ポーク ステーキ 柔らかい。 『柔らかいポークジンジャーステーキ』by tmgfc347 : レストラン 峰

ポークステーキのプロの焼き方!ジューシーなステーキにするためには?

ポーク ステーキ 柔らかい

みなさんにもせっかく奮発して買ってきたお肉を焼いたら、固くてパサパサしていたという経験があるはず。 実はこれ、焼く温度に問題があるんだそう。 調理科学の専門家・佐藤秀美さんによれば、 「1cm以上の厚さの牛肉を美味しく焼くポイントは、中心温度が65度以上にならないようにすること」にあるそうです。 同じ重さのお肉を中心温度が65度まであがらないようにして焼いたステーキと、75度以上になるように焼いたステーキとで重さを比較すると、75度以上で焼いたステーキは、65度で焼いたものよりも、12gも軽くなっていたという実験結果もあるぐらい。 実は、肉が軽くなったのは、肉汁が失われたのが原因。 肉は筋繊維がコラーゲンの膜で束ねられた構造。 コラーゲンは65度を超えると縮んで、筋繊維を締め付けるので肉汁が絞り出されます。 そのせいで肉が固くなるというのだからビックリです。 温度を図りながら焼けない家庭での対処法 65度を超えるとお肉が固くなるメカニズムがわかっていただけたと思います。 でも、家でステーキを焼くとき、いちいち温度を図るなんてできませんよね。 そんな場合どうしたらいいのか?ステーキの焼き方をリポートしつつ、ご紹介したいと思います。 それもへらで押したり、竹串で刺したりせず、自然に出てくる肉汁が目安になるそうです。 肉汁がうっすらと出てきたらステーキ肉をひっくり返すベストタイミング。 裏返してしばらく焼き、同じように肉汁が浮かび上がってきたらOK! この焼き方なら中心部分が65度を超えることはないそう。 よくステーキから出てくる血が苦手なんて声も聞きますが、実はステーキを焼いているときにでる赤い汁は、血ではなく、ミオグロビンという色素。 だからこそしっかり焼かなくても大丈夫なんだそうです。 薄切り肉のときも同じでいいの? でも、実際に使うのは、厚切りのステーキではなく、薄切りの肉のほうが多いですよね。 そんな薄切りの肉の場合も、同じように65度で焼いたほうがいいの?と疑問に思った方もいらっしゃるはず。 もちろん65度焼きにしたほうがいいのですが、薄い肉の場合は焼き色がつく間に、中心部が65度に達してしまうので、注意が必要なんだそう。 こんなときは、佐藤さんいわく「メイラード反応」を利用するといいそうです。 メイラード反応とは、アミノ酸と糖によって肉に香ばしい焼き色を付ける反応。 元々肉にはアミノ酸と糖が含まれています。 薄切り肉をそのまま焼いてしまうとメイラード反応ができたときには中心部が65度を超えてしまうのですが、これからお伝えするタレにつけ込んで焼けば、先に反応が起こるので、中心部が65度以上になりません。 つまり、焦げることなく、美味しくお肉が焼けるそうです。 簡単な組み合わせなので、ぜひ活用してみてくださいね。 目からウロコの情報がたっぷりでしたね。 でも、クックパッドにも、肉を柔らかくするアイディアが。

次の

低温調理器レシピ|ローストポーク・ステーキ・ダイエットできる豚の角煮

ポーク ステーキ 柔らかい

出張料理人のガッキーです。 今回は ポークステーキの美味しい焼き方をご紹介します! 「え?豚肉でも美味しいステーキができるの?!」という方! 必見です。 比較的リーズナブルに手に入りやすい豚肉ですが、牛肉とはまた違う旨味を感じられるので、僕は豚肉好きですね! 「シンプルに焼く」 簡単だが奥深い世界を、今日はご紹介します。 ポイントを押さえれば、誰でも美味しく焼けるようになります。 早速『 ポークステーキ』焼いていきましょう! 追記:最近『 』の記事も公開致しました! お肉好きの皆さまには、この記事と合わせてご覧いただければと思います。 夏なら15分程、冬なら30分程常温においておきます。 結構しっかり目に塩をしましょう。 目安は、肉の重さの1パーセントの重さの塩をします。 200グラムだったら、2グラムの塩をします。 グラムなんて測ってられないよ!という方は、 焼肉を思い出してみてください。 焼肉をしたときって薄い肉に一枚一枚、塩コショウをすると思います。 この塊り肉を、例えば10枚くらいに薄く切ってあって焼き肉にしたら、一枚一枚断面に塩コショウしますよね? これが10枚分合計すると、結構塩、してるんですよ! だから塊り肉に塩をするときは 『焼肉みたいに薄く切ってあったら1枚これくらい塩をする』イメージで塩コショウをしてみましょう! 「結構塩かけたな」というくらいが、意外とちょうどよかったりします。 できたら鉄のフライパンがオススメですが、テフロンでも大丈夫です。 フライパンを強火で熱し、オリーブオイルを入れます。 しっかり熱せれたら、肉を入れます。 そしたら 触っちゃダメ! 料理初心者で多いのが、「すぐに気になって裏を見たり動かしたりすること」。 1〜2分はしっかり焼く! 触ったとしても、少し持ち上げて肉の下に油を流すくらいにしておいてください! そうすることで、 このようにしっかり焼き色がつきます。 裏面も同様、しっかり焼き色をつけて焼きます。 『焼き目も旨み』なのでしっかりやりましょう! 側面も焼きましょう! 大体、3分〜300グラムの肉なら5分ほどで、全体に焼き色がつくと思います。 そしたら、取り出します。 リラックスさせるためにも休ませましょう!(笑) なので取り出したらアルミホイルをかぶせ、休ませます。 外側からジワリジワリと、中心に熱が伝わっています。 焼いた時間と同じ時間休ませます。 3分かかったなら3分、5分かかったなら5分休ませます。 そしたら再び、フライパンを熱し(洗わずそのままでいいです)再び肉を入れて、油を全体になじませたら、 蓋をして、弱火で5分程焼きます。 5分たったら、再び取り出し有給。。。 いや休ませます。 ここもさっきと一緒です。 焼いたら、焼いた時間と同じ時間休ませます。 フライパンはまさか洗ってませんよね? 焼いた旨み残ってます!これをソースに利用します。 洗わないでね! 油が結構出てるので、少しだけ油を残しあとは捨てます。 酒とみりんを入れてアルコールを飛ばし、しょうゆ、粒マスタードを入れて、ソースの完成です! 今回は和風のソースにしてみました! 肉を切って、薄いピンク色になっていれば完璧です! 肉の大きさや、重さによっては、火が入ってないこともあるので、その場合は蓋をして、少し焼きましょう! その際も休ませることをお忘れなく! ではでは肉をカットします。 このようにインパクトな切り方でもいいです。 少し厚めに切っても美味しいですよ。 ソースをかけていただきましょう! 今回はネギを添えました! サラダとか、焼き野菜とかでも合います。 どーせなら新鮮なお野菜を、付け合わせや副菜に使ってみませんか? 今話題の なら、自宅に新鮮なお野菜が届きます。 スポンサードリンク 【肉汁たっぷり】プロのポークステーキの焼き方!のポイント• 常温に戻す 冷蔵庫から出したてだと焼きムラが出て、うまく焼けません。 焼いた後に休ませる時も、ジワジワ熱が伝わりにくいのでしっかり常温に戻しましょう!• 塩をしっかりする ビビって薄くしないように! しっかりしないと、肉の味がうまく引き出せません。 焼肉をした時のイメージで、この塊の肉が薄く切ってあって、一枚一枚に塩コショウしたら?というイメージで塩をしてみましょう! 肉の1パーセントの重さの塩をしましょう!• 焼き色をつける 焼き色も旨み!香りも出るので、しっかりフライパンを熱し、入れたら、あまり動かさない!我慢するところは我慢しましょう!• 休ませる 人間も休まないと疲れますが、肉も一緒です。 焼いたら、焼いた時間休ませて、じっくりゆっくり火を入れましょう! あなたもたまには休んで、ポークステーキでも食べましょうよ(笑) あと、ポイントではないんですが、 簡単にステーキを作る道具として こちらの「BONIQ」という低温調理を簡単にできる道具もあります。 ほぼ放置で、抜群の火入れが可能となります。 合わせてご覧ください。 そして、豚肉にちょっとこだわりたい時は、 この『 ラルポーク』がオススメです! 旨みがしっかりしていて脂の香りが全然違います!.

次の

やわらかポークソテー by藤井恵さんの料理レシピ

ポーク ステーキ 柔らかい

ためしてガッテンポークソテーの焼き方 ガッテンポークソテーの焼き方は、いつものポークソテーの焼き方とほぼ一緒だと思うんです。 でも、番組で紹介された通りに火加減を調整することで、 一歩上を行くポークソテーが焼けます! 用意するもの• フライパン• フォーク• 厚切りの豚肉• 塩コショウなど 準備• 豚肉の筋を包丁で切る• フォークで、豚肉を4箇所刺す( フォークを貫通させる)• お好みで塩コショウなどの下味をつける 焼き方• フォークを刺したの穴から肉汁が出てるのを待つ ( 肉厚1. 肉汁を確認したら、豚肉をひっくり返して逆面も焼く (豚厚1. 火を止めて、3分間余熱を与える (赤みが残っている部分も、余熱の時間で火が通ります) 説明の通りに焼くと…焼いてる途中で、豚肉の赤いところ気になるかも? でも、 最終的にはちょうど良い火加減でポークソテーが焼けます。 ジューシーでムチっとした質 感や、 カリカリに焼けた肉の表面 など。 んで、一口目を噛み締めると、ポークソテーが「プルン」としている。 焼きすぎたポークソテーって、口の中で「ザクッ」とか「ミシッ」みたいな感じがするじゃないですか。 でも、ガッテンの焼き方でポークソテーを作ると「プルン」と 柔らかい。 豚肉って、牛肉より格下ってイメージがありますが・・・ 上手に焼けたポークソテーを食べると、牛肉がなくても生きていけそうな気がします。 もし、ガッテンのやり方でポークソテーがうまく焼けたら…次は、ちょっと高級めな豚肉 でポークソテーを作ってみてください。 100gで97円豚肉を、170円のやつにレベルアップするとか。 お金を払ったぶんそのまま、うまさに直結してくれますよ!.

次の