近畿ツーリスト。 KNT−CTホールディングス(株)【9726】:株式/株価

近畿日本ツーリスト

近畿ツーリスト

初代・旧会社は2013年1月1日に持株会社に移行し商号変更している。 経営数値は持株会社化前の旧会社時代最後のもの。 概要 [ ] 2018年3月までの近畿日本ツーリスト株式会社(2代目)は、大手総合旅行会社であった初代の近畿日本ツーリスト(現:)がに移行するため、団体旅行事業の譲渡先として設立した会社である。 初代の旧会社とは別法人で事業内容に差異がある。 2代目の会社は主に学校、企業、自治体などを顧客とする専門の旅行会社で、訪日旅行も手がけ、・・・に支店を置いていた。 団体旅行以外にも団体内のイベント企画・提案など旅行以外の事業も行っていた。 個人向けの営業がないため多くの支店窓口は1階にない。 なお、関東・甲信越・中部・関西以外の地域には、この会社の支店は置かれておらず、その地域にある系列会社の営業所が存在し団体旅行や訪日旅行を取り扱っている。 またその地域でのイベントの企画も行う。 2017年9月までは関東・甲信越・中部・関西地区の事業(商品企画、Web・提携販売)は株式会社が営んでいた。 それ以外の地方では、その地域にある関連会社が団体旅行と個人旅行の両方を扱っていた。 近畿日本ツーリスト株式会社の名称は、(昭和30年)9月、の子会社であった近畿日本航空観光株式会社と独立系の日本ツーリスト株式会社が合併し近畿日本ツーリスト株式会社になった時から使用されてきた。 その会社が1月1日に持株会社化のため事業を分割・譲渡し社名を KNT-CTホールディングス株式会社に変更した際、近畿日本ツーリスト株式会社の名は団体旅行事業の分割譲渡先会社に引き継がれた。 合併以降における会社名の呼びなしの区切りは きんきにっぽん+つーりすとが一応正当だが、合併前の社名の偶然もあるため きんき+にっぽんつーりすとと脳内で区切られて認識している人も多い。 また、「日本」部分の正式な読みは にっぽんであり にほんではないが、後者の きんきにほんつーりすとという読み方も、社員や顧客をはじめとして広く慣用されている。 現在、それらのブランドは系列会社に引き継がれている。 早くからダイレクトマーケティングにも力を入れ、クラブツーリズム株式会社を設立している。 情報化にも力を入れており、業界初のオンライン(旅館予約システム)の導入 や、でホテルの予約ができる Eクーポンシステムも他社よりもいち早く導入した。 団体旅行に強みがあるのは、この会社の前身の一つである日本ツーリストがをはじめとする団体旅行を中心に営業活動をしてきたことによる。 アイデアを生み出し、学校・企業・宗教などの団体に積極的に営業活動を行い、特に日本初の修学旅行専用列車を走らせるなどの実績から修学旅行には強みを持っている。 その積極的な営業姿勢から「野武士集団」と称され、にもなった。 以降に進出した世界各国では、現地の子会社が旅行客に対して到着地での各種サービスの提供、航空券や旅行商品の販売、引受事業などを行っている。 これは Kinkiという単語が英語圏では (変態)に語感が似ているためである(同様の理由からかつてKNT本社の一部が置かれていたことのある大阪府東大阪市に本部を置くも英語名称を変更している)。 沿革 [ ] 電鉄系の会社ではあるが、元々の前身は電鉄系1社と独立系1社の2つがある。 1つは電鉄系の近畿日本航空観光株式会社で(16年)創業、もう1つは独立系で(昭和23年)に創業した日本ツーリスト株式会社である。 この2つが(昭和30年)合併して初代の近畿日本ツーリスト株式会社となる。 合併に至った背景には、日本ツーリストは独立系で後ろ楯がなく資金繰りに苦労し、創業者で社長のが支援者を求めていたところ、知人の紹介で(近畿日本航空観光の親会社)の社長であるを紹介され、佐伯も旅行・観光事業に大きなビジョンを持っており意気投合したことによる。 また、親会社の近鉄は国際化を見越してに社内に観光部を設け 、その後の代理店となり の公認も得て、欧米・アジアの航空会社の代理店にもなった。 更に税関貨物取扱人(現在の通関業に相当)免許も取得した。 その観光部は3月に国際運輸部と改称する。 そこから更に近鉄の国際運輸部が近畿交通社に事業譲渡され株式会社近畿交通社は近畿日本航空観光株式会社に改称する。 一方の日本ツーリスト株式会社は、銀行員だった経験をもとに、馬場勇が(昭和23年)9月に創業しにとして設立した。 日本ツーリストは景気に左右されない修学旅行団体の獲得を行い、当時のの移動手段の粗悪さに着目し、・JNR(現・)に陳情し修学旅行専用列車(列車番号:臨3311)を初めて走らせ 、国鉄の団体旅客取扱指定業者になるなど、資金も信用もない独立系の弱さを創意工夫で旅行市場を切り開いていった。 一般の団体旅行にも手を広げ、地方にも営業所を置き事業を拡大してきたが、資金繰りに窮し経営に行き詰る。 (昭和30年)9月、近畿日本航空観光と日本ツーリストが合併し近畿日本ツーリストとなりに本社を置いた。 合併は日本ツーリストが吸収合併された形であるが、日本ツーリストから続く営業姿勢が受け継がれ「野武士集団」としての社風を醸成していく。 後半以降は日本がに入る時期で国民生活は安定し国内団体旅行が増え、が成長し修学旅行の需要が大きくなる時期でもあった。 そこで積極的な営業で業績を伸ばし、(昭和40年)に本社をに移転した。 しかし半ばから一般団体旅行の団体が細分化され1団体あたりの人数が減少していく傾向になった。 このため個人旅行にも力を入れ個人客の好みに瞬時に応える態勢に向け他社に先駆けてを導入し、(昭和42年)には旅行業界初の宿泊予約システムを稼動する。 このシステムは開催の関係の予約業務に貢献し 業績を更に伸ばすことに繋がる。 (昭和47年)には個人客向けパッケージツアー商品である「メイト」 国内旅行 、「ホリデイ」 海外旅行 の販売を開始した。 その一方で近畿交通社時代から続く航空部門の不振により、(昭和35年)11月に全額出資で株式会社近鉄航空サービスを設立して、航空部門を分離する(後に黒字化し8月に同社を吸収合併)。 (昭和50年)には総合旅行会社としては初めて・第二部に株式の上場を果たす(証券コード 9726、1977年に両方第一部に指定換え)。 さらなる創意工夫を行い、(昭和55年)から渋谷営業所で新聞や情報誌を使ったメディア販売を開始し更なる成長を遂げる。 1980年代前半には会社全体の取扱高で日本旅行を抜き業界2位になる。 にはメディア販売をもとにシニア向けに「旅の友」サークルを発足し、(7年)には会員組織型旅行事業とも言えるクラブツーリズムを開始し(2004年に営業譲渡 )新たなビジネスモデルを確立した。 情報化ではに全世界予約システム「テラノス」を稼動している。 に入ると後の不況の長期化に加え新型肺炎やの影響でもあり厳しい経営環境が続いた。 (平成13年)にとの合併を発表するも 、翌年撤回。 プラットフォーム戦略に力を入れ他のグループと提携 、 や などの異業種の企業 とも提携したほか、次世代店舗の開設や 新たな形態の店舗開設 に取り組みブランドの浸透と取扱拡大を図った。 また訪日外国人観光客向けの事業 や地域振興事業も拡大した。 (平成19年)からは企業ブランドとして「 KNT(ケイ・エヌ・ティ)」を前面に出し、ロゴも「 knt! 」に一新した。 しかし一般企業の収益悪化、人口の減少、インターネットの普及による仕入元の直販化やインターネット専業旅行会社の台頭など厳しい経営環境は続き、(平成20年)以降は事業を再編し、店頭販売業務を子会社へ移管 、北海道・九州地域の分社化 、希望退職者の募集 などをすすめ、本社ビルも売却した が、2007年から続く赤字は解消できず2010年度第3四半期でに陥る (ただし店舗の統廃合や売上回復、年金改革などで期末には黒字化 )。 (平成23年)9月には中国四国・東北地域の分社化に着手し (分社会社の営業は翌年から)、(平成24年)2月に本社も移転。 更なる事業再編をすすめ(平成25年)1月1日にクラブツーリズムとによる経営統合を行い同社を子会社化する。 また本体の旅行事業も新設の子会社2社に移管し 純粋持株会社に移行すると同時に社名をKNT-CTホールディングス株式会社に変更した。 なお、旅行事業を継承した子会社のうち団体旅行事業を継承した会社が2代目の近畿日本ツーリスト株式会社を名乗ることになった。 これを機にグループで「近ツー」ブランドに立ち返るため KNTブランドと knt! ロゴの使用を取りやめる 2016年に新ブランドの発表に伴う新たなロゴの使用が開始され、knt! の使用が事実上復活した。 (平成29年)10月には、中部地方・関西地方の事業と訪日旅行事業を分社化。 (平成30年)4月には、首都圏・関東地区の事業(一部除く)を分社化し、東京地区の法人を対象としたMICE等の旅行事業のみを行う法人となったため、株式会社に商号変更した。 初代・旧会社時代の沿革 [ ]• (16年)10月 - 関西急行鉄道(現・近畿日本鉄道)が全額出資し、大阪に 有限会社関急旅行社を創業。 関西急行鉄道の乗車券類の発売業務を受託。 (昭和19年)6月 - 関西急行鉄道との合併 による「近畿日本鉄道」への社名変更(同6月1日付)に伴い 有限会社近畿日本交通社に改称。 (昭和22年)5月 - に組織変更し、 株式会社近畿交通社を設立。 旅行斡旋業務を開始する。 (昭和23年)3月 - 東京に 日本ツーリストが開業。 (昭和25年) - 日本ツーリスト株式会社が設立される。 (昭和29年)10月 - 近畿交通社が IATA(国際航空運送協会)公認の代理店である近畿日本鉄道国際運輸部(旅行業・貨物輸送業)の営業を譲り受け、 近畿日本航空観光株式会社に改称。 (昭和30年)• 4月 - 旅行斡旋業法に基づく、一般旅行斡旋業者登録(登録第20号)。 商号を 近畿日本ツーリスト株式会社に改称。 (昭和35年)11月 - 全額出資により株式会社近鉄航空サービスを設立、航空船舶部門を営業譲渡。 (昭和40年)• 7月 - 本社を東京のに移転。 8月 - 株式会社近鉄航空サービスを合併。 (昭和41年) - 国鉄の周遊割引乗車券の発売業務を受託。 1月 - 全額出資により日本観光文化研究所(現・旅の文化研究所)を設立。 初代所長は。 4月 - 旅行業界初のリアルタイムシステム(宿泊予約システム)を稼動。 (昭和45年)3月 - 近畿日本鉄道との共同出資により、近鉄航空貨物株式会社(現・株式会社)を設立し、航空貨物部門を事業譲渡。 (昭和47年)• 2月 - パッケージ旅行商品「メイト」 国内旅行 、「ホリデイ」 海外旅行 を販売開始。 11月 - 法改正に伴う旅行業法に基づく一般旅行業者登録(登録第20号)• (昭和50年)7月 - 総合旅行業としては初めて、東証第二部と大証第二部に上場(証券コード 9726)。 (昭和52年)• 4月 - 国鉄の普通乗車券・定期券の発売業務を受託。 6月 - 東証第一部と大証一部に指定替え。 (昭和53年)9月 - 株式会社ツーリストサービス(2008年1月1日に株式会社KNTツーリストに社名変更)を設立。 (昭和55年)1月 - ダイレクトマーケティング事業を開始。 (昭和60年) - ダイレクトマーケティング事業において「旅の友」を創刊。 ( 7年)1月 - クラブツーリズム事業本部発足。 (平成11年) - 、、、松下電器産業(現在の )などと、新たな手法を開発するのを目的とした異業種合同プロジェクト「」を発足させ、近畿日本ツーリストは旅行パッケージを担当。 プロジェクトは2004年に終了。 (平成13年)• 1月 - 日本旅行と2003年の合併に合意(翌年撤回)。 総合旅行業としては日本で初めての認証を取得。 (平成15年) - の認証を取得。 (平成16年)• - 「クラブツーリズム」事業を投資会社および近畿日本鉄道への第三者割り当て増資により連結から分離。 同時に会員制ツアー・クラブツーリズム部門を社内起業した株式会社に営業譲渡(3年間メディア、通販部門の凍結が営業譲渡の条件に盛られたため、近ツーは通販営業を休止せざるを得なくなる)。 と販売提携。 - 宿泊予約サイト「楽宿」を開設。 - 株式会社昭和トラベラーズクラブの株式を取得。 (平成18年)• - 株式会社かなしんサービス(系列)の旅行事業を譲受。 4月 - 三喜トラベルサービス株式会社の株式を取得。 7月 - (・京急観光)と業務提携、京浜急行電鉄とは株式の持ち合いを実施。 7月 - のと業務提携。 両社は1億円程度株式を相互に保有する資本提携を行う。 10月 - (・南海国際旅行)と業務提携、南海電気鉄道とは株式の持ち合いを実施。 - (・)と業務提携。 (平成19年)• - 新企業ブランド「KNT」と視認性を重視した新ロゴマーク「 knt! 」を導入。 - 宿泊予約サイト「ステイプラス」のサービスを開始 (2009年11月30日閉鎖 )。 - ラグゼ銀座マロニエ開設。 - と提携して「KNTトラベルキャッシュ」を発行開始。 (平成20年) - 個人向け店頭販売業務を株式会社ツーリストサービスに事業譲渡し、ツーリストサービスの物品販売事業を会社分割し継承する。 株式会社ツーリストサービスは、株式会社KNTツーリストに商号を変更。 (平成21年) - 株式会社近畿日本ツーリスト北海道を設立。 株式会社近畿日本ツーリスト九州を設立。 両社とも完全子会社。 (平成22年)• - 北海道地区の団体旅行事業を近畿日本ツーリスト北海道に、九州地区の団体旅行事業を近畿日本ツーリスト九州にそれぞれ譲渡する。 - 12月31日付で株式会社に本社用地を売却することを発表。 売却後は2012年3月末まで同社から本社ビルの賃貸を受ける。 (平成23年) - 株式会社近畿日本ツーリスト東北、株式会社近畿日本ツーリスト中国四国、株式会社近畿日本ツーリスト商事を設立。 3社とも完全子会社。 (平成24年)• 東北地区の旅行事業を株式会社近畿日本ツーリスト東北に譲渡。 中国地区・四国地区の旅行事業を株式会社近畿日本ツーリスト中国四国に譲渡。 商事事業を株式会社近畿日本ツーリスト商事に譲渡。 北海道地区の個人旅行事業を株式会社近畿日本ツーリスト北海道に譲渡。 九州地区の個人旅行事業を株式会社近畿日本ツーリスト九州に譲渡。 - 本社を東京都千代田区一丁目に移転。 2代目の沿革 [ ]• (平成24年) - 初代の近畿日本ツーリストによって KNT団体株式会社が設立される。 (平成25年) - KNT団体株式会社が初代の近畿日本ツーリストから団体旅行事業を譲り受け、商号を 近畿日本ツーリスト株式会社(2代目)に変更し 営業を開始。 事業を譲渡した初代の近畿日本ツーリストは持株会社に移行し、商号を KNT-CTホールディングス株式会社に変更。 knt! のロゴマークの使用を取りやめて、2006年以前に使用していた「 近畿日本ツーリスト」のロゴマークに変更した。 なお、2006年まで使用されてきていた「ひまわりマーク」は使用されていない。 - 60周年を迎える。 (平成28年 - 使用されなくなっていた knt! のロゴマークを、視認性が必要とされる一部の大型ポスター類に 近畿日本ツーリストのロゴを差し替えるかたちで再び使用を始める。 2020年に開催される東京オリンピックに向けて、ブランドロゴを新たに制定した。 大型ディスプレイなどの広告類が都市部を中心に活用される現在、視認性が良いものが求められること、また東京オリンピックの開催期間に向けて海外からの観光客が増加することなどを予想し、2005年から2012年まで広く使用されていた knt!のロゴマークに似た 上部に Knt 、下部に 従来から長きに渡って使われてきた 近畿日本ツーリスト のロゴを配置したロゴマークに改められた。 コンセプトは 『旅を通じて世界中の人々へ感動を与えること。 』とし、新ブランドが表現するのは ' 空と風 ' としている。 (平成29年) - 中部地方の事業を株式会社近畿日本ツーリスト中部へ、関西地方の事業を株式会社近畿日本ツーリスト関西へ、訪日旅行事業を株式会社KNT-CTグローバルトラベルへ、それぞれ会社分割により承継。 (平成30年) - 首都圏の事業(東京地区の法人を対象としたMICE等の旅行事業を除く)を株式会社近畿日本ツーリスト首都圏へ、関東地方の事業を株式会社近畿日本ツーリスト関東へ、それぞれ会社分割により承継するとともに、 株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネスに商号変更。 主な系列会社 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社(旧:相鉄観光株式会社)• 株式会社 その他 [ ] 初代・旧会社時代の不祥事• 7月 - 岡山市内の中学校の修学旅行価格不正操作 でから排除措置命令が下される。 1月21日 - 同社の当時41歳の社員が、在籍当時から退職後までの2004年8月から2009年1月にかけて、満期時に「サービス額」を上乗せした旅行券を受け取れる同社の積立商品について、満期時に年3. 7月13日に建設会社との裁判の判決が大阪高等裁判所より言い渡され、使用者責任に基づく過失が認められ 、その損害賠償金として建設会社に対し遅延損害金を含め約2億2,300万円強の支払を行っている。 - 中部営業本部が2012年秋頃以降、の社名を無断使用して長会に読者紹介の協力を呼びかける文書を送付していたことが、になって判明した。 中部営業本部は読売新聞社の子会社であるから中部地方の業務を引き継ぎ、との関係が深まったこともあって、読売新聞社から読者紹介の協力を求められていた。 近ツー側は2013年に事実を認め謝罪。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• - 株式会社NTTデータテラノス• 橋本亮一 『最新 業界の常識 よくわかる旅行業界』 、2009年9月、126頁• 『臨3311に乗れ』 、1980年4月、105-107頁• 城山三郎 『臨3311に乗れ』 集英社文庫、1980年4月、137頁• 城山三郎 『臨3311に乗れ』 集英社文庫、1980年4月、141頁• 城山三郎 『臨3311に乗れ』 集英社文庫、1980年4月、143頁• - 日本国際ツーリズム殿堂• - 近畿日本ツーリストグループ 新卒採用サイト• 城山三郎 『臨3311に乗れ』 集英社文庫、1980年4月、230頁• - トラベルビジョン 2004年5月6日• トラベルデータ研究会 『業界快速ナビ 旅行業界がわかる』 技術評論社、2008年1月、69頁• - 近畿日本ツーリスト(初代・旧会社)ニュースリリース 2000年2月1日• - ネット 2001年1月30日• - 2002年2月4日• トラベルデータ研究会 『業界快速ナビ 旅行業界がわかる』 技術評論社、2008年1月、68頁• - トラベルビジョン 2007年9月4日• - トラベルビジョン 2008年11月21日• - トラベルビジョン 2007年5月24日• - トラベルビジョン 2007年8月21日• - トラベルビジョン 2007年3月8日• - トラベルビジョン 2007年4月26日• - トラベルビジョン 2010年11月10日• - トラベルビジョン 2006年9月22日• - トラベルビジョン 2007年8月30日• - トラベルビジョン 2009年10月26日• - トラベルビジョン 2009年10月26日• - 2010年5月27日• - 2010年11月10日• - 観光経済新聞 2011年2月26日• - 日刊トラベルニュース 2011年8月25日• - トラベルビジョン 2012年1月30日• - トラベルビジョン 2012年8月11日• - 日刊トラベルニュース 2013年1月29日• - KNT-CTホールディングス• - KNT-CTホールディングス• - 近畿日本ツーリスト(初代・旧会社)ニュースリリース 2003年1月30日• - トラベルビジョン 2004年11月26日• - トラベルビジョン 2010年12月2日• - トラベルビジョン 2005年1月11日• - INTERNET Watch Impress Corporation 2005年1月19日• - トラベルビジョン 2005年10月26日• - トラベルビジョン 2006年3月22日• - トラベルビジョン 2006年4月28日• - トラベルビジョン 2006年4月27日• - トラベルビジョン 2006年7月4日• - トラベルビジョン 2006年10月27日• - トラベルビジョン 2007年1月5日• - トラベルビジョン 2007年1月24日• - トラベルビジョン 2009年10月28日• - トラベルビジョン 2007年10月3日• - トラベルビジョン 2010年5月28日• - asahi. com関西 2009年3月11日• - 日経BPネット 2009年07月13日• - 朝日新聞 asahi. com関西 2010年1月21日• - 日本経済新聞 2010年7月1日• - niftyファイナンス マーケットニュース 2011年9月14日• - 近畿日本ツーリスト(初代・旧会社)IRニュース 2012年7月18日• - 朝日新聞asahi. com 2013年3月1日 関連項目 [ ]• - 本社の東京移転時から入居していたビル。 現在は解体されている。 - 2005年4月から2009年3月まで優勝商品のヨーロッパ旅行を提供していた。 ・ - ともにツアー部分を担当。 - 前身の一つである日本ツーリスト創業から近畿日本ツーリスト誕生前後までを描いた企業小説『臨3311に乗れ』 の著作がある。 同書は元々近畿日本ツーリストの社史として刊行されたものであった。 - 近畿日本ツーリスト勤務時代の添乗先を題材にした小説『午前三時のルースター』がサントリーミステリー大賞と読者賞のダブル受賞。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル.

次の

KNT−CTホールディングス(株)【9726】:株式/株価

近畿ツーリスト

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

KNT−CTホールディングス(株)【9726】:株式/株価

近畿ツーリスト

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の