スキニー ギニア ピッグ。 ブタのようにも見える奇妙なモルモット「スキニーギニアピッグ」の特徴と飼い方

スキニーギニアピッグ|里親募集|ジモティー

スキニー ギニア ピッグ

スポンサーリンク 大きさや寿命 出典:• 目属性科:ゲッ歯目 テンジクネズミ科 テンジクネズミ属• 原産国:モルモットの人工交配種のため野生では生息はしていません• 体長:オス/メス 15~25cm• 体重:オス 900~1200g/メス 700~900g• 寿命:5年〜10年と言われていまが、実際には4,5年ほど 大きさや重さは普通のモルモットと同じです。 とっても触り心地の良い肌の持ち主で、優しく抱っこした時の温もりとプニプニ感を味わってください。 このスキニーギニアピッグの可愛らしさがわかると思います。 販売価格 ペットショップでの価格はだいたい 2万〜5万円。 普通のモルモットが数千円ですので非常に高価です。 現在ペットショップなどは、ほとんどオスのみの販売となっています。 メスはブリーダーさん以外手に入れることが難しようです。 メスの販売価格はオスの比ではなくとても高価になっているのが現状です。 繁殖をさせたくても相手がいない状態です。 もし繁殖できる環境であれば、モルモットと同様に一度に2〜4匹産みます。 気になるにおい 出典: 毛のあるモルモットはおしっこなどが毛に付き匂いがしてくるといいますが、そういった点ではスキニーギニアピッグは毛がないので身体からの匂いは少ないようです。 人の臭覚はそれぞれ違うので臭わないという人もあれば臭いという人もいます。 少なからずペットショップぐらいの動物臭はすると思ってください。 あと排泄物をこまめに掃除すれば匂いという観点では抑えられそうです。 性格 性格は臆病で警戒心も強く、ちょっとした物音にも敏感です。 お家にお迎えした日は環境に慣れるためにもそっとしておいてあげてください。 ハムスターよりおっとりしているので、環境にゆっくりとなれていけばよくなつき、噛みません。 飼い主さんの手から餌をあげると慣れるのも早いようですが、ストレスも感じやすくなるのでゆっくりと地道に慣らしていく方が良さそうです。 このスキニーギニアピッグは鳴き声でコミュニケーションをとれる動物なので、寂しい時や人恋しい時は自ら鳴いて呼んだりします。 鳴き声は個体差によりますが、小さな体の割に大きな声で鳴くこともあります。 お腹が減った時も鳴いちゃいます。 鳴き声は「キュルキュル」「ぷえぷえ」など表現しにくいですが、かわいい高い声です。 スキニーギニアピッグの飼い方 出典: スポンサーリンク 飼育環境 普通のモルモット用ゲージなどで大丈夫ですがお留守番の時間が多い子などはプラスチック製のケースの方が室内温度調節がしやすいかもしれません。 普通のモルモット同様にウンチはポロポロとたくさんします。 おしっこの量も多いのでペットシートをひき、こまめに変えてあげれば匂いはあまり気にならないと思います。 もしゲージ選びに迷ったら、排泄物の始末が楽なものを選びましょう。 毎日の処理が面倒くさいと怠ってしまいがちになります。 そして匂いも出る。 嫌になる。 悪循環になってしまいます。 不潔にしていると足からすぐバイ菌がはいり、腫れ上がってしまいます。 寒さにはとっても弱いのでペットヒーターや、ゲージの周りをブランケットなどの暖かい素材で囲うなどの寒さ対策は万全にしてあげましょう。 餌の与え方 出典: 通常のモルモットの餌で大丈夫ですがいっぱい食べます。 ただ、体内でビタミンを作りにくい体質なので野菜や小動物用のドライフルーツなども食べさせてあげてください。 ビタミンが足りないと体の抵抗力が落ちて病気や怪我をしやすくなり、悪化しやすくなってしまいます。 普通のモルモットより大喰らいなのは、体温維持のためです。 毛がないので体内でずっと燃やし続けています。 病気や怪我 肌を守ってくれる毛がないですので皮膚炎や感染症(人で言う水虫みたいなもの)になりやすいです。 ぬるめのお風呂や、お湯に浸し軽く絞ったタオルで拭いて身体を清潔に保つようにしましょう。 足の裏の怪我や皮膚トラブルにも注意が必要です。 ゲージ内外で怪我のないようにしてあげましょう。 そしてお肌が乾燥しやすいので保湿クリームなどのお肌ケアをしてあげるとむちむち、ぷにぷに、かわいさ倍増です。 飼育で気を付けること 出典: 普通のモルモットやハムスター同様に飼育可能です。 ただ鳴き声が大きい個体もいるのでペット不可の集合住宅では難しい場合もあります。 畳はかじる恐れがありますのでご注意ください。 まれにアレルギー反応を起こす人がいますので飼う前にはペットショップ等で触れさせていただいた方が良いかもしれません。 最後に 犬が飼いたいけど環境的に飼えずスキニーギニアピッグにたどり着く方もいるようですが、小動物の知能では犬猫のようにはいきません。 「なつく」と言っても人を怖がらず呼べば近寄ってくる程度です。 もちろん飼い主さんと過ごす時間がいちばん幸せだと感じてくれるでしょう。 ですが過度の期待は禁物です。

次の

スキニーギニアピッグ

スキニー ギニア ピッグ

スキニーギニアピッグについて スキニーギニアピッグは、1970年代に、ある研究室で起きた突然変異によって誕生しました。 これらの体毛の少ないモルモットは、 後にペットとして飼われ、繁殖されるようになり、今日最もユニークなモルモットの種類へと定着しました。 3匹のメスのスキニーギニアピッグ スキニーギニアピッグといわれる所以 スキニーギニアピッグには、体毛が顔と足の先に生えています。 その部分以外、通常は毛がない状態で生まれてきますが、たまに他の部分にも毛がある状態で生まれてき、 数週間たつと抜けていきます。 スキニーギニアピッグの体毛の色は様々で、有毛モルモットのように、模様もあります。 「スキニーギニアピッグ」といわれる所以は、通常のモルモットの首や肩の部分に見られる、脂肪沈着がほとんどない為です。 なぜ体毛がないの? スキニーギニアピッグは、ほぼ毛が無いという特有の形式を遺伝させる劣性の遺伝子を2つ持っています。 他の種類のモルモットと交配させた場合、毛が生えている子供が生まれるますが、無毛になる遺伝子を受け継いでいます。 これらのスキニーヘテロは、他のスキニーギニアピッグかスキニーヘテロと交配させた場合、スキニーギニアピッグが生まれる可能性があります。 親がスキニーギニアピッグ同士での繁殖はスキニーギニアピッグの子供のみが産まれますが、他の品種と頻繁に異系交配することによって、 遺伝に多様性を持たせ血統を強くさせることができます。 スキニーギニアピッグ遺伝子が十分に発揮されない結果、 「ウェアウルフ」は「体毛が少なめの」モルモットとなり、 頭や肩に余分な毛が生え、個体によってはお尻にまで毛が生える子もいます。 健康状態はいい? はい!スキニーギニアピッグは他のモルモット同様に健康的です。 寿命は通常の長さで、過度な近親交配させない限り、遺伝病の確率も通常と変わりありません。 スキニーギニアピッグは寒すぎも暑すぎもない温度を保った、室内で飼うのが最適で、直接の日光や冷たい隙間風から保護する必要があります。 体毛のないギニアピッグはどれも「スキニーギニアピッグ」? 違います!他に関連のない、「ボールドウィン」という種類のギニアピッグがいます。 これらの種類のスキニーギニアピッグは、生まれた時は毛に覆われておりますが、 すぐに落ちていき、完全に無毛になっていきます。 「ボールドウィン」を無毛にさせる遺伝と、スキニーギニアピッグを無毛にさせる遺伝は、お互い異なるため、 これらを交配させても無毛の赤ちゃんは生まれません。 両方の種類は、小さい遺伝子プールから突然変異によって生まれてきた為、 「ボールドウィン」とスキニーギニアピッグの交配はお勧めできません。 ボールドウィンモルモット 生後 31日。 ボールドウィンモルモット 生後61日。 身体に多少の毛が残っているぐらいです。 スキニーギニアピッグは低アレルギー性ですか? アレルギーの原因となるのは、ほぼ動物のフケによるものです。 スキニーギニアピッグは毛の生えているモルモットと同様に皮膚があるので、 フケが原因のアレルギーの方にはアレルギーを引き起こす原因となります。 しかし、毛にアレルギー反応を示す方の場合は、 スキニーギニアピッグはアレルギーの出る可能性の少ない可愛いペットとなるでしょう。 もし毛の生えているモルモットにアレルギーがあるけれども、 その正確な原因を知らない場合には、スキニーギニアピッグと過ごしてみると、ご自分のアレルギーの原因が皮膚なのか毛なのか分かるかもしれません。

次の

スキニーギニアピッグの正しい飼い方や性格・寿命・歴史を解説

スキニー ギニア ピッグ

Sponsored Link スキニーギニアピッグの名前の由来 ブタの一種のように見えることから名前が付けられたといわれています。 スキニーギニアピッグの歴史 スキニーギニアピッグにはどのような歴史はがあるのでしょうか? 1978年にモントリオールのInstitut Armand Frappier IAF で発見されました。 スキニーギニアピッグの性格や特徴 スキニーギニアピッグには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。 それぞれの性格や特徴をきちんと知っておくことでペットが長生きし(寿命が延び)、一緒に過ごせる大切な時間が増えることにも繋がります。 外見はミニブタに似ていて、鼻先と足に縮毛が少々残るタイプと、体全体が無毛で毛がないタイプの2種類があります。 体毛がないため、まるで小型のミニブタのような外見がとても可愛く、体は暖かく抱き心地の良さからもペットとして人気があます。 また家族に喘息などの病気がある家庭でも人気があります。 スキニーモルモット自身は、体内でビタミンを作り出しにくいため、ストレスや病気になりやすく、皮膚病にかかりやすいため気をつけましょう。 また、寒さや暑さも苦手です。 もちろん体毛が無いため、ブラッシングの必要はありません。 穏やかでおとなしく、臆病な反面、好奇心が旺盛で感受性が強い面があります。 もともと原種が草食動物であり、外的から身を守るために群れで行動していました。 故に警戒心が強く穴の中や物陰に隠れて過ごす習性が残っています。 些細な物音ですぐに起きてしまいます。 スキニーギニアピッグの毛色 スキニーギニアピッグの毛の色や柄はこんな種類があります。 ブラック、ピンク、ブラウンとブラックの班模様 スキニーギニアピッグに似ているのは? スキニーギニアピッグに似ている種類のペットはこちら! 現在調査中 Sponsored Link スキニーギニアピッグの飼い方としつけ方 種類によって適している飼い方やしつけ方は様々です。 室内で飼う方が適しているペットもいれば、逆に屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせるペットもいます。 もちろん、性格によってしつけ方も全く変わってきます。 スキニーギニアピッグに合わせた飼い方・しつけ方を解説します。 スキニーギニアピッグの飼育は普通のモルモットと変わりありません。 しかし、臆病で警戒心がとても強く、周囲の音がストレスになる事があるので、飼育するケージの置き場所は出来る限り静かな所を選びましょう。 飼育する上で気をつけなければいけないことは、スキニーギニアピッグは毛がないので、肌の乾燥や汚れに注意しましょう。 ゲージはこまめに掃除することが好ましく、掃除を怠ると皮膚炎になる事もあるので注意しましょう。 また、食欲旺盛で小さい割りに沢山食べるので排泄物の処理にも気を付けましょう。 ウサギや他の小動物に比べると、モルモットは本当にトイレを覚えてくれません。 ですが、モルモットは叱られても何かを学ぶことはまずありません。 ストレスを与えるだけで逆に懐かなくなり何も上手くいかなくなってしまいます。 モルモットはトイレを覚えない子の方が圧倒的に多いく6~7割くらいをトイレでしてくれたらいいなぁくらいの気持ちでいてください。 室内と屋外どっちで飼うのに適している? スキニーギニアピッグは、両方で飼うことに適しています。 スキニーギニアピッグのオスとメスの違い スキニーギニアピッグオス・メスそれぞれの性格の違いや行動はあるのでしょうか? スキニーギニアピッグの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。 オス:オスの方が好奇心旺盛で、行動的です。 飼い主に慣れやすいようです オスの方が一緒に遊んだり、コミュニケーションを取って行動的になれます。 メス:懐きますが、マイペースでおっとりな性格のため、それ程飼い主になついていることが伝わってきません。 おっとりとしているので、メスの方が安らぎを与えてくれるようです。 スキニーギニアピッグのおすすめのエサ ペットのエサは数えきれない種類があります。 何を選べばいいかわからない人も多いと思いますが、エサもペットによって様々です。 スキニーギニアピッグの体質に合った、健康的で長生きすることにつながるエサの種類を紹介します。 スキニーギニアピッグの餌は市販されているモルモット用のフードを与えましょう。 ただし、低血糖を起こすことがあるので小動物用に市販されているドライフルーツやゼリーなど、甘い物も食べさせてあげてください。 また、ビタミンを体内で作り作り出すことができず、免疫機能が急に低下することがあるので、ペレットはビタミンCが入ったものがおすすめです。 また、野菜も食べさせてあげてください。 スキニーギニアピッグの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均 スキニーギニアピッグの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約1,500円前後です。 スキニーギニアピッグのお風呂のペース スキニーギニアピッグは自分で毛繕し、身体を守るため、皮膚から皮脂を出して、乾燥などから守っています。 ケージをこまめに掃除していれば、定期的にお風呂に入れる必要はありません。 風呂に入れる頻度が多すぎると身体を守っている皮脂を必要以上に洗い流してしまい、肌を乾燥させてしまう原因になってしまいます。 身体の汚れが気になるときには、ぬるま湯に浸したタオルなどで優しく汚れを落とすか、それでも汚れが落ちない場合には水浴びをさせましょう。 お風呂に入れる場合には、動物用のものを使用してください。 寒さ対策はしっかりやりましょう。 おすすめなのが小動物用のヒーターです。 電気代もそんなにかからず、様々なものが物が出ています。 一定の温度で暖めてくれるので、夜やお留守番中も安心です。 モルモット用やうさぎ用以外のヒーターの場合は、かじられないよう工夫が必要です。 スキニーギニアピッグのかかりやすい病気 体質によって、かかりやすい病気は様々です。 自分のペットのかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。 スキニーギニアピッグがかかりやすい病気はこのようなものがあります。 日焼けや皮膚がん、歯の病気(不正咬合)、尿石症、ビタミンC欠乏症、肥満・糖尿病、熱中症、足のケガ、などがあります。 スキニーギニアピッグのよく使う薬・サプリ 関節痛などにコンドロイチン、ビタミンC欠乏症の予防にビタミンC、皮膚の健康にセサミン、腸内環境を整える乳酸菌、皮膚と被毛の健康にビタミンE、などが使われます。 スキニーギニアピッグの治療平均価格 ペットを飼うには、もちろん高い医療費がかかります。 最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。 そして、治療費はペットの種類によってさまざまです。 骨折が疑われる場合などは、レントゲン検査や怪我の処置を行ったり、下痢の場合は糞便検査などを行うのが一般的で、 検査費用は、尿検査:1,000~2,000円、糞便検査:1,000~2,000円、皮膚検査:1,000~2,000円、眼検査:1,000円~2,000円、レントゲン検査:3,000~10,000円(撮影枚数によって異なります)、超音波検査:3,000~6,000円となり、病気を発症していない場合でも5000円~1万円ほどお金が必要になってきます。 スキニーギニアピッグの平均寿命と価格 スキニーギニアピッグの平均寿命 人間よりもとても寿命が短いペットたち。 その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。 ですが、種類によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。 スキニーギニアピッグの平均寿命は5~8年前後です。 スキニーギニアピッグの価格相場 スキニーギニアピッグの価格相場は、2~5万円です。 スキニーギニアピッグを飼っている主な著名人 現在調査中 スキニーギニアピッグに関するまとめ 一般的なモルモットの中でもユーモラスな姿をしているスキニーギニアピッグの特徴は、他のモルモットと違い体の毛が無いことです。 別名ヘアレスとも呼ばれています。 全く全身に毛のないタイプと、鼻先に少し毛がある2タイプがいます。 まさに見た目が子豚にみえることからそのような名前がついたのでしょう。 毛が無いことに驚きがあるかもしれませんが、とても触り心地が良いことでも知られています。 このモルモットを抱っこしてみればスキニーギニアピッグの可愛らしさが分かると思います。 無毛種のモルモットのため、毛の手入れをする必要が無く、飼い主にとってはブラッシンングやカットをする必要が無いので、飼育がより楽になります。 その代わりに優しくなでてあげて、コミュニケーションを沢山とりましょう。 もし、毛にアレルギー反応を示す方の場合は、 スキニーギニアピッグはアレルギーの出る可能性の少ないおすすめの可愛いペットとなるでしょう。 モルモットは自分でビタミンCを作ることができません。 食べ物からビタミンCを摂取する必要があります。 元気がなくなったり、ふらついたりなど、歩き方がおかしい時はビタミンC欠乏症を疑います。 また関節が腫れたりの症状もありますので、注意が必要です。

次の