コールセンター から 事務 転職。 コールセンターでの業務経験がある方必見!自己PRの書き方

ギリギリ不採用のワケ:人事担当者に聞く~書類・Webからの応募編|女性の求人・転職なら【とらばーゆ】

コールセンター から 事務 転職

一般事務の志望動機のポイント ポイント1:「なぜ、貴社なのか」を明確にする 将来を考え、派遣社員からの転身を志す人が多い一般事務。 その結果、「正社員になりたいから」「産休、育休制度が充実しているから」など、 どの会社にも言えるような志望動機の人が非常に多いですが、それでは採用にはつながりません。 「自分がこの会社の一員になったら、クライアントやカスタマー、社内メンバーにどんなメリットを与えられるか」を想像して、「このように力を発揮できる」と具体的にアピールしましょう。 ポイント2:「求める人材像」をリサーチし、ファクトとともに伝える ポイント1の方法が難しければ、企業ホームページなどで「求める人材像」などをチェックし、それに沿って志望動機を考えましょう。 特に一般事務は、正社員としての採用枠が少なく狭き門であるため、他の応募者や派遣社員と差別化を図るためにも「オリジナリティある志望動機」がカギになります。 お勧めは、 リクナビなど就活サイトの募集広告。 社長が会社の事業方針や求める人材像を具体的に語っていたり、先輩社員のメッセージが載っていたりと、学生にも理解しやすいよう丁寧に作られているので、自分との共通項や、共感するポイントが見つけやすいというメリットがあります。 一般事務経験者の場合の志望動機例 一般事務の具体的な志望動機の例文をご紹介します。 営業事務経験者は自身の経験を具体的に伝えた上で、その経験・スキルが、応募しているポジションでどのように活かせるのかを、募集内容をよく読み、入社後の活躍イメージを意識しながら伝えるようにしましょう。 一般事務の志望動機の例文1 機械メーカーで一般事務を担当してきましたが、もっと身近な存在である一般消費財を扱う会社で、自社商品に思い入れを持って仕事がしたいと転職を決意。 これまでの経験からWord、ExcelなどのPCスキルはもちろん、誰に対しても明るく接し、相手の要求を即座に理解して迅速に対応することに自信を持っています。 業務を依頼しやすいよう、話しかけられやすい雰囲気作りにも注力しています。 また、自身の業務範囲を固定せず、自らやるべきことを見つけ、能動的にこなしてきたという自負もあります。 将来的には事務職のエキスパートとなれるよう頑張りますので、よろしくお願い致します。 一般事務の志望動機の例文2 派遣社員として5年間、さまざまな会社で事務業務を担当してきました。 Word、ExcelなどのPCスキルを積み、どのようにしたらもっと効率よく効果があげられるかを常に考え、行動し続けてきました。 そのため、どの会社でも高い評価をいただいてきましたが、どうしても派遣社員は任される業務の範囲が限られており、自ら課題を発見してその解消に動きたい、責任ある業務を任されスキルアップしたいとの思いが強まり、貴社を志望いたしました。 貴社においては、役割や立場に関係なく、全社員が会社の成長という目標のために、責任を持って自身の業務に取り組んでいるとホームページで拝見しました。 私もぜひその一員となり、会社の成長を事務部門から牽引したいと考えております。 未経験やキャリアが浅い場合の志望動機例 前職で携わった事務的な業務とPCスキルを明記して、事務適性や意欲をアピールしましょう。 「何となく一般事務、楽な仕事がしたいから一般事務」と言う印象を与えないよう、「なぜ一般事務を目指すのか」という明確な理由も併せて伝えましょう。 一般事務の志望動機の例文 前職では、コールセンターでお客様からのシステム分野の問い合わせ対応を担当していました。 この経験を活かし、今度は社外のみならず社内外の幅広い人々を事務の立場からサポートしたいと考え、志望いたしました。 お客様一人ひとりのニーズを素早く察知し、先回りしながらベストなアドバイスを心掛けていた経験は、多くの部署からの要望を受けとめて臨機応変かつ迅速に事務処理していく事務職においても、大いに活かせると思っています。 以前から貴社のサービスを長年愛用しているので、事務業務を通じて貴社のさらなる成長に貢献したいと強く願っています。

次の

コールセンター勤務から事務職に転職。26歳年収350万女性にインタビュー。

コールセンター から 事務 転職

その1 未経験から事務職を目指す際の志望動機の書き方 未経験から事務職を目指す方が志望動機を作成する際に大きなポイントとなるのは、これまでの経験と応募する仕事との「共通項」を見出すということ。 どんな仕事でも求められる、共通のスキルや経験があります。 例えばファーストフード店で接客販売の仕事をしていた場合。 接客販売で必要なスキルといえば、多くのお客様に対して笑顔で「いらっしゃいませ!」と話せる基本的な挨拶をはじめ「お飲み物はどのようなものがよろしいですか?」など円滑なコミュニケーションができることです。 加えて、「このメニューは低カロリーで塩分が少ないので、健康を気にされている方にも大好評ですよ」など、お客様の立場に立って物事を考え、適切なアドバイスやサービスを提供できるという「思いやり」も重要な要素。 こうした「 コミュニケーション力」「 相手に対して配慮をしながら一歩先を読み、行動できる力」は、事務職でも大いに活かせるスキルなのです。 部門のメンバーをはじめとして、他部門とも意思疎通を図りながら滞りなく普段の業務を遂行し、周囲をサポートすることが多い事務職は、事務経験やPCスキルだけでなく、前述した「コミュニケーション力」「相手に対して配慮をしながら一歩先を読み、行動できる力」が求められます。 そこで、前職で培った経験スキルを証明するエピソードを織り交ぜながら、事務職でも必ず活かせることをアピールしてみましょう。 それに加えて「Excelのピボットテーブルの使い方を勉強中」など現在進行形で、事務職に活かせるスキルを学んでいることがあれば、それもぜひアピールしましょう。 前職では法人営業を1年ほど経験しましたが、その時に培った相手とのコミュニケーション力や交渉・調整力は、事務職においてもきっと役立つと思っています。 特に御社のような大きな組織体制で運営している企業においては、各部署との調整が重要になると思いますので、これまでの経験を存分に発揮することで御社の成長に貢献できたら幸いです。 お客様一人ひとりのニーズを素早く察知し、先回りしながらベストなアドバイスを心掛けていた経験は、多くの部署からの要望を受けとめて臨機応変かつ迅速に事務処理していく事務職においても、大いに活かせると思っています。 元々御社のサービスを長年愛用しているので、事務業務を通じて御社のさらなる成長に貢献したいと強く願っています。 その2 事務職経験者が転職する場合の志望動機の書き方 事務職経験者が同じ事務職を志望する場合、一般的にはこれまで担当してきた事務職の業務内容を中心に整理しながら、応募企業でも即戦力となって同じような業務ができることを伝えます。 その際、重要なポイントの一つが応募企業の求人情報を読み込むこと。 「社員数」「売上額」「組織構成」「取引先業種・企業」といった点を、前職の会社と比較してみることで、同じ事務職でも求められる役割や業務内容が異なってきます。 わかりやすい例を挙げると、 前職在籍企業:従業員1000名以上の大企業の経理部の一般職として入社する場合、基本的な伝票処理や日次決算処理などの細かい作業が中心 応募先企業:従業員10名のベンチャー企業の事務職として入社する場合、経理のサポート業務を中心に、総務・人事・採用・営業事務・経営企画まで幅広いバックオフィス業務を担当 このように、企業規模だけで比較してみても、業務内容や役割が大きく異なるケースがあります。 そのため、同じ「事務職」でもこれまでの経験との「共通項」と「全く異なるポイント」を整理しながら、効果的な志望動機を考える必要があります。 なお、同じ事務職としてアピールできるポイントは、事務処理などの業務に直結するものや、目に見える具体的な成果を出したものだけではありません。 自分自身ではあまり評価していないことでも、「採用担当者や周りから見ると高く評価されるスキルや経験」もあります。 例を挙げると、• 「英語を話せるわけではないけれど、簡単な英文メールが読み書きできて、海外の営業拠点と事務手続きに関するやり取りを何年かしていた」• 「取引先100社からの商品発注処理を一人で担当していた」• 「営業が簡単に見積書を作成できるような簡単なツールを自ら企画~社内の技術メンバーに協力してもらって完成・導入したことで、業務効率がアップした」• 「上司の指示やアドバイスを常にメモ書きして忘れないようにすることで、日々の業務に役立てていた」 など、どんな些細で地味なことでも、相手にとって役に立つことを自分が考え実現した経験や、日々努力していたこと。 また大きなミスなく、円滑に日々の業務を推進していたことなどあれば、遠慮なくアピールするべきです。 また素早く正確に業務を処理し、どのようにしたらもっと効率よく効果があげられるかを常に考え、行動するように心がけています。 そのために必要な勉強に対する努力も惜しみません。 今後、事務職のエキスパートとなれるよう頑張りますので、よろしくお願い致します。 前職の不動産会社の事務職では、賃貸契約書作成をはじめ、営業事務サポート全般を広く担当していたので、御社のデザイナーハウスの契約~その後のフォローにおいて、これまでの経験を存分に発揮できると思います。 現在は宅建の資格取得に向けて勉強中。 その知識を活かして、御社の成長に深く貢献していきたいと思っています。

次の

コールセンターでの仕事は転職に有利になるか質問です。

コールセンター から 事務 転職

求人情報を見ていると、必ずと言っていいほど「コールセンター」の募集が目にとまりますよね。 コールセンターの募集では、「未経験者OK!」「高時給!」なんてキーワードもよく見かけるのではないでしょうか? コールセンターは電話の仕事でしょ?っていうことは漠然とわかってはいても、 「実際にはどんな仕事なんだろう?」 「自分にもできる仕事なのかな?」 と思ったことはありませんか? 「電話の仕事」ということから敬遠されがちな、コールセンターの仕事ですが、一言で「電話」と言っても、その仕事内容はさまざまです。 ここからは、コールセンターで13年間働いていた私が「コールセンターのお仕事とは」ということをご説明します。 これを読めば、コールセンターの仕事内容と難易度がわかります。 また、実際にコールセンターの仕事に就いたときにギャップを感じず働けるよう、面接のときに確認しておいたほうがいいことも合わせて説明しますね。 コールセンターの仕事は大きく分けると 「インバウンド(受信)」「アウトバウンド(発信)」「事務作業」の3つの仕事があります。 それぞれについて詳しく説明しますね! インバウンド(受信)の代表的なお仕事4つ インバウンドとはかかってきた電話に応対するお仕事です。 コールセンターの仕事の7割はインバウンドですが、そのインバウンドにもさまざまな内容があり、難易度もそれぞれ違います。 ここではインバウンドの代表的な4つの仕事内容について、詳しく説明します。 顧客から注文内容を聞き、専用システムに入力していきます。 注文商品、個数、配送先などをミスなく確実に聞き取ることが必要です。 入会申込みの場合は、入会に必要な情報を聞いて専用システムに入力します。 退会希望の場合は、登録情報や退会の理由を聞きますが、企業によっては引き留めまですることもあります。 対象商品の使い方を、マニュアルに基づいて顧客に伝えます。 顧客がどの商品を使いたいのか?どこでつまずいているのか?といった点を把握し、疑問が解消したり商品を使えるようになるところまでサポートする必要があるため、難易度は少し高めです。 難易度は、カバーする商品の数や、商品の性質によって異なります。 例えば、対応する商品数が少ないようなケースでは難易度は低く、パソコンなどの使い方をサポートするような場合は難易度が上がります。 どの商品がいつどのような状態になったかということを聞き取って専用システムに入力し、修理会社へ修理依頼のデータを送ります。 作業の難易度は高くありませんが、顧客にとっては商品が使えなくなってしまったということで、クレームに発展しやすい内容の業務です。 インバウンドのまとめ このように、同じインバウンドでも受ける電話の内容には違いがあり、難易度はさまざまです。 インバウンドの業務に就く際には「誰から、どのような内容の電話を受け付ける仕事なのか」を詳しく聞いておきましょう。 なお、難易度と時給は比例すると考えるとわかりやすいです。 クレームの多い仕事やパソコンなどの専門知識が必要とされる仕事は難易度も高く、時給も高い場合がほとんどです。 コールセンター初心者は、まずは難易度の低い注文受付からはじめて、徐々に難易度の高い問い合わせ業務に対応していくような段階を踏むとスムーズです。 アウトバウンド(発信)の代表的なお仕事3つ アウトバウンドとは、企業から提供される何らかのリストに基づきこちらから電話をかけるお仕事です。 アウトバウンドと聞くと、どうしても「営業系」の仕事を思い浮かべがちですが、アウトバウンドにもさまざまな種類があります。 ほかには、家具や家電などの大きなもののお届け前に宅配会社から「本日の〇時から〇時の間にお伺いします」と訪問時間を確認するアウトバウンドなどもあります。 あくまでも確認の電話なので、アウトバウンドの中でも一番難易度の低いものです。 確認系アウトバウンドの仕事は、意外と多くあります。 しかし、営業電話といっても、営業をかけるリストによってその難易度はさまざまです。 例えば一度商品を購入した顧客に「もう一度購入しませんか?」と聞くような仕事は営業電話の中でも難易度は低いほうです。 一方で、商品のことを何も知らない方にいきなり電話をかけて「こういう商品はいかがですか?」と商品を勧めるような仕事は、ガチャ切りなど冷たい対応をされることも多く、非常に難易度が高いです。 どのようななリストに電話するのか?営業する商品は何なのか?それは高額なのか、低価格なのか?といったように、電話をかけるリストと商品の性質によって難易度がだいぶ変わってきます。 電話の目的は「遅延している事実を伝えること」「入金予定日を聞くこと」であり、取り立てをすることは法律で禁止されているので、無理やり入金させるような仕事ではありません。 そのため、難易度は意外と低いですが、センシティブな内容だけにクレームに発展しやすいといえます。 アウトバウンドのまとめ 一見敬遠されがちなアウトバウンドですが、 確認系アウトバウンドであればインバウンドより難易度も低く対応しやすい場合もあります。 アウトバウンドの業務に就く前には、「どのようなリストに、どういった内容の電話をかけるのか?」ということを詳しく聞きましょう。 もし営業系アウトバウンドであれば「誰にどのような商品を勧めるのか」が重要になってきますので、「電話をかけるのはどのようなリストなのか?」「営業する商品は何か?」「どのような価格帯の商品なのか?」「どのくらい売れるものなのか?」といったことを細かく確認しておくようにしましょう。 アウトバウンドの仕事は、一般的に時給が高いものが多いですが、インバウンドと同様、難易度が高いものが時給が高い傾向にあります。 また営業系アウトバウンドの仕事では、成績によって報奨金などのインセンティブが出ることも多くあります。 インセンティブ制度がある仕事では、どのような条件でどのようなインセンティブをもらうことができるか、時給と合わせてあらかじめ確認しておきましょう。 事務系のお仕事 コールセンターで、電話対応以外に必ずと言っていいほどある仕事が、 「電話対応に関連する事務作業」です。 例えば、通信販売の注文の受付方法が「電話」「インターネット」「FAX」「はがき」とされているケースでは、 「インターネット」「FAX」「はがき」による注文を処理する仕事というものがあります。 そこでは、注文内容の入力や、届いたFAXやはがきの整理などの事務作業がメインの仕事です。 コールセンターの中でも、事務系の仕事は人気が高いので、電話業務に比べて経験者が優遇されることが多いです。 コールセンターの仕事内容のまとめ コールセンターの仕事内容について、イメージしていただけましたか? コールセンターの仕事は、難易度が低いものから高いものまでさまざまで、難易度の低い仕事では未経験者が多く採用されます。 そういった仕事では、コールセンターや事務職の経験がなくても、採用される確率はとても高いです。 未経験者の方がコールセンターの仕事に興味を持った場合には、「誰に(どのようなリストに)」「どのような内容の」「電話をかけるのか?かかってくるのか?」といったことを詳しく聞いておくと、実際に入社してからもギャップを感じることなく働くことができるでしょう。 コールセンターは、未経験の方でも働きやすい職場です。 興味を持ったらぜひ応募してみてください!.

次の