいるあなただって結婚は夢ではないんですよ! 今の自分を受け入れる デブスアラフォー婚活でも結婚するには、今の自分を受け入れることが大事です。 自分が自分を嫌いだとそんな自分を相手に好きになってもらうのは難しいのです。 ですから、まずは誰よりもあなた自信が自分を好きになり、今の自分を受け入れてあげることをしましょう。 デブな自分も一旦は受け入れましょう。 ブスだって自分がブスだと思いこんでいるのでしょうが、世の中にはあなたよりももっともっと事故や先天性的に持って生まれた容姿の人は沢山います。 生きたくても生きられない人も多く世の中にはいます。 年齢を重ねることができた、アラフォーになれた自分を褒めてあげましょう。 自分を卑下せずに、鏡の前の自分を「今の自分も素敵だよ」「私には価値がある」とあなたが伝えてあげましょう。 男性にはない女性らしさ、スカートなどが魅力的に写ります。 おすすめ! 婚活がまずは結婚相談所だったり、婚活アプリからの場合には、写真には最善の注意を払ってください。 しています。 男性に好かれるコミュニケーションを身につける デブスアラフォー婚活でも結婚するには、やっぱりなんと言ってもコミュニケーションスキルが必要です。 相手の男性が興味がある話を中心として聞くコミュニケーションを取りましょう。 どんな仕事をしているのか、どんな趣味を持っているのか、何に情熱を持っているのかということを相手の男性から聞き出し相手を楽しませるコミュニケーションをとることを心がけましょう。 どんなに美人でも可愛くても見てくれは一夜だけのもの。 あなたが相手の男性を楽しませ心から喜ばせることができるなら、美人でも可愛い女性でも誰よりも相手の男性はあなたを選んでくれるでしょう。 これは何故起きるかというと、見た目だけでは相手の心が掴めないという側面も写し出しているのです。 ですから、あなたがこれからデブスアラフォー婚活でも幸せな結婚相手を手に入れる為には絶対的にコミュニケーションスキルを学ぶべき課題なのです。 そうなんですね。 ダメ元でもまず行動 デブスアラフォー婚活で結婚をする為には、諦めてはいけません。 迷ったら「進む」を選択してみましょう。 勿論、立ち止まることもあるでしょうが、立ち止まったらまた「進む」を選択するのです。 すると、どんな結果がであっても結果は出てくるものです。 そして、「あなたがどんな未来が欲しいのか?」と自分に問いかけて、「その未来を手に入れる為にはどうしたらいいのか?」という視点に立って婚活をしましょう。 自分でどうしたらいいのかがわからない時には、専門家に相談するのも早道です。 諦めてしまっては、今の独身をずっと継続することになり、歳をどんどんとっていくだけということを理解しましょう。 コミュニケーション活動のことです よく皆さんは婚活を頑張っている様ですが、婚活だと「すぐにでも結婚相手を条件に合う人を探さなければ」と思っているのではないでしょうか。 それを、コミュニケーション活動とすると会話を楽しむ、人と成りを知るといった活動に変換するのです。 すると、自然と焦りもなくなり「この男性はこんな考えを持っているんだ〜」「もっと会話をして相手の事を知りたいな、知ってから自分のことも理解してもらおう」となっていきます。 婚活という言葉は世の中に蔓延してから、女性にとって焦りも加速したのではと私は考えています。 もっとおおらかに、そして相手を知ることから初めても良いのではないでしょうか。 デブスアラフォーが婚活を成功させた声 さて、デブスアラフォー婚活でも結婚を手に入れた女性たちの声を一部ご紹介致します。 あなたもこれを読んで諦めずに婚活を再スタートしませんか?.

次の

婚活中にブスに当たってしまったときの失礼にならないやり過ごし方とは?

デブスの婚活

太っている女性でも結婚している人も恋愛している人はいます。 痩せている人が婚活で苦戦しているな中、太っているけど婚活が順調な人がいたり、彼氏がずっと途切れたことがないという女性もいます。 太っていることと、婚活や恋愛がうまくいく・いかない、モテないことはあまり関係がありません。 デブスと言われる人は、太っている上にブサイクで、性格に問題があるためにモテません。 太っている人でも、太っていることをマイナスだと考えず、ポジティブに毎日過ごす人は一緒にいても楽しい場合が多いのです。 そのため、太っていても性格が良ければ「デブス」とは言われません。 「太っているからデブスと言われても仕方ない」のではなく、デブスと言われるのは、太っていること以外にも原因があるのです。 デブスの人は、自分の殻にこもりやすいので、人とのコミュニケーションが得意ではありません。 相手が純粋にほめてくれたことでも「裏があるのではないか」「嫌味に決まってる」と間違った考えを持ってしまいます。 そのため、相手の好意を素直に受け取ることができず、いつもこじれたコミュニケーションを取ってしまいます。 仕事で必要なので同期全員と「LINEを交換しよう」「LINEグループに入ってほしい」と言われているのに「私、よっぽど仲が良くないとLINE交換しないんで」と言って、みんなを困らせたり、食事会などの出欠を尋ねられているだけなのに、返事をせずにスルーしたまま無視します。 周りの人がどんな気持ちになるかを考えずに、自分勝手にコミュニケーションを取るのを止めてしまうのです。 料理でも人への優しさでも、髪型へのこだわりでも何でもいいので、「女性らしい」と男性が感じるポイントを磨いていきましょう。 ガーデニングやハンドメイド、やりすぎない程度に好きなキャラクターのグッズを集めるのも効果的です。 この場合は、なるべく男性がやらないことを行いましょう。 逆に、グロいものや男らしい趣味は、どんなに好きでも男性には見せないことをおすすめします。 「料理が好きだから、お菓子作ってきたよ」「この間ポーチを作ったんだけど、変かな?」など、さりげなく女性らしさをアピールしてみましょう。 今までは女性として認識してくれなかった男性でも、女性らしい一面を知ると、あなたへの認識が一気に好転するきっかけになります。

次の