ギルベルト proud。 【グラブル】「天上征伐戦」ギルベルトPROUD攻略/編成例まとめ【グランブルーファンタジー】

【天上征伐戦ギルベルトPROUD攻略】アナザー・ホーリーの発動条件は敵強化効果2つ以上?

ギルベルト proud

全体闇ダメージとともに敵強化が1個付与され、さらに戦況が悪くなるため 常に敵弱体6個以上を維持して戦おう。 ライターA ソーンが居ると弱体数の維持が楽になりますね。 居ない場合は召喚石ハルマルの永続デバフで2枠稼いだり、主人公をカオスルーダーで挑むのも有効です。 ゼウス召喚のバリアでダメージを抑えるか、クリアを用意して解除するといった対策が必要。 特殊行動後に敵弱体数が5個以下になると特殊技も同時発動してしまうため、 ダメアビで一旦越えてまず弱体付与し直してから通常攻撃で踏むという立ち回りがおすすめ。 ソーン2アビで必要数は稼げるため、 弱体を切らさないよう効果の残り時間を意識しておこう。 クリアは使用間隔の短い主人公のアビを優先して使いながら立ち回ろう。 タゲが付与されるかは確率のため運に左右されますがAP消費0なので、失敗しても再度挑戦しやすいのは助かりますね。 ソーンが倒される前に4アビで弱体効果を延長できるのも嬉しいポイント。 現在HPが最も高い味方を攻撃するため、特殊行動のターンにはポーションで他キャラを回復しなるべく主人公が落ちないよう立ち回ることが重要。

次の

【グラブル】天上征伐戦「ギルベルトPROUD+」攻略 開幕強制でHP上限2万、序盤はターゲッティングの対処、70%からはちゃんとディスペルで強化効果を消去していくのがクリアのコツ

ギルベルト proud

編成 キャラ・EXアビリティ 主人公 セージ フロントメンバー 最終ソーン 非最終フュンフ 恒常最終ジャンヌダルク サブメンバー 恒常レ・フィーエ 最終アルベール フロントメンバーはほぼテンプレパーティです。 ソーン・フュンフは確定で、3枠目のメンバーの候補として銃ゾーイやセルエルを採用するケースが多いようですが、未所持だったので攻防DOWNが使えるジャンヌダルクを採用しました。 サブメンバーはそれなりにダメージの出しやすいキャラを選択しました。 レ・フィーエは追撃や活性効果が優秀だったのですが、アルベールの2,3,4アビが使いづらいので別のキャラの方がいいかな、と。 1アビの光防御DOWNもレ・フィーエと被っているのもあまりおいしくなかったです。 私の環境だと、光シャルロッテがダメアビを2個持っていて命中率DOWNや通常攻撃も強力なのでそっちを連れていけばよかったなあと思いました。 武器 武器はこんな感じ。 黄竜刀でダメージを盛りたかったのですが、HP-10%が不安だったのでコロゥ武器の「紅陽扇」を採用しました。 作れる光の武器はコレが限界でした。 無課金ハイランダーとしては未完成で光のEX枠の武器2種どちらかを抜いて「不毀の籠手」を入れたら一先ず完成かなと思っております。 編成の ポイントはやはり「黄竜拳」でしょう。 メイン武器は、黄竜槍も奥義ダメージ性能を盛れるのでおすすめです。 HP回復効果がある五神杖もおすすめ。 召喚石 メイン召喚石は当然4凸ゼウス。 ゼウスルシで安定して突破出来たのでルシフェルでも大丈夫です。 むしろ通常攻刃枠の武器が少ないので両面は厳しいですね。 回復用にノビヨ(ルシフェルの代用)を入れるのもありです。 私は高難易度に挑戦する時は常に採用しています。 いろいろ出来るので強い。 召喚石ノビヨについては( 別タブで開きます)で紹介しています。 よかったら読んでください。 2回挑戦しましたが1回は黒麒麟は使用せずにクリアできました。 以上のパーティ編成で挑戦しました。 続いては相手の行動パターンやHPトリガーに応じた行動をご紹介します。 討伐の手引き 毎回ターゲッティングや強化効果がランダムだったりで一貫性はないで、大まかな対応方法とHPトリガーの突破の仕方を紹介します。 全体的な注意点 天上征伐戦「ギルベルト」にはCTが存在せずターン経過やバフ・デバフ状況、HPに応じて特殊技を使用してきます。 内容は、以下の通り。 ダメージが普通に受けると1万程でかなり強力です。 そのキャラが戦闘不能になると次のキャラにダメージが移行して、さらに全体バフ消去をしてきます。 PROUDで気をつけておきたい4項目です。 挙げた4項目は発動させないように対処できるのでフュンフの奥義効果にあるディスペルの無駄撃ち等を抑えて戦います。 また、ソーンはサポアビで通常攻撃が全体化されているので、ディスペル使用時残りの強化効果が「 幻影」のみである場合も通常攻撃のみで剥がせます。 毎ターンされると攻略不可に陥るので潔く諦めてリトライした方が良いです。 今回使用する編成だと、主人公のクリアオールとフュンフの2アビで対処することになります。 バリアでダメージを0に抑えたらターゲッティングがつかない仕様なのでゼウスやノビヨを上手く使って2つのアビリティ再使用ターンまで凌ぐと良いです。 ちなみに、ソーンを採用していますが全体を通して麻痺は無効なので単純にダメージ源として開幕から打っていって大丈夫です。 続いてはHPトリガーです。 75%『 ソウルフォージド 』 全体闇属性ダメージが飛んできます。 また、ギルベルトに強化効果が3つ付いて前述している特殊技を受けることになるのでしっかりと消去しましょう。 味方全体にもデバフを3つ付けてくるのですがフュンフの2アビで全部取り除けるので打てる状況であれば打っておきます。 足りなければゼウス召喚で削ります。 ダメアビで突入しなかった場合、注意点の2番の特殊技が飛んできます。 非常に過酷な戦いとなりますので極力ダメアビで突入をおすすめします。 さらに、ギルベルトに強化効果が2つ付与されますので、次のターンで確実に取り除きましょう。 弱体全回復はないのですが、強化効果2つ付与はある点に注意します。 ディスペルが上がっていない場合は、黒麒麟を使用します。 カーバンクルがあれば、打ってもいいです。 ただし、最終上限解放しているフュンフがいる場合のみ。 カーバンクルで乗り切るのがベストです。 味方全体強化効果全消去もあります。 その先は全力で殴るのみ! 以上が私のギルベルト戦に気をつけた点でした。 無意識でやっているようなことがあったり、記入漏れがあったらコメントで教えて下さい。

次の

【天上征伐戦PROUD】無課金ゼウスハイランダーで攻略【ギルベルト】

ギルベルト proud

PROUD ギルベルト戦 第一形態(HP100%~50%) ターゲッティング付与時に「アンダー・ジ・アイス」発動 通常攻撃でランダムに付与されるターゲッティングをそのままにしておくと次ターンに「 アンダー・ジ・アイス」という 水属性の多段攻撃が飛んできます。 そこそこ痛いのでなるべくフュンフ2アビのクリア等で解除するようにしましょう。 ギルベルトの 通常攻撃でダメージを受けない限りターゲッティングが付与されることはないので、ゼウス召喚のバリアやゼノ銃奥義の幻影等が有効です。 ちなみにゾーイ3アビ中ならこれ一発で死ぬことはまずありません。 ターゲッティングが付与されるのは第一形態の間のみ。 弱体効果5個?以下でシスター・オブ・ペイン発動 これの発動条件がなかなか分からなかったんですけど、どうもデバフの数が少ないとシスター・オブ・ペインを撃ってくる模様。 主人公のミストとジャンヌの1アビを入れてデバフアイコン5個でも発動しなかったので、多分両面と片面は別扱いされると見てよさそうです。 6ターンごとにブライト・アイズで敵に強化効果付与(2個) 6ターンごとにランダムでギルベルトに強化効果が付与されます。 余裕があれば解除しておきたい。 第二形態(HP50%~0%) 50%以下は強化アビに反応してリベンジデザイアを使用 ギルベルトのHPが50%以下になるとこちらの強化アビに反応して敵にバフが2つ付きます。 強化バフが2つ以上ついている状態でターンを回すと「アナザー・ホーリー」という非常に痛い特殊技を使用してくるので、 50%以下になったら強化アビリティ(黄色)は使わないようにする必要があります。 強化バフ2つ以上付与時に「アナザー・ホーリー」使用 「アナザー・ホーリー」はHPが一番低いキャラを集中して攻撃し、そのキャラのHPがゼロになると他のキャラにまた集中攻撃をしてきます。 素受けだとまず耐えられずファランクス等も強化アビ扱いで実質使用できないので、いかにこれを撃たせないようにするかがギルベルト戦の攻略の鍵です。 50%・30%特殊行動「バトルフィールド」 50%と30%トリガーで使ってくる「バトルフィールド」はダメージはそこまで痛くないものの、ギルベルトにバフを2つ付けるのが厄介。 そのまま放置すると「アナザー・ホーリー」で大ダメージを受けてしまうので、すぐディスペルで解除できるようにする必要があります。 50%通過時にはギルベルトのデバフが全消去されるので、すぐかけ直せるようデバフも温存(トールがあるならそれを撃つ)。 10%特殊行動「アナザー・ホーリー」 この「アナザー・ホーリー」はトリガー行動なので、バフがついていない状態でも使用してきます。 クリア時装備 参考動画: ギミックさえ理解できれば終末無しのマグナ編成でもクリアは可能です。 逆にギミックが分からないとリミ武器入りの神石編成でもクリアは難しいでしょう。 スポンサーリンク PROUD+ ギルベルト戦 第一形態(HP100%~70%) HPが上限2万に制限 PROUD+は開幕に「ソウル・フォージド」という特殊行動を使われてHPが上限2万に制限されます。 光マグナ唯一の長所であるHPまで制限されるのはほんと酷いw それ以外の第一形態時点のギミックはPROUDと同じなので割愛。 弱体耐性UP中はトールデバフもまともに入りませんでした(無凸)。 このタイミングでデバフもリセットされます。 50%トリガーでも「バトルフィールド」を使用してきますが、そこでは形態変化はなくデバフリセットも発生しません。 PROUD同様敵の強化バフが2個以上だと次ターンに「アナザー・ホーリー」を撃たれてしまうので、ディスペルのクール管理が重要になります。 第三形態(HP30%~0%) 30%特殊行動「ハイパードライブ」の仕様 ハイパードライブは 現HPが最も高いキャラに無属性99999ダメージを与える即死技。 初クリア時はヴィーラのマージで受けてましたがそれだと敵に強化バフがついてしまうので、落としてもいいキャラにポーションを使って一番HPを高くするか、被弾予定キャラにポーションとフュンフ3アビのリレイズを使うのが有効(死なせない為にはフュンフ4のガッツも必須)。 上のSSは後者の方法で捌いた時のものです。 幽世の門レベル5でジ・エンド(ブラックアルバム)発動 30%以下になるとギルベルトに付与されているデバフが6つ以下の時に幽世の門レベルが1ずつ上昇していきます。 幽世の門レベルが5になると「ブラックアルバム」というジ・エンドに相当する強制全滅技を使用してきます。 ソーンがいれば2アビで大量に弱体を付与できるのでデバフ7つ以上を維持するのは難しくありません。 ただソーン2アビで大量にデバフを付与しているのであれば1個や2個消えても大した影響はなく、100万回復されても別に問題ないので回復アビの使用はそこまで気にする必要はありません。 ターン経過数を確認しよう ギルベルト戦は簡単に言うと6の倍数のターンに使ってくる特殊技(ブライトアイズ・ハイパードライブ)に合わせてディスペルを撃つゲームと言えます。 もうすぐ6の倍数という時は フュンフの奥義(ディスペル付き)を温存して敵に強化バフがついたタイミングで奥義を撃つ等するとディスペルに余裕ができて楽に立ち回ることができます。 編成 お勧めキャラ ・ ソーン(2アビでデバフ大量付与) ・ フュンフ(回復と奥義ディスペル) ・ヴィーラ(マージとディスペル) ・クラリス(ヴィーラ未所持の場合はディスペル目的で採用) ・ソフィア(クリアで序盤のターゲッティング対策) ・ゾーイ(3アビは強化アビではなくダメアビ扱いで使いやすい) ソーンとフュンフの最終十天2人を持っているかどうかで難易度が大きく変わります。 お勧めジョブ ・セージ(ディスペル2枚積みが可能) ・ドクター(1アビとメインゼノ銃がターゲッティング対策に有効) ソロ最強ジョブのトーメンターは強化アビの使用が制限される関係上まったく使えません。 今回の強化アビ制限のギミックはトーメンターを使わせないためのものじゃないかという気がしますね。 クリア時装備 動画: 無課金ゼウス編成でもクリアできました。 ギミックの理解度が低い段階だとエデン4本のゼウスでもクリアできなかったので、装備よりいかにギミックを理解して対処できるかが鍵ですね。 オーディン琴は試しに入れてみたけど入れなくてもよかったかな。 マグナでもいけそうですけど、ゼウスのバリアがない分運ゲー度がちょっと上がるような気はします。 無課金ゼウスはマグナ装備の使い回しでも移行可能なので、5凸ルシフェルを持っているのであれば メインルシの片面ゼウスで挑むことをお勧めします。 今回の天上征伐戦は完全なギミックゲーと言えると思います。 追記 マグナ動画: 終末無しマグナでもクリアできました。

次の