おすすめ地帯レベル。 [mhwアイスボーン]導きの地で優先的に育てたいおすすめ地帯

【FF14】レベル帯別金策に最適なギャザラー素材【金策】

おすすめ地帯レベル

地帯レベルの効率的な上げ方と注意点 まずはMRの上限解放を目指す 必要MR 地帯レベル5の解放 MR50 地帯レベル6の解放 MR70 地帯レベル7の解放 MR100 地帯レベルを最大まで上げるには、マスターランク MR の上限解放が必要になります。 まずはMRを上げることを優先しましょう。 1回で約25ptを獲得できるため、4人でかければ1回で狩猟と同じptを稼ぐことができます。 調合分も合わせ、 攻撃せずに罠ハメをしましょう。 地帯レベルが低いホストをマルチで手伝い、自分の地帯レベルを効率的に上げましょう。 荒らしユーザーになってしまう可能性があります。 ただし、痕跡集めではMRポイントや特別な素材 カスタム強化素材 を入手することができないため、最終手段として考えましょう。 これらは討伐することで多くのポイントを入手できるだけでなく、同時にマスターランク上げも行えます。 固定設定をしておけば、効率よく地帯レベルの上下を行えます。 地帯Lvが低い環境で調査すると影響が大きく、逆に地帯Lvが高い環境で調査すると影響は小さくなります。 地帯レベルが上がるとモンスターが歴戦個体に変わることがあり、カスタム強化に使う特別な素材も変わってしまいます。 導きの地のレベル上限解放の方法 地帯レベルの上限はやり込みによって上昇 「導きの地」の地帯レベルは、普通にプレイするだけでは3地帯しかレベル7に出来ませんが、導きの地の モンスター討伐によって微量ながら上限が上がります。 地帯レベルの上限を上げたい方は、地帯レベル7のモンスターを乱獲しましょう。 散弾ハメで効率良く狩るのがおすすめ 導きの地でモンスターを乱獲するには、火力ヘビィ3人とサポートでモンスターを拘束して狩るのがおすすめです。 弱いモンスターであれば1頭30秒から60秒程で倒せる為、普通に狩るより圧倒的に効率が良いです。 導きの地の解放・できること ラスボス討伐後に行けるようになる 「導きの地」はラスボスである「」を討伐することで解放される新たなマップとなります。 探索やクエスト受注画面に出現していない人は、ストーリーを最後まで進行させましょう。 時間経過で大型モンスターが入れ替わるだけでなく、力尽きてしまうと報酬が減るのには注意。 この特殊痕跡を解析すると、その対象モンスターをおびき出せる「解析済みの特殊痕跡」が得られます。 未知のモンスター素材もそうですが、マスターランク武器のカスタム強化に必要な素材を入手することが可能です。 特殊痕跡の集め方と使いみち 特殊痕跡でモンスターを呼び出そう 特殊痕跡を集めると「解析済みの特殊痕跡」を入手することができ、これを導きの地の受付嬢から使用することで、特定のモンスターを呼び出せるようになります。 各エリアの対象モンスターの部位破壊をすると、解析済みの特殊痕跡を最初から入手できることもあります。 特殊痕跡を集める際は、狩猟や捕獲をメインにするのが効率的となります。 森林地帯 荒地地帯 陸珊瑚地帯 瘴気地帯 導きの地アプデ第2弾内容 氷雪地帯の解放条件• 導きの地の「溶岩地帯」を解放する• 竜人族のハンターに話しかける• 特別任務「」を受注し「ジンオウガ亜種」のムービーを見る• ジンオウガ亜種は龍属性攻撃で「」してくる為、武器の属性を無効化されないように「」を必ず用意して挑みましょう。 全地帯で歴戦個体登場の可能性があります。 詳しくは以下の記事を御覧ください! アップデート第1弾内容 溶岩地帯の解放条件• 特別任務「」を受注しクリアする•

次の

【FF14】レベル帯別金策に最適なギャザラー素材【金策】

おすすめ地帯レベル

現状11777or17717の二択。 出現するモンスターには 導きの地固有の素材が設定されており、落し物や剥ぎ取りで入手が可能です。 通常個体と歴戦個体で別の素材になります。 また、落し物は 地質学Lv1を発動させることで、骨素材を落とすモンスターに限って2回拾うことができます。 一部の地帯Lv6で解放されるモンスター、リオレウス希少種・リオレイア希少種・ラージャンは 対応した地帯Lv7で歴戦個体が出現するように設定されています。 地帯レベルを簡単に上げる方法 シビレ罠と落とし穴、シビレ罠の調合分とモドリ玉を持ってスタートします。 シビレ罠を3回、落とし穴を1回すると 地帯経験値を4回取得できます。 シビレ罠・落とし穴・モドリ玉の使用をショートカットに登録しておくと、効率よく周回できます。 狩るよりも圧倒的早くレベル上げが出来るためおすすめです。 各地帯レベルを上げるモンスターの対応表 受付嬢からの呼び出しで簡単に対応表が完成します。 基本的には 出現する地帯が多いほど上昇量が下がります。 2地帯が上がるモンスターは、登場している地帯が大きく上昇、他の地帯が小さく上昇となります。 危険度に全く依存しませんので、より弱いモンスターを地帯レベル上げに利用しましょう。 このゲームは、プレイヤー人口がかなり多いですので、すべての素材集めを救難で集める方が効率が良いです。 素材集めのやり方は救難に参加して、欲しい素材を落とすモンスターがいないなら無言で探索を終了します。 落とすモンスターがいた場合、そのモンスターをクラッチ吹き飛ばしによる壁ダウンをして素材を回収します。 一番確実なのは、 落とすモンスターを確認した時点で切断することです。 01にて切断しなくても良くしたと発表されております。 しかし、クエ主が呼び出しをしたりすることで、目当てのモンスターがいなくなる可能性があります。 つまり、 切断安定の状況は続いていますので、期待は出来ないでしょう。 1.11111を維持してMR100にする 導きの地に救難で参加し、素材集めをしながらMR100にします。 MR100にしないと地帯Lvを7に出来ないからです。 一方で、地帯レベルが上がってしまうと、 特定の地帯レベルを下げるのが非常に困難です。 最初から 地帯レベルを固定して救難に参加することで、11111を維持したままMR100を目指すことが出来ます。 イャンガルルガやジンオウガ等の素材集めはイベントクエストでやりましょう。 もしくは、調査クエストの救難に入ることで、効率よく素材や装飾品を集められます。 2.目的の地帯レベル3つを万遍なく上げる おすすめのモンスターは下記のとおりです。 特殊痕跡を持っている場合は、Lv5以上を上げる際に使用するので使わないようにしておくと良いです 2地帯を上げるモンスターの中で、メインとなる地帯のレベルを上げられるモンスターは3匹です。 荒地:クルルヤック 珊瑚:ツィツィヤック 瘴気:ドスギルオス 溶岩:ドドガマル 調整用:リオレウス希少種 珊瑚溶岩 、リオレイア亜種 荒地溶岩 、オドガロン 珊瑚瘴気 調整用以外のモンスターは、こちらを発覚しても戦闘になりません。 無限に罠を設置できますので、高レベルになったら特殊痕跡で呼び出せると効率が良いです。 11676 or 17616を目指して、延々と罠にはめてやりましょう。 3.仕上げの調整 11777の例 前述したリオレウス希少種を使って、珊瑚と溶岩を同時に上げます。 この時、瘴気or荒地の地帯レベルが下がらないように祈ります。 祈るしかないので、もし下がってしまった場合は、瘴気だけを上げるモンスターを罠にはめましょう。 上げてしまった地帯レベルを下げる方法 リオレウス希少種を罠にはめて荒地や瘴気以外が下がることを祈る。 リオレイア亜種 荒地 を罠にはめて溶岩以外が下がることを祈る。 オドガロン 瘴気 を罠にはめて溶岩以外が下がることを祈る。 これしかありません。 これを続けることで11676になるまで罠にはめ続けることになります。 レベル下げは地獄なので、11111で固定してMR100にすることを推奨しているわけですね。 終わりに 以上のチャートが最も簡単だと思います。 現状、MHWはカプコンがテストプレイをしていないと言われるほど歪んだバランスです。 アイスボーンも含めてテストプレイは一切やってないと、ユーザーに疑われるほどバグが多く調整も雑です。 今のバージョンで導きの地に手を出すべきなのか疑問ではありますが、11777にやる最速チャートを一応考えました。 どうすれば出来るか悩んでいる方は是非お試しください。 それでは、あでゅーノシ• オフラインのためランキングが表示できません カテゴリー カテゴリー アーカイブ• 最近のコメント• に より• に いも より• に より• に 匿名 より• に より.

次の

MHW導きの地での採取は何をするの?地帯レベルや採取装備を紹介!

おすすめ地帯レベル

もくじ• 地帯レベル1-1-7-7-7とは? 導きの地は最新アップデートで溶岩地帯が追加され、 最大で3箇所の地帯レベルを7にすることが可能となりました。 そして、地帯レベル7を3箇所にする上でおすすめされているのが、 「1 森林 1 荒地 7 瘴気 7 陸珊瑚 7 溶岩 」です。 これがおすすめされている理由を下記で解説しています。 地帯レベル1-1-7-7-7にする理由 導きの地の専用素材は、 イヴェルカーナとイビルジョーの素材をマカ錬金で変換して入手できます。 1度でもその素材を入手していればいいので、歴戦イャンガルルガなどの素材もマカ錬金で入手できるようになります。 欲しい時は、イヴェルカーナとイビルジョーを狩ればいいだけですからね。 しかし、上記の方法では入手できない素材も存在します。 地帯 大型モンスター 森林地帯 クシャルダオラ 荒地地帯 テオ・テスカトル、ナナ・テスカトリ、リオレイア希少種 瘴気地帯 ヴァルハザク、ティガ亜種 陸珊瑚地帯 ネロミュール、バゼルギウス 全地帯 ネルギガンテ この表を参考にして、切り捨てるべき地帯を2つ選んでいきます。 決め手になるのが 「溶岩地帯Lv7で出現するモンスター」です。 溶岩地帯Lv7は 「金レイア、歴戦クシャ、歴戦テオ、歴戦ナナ」が出現しますので、 森林と荒地は歴戦金レイアくらいしか用事は無くなるので、森林と荒地で歴戦金レイア素材を大量に確保しておけば、地帯Lv1のままにしても問題は無いです。 もし、歴戦金レイア素材が足りなくなったら、フレンドにお願いして連れていってもらうという手もありますね。 ただ、順序良く地帯レベルを上げて行かないと、マカ錬金素材を全開放することはできません。 森林地帯Lv6以上で歴戦ガルルガまでの素材を全て1度は入手する• 荒地地帯Lv7で歴戦金レイア素材を大量に確保する• 瘴気、陸珊瑚、溶岩地帯をLv7にする• 地帯レベルを固定する この流れで進めて行けば、歴戦金レイア素材以外はいつでも入手できるようになります。 アップデートのお陰で、地帯レベルも上げやすくなりましたからね。 とは言え、「凍て地」が追加される可能性もありますので、アップデート次第ではこれが正解とも言えなくなります。 現時点ではこれが最適だと思われますし、上げ方を迷っていた方は参考にしてみて下さい。 まとめ まだまだ不満が多い導きの地ですが、これまでよりはマシになったのは評価しても良いでしょう。 「一度上げたことのある地帯レベルにいつでも変更できる機能」とか欲しいですよねぇ。

次の