送ってくれてありがとう 敬語。 「ご送付」の例文・使い方・読み方|敬語/シーン別/いたします

メールをいただいてありがとうございました

送ってくれてありがとう 敬語

相手に早い対応をしてもらった時に、お礼メールを送る場合がありますね。 その際に、「 早い対応をしてくれて、ありがとうございます。 どう伝えれば、 ビジネスマナーを踏まえた正しいお礼の仕方になるのでしょうか? 目上・上司・社外など、あらゆる相手に使える敬語表現が次の2つ。 その表現が・・・• 迅速(じんそく)なご対応• 早速(さっそく)のご対応 これらの用語によって、 相手に失礼な印象を与えずに「早い対応」をしてくれたお礼を伝えることができます。 あらゆる状況で使用できるので、ぜひ使い方をマスターしていきましょう! ちなみに、私は過去にどう伝えればいいか分からず、「早々のご対応」という表現を使ってしまいました。 今になってみれば、恥ずかしい限りです…。 なぜ「早々のご対応」という表現が良くないのかについても、お伝えしていきますね。 そんなことにならないよう、 早い対応 への お礼メール を送る際の 敬語 表現についてしっかりと把握しておきましょう! まずは「迅速なご対応」についてお伝えしていきますね。 迅速なご対応に、心より感謝申し上げます。 迅速なご対応、ありがとうございました。 適切な敬語表現で、相手にお礼メールを書くことができれば、 マナーのある人だと認知してもらえます。 早い対応への感謝の気持ちを適切に表してくれたら、メールの受け手側は「これからも協力的に仕事を進めよう!」と思う可能性が高まるでしょう。 迅速なご対応という表現を頭に入れておくと、社会人生活で大いに役立ちますよ! 「迅速なご対応」という表現の他にも、「 早速のご対応」という便利な敬語表現もあります。 次の見出しで「早速のご対応」について見ていきましょう。 早速のご対応に感謝申し上げます。 早速のご対応、誠にありがとうございました。 早い対応をしてくれた後に、「早速のご対応」という文言があると、状況にマッチしている印象が強くなりますね。 すぐに対応してくれたことを的確に伝えることができます。 細かな気遣いの積み重ねによって、コミュニケーションスキルが高い社会人として認められる可能性がグッと上がりますよ! 「迅速なご対応」と「早速のご対応」は、どちらを使うのがよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 迅速なご対応と早速のご対応の使い分けは? 「迅速なご対応」と「早速のご対応」で大きな意味の違いはないので、基本的にどちらを使っても構いません。 ではどちらの方が使いやすいのでしょうか? それは・・・ 迅速なご対応 迅速なご対応は、 様々な使い方が可能です。 その理由は、「迅速なご対応によって~」「迅速なご対応のおかげで~」の~部分に、その後の結果も書けるから。 例えば次のような使い方ですね。 〇〇さんの迅速なご対応によって、問題を解決することができました。 迅速なご対応のおかげで、資料を完成させることができました。 それに対し、「早速のご対応」の方では、その後に続く文章に書く言葉が 感謝の言葉に限定化されてしまいます。 例えば、下記のような形式ですね。 早速のご対応ありがとうございました。 早速のご対応に感謝申し上げます。 「早速のご対応によって~」「早速のご対応のおかげで~」という使い方はしません。 ちなみに、「早々(そうそう)のご対応」という表現もありますが、この表現はオススメしません。 どうしてなのか次の見出しでお伝えしていきますね。 スポンサーリンク 早々のご対応は相手に失礼? 「早々のご対応」は すぐの対応を意味します。 「迅速なご対応」もしくは「早速のご対応」と一見同じように思えますが、 注意が必要な表現です。 それは、早々は基本的に目下・友人などに使う言葉だから。 目上や社外の方に使うのは失礼にあたります。 わざわざリスクを負って、「早々のご対応」を使う必要はないので、避けるようにしましょうね。 どの表現にするか迷ったら、 「迅速なご対応」を使うのがベスト。 最も使いやすく、目上・社外にも無難な表現ですからね。 どちらも意味に大きな違いはありませんが、 使える幅が広いのは「迅速なご対応」ということを頭に入れておきましょう。 ただ単に「対応ありがとうございました」よりも、これらの用語を盛り込むことで、相手が受ける印象が良くなりますよ! 例えば、見積もりの作成を早く対応してもらった状況があるとします。 その場合、• 見積もり作成の件、ご対応ありがとうございました。 見積もり作成の件、迅速なご対応ありがとうございました。 どちらの方が印象が良いでしょうか? もちろん、後者の方が早く対応してもらったことに対する感謝の気持ちが強いので、印象が良いですよね! 私自身も、相手に早く対応してもらった際のお礼メールには、「迅速なご対応」を入れて、感謝の気持ちを伝えるようにしています。 ぜひ「 迅速なご対応」「 早速のご対応」の表現をお礼メールの中に盛り込んでいきましょう! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

「持ってきてくれる」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

送ってくれてありがとう 敬語

わざわざの意味と漢字と語源 「わざわざ」の意味は「期待できる以上の手間暇をかけるさま」「わざと、故意に」 「わざわざ」の意味は2つあります。 1つ目は、 ついでではなくその事だけのために行うさま、特別に 2つ目は、 しなくてもいいことを意図的に行うさま、故意に、わざと となります。 「わざわざ」の漢字は「態態」 「わざわざ」は漢字だと 「態態」と書きます。 「業業」「技技」「術術」とは書きません。 ちなみに「わざと」という言葉も、漢字では「態と(わざと)」と書きます。 ただ「態態」と漢字で書くことはあまりなく、一般的に「わざわざ」とひらがなで書きます。 「わざわざ」の語源は「態態し(わざわざし)」 元々「わざわざ」は古語の「態態し(わざわざし)」が由来となっています。 上記でも説明したように、「態態し」は「わざとらしい」「殊更らしい」と否定的な意味を表していました。 「わざと・故意に」という意味から、「特別に行う」と「しなくてもいいことを行う」という2つの意味ができました。 「わざわざ」の使い方 「わざわざ」は敬語ではないがビジネスで目上に使える 「わざわざ」という言葉自体は敬語ではありませんが、敬語フレーズと一緒に使うことで目上の相手に使うことができます。 この場合は、「その事だけのために、特に行ってくださり、ありがとうございます」という意味合いになります。 「わざわざ」の前後に気をつければ、敬意を表せます。 「わざわざ」は嫌味になる場合があるので注意 上記で説明したように「わざわざ」は目上の人に使っても失礼には当たりませんが、 使い方によって好印象を与える場合と不快感を与える場合があるため使用する際には注意が必要です。 例えば「わざわざしなくてもいい」ということを伝えたい場合でも「わざわざそのようなことそしていただかなくても結構です」と使ってしまうと「しなくてもよかった事をしようとして、迷惑です」と相手は受け取ってしまう場合があります。 嫌味だと思われることがあるため気をつけましょう。 「わざわざ」と「せっかく」の違い 「せっかく」の意味は「力を尽くすこと」など 「せっかく」には名詞と副詞の2つの品詞があります。 それぞれの意味は以下の通りになります。 心を砕くこと ・困難、難儀 ・滅多になく、大切であること。 2つの違いとしては以下の通りになります。 また、「せっかく」は目上の人に対して使いませんが、「わざわざ」は目上の人に対して使うことができます。 「わざわざ」の敬語の言い換えと類語 ご丁寧に 「ご丁寧」は「丁寧」の敬語表現です。 主に相手が細かいところまで気を配ってくれたことに対して使います。 相手がわざわざ自分のために何かしてくれたことを「わざわざありがとうございます」「ご丁寧にありがとうございます」と言うことができます。 ・お忙しいところご丁寧にありがとうございます。 ・ご丁寧に新しいパンフレットまで送っていただきありがとうございます。 お忙しいところ 相手がわざわざ何かをしてくれるということは、自分のために時間を割いてくれたということです。 それに対して「お忙しいところ」を使うと、「自分の仕事ややるべきことがある中わざわざ私のために」という申し訳なく思う気持ちや謙虚な気持ちを表すことができます。 また「お忙しいところ」はビジネスメールやかしこまった場面でも使うことが出来ます。 ・皆さま本日はお忙しいところ、お集まりいただいて、誠にありがとうございます。 ・お忙しいところ私の不注意によるミスでお時間を取らせてしまい申し訳ありません。 「わざわざ」以外にも、気をつけたい表現 「わざわざ」以外にも目上の人に使用する際、注意が必要な言葉があります。 これらは、失礼に当たることがあるので、注意するようにしましょう。

次の

早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

送ってくれてありがとう 敬語

「送付」という言葉には、おくりとどけるという意味があります。 「送」の言葉は、訓読みで「オクる」、音読みで「ソウ」と読み、「物品を届ける」や「人を見送る」という意味があります。 「付」の言葉は、訓読みで「ツく」「ツける」、音読みで「フ」と読み、「物を手渡す」や「届ける」という意味があります。 「送」と「付」が合わさることで、「送付」という言葉がおくりとどけるという意味になり、ビジネスの場においては物品や書類などを送るときに使用します。 「送付」についてある程度理解できたら「ご送付」についてご説明します。 「ご送付」の「ご」は敬語になります。 ただ書類を送りますという事ではなく、「ご」をつけることで相手に敬意を払う表現になります。 Web電話帳を導入しませんか? 「それではお見積りを送らせていただきます。 」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。 「~送らせていただきます。 」はとても使いやすい敬語なので多くの方が使っている言葉です。 目上の方やまだ親しい仲にない取引先などと接する時には意識して少しかしこまった話しかたがいいでしょう。 その時には「送る」という言葉より「ご送付」という言い方をしたほうがよいでしょう。 【例文】「見積書をご送付させていただきます。 」 【例文】「見積書をご送付申し上げます。 」 2つの例文は語尾こそ違いますが、「ご送付」という言葉を使っています。 それぞれ語尾に注目して使ってみましょう。 目上の方や取引先には【例文】のように「ご送付」を使って敬意を示す言葉を使うことで、相手により深い敬意を示すことができます。 メール メールは相手の顔や声が聞こえない分、文章によって気持ちや態度を表さないといけません。 ですので、普段の話言葉のように「~送ります。 」よりは、堅苦しいぐらいの文章が好ましいです。 話言葉でメールも送ってしまうと相手に悪い印象や誤解を招き、自分にとってデメリットに繋がりやすいです。 メールでも会話の時同様、相手に好印象を与え失礼がないようにしましょう。 また初対面などの場合にはより丁寧な言い回しにすることを心がるとよいです。 【例文】ご送付くださいますよう、よろしくお願いいたします。 【例文】ご送付頂けましたら幸いです。 ちなみに、「ご送付願います」という言葉を使って送ってる方もいますが、「ご送付願います」は親しい間柄なら構いませんが、目上の方や取引先にはなるべく、「ご送付願います」ではなく、「ご送付いたします」を使うようにしましょう。 敬語は『尊敬語』『謙譲語』『丁寧語』があります。 敬語について学校で学ぶ機会もあり使い方は置いておいても言葉自体をご存知の方は多いのではないでしょうか。 敬語について簡単にご説明すると、『尊敬語』は相手が行うことにたいしての敬語で、相手を敬る使い方をします。 『謙譲語』は『尊敬語』とは反対で自分をへりくだって下から敬意を表す使い方をします。 『丁寧語』は「です。 」「ます。 」口調です。 「送付」の敬語は目上の人や取引先に何かを送るということや送ってほしいという想いを伝える時に使うため、「送付」ではなく、謙譲語の「ご お 」を付けた「ご送付」を使います。 使い方はさまざまですが、「送付」の前後につける言葉を間違えると相手に良くない印象を与えてしまいがちなので十分気を付けましょう。 尊敬語 「ご送付」という言葉は、一度使うことができたらそのあとさまざまな場面で活用することができます。 「送付」は頻繁に使う言葉だからこそ、正しい使い方、表現方法を身につけなければなりません。 これをごご欄になっている方は、きちんと「ご送付」を使えていましたか。 今一度自分が使っている言葉を思い出してみましょう。 だれと、どんななシーンで、どんな言葉を使って話したか、思い出したら、いままでご紹介してきた、尊敬語と謙譲語の違い、メールや会話中に気をつけることなどを意識して、例文のように使ってみましょう。 また、いままで「送付」や「お送り」を使っていた方や「ご送付」を使うことになかなか踏み込めなかった方も、この機会にぜひチャレンジして使ってみてください。 「送付」を適材適所に使ってビジネスの幅やコミュニケーションの幅を広げましょう。

次の