群れ なせ シートン 学園 エロ。 『群れなせ!シートン学園 Vol.2』(著)山下文吾

2018年11月発売のコミック新刊ラインアップ(発売日順:16日~30日)

群れ なせ シートン 学園 エロ

ケモノ学園ギャグ作品です とりあえず良いと思った部分だけを書きます ・ヒロインがかわいい ・テンポが良い ・演出が作風にマッチしている ・声優さんのチョイスが絶妙(ランカをあそあその華子にしたのはナイス) ・脚本家がゾンサガやシドニアの騎士を担当した村越繁さん ・EDの中毒性が高く、非常に良い ・動物の特性をちょいちょい小出ししてくるので勉強にもなる(多分) この作品に関しては完全にノーマークだったのですが、面白かったです これがダークホースなのだろうか 原作の雰囲気を完全再現 サイコミで連載開始時から読んでいますが、作品のテンポ感や賑やかさが完璧に再現されていて、スタッフの原作愛が感じられます。 キャスティングもイメージ通りの声で全く違和感がありません。 特にランカ役の木野日菜さんが最高です。 【うざ可愛い動物学園アニメ】!! ギャグ多めの動物学園アニメです。 シマウマに下僕にされる自称オオカミ娘! まさに弱肉強食の動物たちのスクールカーストである。 シビアだっ! 自称オオカミのピンクの髪の毛のヒロインが気に入るかで評価が変わるでしょう。 テンポが良いので、ギャグアニメとして及第点。 今後が楽しみです。 もっと、変なキャラクターが増えると、より面白くなると思います。 確かにEDは中毒性がある(笑) 尾も白そう 縞 シマウマの縞パンにやられた。 瞬殺だった。 アニメ「群れなせ!シートン学園」第1話はこんな人におすすめ!.

次の

群れなせ!シートン学園で『ファーブル学園』が話題に!

群れ なせ シートン 学園 エロ

ケモノ学園ギャグ作品です とりあえず良いと思った部分だけを書きます ・ヒロインがかわいい ・テンポが良い ・演出が作風にマッチしている ・声優さんのチョイスが絶妙(ランカをあそあその華子にしたのはナイス) ・脚本家がゾンサガやシドニアの騎士を担当した村越繁さん ・EDの中毒性が高く、非常に良い ・動物の特性をちょいちょい小出ししてくるので勉強にもなる(多分) この作品に関しては完全にノーマークだったのですが、面白かったです これがダークホースなのだろうか ー2話まで視聴済みー 食糞コアラが追加され面白さが増しました。 ナマケモノ可愛いし、ランカの掛け合いが良き。 優しい世界でした なんだかんだ主人公は良いやつなのかも。 ー3話まで視聴済みー 会長とライオン登場回。 とりあえずライオンからたてがみ取ったら何も残らない事が分かった ランカが安定の可愛さを誇っている。 あと主人公がアホガールのあっくんみたいだ 9話まで試聴しましたが、勢いは衰えず・・とても素晴らしい作品と確信しました。 大好き。 動物の出てくるアニメってこれまでは多分3Dで作っていたとおもうけど、これは2Dで書いてる。 この時点ですごく新しいって感じを受けました。 更に動物の登場人物には恐竜も出てくるのがすごい。 これまでの動物アニメでもトキとかの絶滅した動物がでてきたことはあったけど、恐竜までさかのぼったのは初だと思う。 アニメーターの想像力の凄さに驚きます。 多分これからパークとか出てきて探検とかするんじゃないかな。 よくわからないけど、動物アニメは20話以上視聴した経験があるのでそのあたりは特に詳しいと自認してます。 学園がパーク的なのかもしれません。 あと、エンディングの歌がすごい。 歌唱力とかの気配がほとんど隠されてる。 それなのに歌だってわかっちゃう。 こういうのはベートーベンとかにもなかったはず。 覇権アニメっていうのがどんなのか知りたい人はこの作品を追えばいいと思う。 自慢できるはず。 動物主体なのでどこか『けもフレ』(一期のほうね)の雰囲気もあるが、『アフリカのサラリーマン』とは違ってストーリーに奥行きが感じられて面白い。 今期乱立する動物ものアニメの中では群を抜いて面白い。 『ダンベル何キロ持てる?』から半年ぶりの玄田哲章のナレーションも相変わらず番組を盛り上げる良い味を出しているし、制作が『Aチャンネル』や『きんいろモザイク』のStudio五組というのも安心できる。 動物臭がしそうな動物アニメというより、学園ものアニメに動物属性の濃いキャラクターがたくさん出ていると思って観た方が気分よく観ることができそうだ。 ナマケモノのミユビなんて、なかなかの美人ではないか! パンダも中国共々ディスった後で仲間に入れるなど、視聴者の心を良く捉えているといえる。 始めの頃はついでに観ていたが、今では毎回が楽しみになった。 現在Kindleで無料で読める部分の情報なのでネタバレになるのかわかりませんが、 一応アニメでは書かれてない情報が入っているのでネタバレ注意です。 少子化が進んで、人間は学校でもクラスに1人いるかいないかの少ない世界。 なのに、基本的には同じ種族で群れて遊ぶので人間の幼少期の主人公は幼稚園? でいつも独りぼっち。 皆と仲良くなりたいから色んな動物の知識を付けて接触してみるけど、基本的に弱いのでいつも噛まれたり蹴られたりしている。 そんな時に転校生の一匹狼のランカと出会って、独りぼっち同士仲良く出来るかもとの話しかけるが、警戒されて毎日噛まれまくる。 ある日ランカがクマに苛められているのを助けようとして返り討ちにあい、膝に出来た擦り傷の傷口をランカが 好意で 舐めまくるんだけど、それが痛いから止めろと言っても聞いて貰えず、いつも噛まれてばかりだったりという事もあり、やっぱり他種族同士はわかりあえないんだと結論付けて獣嫌いになる。 そんな過去が有るので、主人公は獣嫌いな癖に動物知識が多い。 残念な生き物事典的な知識がギャグとして取り入れられていて、ストーリーも基本的には何かを頑張って友達が増えていくような好感の持てる物が多いと思う。 ただ、女の子が無駄にエッチにかかれてるのでそこで好みが別れそう。 個人的には動物知識が面白いと思うので、エロ要素を無くして子供にも見せられるようになっていればもう少し高評価にするところ。

次の

群れなせ!シートン学園(1) (サイコミ)

群れ なせ シートン 学園 エロ

ケモっ娘、ケモミミ、チビッコ、学園、何故か女の子だけ人間型、人間男1人と、大氾濫している「ちょいエロハーレムフルコンボなのか、、、?」おまけに内容紹介アニマルラブコメとあり「確定か?」でしたが、どうにも表紙が楽しそうだったのです。 違いました。 中身もすごく楽しいです。 主役のランカ(狼)元気で仲間思い、素直?で泣いたり笑ったり「愛らしい」要素フル装備。 「群れなせ!」ですから、ぼっちのボス、ランカが学園で群れを成していくストーリー、集まる仲間は多種に渡りイロモノぞろい。 動物生態ネタを随所に盛り込み、エロに頼る事も無くテンポも良い。 面白おかしくだけど「仲間の大切さ、思いやる気持ち」もあり内容は濃い。 ラブコメ要素はほぼ無いと考えてよいと思います。 「恋愛」と言うより「仲間思い」ですね。 ビビッきた方、ぜひ読んでみてください。 うれしい事に第2巻は9月にもう発売と2度おいしい。

次の