ミーシャ テイト。 【UFC】中井りん、ミーシャ・テイトに判定負けで初黒星

ミーシャ・テイト

ミーシャ テイト

来歴 [編集 ] に生まれる。 高校時代は男子レスリングチームで男子に混ざってトレーニングに励み、4年時にワシントン州女子王者になっている。 に進学後、校内のMMAクラブでアマチュアMMAを始め、5勝1敗のアマチュア成績を上げて2007年にプロへ転向した。 11月24日、プロデビュー。 Strikeforce [編集 ] 6月27日、デビュー。 5月15日、Strikeforce Challengers 1でと対戦し、判定負け。 3月26日、でと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。 2010年8月13日、Strikeforce女子バンタム級トーナメント決勝でに3-0の判定勝ちを収め優勝を果たした。 7月30日、の保持するStrikeforce女子バンタム級王座に挑戦し、4R肩固めで一本勝ちを収め、王座獲得に成功した。 3月3日、でStrikeforce女子バンタム級王者としての挑戦を受けるが、1Rで肘を脱臼して敗れ、王座から陥落した。 UFC [編集 ] 4月13日、デビュー戦となったで女子バンタム級ランキング4位のと対戦し、試合開始からペースを握るも、3Rにパンチと膝蹴りの連打を浴びてレフェリーストップで逆転負けを喫し、のコーチ役とUFC女子世界バンタム級王者ロンダ・ラウジーへの挑戦権を逃した。 しかし敗戦となったものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞、UFCでファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した初めての女子選手となった。 2013年5月28日、ジンガノが練習中に膝に大怪我を負い手術を受けて長期欠場となったため、テイトが代わりにThe Ultimate Fighterのコーチ役とロンダ・ラウジーの保持するバンタム級王座への挑戦権を獲得した。 2013年9月、でロンダ・ラウジーとそれぞれのチームのコーチを務めた。 2013年12月28日、でUFC世界女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーに挑戦し、3R腕ひしぎ十字固めで敗れて王座獲得に失敗したが、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 4月19日、で女子バンタム級ランキング7位のと対戦し、判定勝ち。 2014年9月20日、で開催されたでと対戦し、3-0の判定勝ち。 1月31日、で女子バンタム級ランキング3位のと対戦し、2-0の判定勝ち。 2015年7月25日、のUFC世界女子バンタム級王座挑戦者決定戦で女子バンタム級5位のと対戦し、3-0の判定勝ち。 3月5日、のUFC世界女子バンタム級タイトルマッチで王者のに挑戦。 5Rにで一本勝ちを収め、王座獲得に成功するとともにパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2016年7月9日、のUFC世界女子バンタム級王座の防衛戦で女子バンタム級4位の挑戦者と対戦し、リアネイキッドチョークで一本負けを喫し王座陥落した。 2016年11月12日、で女子バンタム級8位のと対戦し、0-3の判定負け。 試合後に引退を表明した。 2016年12月11日、サブミッション・アンダーグラウンド 2でとグラップリングルールで対戦し勝利を収めた。 11月7日、ONE Championshipと副社長として契約。 人物・エピソード [編集 ]• ネバダ州の山をハイキングしていたところ、腕を骨折している6歳の娘を抱えた母親と遭遇。 見かねたテイトは母親に代わって娘を抱えて約4キロ先の山のふもとまで下山した。 このテイトの行為に感激した女児の家族は、テイトが自分の娘を抱えている写真をSNSに投稿し「UFCのファイターが我々家族を助けてくれた。 謙虚な人だったな。 感謝してもしきれないよ。 ハイキングする時間を割いて手を貸してくれたんだ。 本当にありがとう」と謝辞を並べた。 FCF女子王座(2009年)• 女子トーナメント 優勝(2010年)• 第3代Strikeforce女子バンタム級王座(2011年)• 第3代世界女子バンタム級王座(2016年) 表彰 [編集 ]• ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)• UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回) 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ].

次の

ミーシャ・テイトとは

ミーシャ テイト

【UFC】中井りん、ミーシャ・テイトに判定負けで初黒星 2014年9月20日 23時39分 参照回数: 中井りん選手 vs ミーシャ・テイト選手 (撮影:竹内みちまろ 2014年9月20日 さいたまスーパーアリーナにて) 総合格闘技の「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014」が2014年9月20日、さいたまスーパーアリーナで開催され、UFC初参戦となる中井りん選手(27)が、強豪ミーシャ・テイト選手(28・アメリカ)と対戦し、0-3で判定負けをした。 中井選手はプロ18戦目にして初黒星を喫した。 試合後、取材スペースに姿を現した中井選手は、「ぜんぜん負けていないと思います。 むしろ勝っていると思います。 判定が間違っていると思いますので、提訴したいと思っています」と判定に納得がいかないことを明かした。 バックマウント、チョーク、テイクダウンの回数などを指摘し、「アグレッシブに攻めていたと思いますので、納得がいっていないです。 ぜんぜん、負けていないと思います」と改めて判定への不服を口にした。 一方、日本で開催された初の女子選手によるUFCの試合で勝利を飾ったミーシャ・テイト選手は、「以前と比べて打撃を思い通りに駆使することができました。 ファンにとっても見応えのあるファイトが展開できたと思います」と喜びを語った。 中井選手のパワー対策として、男性を相手に練習を重ねたことを明かし、「レスリングのディフェンスという意味で以前の私よりも向上しました」「中井選手を仕留めたいと思ったのですが、そこで、勝ちを焦ると墓穴を掘ってしまいますので、慎重に行きました。 中井選手は打たれ強く、今まで負けたことのない選手です。 無理して仕留めるのではなく、打撃の応酬でも、中井選手のパワフルな打撃を食らわない一番いい距離を保ち続けることができました」と振り返った。 ミーシャ・テイト選手は、「日本には今までに数々の優秀な女子の総合格闘技の選手がいました。 すばらしい技術と力を持っているのですが、世界的にはまったく注目されずにきました。 その日本で、自分が最初のUFCの女子の試合ができたことを誇りに思います。 このことが単なる刺激ではなく、楽しんで注目され、女子の総合格闘技の成長につながれば嬉しいです」とメッセージを送った。

次の

中井りんの旦那はオーストラリア人?宇佐美館長との噂も?本名や卒アルも流出?!

ミーシャ テイト

来歴 [編集 ] に生まれる。 高校時代は男子レスリングチームで男子に混ざってトレーニングに励み、4年時にワシントン州女子王者になっている。 に進学後、校内のMMAクラブでアマチュアMMAを始め、5勝1敗のアマチュア成績を上げて2007年にプロへ転向した。 11月24日、プロデビュー。 Strikeforce [編集 ] 6月27日、デビュー。 5月15日、Strikeforce Challengers 1でと対戦し、判定負け。 3月26日、でと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。 2010年8月13日、Strikeforce女子バンタム級トーナメント決勝でに3-0の判定勝ちを収め優勝を果たした。 7月30日、の保持するStrikeforce女子バンタム級王座に挑戦し、4R肩固めで一本勝ちを収め、王座獲得に成功した。 3月3日、でStrikeforce女子バンタム級王者としての挑戦を受けるが、1Rで肘を脱臼して敗れ、王座から陥落した。 UFC [編集 ] 4月13日、デビュー戦となったで女子バンタム級ランキング4位のと対戦し、試合開始からペースを握るも、3Rにパンチと膝蹴りの連打を浴びてレフェリーストップで逆転負けを喫し、のコーチ役とUFC女子世界バンタム級王者ロンダ・ラウジーへの挑戦権を逃した。 しかし敗戦となったものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞、UFCでファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した初めての女子選手となった。 2013年5月28日、ジンガノが練習中に膝に大怪我を負い手術を受けて長期欠場となったため、テイトが代わりにThe Ultimate Fighterのコーチ役とロンダ・ラウジーの保持するバンタム級王座への挑戦権を獲得した。 2013年9月、でロンダ・ラウジーとそれぞれのチームのコーチを務めた。 2013年12月28日、でUFC世界女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーに挑戦し、3R腕ひしぎ十字固めで敗れて王座獲得に失敗したが、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 4月19日、で女子バンタム級ランキング7位のと対戦し、判定勝ち。 2014年9月20日、で開催されたでと対戦し、3-0の判定勝ち。 1月31日、で女子バンタム級ランキング3位のと対戦し、2-0の判定勝ち。 2015年7月25日、のUFC世界女子バンタム級王座挑戦者決定戦で女子バンタム級5位のと対戦し、3-0の判定勝ち。 3月5日、のUFC世界女子バンタム級タイトルマッチで王者のに挑戦。 5Rにで一本勝ちを収め、王座獲得に成功するとともにパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2016年7月9日、のUFC世界女子バンタム級王座の防衛戦で女子バンタム級4位の挑戦者と対戦し、リアネイキッドチョークで一本負けを喫し王座陥落した。 2016年11月12日、で女子バンタム級8位のと対戦し、0-3の判定負け。 試合後に引退を表明した。 2016年12月11日、サブミッション・アンダーグラウンド 2でとグラップリングルールで対戦し勝利を収めた。 11月7日、ONE Championshipと副社長として契約。 人物・エピソード [編集 ]• ネバダ州の山をハイキングしていたところ、腕を骨折している6歳の娘を抱えた母親と遭遇。 見かねたテイトは母親に代わって娘を抱えて約4キロ先の山のふもとまで下山した。 このテイトの行為に感激した女児の家族は、テイトが自分の娘を抱えている写真をSNSに投稿し「UFCのファイターが我々家族を助けてくれた。 謙虚な人だったな。 感謝してもしきれないよ。 ハイキングする時間を割いて手を貸してくれたんだ。 本当にありがとう」と謝辞を並べた。 FCF女子王座(2009年)• 女子トーナメント 優勝(2010年)• 第3代Strikeforce女子バンタム級王座(2011年)• 第3代世界女子バンタム級王座(2016年) 表彰 [編集 ]• ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)• UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回) 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ].

次の