犬 ダメな野菜。 犬が食べても大丈夫な野菜8選!野菜を与えるメリットや手作りレシピ

犬に野菜をあげる際の注意点5つ。あげても良い野菜、ダメな野菜はどれ?

犬 ダメな野菜

犬に野菜や果物を与える際に注意する点は…「種・茎・皮・芯」 犬に野菜や果物を与える時には、「種・皮・茎・芯」を取ることが大切です。 これらをきちんと取っておかないと、喉や食道で詰まってしまい、最悪手術をして取り出さなければならなくなります。 また、「種・皮・茎・芯」に中毒物質を含んでいる野菜・果物もあるので、念のため丸ごと与えるのは避けましょう。 そして、与える量にも気をつけなければなりません。 いくら犬が好きだからといっても与えすぎては、犬の健康を害してしまうことがあります。 また、犬は雑食とはいえ、限りなく肉食に近い動物です。 そのため、犬が直接野菜や果物を食べても、その栄養素をうまく吸収できるかというと、あまり期待できません。 このことを踏まえ、食欲が落ちていて、とにかく何か食べさせたいと考えている時などに参考にしてください。 com ここでは、犬が食べてよい野菜を紹介していきます。 基本的に人間が食べている食品は犬が食べても問題ありません。 ネギ類やチョコレートなどいくつかの食品だけ気をつけましょう。 日常で使用することが多く、よく見かける野菜を紹介いたします。 レタス 水分補給ができ、ビタミンKと葉酸を含んでいます。 きゅうり ほぼ水分しかないきゅうりは、水分補給に利用できます。 トマト リコピンという抗酸化作用がある栄養素を含んでいて、水分も豊富です。 大根 大根は食物繊維を含み、葉も栄養たっぷりです。 キャベツ キャベツは水分と食物繊維が豊富で、食感も好まれます。 白菜 低カロリーでキャベツよりも食物繊維が少ないです。 じゃがいも お腹が膨れるというメリットがありますが、芽を切り取ることを忘れずに。 にんじん ベータカロチンが豊富です。 ブロッコリー ベータカロチン・葉酸・ビタミンE・ビタミンKなど栄養を含んでいます。 かぼちゃ 栄養たっぷり、やわらかな甘みもあるかぼちゃは犬が好きな野菜です。 パセリ パセリは、ベータカロチンや葉酸をたっぷり含みます。 com ここでは、犬が食べてよい果物を紹介していきます。 それぞれの果物が人に関して持っているといわれている効果について主に記載しますが、人と犬は違う動物です。 犬でも人と同じ効果が期待できるとは限らないので注意してください。 バナナ バナナは栄養価が高いですが、カロリーも多いので与えすぎには注意が必要です。 イチゴ 犬は甘みを感じることができ、甘いものを好んで食べます。 りんご シャキシャキとした歯ごたえが喜ばれるりんごですが、小さくして与えた方が喉に詰まらせるリスクを減らせるでしょう。 柿 柿は、抗酸化作用を持つベータカロチンが豊富です。 梨 水分豊富な梨は、水分補給にも活用できます。 com ぶどう、レーズンなどは中毒症状を引き起こす危険性があるため与えてはいけません。 しかし、それ以外の果物は基本的に喉や消化器官に詰まるリスクのある種や外皮などの硬い部分を除けば与えても問題ありません。 さくらんぼ アボカド・桃・梅・りんご・梨などの種子と同様に、有毒とされている物質(シアン化合物)がさくらんぼの種にも含まれています。 しかし、犬は基本的に食べ物を丸呑みしてたべる上、種もセルロースにコーティングされているため問題になることはまず考えられません。 種を噛み砕いて大量に摂取することがないよう気をつける必要はあるでしょう。 ネギ類など絶対に与えてはいけない野菜もあります。 このように、人にとって問題のない野菜や果物も、犬にとっては健康を害するものになりえることを充分に理解してください。

次の

犬が食べてはいけないもの一覧

犬 ダメな野菜

タンパク質• ナトリウム この3つの栄養素は「腎臓に負担をかけてしまう」、「腎臓で選別されるはずの老廃物が体内に残ってしまう」などの原因になります。 それにより慢性腎臓病を悪化させる可能性があるので、 上記の3つは 摂取量を減らすべき栄養素です。 あげないほうがいいおやつ 上記より、「 タンパク質、 リン、 ナトリウムが多いおやつは与えないほうがいい」ということになります。 タンパク質、リン、ナトリウムが何に多く含まれるのか、1つずつ確認していきましょう。 タンパク質が多いもの ずばり 肉類です。 ということは ジャーキーや ささみなどがタンパク質の多いおやつということですね。 肉類の中でも特に「ささみ」はタンパク質の量が多いです。 ささみは健康にいいイメージですが、慢性腎臓病のわんちゃんにとっては負担でしかありません。 ジャーキーやささみなどは「減塩」などをうたったものもたくさんありますが、どういったものでも避けましょう。 リンが多いもの 実は 肉類 にはリンも多く含まれます。 それ以外でリンが多い食材だと 魚介類(特にスルメはずば抜けてリンが多い)や 甲殻類、 ナッツ類に多く含まれます。 魚介類は、人間のご飯の中からちょっぴり・・・なんてことも多いですよね。 意外なところだと玄米にもリンが多いです。 ナトリウムが多いもの ナトリウムは塩分ですので、つまり しょっぱいものがナトリウムが多いものということになります。 ペット用のおやつやフードはほとんどの場合、ペットにとってナトリウムが過剰にならないようになっています。 なのでそういう意味では安心です。 ただし 人 間用の食べ物は、人間に合わせたしょっぱさになっています。 それは犬にとってはたいていの場合ナトリウムが多すぎます。 人の食べ物を与える習慣がある場合には見直す必要があります。 慢性腎臓病の時にあげないほうがいいおやつまとめ 減らすべき栄養素 減らすべきおやつ タンパク質 肉類、特にささみ リン 肉類、魚介類、甲殻類、ナッツ類 ナトリウム 人間用の食品 これらはおやつはもちろん、手作り食の場合も同様です。 あげられるおやつ こう考えていくとあげられるおやつは絞られてきます。 タンパク質、リン、ナトリウムが少ないものは慢性腎臓病の時にあげられる、ということになります。 具体的にどんなものがあるか解説します。 野菜 野菜にはビタミン、食物繊維、水分がメインでできているものが多いので、 慢性腎臓病に悪さをしません。 また野菜には水分も多いので、 水分の摂取量が増えるのは慢性腎臓病のケアにプラスになります。 ただ慢性腎臓病のときに便秘気味になる子もいます。 そんな時に食物繊維が多いものは便秘を悪化させる可能性もあります。 野菜の中でも きゅうり、 ミニトマトは比較的食物繊維が少ない野菜なので、その2つをメインにしておく方が安心です。 ボーロ(ペット用) ボーロのメインはでんぷん(炭水化物)からできているものが多いため、タンパク質・リン・ナトリウムが少ないです。 ただし以下の2つのボーロはやめてください。 ミルクはタンパク質が多いので、こういったボーロはもれなくタンパク量が高くなってしまいます。 なるべくシンプルなボーロがいいです。 慢性腎臓病用に作られたおやつ そもそも 慢性腎臓病の犬に配慮されたおやつというのもがあります。 個人的には、それを使うのが一番安心でオススメです。 ピー子的なおすすめを3つ紹介します。

次の

犬に市販の野菜ジュースをあげても大丈夫?与えてはいけない理由から野菜のメリット・デメリットまで

犬 ダメな野菜

犬に野菜や果物を与える際に注意する点は…「種・茎・皮・芯」 犬に野菜や果物を与える時には、「種・皮・茎・芯」を取ることが大切です。 これらをきちんと取っておかないと、喉や食道で詰まってしまい、最悪手術をして取り出さなければならなくなります。 また、「種・皮・茎・芯」に中毒物質を含んでいる野菜・果物もあるので、念のため丸ごと与えるのは避けましょう。 そして、与える量にも気をつけなければなりません。 いくら犬が好きだからといっても与えすぎては、犬の健康を害してしまうことがあります。 また、犬は雑食とはいえ、限りなく肉食に近い動物です。 そのため、犬が直接野菜や果物を食べても、その栄養素をうまく吸収できるかというと、あまり期待できません。 このことを踏まえ、食欲が落ちていて、とにかく何か食べさせたいと考えている時などに参考にしてください。 com ここでは、犬が食べてよい野菜を紹介していきます。 基本的に人間が食べている食品は犬が食べても問題ありません。 ネギ類やチョコレートなどいくつかの食品だけ気をつけましょう。 日常で使用することが多く、よく見かける野菜を紹介いたします。 レタス 水分補給ができ、ビタミンKと葉酸を含んでいます。 きゅうり ほぼ水分しかないきゅうりは、水分補給に利用できます。 トマト リコピンという抗酸化作用がある栄養素を含んでいて、水分も豊富です。 大根 大根は食物繊維を含み、葉も栄養たっぷりです。 キャベツ キャベツは水分と食物繊維が豊富で、食感も好まれます。 白菜 低カロリーでキャベツよりも食物繊維が少ないです。 じゃがいも お腹が膨れるというメリットがありますが、芽を切り取ることを忘れずに。 にんじん ベータカロチンが豊富です。 ブロッコリー ベータカロチン・葉酸・ビタミンE・ビタミンKなど栄養を含んでいます。 かぼちゃ 栄養たっぷり、やわらかな甘みもあるかぼちゃは犬が好きな野菜です。 パセリ パセリは、ベータカロチンや葉酸をたっぷり含みます。 com ここでは、犬が食べてよい果物を紹介していきます。 それぞれの果物が人に関して持っているといわれている効果について主に記載しますが、人と犬は違う動物です。 犬でも人と同じ効果が期待できるとは限らないので注意してください。 バナナ バナナは栄養価が高いですが、カロリーも多いので与えすぎには注意が必要です。 イチゴ 犬は甘みを感じることができ、甘いものを好んで食べます。 りんご シャキシャキとした歯ごたえが喜ばれるりんごですが、小さくして与えた方が喉に詰まらせるリスクを減らせるでしょう。 柿 柿は、抗酸化作用を持つベータカロチンが豊富です。 梨 水分豊富な梨は、水分補給にも活用できます。 com ぶどう、レーズンなどは中毒症状を引き起こす危険性があるため与えてはいけません。 しかし、それ以外の果物は基本的に喉や消化器官に詰まるリスクのある種や外皮などの硬い部分を除けば与えても問題ありません。 さくらんぼ アボカド・桃・梅・りんご・梨などの種子と同様に、有毒とされている物質(シアン化合物)がさくらんぼの種にも含まれています。 しかし、犬は基本的に食べ物を丸呑みしてたべる上、種もセルロースにコーティングされているため問題になることはまず考えられません。 種を噛み砕いて大量に摂取することがないよう気をつける必要はあるでしょう。 ネギ類など絶対に与えてはいけない野菜もあります。 このように、人にとって問題のない野菜や果物も、犬にとっては健康を害するものになりえることを充分に理解してください。

次の