兼近の犯罪歴。 EXIT兼近の逮捕歴2回の理由や容疑内容は?騒動をわかりやすくまとめてみた

兼近大樹(EXIT芸人)の熱愛彼女と逮捕歴がヤバい!なぜJOYと絶縁状態?

兼近の犯罪歴

若者を中心に人気上昇中のお笑いコンビ『EXIT(イグジット)』のボケ担当・兼近大樹さん(かねちか・だいき 28歳)が、芸人になる前の逮捕歴を週刊誌『週刊文春』によってスクープされ、これによってレギュラー番組の出演見合わせなど、次々に仕事がキャンセルになるなど大きな波紋を呼んでいます。 『週刊文春』が報じたのは、EXIT兼近大樹さんが芸人を志す前の19~21歳にかけての逮捕歴で、2011年11月に少女売春斡旋(あっせん)の疑いで逮捕され、罰金10万円の有罪判決を受けていたことが明らかにされました。 また、2012年8月には地元の人気ホストの自宅マンションから現金1000万円を盗んだとして、当時働いていたサパークラブのオーナーらと共に逮捕されています。 『週刊文春』の取材に応じたEXIT兼近大樹さんは、少女売春斡旋での逮捕と有罪判決は認めた一方、2012年の窃盗事件では10日間勾留されたが逮捕はされていないと否定していましたが、当時の新聞には逮捕者としてEXIT兼近さんの名前も掲載されており、その事件で逮捕されたのは間違いないようです。 EXIT兼近大樹さんは地元・北海道での交友関係を完全に切るため、それまで使用していた携帯電話を解約し、さらには自ら死亡説を流して上京したと告白しているのですが、北海道時代のEXIT兼近さんに恨みを抱えている人間もいたようです。 『覚醒ナックルズ』の記事では夕刊紙記者が、 「兼近の北海道時代のツレのX氏が今年上京して、さまざまなルートを探って現在の兼近の連絡先を手にいれた。 過去のイザコザは別として単純な懐かしさで兼近に何度か電話をしたが『もう昔の俺は死んだし、過去のことも忘れてくれ』との一点張りだったそう。 そっけない対応に怒ったX氏が、文春に兼近の過去をタレこんだと聞いた」と語っています。 そうした情報は今年の春前に『週刊文春』にリークされていたそうですが、それから間もなくEXITの人気が上昇し、そろそろ記事を出そうとしたころに、『フライデー』が吉本芸人の闇営業問題をスクープし大騒動に発展したため、闇営業騒動が落ち着くのを見計らい、満を持してEXIT兼近大樹さんのスキャンダルをスクープしたそうです。 『覚醒ナックルズ』はこのように、EXIT兼近大樹さんのスキャンダルがスクープされた裏側について報じているのですが、『週刊文春』の記事でも札幌市の知人が、 「ちょうど兼近が売れ始めた時期、彼は携帯番号を変え、過去の悪さを知っている昔の仲間と関係を絶ち始めたんです。 『あんなに世話してやったのに何なんだ』と怒っている地元の人間は少なくないですよ」と証言しています。 この知人がEXIT兼近大樹さんの逮捕歴などをリークしたのかは定かではありませんが、過去の人間関係をキッチリ精算することなく、一方的に関係を切ったことで恨みを買ってしまい、過去を知る人物に情報を売られたのはほぼ間違いないのかもしれませんね。 EXIT兼近大樹さんは『週刊文春』の取材に対して、 「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。 絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。 『やっと、今、言えるんだ』って!吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」などと語っており、今後さらに黒い交際や過去のトラブルなどが出てくる可能性は低いとみられますが、他にもまだ何かあるんじゃないかという不安は少しあります。 しかし、EXIT兼近大樹さんは過去の過ちを認めた上で、 「過去と未来は変えられないんで。 未来と自分だけ変えていくんで。 ヒュイゴー(Here we go)しましょう、未来に!」と前向きな発言をしているほか、多くのファンたちも変わらずEXITを応援していくとしており、黒いイメージは付いてしまったものの、これからどれほど人気を伸ばし活動の幅を拡げていけるのか、引き続き見守っていきたいですね。

次の

EXIT兼近の“前科”を暴いた「文春」、プライバシー侵害は成立するか…芸能人の特殊性

兼近の犯罪歴

男性ベビーシッターの性犯罪事件についてコメントしたところ、その内容に視聴者から物議を唱える声が続出している。 【関連】ほか ベビーシッターのマッチングアプリを運営する会社『キッズライン』は、今回の事件を受け、すべての男性シッターの活動停止を決定。 しかし世間から「まともな男性シッターがかわいそう」「低賃金だから、それなりの人しかいない」などと疑問の声が上がった。 そんな中、同社で実際に就業経験を持つ兼近は「低賃金で請け負えるのは、ベビーシッターという存在を社会全体に広めていきたいから。 だから会社を批判とか否定的な意見はすごい不思議。 性犯罪をした犯人が責められるべき」と、同社に批判が集中していることへの疑問を口にした。 終始マジメに語りつつ、最後には「ベビーシッターで誰かを救うっていうのが廃れていくっていうのは、マジぴえんです」とチャラい口調で笑いを誘っていた。 兼近の逮捕歴はどうなってるの? 「同社ではベビーシッターを採用する際に、面接の他、自己申告やネット検索による〝犯罪歴チェック〟をしているようです。 しかしそれならば、2011年に少女売春あっせんの容疑で有罪判決を受けたり、12年にホスト男性の自宅から現金1000万円の入った金庫を盗んだりと、二度の逮捕を経験している兼近はハジかれそうなものですが…」(週刊誌記者) この件に関して兼近は、「僕も犯罪歴があるので、働けないかなと思ったんですけど、弁護士と相談したら、『告知義務はないよ』ということで、働かせてもらっていました」「『文春』に犯罪歴を報じられて、以降は働くことはできなくなってしまった」と告白した。 するとネット上では〝疑問の声〟が噴出することに。 《こいつの発言によって、え!? 犯罪歴のある人がいる可能性もあるの…!? って余計に利用者が減るんじゃない?》 《キッズラインは、厳正なる面接をして選んでるとか言ってるけど、犯罪歴を隠して兼近が働けるとかガバガバじゃん》 《告知義務がなければOKって。 法律的にはそうでも、こちらとしては不愉快》 《こんなに審査とか面接がいいかげんな会社だと利用するのが不安になってしまう》 《犯罪歴隠して働けるとか、怖くてキッズライン頼めない》 などと、逆効果だと指摘する声が続出した。 ぶっちゃけトークがウリの兼近だが、今回のケースに関してはぶっちゃけ過ぎだったようだ。

次の

兼近大樹(EXIT芸人)の熱愛彼女と逮捕歴がヤバい!なぜJOYと絶縁状態?

兼近の犯罪歴

楽天で購入 EXIT兼近大樹の逮捕容疑 今回週刊文春が報じたところによると、兼近さんは2011年11月に売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたとのこと。 当時19歳、とありましたが、女子高生に携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたとのこと。 その女性は「小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った」と供述していたそうです。 当時兼近さんは全面的に罪を認め、罰金刑の有罪判決を受けたそう。 本人に直撃すると、次のようにあっさりと認めています。 [以下引用] 「はいはい。 そうです。 簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」 さらに安堵の表情を見せ、次のように語った。 「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。 絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。 『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」 [週刊文春] どこまでもキャラ通りというかなんというか。 しかしサラッと爽やかに認めていますが、すごい犯罪です。 なんせ少女に100人相手させたんです。 兼近さんが一人でどうにかしていたのでしょうか。 兼近さんは父親の会社が倒産し離婚、母親と妹と暮らし、高校中退後は家計のためにとび職などで働いていたなど壮絶な貧乏エピソード披露しており、それを思えばたいへんだったんだろうなとは思います。 でも、1人1万5000円で、少女にも当然取り分は渡していたでしょうから、そんなはした金を違法で倫理的にもおかしいことで稼ぐなら、とび職まじめにやっていたほうが良かったのでは。 しかもそんな犯罪を犯していても罰金10万円って…そんなものなのでしょうか。 さらにダメージがありそうなのが吉本興業です。 「誰にも言うな」「絶対ダメ」吉本興業はひた隠し [スポンサーリンク] [以下引用] 吉本興業の広報担当者はこう回答した。 「事件の詳細については回答を差し控えさせていただきます。 一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしました」 [週刊文春] 吉本興業が闇営業騒動の際の聞き取りで初めて知ったなら、ちょっと今は内緒にしとけ!となるのもまあわからないでもありません。 とはいえ、別なタイミングでもわざわざ発信はしなかっただろうなと思いますが、それをここで兼近さんがバラすというのは、会社にとってはマズイのでは。 なんせ宮迫さんたちの闇営業問題でも「静観」を主張し隠匿体質、なんて言われていましたし。 他の芸人たちのなんやかやも、こうやって握りつぶしているものがあるんじゃないでしょうかね。 しかし兼近さんが吉本に逮捕歴を告げたのが闇営業のときならほんの2ヶ月ほど前のことのはず。 兼近さんの「吉本にはずっと話していて」の「ずっと」は、そんな最近のことなのでしょうか。 「ずっと」をつけることで、吉本に責任をなすりつけてる部分もあるような。 今回の爽やかな認めっぷりも、もしかしたら「いつかはバレる」と覚悟する中で、そのときはすっとぼけたりごまかすよりはこうやって認めようとシミュレーションしていたのかも。 案外ズルいというか計算する人なのかもしれません。 ふっきれたのか、兼近さんは明日発売の週刊文春では、「もう一つの警察沙汰」についても話しているそう。 肩の荷が下りたってこんな感じなんでしょうね。 とはいえ世間の声はそれほど優しいものではありません。 そういう系の犯罪には厳しいのが世間です。 24時間テレビのヤラセのときは、「チャラいけどピュア」というキャラ付けが一気に暗転するところでさらっと返しました。 いろいろ経験して今がある、ということかもしれませんが、今回は罪が罪なだけに難しそう。 幾らチャラでも何も反省してませんみたいに軽く言うのは良く無いわ。 シッター遣ってるのに悪い事しても人に聞かれた時にチャラけるって大人のする事では無い。 子供に悪影響与えるわ。 母親の躾が良かったからってテレビで家族と会った時に言ってたのに 兼近が道内で有名な半グレに入って売春斡旋したり窃盗した金と知ってて妹の高校進学の為の金を母親は不倫相手に貢いでたんだよね。 だから妹は学校で苛められたのにね。 未成年で売春斡旋してたのを泳がせて成人で逮捕されたのは別件の捜査の為。 他の逮捕の為の捜査。 斡旋して逮捕されたのは微罪。 もう一つの逮捕は北海道内で死んだ事にしなければいけない程の事件なので吉本は法的処置するから!と文春に訴えて隠匿しようとしてるんやと。

次の