端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に。 「端末リモート追跡 1」Galaxy端末に届いた通知は内部テスト中の誤送信と判明

遠隔地からGALAXY S4を操作するには

端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に

キオスク端末とは? キオスク端末とは、店舗や公共施設、鉄道などに設置されている自立式の小型情報端末を指します。 サービス情報や各種の支払い、手続きなどで用いられ、有人に代わって多くの利用者の対応に利用されています。 日常的にもっともよく見かけるITサービス端末の一つで、例えば、図書館の蔵書検索や、病院や公共施設での受付、美術館などの館内説明や案内などで利用されています。 キオスク端末は、利用者の利便性の向上とともに、人件費の削減や商品・サービスの訴求に役立っているのです。 登場初期には液晶画面脇に設置された操作ボタンを使用するタイプが多かったキオスク端末ですが、現在は本体の汎用性やシステム更新時のハードウェアの改装が不要なため、液晶画面に触れて操作するタッチパネル式が主流になっています。 また、近年では特定の用途に特化したタブレットが増えており、標準的なAndroid・iOS・Windows端末と専用アプリ・Webアプリとの組み合わせで運用されることが増えています。 自立式と比較するとタブレット型のキオスク端末は本体のコストも安く、また簡単な設定でさまざまな用途に特化した端末を作ることができるため、利用が広がっているのです。 しかしながら、自立式に比べて持ち運びが非常に容易なことで破損や故障、悪意のある操作、ハッキングといったリスクもあり、しっかりとしたセキュリティ対策が必要となります。 キオスク端末の選定基準 キオスク端末は用途や場所、目的に合わせて、最適なものを選定する必要があります。 例えばトイレや飲食店、スポーツジムのプールなどの案内や注文目的で設置する場合、万一に備えて防水機能が必要になるでしょう。 また、ホテルの客室でルームサービスの注文などに使用する場合は、Webの閲覧やアプリケーションのインストールなどの制限をかけるなど、セキュリティや使用制限などに注意しなくてはなりません。 そのほかにも、盗難の恐れがある環境では、専用の什器や防犯タグも併用するのが望ましいです。 端末を導入する場合、強度や機能はもちろん、さまざまな周辺機器や什器の充実なども視野に入れて選定する必要があります。 ガスや水道などの点検業務や運送業の業務専用端末などの場合は、MDMによる位置情報追跡とSIMの利用も検討すると、端末効果をより発揮することが可能となります。 MDMとの関係性 キオスク端末をMDMと合わせて活用すると、利便性が大きく向上します。 MDMとは「Mobile Device Management」、つまりモバイルデバイス管理の略です。 MDMによって端末の管理を一元化して全端末のアプリケーションのアップデートを実施したり、端末の詳しい情報を取得することもできます。 MDMと併せた運用はセキュリティの強化にもつながります。 全端末の利用状況や位置、状態をリアルタイムに監視・把握することができるようになるためです。 紛失・盗難が起こった際にはリモートでロック(リモートロック)やデータ消去(リモートワイプ)が可能です。 インシデント対応が即座に取れるので、高いセキュリティ性が維持できます。 また、画面遷移の抑止により、MDMが導入されているとユーザが認識するため、不正操作の牽制効果も期待できます。 キオスク端末を運用するうえでの注意点 キオスク端末を運用する際は、OSやアプリケーション、端末標準のアップデートが必要となります。 特にセキュリティに関わるものについては速やかに行う必要があります。 ただし、アップデートによりコンテンツが動かなくなる可能性があるため、アップデート前に動作検証をおこなう必要があります。 万が一動かない場合は、対策を行った上でアップデートを行うことになります。 また、キオスク端末に搭載するコンテンツを自作する場合には、ファイルの更新や長時間利用によるアプリクラッシュに注意が必要です。 万一アプリケーションがクラッシュすると、意図せずホーム画面に戻されたり、パスコード入力画面へ遷移してしまうエラーが発生することがあるからです。 セキュリティ的に非常に問題があるため、クラッシュした端末はすぐに再起動などをおこない、復旧しなければなりません。 飲食店の注文用のキオスク端末などでエラーが発生した状態がSNSなどにシェアされることがありますが、あのような状態は、運用している企業のセキュリティレベルが疑われ、企業の信用にも影響を及ぼすケースがあります。 このような場合でもMDMを通じて遠隔で制御していれば、アプリケーションや端末自体の再起動を操作することによって短い時間で復旧が可能です。 スマートフォンの画面固定方法 最近のAndroidやiPhoneは、画面を固定する機能がOS側から提供されています。 MDMを導入しなくても気軽に実現できますので、その設定方法をご紹介します。 Androidの場合 Android5. 0から搭載された、起動中のアプリケーション画面を固定する「画面のピン留め(Screen Pinning)」機能を使用します。 この機能を使用すると、ナビゲーションバー(ホームボタン、アプリケーション切り替えボタン)、ステータスバー(クイック設定、通知)、画面ロックの機能が無効になります。 もともと誤動作を防いだり、第三者が勝手にアプリケーションを起動して操作するのを防ぐ目的で用意された機能です。 設定手順は「設定」>「セキュリティ」>「画面の固定」の順にタップして、「画面の固定」をオンにします。 固定するアプリケーションの選択は使用する端末によって異なりますが、画面端にピンが表示されるのをタップすることで設定できるため、ピン留め機能と呼ばれています。 iOSの場合 iOS6. 0以上で使用できる「アクセスガイド」を設定することで固定が可能になります。 設定手順は「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「アクセスガイド」に進みます。 次に4桁のパスコードを設定し、ホームボタンを押してホーム画面に戻ります。 続いて、画面に固定したいアプリケーションを起動してホームボタンまたはサイドボタンをトリプルクリックし、アクセスガイドを開きます。 アクセスガイドでユーザーに触れられたくない場所を指でなぞって囲み、指定します。 画面端の「開始」をタップするとアクセスを制限した状態でアプリケーションの表示に戻ります。 アクセス制限を解除するには、ホームボタンのトリプルクリックでアクセスガイドを開き、再設定します。 おわりに キオスク端末はユーザビリティの向上のためだけでなく、有人サービスの置き換えによる人件費の圧縮と削減にもつながるため、私たちの生活にすでに浸透したシステムになっています。 MDMと連携して運用することで多数のキオスク端末を一元管理したり、セキュリティ対策をおこなうことも可能です。 また、MDMのメリットの一つに遠隔でメンテナンスが可能、という点があります。 外出規制などで、現場でのメンテナンスが難しい場合も対応が可能になるため、可能な限りMDMを用いたメンテナンス体制を整えることをおすすめします。

次の

【サムスン】誤って世界中のGalaxyに「端末リモート追跡」通知を送信。ユーザーを怯えさせる[2/24]

端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に

スマホを紛失してしまったので、今すぐできる対処法をお調べではありませんか? まず落ち着いて、どんな行動をすべきかについて、整理しましょう。 重要なのは、「端末を探す」ことと同時に、「悪用を防ぐ」ことです。 悪用を防ぐには、キャリアごとの紛失時サービスを利用し、さらには多くの機能やサービスの利用停止、ID・パスワード変更をする必要があります。 ここではそれらの行動をまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてひとつずつクリアしてください。 また、端末が見つからなかった時には、買い替えを検討しなければなりませんが、加入サービスによっては低価格で素早く手元に届けてもらうことも可能。 キャリアごとに、その内容をチェックしていきます。 そして、再度紛失してしまったときに、安心かつ冷静に対処できるようになる、万全の対策も紹介します。 スマホを紛失してしまったときに、まずやること スマホを紛失したときは、端末を発見することも重要ですが、悪用を防ぐことも目的に行動しましょう。 紛失場所に心当たりがある場合は、その店や駅等に連絡をし、またその場所を管轄する警察や交番に遺失届を出して発見を優先します。 しかし、心当たりがない場合は、悪用されないことを第一優先とします。 この場合は、まずキャリアの紛失時サービスを用いて、画面ロック、回線停止、サービス機能停止などの措置をとることで、端末の悪用を防いでください。 キャリアごとの紛失時サービスを用いて端末を遠隔操作! キャリアや、事前申し込みの有無等によって、受けられる紛失時サービスの内容が異なります。 またAndroidかiPhoneかによっても、利用できるサービスに差があるという点にも注意しましょう。 なお、iPhoneにはApple社が提供するサービスがあります。 2-1. ドコモの場合(Android) 電話一本で、「利用一時中断」「おかませロック」「ケータイお探しサービス」の手続きができます(おまかせロックとケータイお探しサービスは、対応機種に限る)。 これらはドコモショップやWebサイト「My docomo」でも手続き可能です。 サービスの利用一時中断:通話やメール、spモードやiモードが利用できなくなります• おまかせロック:電話帳などのデータや、スマホの画面、おサイフケータイ機能にロックをかけます• ケータイお探しサービス:GPSを利用し、端末がある場所を検索します。 ただし、端末側に事前設定を要します 電話:0120-524-360(24時間受付) WEBでの手続き: 2-2. auの場合(Android) 「安心セキュリティパック」への加入と事前設定を満たしていれば、Webサイト「auお客様サポート」での手続きにより、「位置検索」と「リモートロック」が可能となります。 その一方で、「緊急通話停止」は誰でも利用できます。 安心セキュリティパック:位置検索、リモートロック。 14夏モデルまでは「3LM Security」アプリ、14冬モデル以降は「Lookout for au」アプリを用いて、位置検索とリモートロックができます(アプリはプリインストールされています)。 緊急通話停止より前に行ってください• 緊急通話停止:「KDDIお客さまセンター」の盗難・紛失・故障案内に電話連絡をするか、auお客様サポートで、スマホの利用を停止できます。 これを実行すると、上記の位置検索やリモートロックができなくなるので注意してください 電話:0077-7-113(24時間受付) WEBでの手続き: 2-3. SoftBankの場合(Android) 「回線停止手続き」「安心遠隔ロック」「紛失ケータイ捜索サービス」といったサービスが用意されています。 利用できる条件が異なるので、チェックしてください。 回線停止手続き:紛失・故障受付に電話するか、Webサイト「My SoftBank」で手続きできます。 0800-919-0113(24時間受付)• 安心遠隔ロック:My SoftBankや、 157(24時間受付)への電話で、端末にロックをかけることができます。 利用するには「S! ベーシックパック」への加入と「安心遠隔ロック」アプリが必要です。 紛失ケータイ捜索サービス:GPSを利用し、端末の場所を捜索します。 利用には「スマートフォン基本パック」への加入が必要ですが、未加入であってもサービス利用時に加入すればOKです WEBでの受付: 2-4. iPhoneの場合 紛失した端末側で「iPhoneを探す」アプリが有効になっていれば、パソコンのブラウザからiCloudへアクセス、あるいは他のiOS端末から、さまざまな遠隔操作を実行することができます。 悪用防止!スマホで利用していた各サービスを停止手続き 3-1. おサイフケータイ機能を優先して停止! 前述したキャリアのサービスで端末にロックをかけることで、おサイフケータイ機能もロックできますが、端末の電源がオフになっていると遠隔ロック自体が機能しません。 おサイフケータイは電源がオフでも利用できてしまいますので、サービスを利用停止にした方が安全です。 3-1-1. モバイルSuica モバイルSuicaサイトか、モバイルSuicaコールセンターへの電話で、再発行(または退会)手続きを行うことで、定期券や電子マネー等を再発行(払い戻し)できます。 3-1-2. 楽天Edy 利用停止や、残高の払い戻しはできません。 「紛失・サービス停止のお手続き」により、第三者の不正利用を防ぎます。 3-1-3. iD 利用しているクレジットカード会社に連絡をし、サービスの利用停止を依頼します。 3-1-4. QUICK Pay 利用しているクレジットカード会社に連絡をし、サービスの利用停止を依頼します。 3-1-5. nanaco nanacoお問合わせセンターに連絡し、利用停止手続きを依頼します。 電話:0570-071-555 , 0422-71-2266 (24時間受付) WEBでの受付: 3-1-6. Apple Pay 紛失モードを使用することにより、Apple Payを使って支払いをすることは出来なくなります。 3-2. メールやSNSのID・パスワードを変更 紛失したスマホにロックがかかっていない場合は、悪意ある第三者によってメールやSNSが不正利用されるおそれがあります。 それを防ぐためにも、主要なサービスのパスワードを変更しましょう。 Googleアカウント• Apple ID• Facebook• Twitter• LINE 4. 新しい端末はどうする!? キャリアごとの補償サービス 4-1. auの場合 「安心ケータイサポートプラス(LTE)」に加入していれば、電話連絡により指定の場所へ2日以内に交換機が届きます。 ただし、事前に警察署など公的機関へ届出をし、その受理番号が必要となります。 長期利用特典として契約が3年以上ならば2000円引きとなります 4-3. softbankの場合 あんしん保証パックに加入していれば、同一機種または指定機種を会員価格で購入できます。 再発防止! 紛失・盗難時への事前対策 5-1. 紛失・盗難対策アプリ 再発を想定し、紛失・盗難対策アプリのインストールと、機能の有効化を設定しておきましょう。 ここではAndroidとiPhoneの公式アプリを紹介します。 5-1-1. Androidデバイスマネージャー Googleアカウントと関連付けられている端末を見つけることができます。 また画面ロックをしたり、データを全消去する機能もあります。 5-1-2. iPhoneを探す iCloudや、iOSデバイスを用いて、端末を探します。 画面ロックやカスタムメッセージの表示、データ全消去なども可能です。 5-2. 画面ロック スマホに画面ロックをかけることは非常に重要で、紛失時もさることながら、普段からも第三者の不正利用を防止することができます。 パスワードやパターンは、容易に予想できないものにしましょう。 5-3. SIMカードロック SIMカードのロックを設定すると、暗証番号となるPINコードを入力しないと、端末を操作できなくすることができます(再起動を含む端末起動時)。 画面ロックだけではなく、こちらのロックもかけておくと、強力な不正利用対策となります。 画面ロック、SIMカードロックについては、『』 でも解説しています。 5-4. IDやパスワードをブラウザに記憶させない ブラウザを始め、さまざまなアプリが、IDやパスワードを記憶できるようになっていますが、これが紛失時には怖い存在となります。 不正利用を防ぐためには、これらを無効にしておいた方が良いといえます。 5-5. LINEをパソコンで使えるようにしておく LINEのメッセージや無料通話を、従来のメールや電話のように使っている方も多いと思いますが、LINEはパソコンでもスマホとほぼ同じように使うことができます。 ただし、初回にスマホを使った認証があるため、スマホを紛失してからではパソコンでLINEを使い始めることができません。 万が一の事態に備え、パソコン版のLINEを使えるようにしておきましょう。 まとめ スマホを紛失した時は、端末を発見するための行動と、悪用を防止するための行動を並行しますが、とりわけ悪用を警戒しましょう。 キャリアによる紛失時のサービスは、加入プランや事前設定によって利用できる・できない種類もあるので、それぞれ確認が必要です。 おサイフケータイ機能や、メール、SNSは不正利用されると被害が大きいため、速やかにサービス停止やID・パスワードの変更を行ってください。 今回の紛失にあたり、加入プランやアプリ、事前設定が、カギになると分かったはずです。 再発時には冷静に対処できるよう、これらをきちんと準備しておきましょう。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の

遠隔地からGALAXY S4を操作するには

端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に

お世話になります。 業務使用で遠隔地に7台のWindows10 PC ThinkPad を設置しています。 常時ログインするわけではなく、必要に応じてRDPで接続しているため、常時PCの状態を把握できておりません。 勝手に電源が切れても困るので、下記の設定を行っています。 ・Windows Updateは時間を指定して実行 ・Windows Updateのための再起動は実行させない ・かわりに、週に1度タスクスケジューラにて再起動を実施している ですが最近、PCの電源が落ちる現象が5台で発生しております。 イベントビューアーでシステムログを確認すると、すべてのPCで --------------------------------------------------------------- システムがスリープ状態になります。 スリープの理由:バッテリ --------------------------------------------------------------- とログが残されているのですが、もちろん電源は常に接続されている状態で、起動時には問題ない残量になっています。 電源も同一の場所から取っているため、電力供給自体遮断された場合は複数のPCが近い時間(長くても1日以内)に 落ちることになると思いますが、発生する日時もバラバラです。 ですので、ログとしてはこちらが残っていますが、バッテリが原因でシャットダウンしたとは考え難いです。 何か、同様の事象や解決策をご存知ないでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。 お世話になります。 業務使用で遠隔地に7台のWindows10 PC ThinkPad を設置しています。 常時ログインするわけではなく、必要に応じてRDPで接続しているため、常時PCの状態を把握できておりません。 勝手に電源が切れても困るので、下記の設定を行っています。 ・Windows Updateは時間を指定して実行 ・Windows Updateのための再起動は実行させない ・かわりに、週に1度タスクスケジューラにて再起動を実施している ですが最近、PCの電源が落ちる現象が5台で発生しております。 イベントビューアーでシステムログを確認すると、すべてのPCで --------------------------------------------------------------- システムがスリープ状態になります。 スリープの理由:バッテリ --------------------------------------------------------------- とログが残されているのですが、もちろん電源は常に接続されている状態で、起動時には問題ない残量になっています。 電源も同一の場所から取っているため、電力供給自体遮断された場合は複数のPCが近い時間(長くても1日以内)に 落ちることになると思いますが、発生する日時もバラバラです。 ですので、ログとしてはこちらが残っていますが、バッテリが原因でシャットダウンしたとは考え難いです。 何か、同様の事象や解決策をご存知ないでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。 マイクロソフト コミュニティへの投稿、ありがとうございます。 症状について確認なのですが、『電源が落ちる』というのは、スリープ状態になっているのでしょうか? それとも、シャットダウンまたは強制終了を行ったような状態のことですか? スリープのことであれば、念のため、スリープに移行するまでの時間の設定を確認してみると良いと思います。 また、同様のログが出ていた下記スレッドの質問者さんの場合は、ハードウェア側の問題だったようです。 津森 美緒 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 津森さん お世話になります。 PCはいつでもリモートログインできるように、電源に接続し、スリープモードにはしない設定となっております。 こちらに関してはノーマークのため、確認してみます。 >電源に接続し、スリープモードにはしない設定となっております。 赤矢印先を ク リ ッ ク。 赤枠内を ク リ ッ ク。 赤枠内を ク リ ッ ク して出た画面の緑枠内を確認。 ハードディスクが図のように時間で切れる設定になっていませんか? 私の設定では100分にしていますが、 初期設定では20分だったと思います。 スリープの時間設定をしていないので放置しておくと、 ハードディスクが時間で切れてしまうのではないでしょうか。 プロフィールでPochi の由来をお教えします。 確かに、おっしゃる通り電源接続時には20分でハードディスクの電源を切るように設定されています。 ただ、こちらの設定でハードディスクの電源が完全に切れてしまうと、他でも大きな問題となっていると思いますので、こちらは未使用時はHDDを休止させる、というような意味合いで今回のPCの電源が切れてしまう件とはあまり関係がないように思います。 ちなみに、多数のメンバーでPCを共有しているため、はっきりとはわかりませんが、PCが使用されない期間が1週間以上に及ぶこともあるかと思います。 はじめに、PCの電源が切れていることを確認してから1ヶ月以上経過しましたが、どのPCも1度しかこの現象が起こっておりません。 安藤坂の Pochi さん、いつもアドバイスありがとうございます。 OSAMU Kurihara さん、こんにちは。 また、起動時には「スリープから復帰しました」のようなログではなく、通常のシャットダウンから起動を行ったときのログ表示になっているでしょうか。 その後現象は再現されていないとのことでなかなか原因特定も難しそうな状況ですね。。。 気休めかも知れませんが、念のため発生した 5 台の PC で電源のトラブルシューティング ツールを実行してみて、しばらく様子を見るようにしてみてはいかがでしょう。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 近藤さん お世話になります。 あまりWindowsに詳しくないのと、公式な場所から得た情報ではないので申し訳ないのですが、 Windows10では高速スタートアップ機能が備わっており、 こちらの機能は内部的にはスリープとして処理される、と見たことがあります。 ですので、ログとしては --------------------------------------------------- イベントID 42 システムがスリープ状態になります。 スリープの理由: バッテリ --------------------------------------------------- が、シャットダウンのログに対応するものだと思っています。 スリープの理由: アプリケーション API --------------------------------------------------- というようなログが出力されました。 起動時のログは今回の現象、故意の再起動にかかわらず --------------------------------------------------- イベントID 1 システムは低電力状態から再開しました。 416681500Z スリープ状態の解除元: 不明 --------------------------------------------------- です。 分後にスリープにするような設定に変更されただけでした、、、 OSAMU Kurihara さん、こんにちは。 ご返信ありがとうございます。 ログの内容からでは原因の特定に繋がるようなものは読み取れないですね。 こちらでは他に確認できそうな設定項目や切り分け方法など、思い当たるものがありませんでした。 お役に立てずごめんなさい。。。 この件について他に何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、書き込みをお待ちしています。 ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 あなたが送ってくれたスクリーンショットを拝見すると大画面の方で、 ディスプレイの電源を切る・・・適用しない コンピューターをスリープ状態にする・・・適用しない になっています。 >一定時間経過後に スリープする設定が勝手に120分に設定されていて、これが優先されていたようです。 休止状態が勝手に(初期設定では180分だったと思うのですが)120分に なっていたのであって スリープ時間が優先されたわけではありません。 スリープ時間の設定場所はこの上に別にあります。 (赤矢印先) 休止状態は思い切りでかい数字にするよりも なし に設定する方がよいかも。 休止状態はシャットダウンと違い直前の状態を保持したまま電源を切るので、 勝手に切られても実害(データの消失)はありません。 プロフィールでPochi の由来をお教えします。

次の