富士 フィルム の 株価。 富士フイルムホールディングス(4901)の株価分析|全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!

富士フイルムホールディングス(株)【4901】:株式/株価

富士 フィルム の 株価

580 治験の問題点は、 死亡率は主要評価項目ではない という点にある。 つまり、死亡率が問題とならないような疾患を対象としている点にある。 そのような疾患を、想定していないのだ。 通常のインフルエンザのように、死亡率が低いものでは、 死亡率を問題とすることはない。 誤差の範囲だから。 だから、パンデミックにも、恐慌にもならない。 しかし、新型コロナは、5~8%の死亡率を示す。 (後遺症率も、10~15%程度に上るであろう。 ) そこが、まさに問題なのだ。 その高い死亡率ゆえに、PLACEBOを医師が使えないのだ。 薬が当たらなかったら、患者を死亡させるかも知れない治験には、 参加するわけにはいかないのだ。 当然 必ず使用できる 観察研究 に参加する。 だから、治験の数字は、伸ばすことができない。 もともと、第3相は、このような高い死亡率を示す疾患の、 比較することの基準となる薬剤のない試験を、想定していない。 そこが70点のゆえんでもあるが、 そのような疾患を想定していなかった。 そのため、治験のモデルが、不完全なままなのだ。 このような疾患の場合には、どのように治験を進めるべきか、 想定していなかった。 そのため、今回も、そのまま、其れを押し通そうとしている。 この点が、70点で、無理をごり押ししようとしているから、 いつまでたっても、解決できずに、死者が増加している。 結果が出ないのは、自分たちの判断の悪さだとは思わない。 あくまでも、申請をしない会社側の責任だと言い張る。 70点は、しょせん70点だ。 90点レベルの人間が出てきて、それを正さなければ、 人類は、救われない。 世界を動かしているのは、確かに多くの70点レベルの人間だが、 時に、90点レベルの人間が出てこないと、 問題を解決することは出来ない。

次の

富士フイルムホールディングス(4901)の株価分析|全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!

富士 フィルム の 株価

つまり、死亡率が問題とならないような疾患を対象としている点にある。 そのような疾患を、想定していないのだ。 通常のインフルエンザのように、死亡率が低いものでは、 死亡率を問題とすることはない。 誤差の範囲だから。 だから、パンデミックにも、恐慌にもならない。 しかし、新型コロナは、5~8%の死亡率を示す。 (後遺症率も、10~15%程度に上るであろう。 [] 治験の問題点は、 死亡率は主要評価項目ではない という点にある。 つまり、死亡率が問題とならないような疾患を対象としている点にある。 そのような疾患を、想定していないのだ。 通常のインフルエンザのように、死亡率が低いものでは、 死亡率を問題とすることはない。 誤差の範囲だから。 だから、パンデミックにも、恐慌にもならない。 しかし、新型コロナは、5~8%の死亡率を示す。 (後遺症率も、10~15%程度に上るであろう。 ) そこが、まさに問題なのだ。 その高い死亡率ゆえに、PLACEBOを医師が使えないのだ。 薬が当たらなかったら、患者を死亡させるかも知れない治験には、 参加するわけにはいかないのだ。 当然 必ず使用できる 観察研究 に参加する。 だから、治験の数字は、伸ばすことができない。 もともと、第3相は、このような高い死亡率を示す疾患の、 比較することの基準となる薬剤のない試験を、想定していない。 そこが70点のゆえんでもあるが、 そのような疾患を想定していなかった。 そのため、治験のモデルが、不完全なままなのだ。 このような疾患の場合には、どのように治験を進めるべきか、 想定していなかった。 そのため、今回も、そのまま、其れを押し通そうとしている。 この点が、70点で、無理をごり押ししようとしているから、 いつまでたっても、解決できずに、死者が増加している。 結果が出ないのは、自分たちの判断の悪さだとは思わない。 あくまでも、申請をしない会社側の責任だと言い張る。 70点は、しょせん70点だ。 90点レベルの人間が出てきて、それを正さなければ、 人類は、救われない。 世界を動かしているのは、確かに多くの70点レベルの人間だが、 時に、90点レベルの人間が出てこないと、 問題を解決することは出来ない。 アビガンを適切な時期(発症6日以内)に投与し、主要評価項目の罹病期間の有意な短縮が得られれば承認される(死亡率は主要評価項目ではない)。 アビガンの承認もタミフルと同様な項目で申請されているので、承認は間違い無いでしょう。

次の

富士フイルムホールディングス(富士フイルム)【4901】の日々株価(日足)|時系列データ|株探(かぶたん)

富士 フィルム の 株価

つまり、死亡率が問題とならないような疾患を対象としている点にある。 そのような疾患を、想定していないのだ。 通常のインフルエンザのように、死亡率が低いものでは、 死亡率を問題とすることはない。 誤差の範囲だから。 だから、パンデミックにも、恐慌にもならない。 しかし、新型コロナは、5~8%の死亡率を示す。 (後遺症率も、10~15%程度に上るであろう。 [] 治験の問題点は、 死亡率は主要評価項目ではない という点にある。 つまり、死亡率が問題とならないような疾患を対象としている点にある。 そのような疾患を、想定していないのだ。 通常のインフルエンザのように、死亡率が低いものでは、 死亡率を問題とすることはない。 誤差の範囲だから。 だから、パンデミックにも、恐慌にもならない。 しかし、新型コロナは、5~8%の死亡率を示す。 (後遺症率も、10~15%程度に上るであろう。 ) そこが、まさに問題なのだ。 その高い死亡率ゆえに、PLACEBOを医師が使えないのだ。 薬が当たらなかったら、患者を死亡させるかも知れない治験には、 参加するわけにはいかないのだ。 当然 必ず使用できる 観察研究 に参加する。 だから、治験の数字は、伸ばすことができない。 もともと、第3相は、このような高い死亡率を示す疾患の、 比較することの基準となる薬剤のない試験を、想定していない。 そこが70点のゆえんでもあるが、 そのような疾患を想定していなかった。 そのため、治験のモデルが、不完全なままなのだ。 このような疾患の場合には、どのように治験を進めるべきか、 想定していなかった。 そのため、今回も、そのまま、其れを押し通そうとしている。 この点が、70点で、無理をごり押ししようとしているから、 いつまでたっても、解決できずに、死者が増加している。 結果が出ないのは、自分たちの判断の悪さだとは思わない。 あくまでも、申請をしない会社側の責任だと言い張る。 70点は、しょせん70点だ。 90点レベルの人間が出てきて、それを正さなければ、 人類は、救われない。 世界を動かしているのは、確かに多くの70点レベルの人間だが、 時に、90点レベルの人間が出てこないと、 問題を解決することは出来ない。 アビガンを適切な時期(発症6日以内)に投与し、主要評価項目の罹病期間の有意な短縮が得られれば承認される(死亡率は主要評価項目ではない)。 アビガンの承認もタミフルと同様な項目で申請されているので、承認は間違い無いでしょう。

次の