鬼滅の刃 アニメ 1話 感想。 鬼滅の刃!アニメ1話の感想とネタバレ!OP主題歌紹介も!|ライトのよかよかビデオウェブ

アニメ「鬼滅の刃」1話感想!圧巻のクオリティ!冨岡義勇の魂の言葉が熱い

鬼滅の刃 アニメ 1話 感想

「鬼滅の刃」1話のあらすじ ネタバレ少なめ 舞台は雪山 始まりはシリアスな部分から始まります ひとりの少年が血まみれの少女をおぶって山の雪道を下っている状況。 漫画では1ページですが、アニメではちょい長く描かれています 雪道を下るときの足の重さと切羽詰まった状況、 「急ぎたいけど足取りが重い」感じをアニメではかなり丁寧に表現していると思います そしてそのシーンが終わると、事態が起こる前のシーンへ 主人公・炭次郎が薪売りに町へ出かけようとしています、 家族からすっごく愛されているところ・炭次郎の優しそうなところが短いですが描かれています そしてそんな家族を尻目にすたこらせっせと山道を下っていきます またこの下山シーンで炭次郎が意味深な言葉をつぶやきます 物語に膨らみが出てとても良いなと感じました。 おそらく原作者の吾峠呼世晴さんも伝えたかったであろうところをアニメならではの声・音・色でバッチリと描いてくれていたと思います アニメ「鬼滅の刃」1話の声の感想 正直、炭次郎が家族がやられて、禰豆子を背負って山道を下るときの心の声はちょいとどうだかなぁと思いました… が、炭次郎から涙があふれ出てからの声はまさにそんな心境だろうなぁと感じさせるような演技だったのではないかぁと思います 加えて私たちは鬼になる前の禰豆子の声を聴くことが出来ました!大勝利です! 想像していた通り優しくかわいい声でした また富岡義勇の名台詞 生殺与奪の権を他人に握らせるな!! 「鬼滅の刃 単行本 1巻 1話」より も、とても力強く鳥肌ものでした。 義勇の「自分が駆けつけていたら彼の家族を助けることが出来たかもしれない」って感情と「炭次郎の気持ちを思って、なお彼に伝えなければいけない」っていう感情が見事に表現されていて、何か漫画よりも 義勇の優しさがあふれ出ている印象でした また言葉とは違いますが、禰豆子が炭次郎を義勇から守ろうとするシーンは漫画の勝ちかなと思います このシーンは漫画では、ここだけ黒枠にされていて少し誇張されています。 「禰豆子は他の鬼とは違う」ことや 「禰豆子と炭次郎の絆」がスゴイ伝わる表現なので、このシーンは漫画・アニメ両方で見る価値のあるシーンなのかなと思います アニメ「鬼滅の刃」1話の音の感想 アニメにはいい音が凄くついていて鬼滅の刃の世界観が凄く伝わってきました 例えば雪道を歩く音は実際に歩いてるような音でしたし、うまく言えないですがシーンごとに雪の重さが何か変わっているような音でした。 また暗い山のあやしげな様子であったり、なにか様子がおかしい時の音だったり、総じて「鬼滅の刃」1話の持つ 何か空気が重い感じの表現が素晴らしかったなという印象です アニメ「鬼滅の刃」1話の色の感想 この色に関しては、漫画とここまで印象の受け方が違うのかと本当にすごいなと思いました ふたつ良いなと思ったシーンがあって• 家族が殺されているシーン• 炭次郎が家族を埋葬するシーン• 家族が殺されているシーン ここは濁すことなく血の色をしっかり描いてくれたことがいいなって思いました。 悲しいことですが、ここで手を抜いてしまったら、後の炭次郎が義勇に土下座をするシーンが弱くなりそうになる気がしました• 炭次郎が家族を埋葬するシーン ここは本当に鳥肌ものでした 実際に埋葬するシーンはないですが、炭次郎の手のひらが 赤くしもやけになっているのを見て、長い間、涙しながら家族を埋めたんだろうなぁっていうのが浮かんできて、目頭が熱くなりました。

次の

アニメ「鬼滅の刃」13話感想!今日も神回!我妻善逸が大好きだ!

鬼滅の刃 アニメ 1話 感想

アニメ「鬼滅の刃」のネットの口コミや評判は? 続いては、アニメ「鬼滅の刃」のネットの口コミや評判についてです。 シリアスな話が好きな方におススメ 正しく男の義務教育と呼ぶべき作品の一つであろう。 内容は王道で、家族を殺された主人公が修行して強くなり、家族の仇を探しながら鬼を退治していくというもの。 大昔からある勧善懲悪物ですが、この残酷で切なく優しい物語は、一つ一つのシーンがイイ! 引きこまれる! 世界観はシンプルだし、話の展開も必要以上に複雑なところが全くなく分かり易い。 古典的な味のある絵柄も逆に新鮮で、他作品とはテイストの違う世界観に魅了されます。 引用元:より 押しつけがましいアニメ 確かに映像は綺麗ですが、テンポが悪くセリフが長く押しつけがましい場面がとても多くイライラします。 特に1話最後の戦闘シーンは、長い説教と主人公の行動の解説を延々と聞かされ、行動の意図を無理矢理理解させようとしています。 こういう事は言葉ではなく演出で表現しないとアニメである意味がありません。 試しに1話だけ見ましたが、続きを見たいと思いませんでした。 引用元:より 流石の気合の入りよう 【令和こそこそ噂話】 令和元年6月3日、週刊少年ジャンプ本誌中にて、 (おそらく紙と電子版の合算だと思われるが)累計700万部を達成したとの記載があった。 元号が変わって早々に600万部を達成したのに、驚異的なペースで100万部を上乗せとなると、 これはもう、気合の入ったアニメの効果が抜群だからだと言い切っていいだろう。 引用元:より ネット上でも賛否両論のようですね。 特にネガティブな意見としては、 主人公の心理状態をいちいち言葉に出すあたりでしょうか? これは人それぞれ捉え方次第なんですけどね・・・。 あとはやはり、昔ながらの王道を行くアニメって事で、世間の評価も高いですし、マンガからアニメになっても変わらず人気のある作品だと分かります。 アニメ「鬼滅の刃」第1話はこんな人におすすめ! 個人的には、高校以上の男女におすすめしたいです。 というのも、どうしても気になるのが残酷なシーンが多いという事。 血も黒ではなく、しっかり赤で表現されていますし、正直小さな子供にはあまり見せたくないかもしれません。 内容的には、続きも気になりますし、さすがジャンプ作品だなぁという感じなので、成人の方は観て損はないかと思います。 まさに王道を行くアニメですので、時間を無駄にする事はないと思います。 まとめ 基本的にこちらのサイトでは、いろんなアニメの第1話の感想を書かせていただいているのですが、このアニメ「鬼滅の刃」については、実は毎週継続してみています。 で、ここまで読んでいただいた方に声を大にして言いたいのは、.

次の

【感想】アニメ「鬼滅の刃」第1話を忖度なしでレビューしてみた!

鬼滅の刃 アニメ 1話 感想

どうもタチバナです。 復讐劇を描いたダークファンタジー「 鬼滅の刃」 1話を視聴しました。 ネタバレありで 感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。 原作知らないんだけど、ジャンプで長期連載してる作品をufotableがアニメ化するということで期待して観ました! 残酷な運命を背負う主人公を描く王道展開で、すごく話がわかりやすくて目が話せない絶望感と雰囲気があってとてもいい感じ。 やっぱりさすがufoと言わざるえない背景美術と作画は圧巻でした。 絵作りが良いとそれだけで素晴らしいアニメに見えるし、鬼滅の刃の和風な雰囲気と雪景色の空気感がぴったりマッチしてて、キャラの造形なんかも抜群に良かった。 さらに音楽もグッド。 これは視聴継続決定! 原作が続いてるからどこまでやるか謎ですが、かなり丁寧にストーリーが進んでた感じはする。 しっかり説明してくれてたし話もわかりやすく、ハイテンポって感じはまったくしなかったかなぁ。 ゆったりペースで退屈しないといいけど・・・。 冨岡義勇 鬼狩りマンとして出てきたキャラの声優が櫻井さんで、声荒げながら炭治郎を説教してたのは迫力満点ですごい良かった。 コードギアス熱が冷めやまぬ中でこれだったから、スザク感を感じられてたまりませんでした。 お説教シーンだけもう一度見直したいところ。 戦闘シーンもカメラワークが秀逸で躍動感があって見応えがありました。 音楽も良かったし、さすがufo。 物語の最終着地はねずこを人間に戻すところになるのかな。 鬼に家族を殺された復讐劇物語というより、ねずこを救う物語って感じなんですかね。

次の