たけし の 家庭 の 医学 股関節。 血管・骨・関節を若返らせる食べ物や行動とは?『名医とつながる!たけしの家庭の医学』は、クイズで形式で身体の不調を改善・解消法を紹介!

股関節の軟骨が再生するジグリング(貧乏ゆすり)のやり方。

たけし の 家庭 の 医学 股関節

もくじ• 足腰や膝の痛みの原因は股関節が原因?「変形性股関節症」とは 腰痛やひざ痛は、直接痛む部分が悪いのではなく、実は股関節に原因があるかもしれないということです。 股関節は両足の付け根にある、上半身と下半身をつなぐ大きな関節です。 健康な股関節は、軟骨がクッションの役割を果たしているため、体や足をスムーズに動かすことができます。 しかし老化や肥満などで軟骨がすり減ってしまうと、骨と骨がぶつかり合ってしまうので股関節が徐々に変形してしまいます。 形状が変形してしまうだけでなく、炎症や痛みを伴うこの症状を「 変形性股関節症」といいます。 これまで日本では、股関節の形状異常や病気による変形性股関節症が多く、 特に40~50代の女性が発症しやすいとされてきました。 ですが高齢化が進む現代、病気などを伴わず老化や肥満による変形性股関節症が、とくに60歳以上で発症する人が増えているということです。 片足上げで簡単チェック 番組では、股関節が正常かどうか「片足上げ」の簡単チェック方法を紹介しています。 人は、片足をあげた状態だと、地面について負荷のかかっているもう一方の脚側の股関節には体重の約4倍もの力が働くといわれています。 そのため、 片足上げでまっすぐ立てなかったり、痛みを感じるような人は注意が必要ということです。 スポンサーリンク ジグリング=貧乏ゆすりで軟骨再生 すり減った軟骨を再生する方法として、 ジグリングが注目されています。 ジグリングとは、久留米大学名誉教授、柳川リハビリテーション病院名誉院長である井上明生先生が提唱している療法です。 関節に負担をかけない小刻みな摩擦運動のことを言いますが、実はこれ、貧乏ゆすりの動作なんです。 股関節には血管やリンパ管や神経などが通っておらず、栄養補給は関節液が循環することによって行われます。 ジグリングを行うことによって関節液の循環がよくなると、栄養が軟骨にいきわたるようになるので、軟骨の再生が促されると考えられるということです。 ジグリングのやり方 1.椅子に深く腰掛け、姿勢をまっすぐに正す。 2.つま先はつけたまま、かかとを2cm程度小刻みに上下させる。 これだけです! 最初は片足ずつ、慣れてきたら両足同時に行ってもOKということです。 ポイントは、根気よく続けること。 上下に動かすスピードはゆっくりでも構いませんが、なるべくたくさん行うことが効果を出す秘訣だそうです。 まとめ 貧乏ゆすりが股関節の軟骨再生に有効とは驚きでした。 そういえば、以前の家庭の医学で「かかと落としが骨密度アップに効果的」という内容も放送されていましたね。

次の

【たけしの家庭の医学】 腰痛に効く股関節ストレッチのやり方はここ

たけし の 家庭 の 医学 股関節

変形性股関節症の山田さんのケース ステルス医療費は、ドラッグストアなどで買うことができる、処方箋のいらない市販薬や湿布などがその代表格です。 だからこそ、今抱えている不調を早く改善しなければ、生活の質が落ちるだけでなく家計をも苦しめてしまうことに… そんなつらい不調によって、長期にわたってステルス医療費を支払い続けてしまった方がいます。 専業主婦の山田さとみさん(50歳)。 今でこそ笑顔の山田さんですが… わずか1年前までは、杖なしでは歩くこともままなりませんでした。 山田さんは痛みが出始めてからおよそ18年もの間、家計に負担はかけられないと病院には行かず、ひたすら湿布やマッサージなどで紛らわせていたのです。 これまで18年間の山田さんのステルス医療費を集計してみると… 山田さんを苦しめていた不調、それは… 変形性股関節症。 足の付け根と股関節をつなぐ軟骨がすり減り、痛みを引き起こす病です。 その痛みはときに腰やひざに現れることもあり、 高齢女性を中心に潜在患者数はおよそ400万人にのぼるとも言われています。 病院の診察で、2か月の入院と手術が必要と言われた山田さん。 育ちざかりの2人の娘さんがいる専業主婦の山田さんには、2か月間も家を離れることも30万円もの手術費用を用意することもままなりません… そんな山田さんが絶望の中でようやく出会ったのが、今回の改善法でした。 股関節医療の専門医として35年のキャリアを誇る、『順天堂大学医学部附属練馬病院 整形外科』特任教授の野沢雅彦先生。

次の

ステルス医療費&股関節痛地獄に陥った女性を救った、家庭で手軽にできる運動療法とは!? 『たけしの家庭の医学』SP

たけし の 家庭 の 医学 股関節

放送日時・概要 名医とつながる! たけしの家庭の医学 いつの間にか高額に! ドラッグストアで買う湿布や風邪薬などがそれにあたりますが、それ以外にも気付かずに出ていくお金があります。 気づかない出費 股関節痛で長年苦しんだ方の体験談です。。 50歳女性で、最初は時々痛む程度だったものが、だんだん歩くのも大変になり、徐々に出費も増えていきました。 病院での治療費 18年経ってようやく病院へいったところ、股関節の軟骨のすり減りがすすみ炎症がおきていました。 医師に進められたのが手術です。 2カ月の入院で約30万円、保険を利用しても16万円ほどが自己負担になります。 変形性股関節症の改善 この女性を苦しめていたのは、「変形性股関節症」でした。 足の付け根と骨盤をつなぐ軟骨がすり減り痛みがでるもので、足の付け根の他、腰やひざに痛みがでることもあります。 病院で治療を受ければ16万円くらいの費用がかかりますが、自宅でできる改善方法があります。 教えてくれたのは、順天堂大学医学部付属練馬病院整形外科特任教授 野沢雅彦先生です。 家庭でできるお尻のエクボ体操 お尻エクボ体操は、お尻の筋肉を鍛えるもので、考案者は、理学療法士 銀座プラス代表の佐藤正裕先生です。 お尻の筋肉を鍛えると股関節の痛みが和らぐのだそうです。 イスなどにつかまってやりましょう。 また痛みがある人はやめましょう。 しゃがんだときは自然とかかとがあがり、蹲踞(そんきょ)の姿勢になる。 最初はしゃがむのは半分くらいでも構いません。 この運動を行ったところ、杖がないと歩行が困難な状態からたった1年で走れるまでに改善しました。 サイト内の検索 人気記事• 最近、医学界が注目しているのが日本ならで... 野菜嫌いのお子さんもお味噌汁にすると食べ... ここでは、「名医とつながる!たけしの家庭... 血圧を気にしている人は多いですね。 名医の太鼓判「名医が教える健康効果があが... 体の悩みを食で改善するという番組「こんな... 塩のとりすぎは高血圧の原因になるなど、健... 運動不足や塩分の過剰摂取が招く「むくみ」... もうすぐバレンタインの時期ですね。 「MCI」という言葉を聞いたことがあるで... 最近の投稿• カテゴリー• カテゴリー.

次の