イカ を 使っ た 料理。 【煮るのは3分】「イカの煮付け」を柔らか~く作るたった2つのコツ【魚屋三代目】

【煮るのは3分】「イカの煮付け」を柔らか~く作るたった2つのコツ【魚屋三代目】

イカ を 使っ た 料理

LiSAが、6月9日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」に生出演。 パーソナリティのさかた校長・こもり教頭とともに、リスナーの電話相談にアドバイスを送りました。 そのなかから、これから一人暮らしを始めるという大学1年生の男性リスナーとのやり取りを紹介します。 生活におけるアドバイスが欲しいです』 さかた校長:大学入学で上京してくるってこと? リスナー:はい。 今もオンラインで授業は始まっているんですけど、7月からはキャンパスでやるかもしれないので。 さかた校長:そうか。 一人暮らしをする上で、一番心配なことは何なの? リスナー:自炊です。 LiSA:自炊!? こもり教頭:じゃあ、俺の出番だな。 さかた校長:教頭は何もやらないでしょ! こもり教頭:ごめんなさい(笑)。 さかた校長:LiSA先生は、外出自粛でご飯を作られていたんですよね? LiSA:作りましたよ~。 今日はイカをさばきましたよ。 こもり教頭:ツイッター見ましたよ! あれは衝撃ですよ!(リスナーに)見た? リスナー:見ました。 すごいっすね! LiSA:私も上京したころは、そんなに作ってなかったですよ。 イカをさばいたのは人生初ですもん。 こもり教頭:イカの中身を見たのが、今日初めてってことですね(笑)。 LiSA:そう。 こんなことになっているなんて……! って、思いました。 手、入れていいんですか!? って(笑)。 校長・教頭:(笑)。 LiSA:でも自炊を始めると、大発見がいっぱいあるんですよ。 今まではイカって……あの、リングの状態とか。 さかた校長:調理された状態のね。 LiSA:イカ……白いのと赤いのっていっしょなの!? 皮をめくったバージョンと、めくってないバージョンだったの!?!? みたいな。 こもり教頭:へー。 LiSA:アナタ、同じ子だったのね!? みたいな(笑)。 こもり教頭:なるほどね。 LiSA:イカの赤いのと白いのがいっしょのひとって、知ってました? リスナー:はい……(笑)。 LiSA:じゃあ、おうちで自炊をしていたのかな? リスナー:いや、してないです。 さかた校長:最初に作る料理でオススメってありますか? LiSA:なんだろう……? でもお野菜をたくさん食べる子になってほしいので、まずは豚肉と野菜を炒めていただいて(笑)。 さかた校長:(笑)。 LiSA:で、オススメのたれがあるんですけど……これ、言っていいのかな?(笑)。 それ1本でめちゃくちゃ美味しいんですけど、エバラの塩だれです。 焼肉のたれなのでもちろん焼肉にも合うんですけど、豚肉と野菜を入れた後にいっしょに炒めるんです。 もーーーそれだけで、ご飯ずっと食べられる! こもり教頭:俺でも作れそうだな。 さかた校長:これ、簡単にできそうじゃない? リスナー:はい! さかた校長:じゃあ早速、業務用サイズを買おうか! LiSA:(笑)。 こもり教頭:いや、賞味期限もあるから(笑)。 LiSA:野菜炒めだけじゃなくて、塩焼きそばも作れますよ! さかた校長:使い勝手がいいですね。 LiSA:本当にオススメです! 食べたことある? リスナー:ないです。 LiSA:じゃあ、ぜひ食べてほしい! リスナー:はい! さかた校長:一人暮らしで楽しみなことはあるの? リスナー:親から解放されること……(笑)。 全員:(笑)。 さかた校長:そうか、じゃあまずは一人の自由を楽しんでほしい! 謳歌しろよ! リスナー:はい!! さかた校長:じゃあ、最後はLiSA先生と一緒にお別れするか? リスナー:はい。 LiSA:じゃあ上京したら、東京でいっしょに遊ぼうね! ばいちーーーっ! リスナー:ばいちっ! <番組概要> 番組名:SCHOOL OF LOCK! tfm. 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

イカを使ったレシピ4選!

イカ を 使っ た 料理

魚料理の基本の「き」シリーズ、 今日は「イカの煮付け」をいってみましょう! よく聞くのが「イカが硬くなっちゃう」とか「煮魚と同じように作っているのに煮汁が薄い」というお悩みですが、 ポイントはたったの2つ。 これを守れば硬くならず、煮汁もこってりと美味しく仕上がります。 さらに、コク旨に仕上げるコツもお伝えしますね。 今回使ったのはスルメイカ。 ところが、安くてお財布に優しいとファンの多いイカだったはずが、ここ数年不漁続きで値が高騰。 魚市場にあることはあるのですが、本当に高くて……。 そこで狙い目が、この時期(春から夏)に出回る 小ぶりなスルメイカ。 20cmちょっとくらいの長さで一杯100gほど(大き目のスルメイカは30cmくらい、大きいもので500gくらいの重さがあります)で、お求め安くザルやパックでお買い得品になっていることも多いんです。 バライカやムギイカと呼ばれるこの小ぶりのスルメイカ、柔らかくて美味しい~。 では、レシピです! 魚屋三代目の「イカの煮付け」 【材料】作りやすい分量(2~3人前)• スルメイカ(今回は小ぶりのムギイカを使用) 5~6杯 (A)• しょう油 大さじ4• 砂糖 大さじ3• みりん、酒 各大さじ1 作り方 1. スルメイカを食べやすい大きさに切っておきます。 スーパーや鮮魚店でお店の人に聞いて鮮度が良いものを買い、一緒に「煮物用に切ってください」とお願いして捌いてもらうのがおすすめ。 この時、余分な内臓を取り除いたワタ(肝)をもらってきましょう。 このワタがコクと旨味のポイントです。 ワタにくっついている黒い筋のような墨袋は、指でつまんで取り除きます。 鍋に(A)を入れてよく混ぜ、 一煮立ちさせます。 1のスルメイカをワタも一緒に加えて一煮立ちさせ、ざっくりとかきまわしたら、 落し蓋(私はアルミホイル使用)と、 鍋の蓋をして3分ほど煮ます。 スルメイカの色が濃く変わったら火を止め、鍋の蓋をしたまま食べる時まで置いておきましょう。 スルメイカなどは身の80%が水分。 だから、水なしでOK 我が家流のイカの煮付けですが、ご飯にもお酒にも合うコッテリ味でおすすめです! 柔らかく煮るコツは、• 煮る時間は短くサッと火を通すこと• 水は入れないこと とにかくこの2つだけ。 イカを煮る時に大事なことは煮る時間は短く、味をしみこませるには火を止めて置いておく。 食べる時に軽く温め直せばOKです。 そして、煮汁を作る時には水は必要なし。 スルメイカなどは身のおよそ80%が水分ですので、煮ている時に煮汁にイカの水分が出て行きます。 煮る前(工程3)と煮た後のこちらの写真で煮汁の量を見比べれば一目瞭然、こんなに水分が出ますよ! ですので、 煮すぎてしまうとイカから水分が出過ぎて身が縮み、硬くなるので注意しましょう。 さらにコク旨UP技は、 イカのワタを入れること。 身と一緒に煮ればバッチリ、特に包丁でワタを切る必要もなく、煮ているうちに勝手に破けて写真の大きさほどになります。 中身は煮汁と一体化。 それと最後に、スルメイカの 皮は剥かないでくださいね。 皮にもイカの風味が詰まっているので、剥かずに使いましょう。 今回のスルメイカ、それからヤリイカなんかは皮を剥かずに料理することが多いです。 皮に風味や香り、旨味があるんです。 一方で、アオリイカやモンゴウイカなど身が厚いものは、歯切れ良くするために皮を剥いて使っています。 たとえばイカ焼きを作るのでも、皮を剥かずに焼くのと剥いたのとでは、香りが全然違いますよ~。

次の

イカを使ったレシピ4選!

イカ を 使っ た 料理

日本で消費量が多いイカ。 胴体は1cm幅で輪切りにしてください。 足の方は適当な大きさに切ります。 玉ねぎは薄切りに切ります。 セロリは筋を取った後に、薄く斜め切りにします。 にんにくはみじん切りにしてください。 鍋にオリーブオイルを入れて熱した後、にんにくを炒めます。 香りが出てきたら、最初にセロリを入れて 軽く炒めた後に、玉ねぎを加えて炒めます。 火が通ったら、トマトを入れます。 軽く炒めて、水、酒を入れて弱火で10分煮込みます。 その後、コンソメスープの素を入れて、2分ぐらい煮込み、 イカを入れてさらに6分煮込みます。 引っ張る時は力を入れずにゆっくりと引っ張り抜いてください。 力を入れて抜くと切れてしまうので注意してください。 わたはキレイな色の部分だけ取っておいてください。 胴体の中と足を洗って、 胴体は輪切りにして、足は適当な大きさに切ります。 フライパンにバターとにんにくを入れて加熱します。 バターが溶けてきたらイカを炒めます。 イカが白くなって縮んできたら、 醤油とわたを大さじ1入れます。 わたはお好みで増やしてもいいです。 火が通ったら完成です。 >>> イカゲソとキムチのマヨネーズ炒め イカのゲソを使った料理。 ビニール袋に白だし、酒とイカゲソを一緒に入れて もみ込んで漬けておきます。 鍋に水を入れて、火にかけます。 沸騰したらいんげんと塩を小さじ1入れて塩茹でします。 茹でた後はいんげんを一口大に切っておきます。 炒める前に、漬けておいたイカゲソの汁気は切っておいてください。 フライパンにごま油とにんにくを入れて弱火で加熱します。 にんにくの香りがしてきたら、 イカゲソといんげん、キムチを入れて中火で炒めます。 その後、塩を全体に振って置いておきます。 じゃがいもは、水でよく洗った後に 4等分に切って、レンジで3分加熱します。 玉ねぎは皮をむいて、スライスにします。 スキレット フライパン を中火で加熱した後に オリーブオイルとおろしたにんにく、粗挽きの唐辛子を入れて 中火で加熱していきます。 にんにくの香りがしてきたら、 玉ねぎとじゃがいもを入れて、強火で炒めます。 玉ねぎ、じゃがいもを炒めたら真ん中にイカゲソを入れます。 中火でしばらく炒めた後、イカゲソの上に 粗挽きの唐辛子を乗せて、強火で熱したら完成! まとめ 今回は、イカを使ったレシピを4つ紹介しました。

次の