とんとん とんとん アンパンマン 歌詞。 簡単手遊び〜ひげじいさん〜

【クリスマスの手遊び】とんとんひげじいさんの替え歌で盛り上がろう♪

とんとん とんとん アンパンマン 歌詞

とんとんとんとん~アンパンマン~ 歌詞は… とんとんとんとん アンパンマン あーんぱんち とんとんとんとん しょくぱんまん しょくーぱんち とんとんとんとん カレーパンマン かれーぱんち とんとんとんとん ドキンちゃん んーちゅっ とんとんとんとん ばいきんまん はーひふーへほー きらきらきらきら 僕チーズ わん 参照: これがアンパンマンの手遊びの歌詞になります。 ちなみに、音程はひげじいさんと同じ音程になります。 次に振付を書いていきます とんとんとんとんは両手をグーにして上下上下と4回行います。 アンパンマンはアンパンで左手を左ほっぺ、マンで右手を右ほっぺに置きます。 あーんぱんちはあーんでぐるぐると両手を回し、パンチで前にパンチの真似をします。 残りのとんとんとんとんは同じく繰り返しをしてください。 しょくーぱんちも同じくぱんちの真似をしてくださいね! カレーパンマンはほっぺを横に伸ばして、カレーパンマンの顔の形にします。 カレーパンチも同じように真似してください。 ドキンちゃんは忍者のように人差し指を立て、頭の上に乗せ、ドキンちゃんの触角を作ります。 んーの所で両手を口に当てて、ちゅっで投げキッスをします。 恥ずかしさを捨てて、全力でやってくださいね!(笑)そして子どものちゅっが可愛すぎるんです。 ばいきんまんは、同じように人差し指を立て、ばいきんまんの触角を作って、左、右と頭の上に乗せてください。 乗せたまま、みんなではーひふーへほーと言ってください! きらきらきらきらは両手を上から星のように下へおろして、僕チーズわんで両手をグーにして顔の横に持ってきてください。 わんはみんなでわんと言ってください。 アンパンマン手遊びのおすすめ理由~ 注目を集められる この手遊びをすると、まずほとんどの子どもが注目してみてくれます!保育士は子どもの注目を集めるのも大事な仕事なので、この手遊びで、子どもの気を引くことが出来ますよ!!また簡単なので子どもも保育士もすぐに覚える事が出来て、みんなで楽しむ事が出来ます。 アンパンマン嫌いな子はほぼいない 生まれて、アンパンマンに触れない子はほとんどいません。 アニメを見せなくても、児童館にある玩具や、絵本、紙芝居などアンパンマンがある事が多いです。 そしてアンパンマンは子どもにとって永遠のヒーローだと思います。 だからこそ、例えば、アンパンマンの絵本や紙芝居の前に、この手遊びをしてあげる事で、より子どもの注目度をあげる事が出来ます! 保育園では、少し空いた時間にでも気軽に出来ますし、例えば、バスの中や遠足など子どもの気を保育士の方に向かせたいときにも、とっても役立ちます! 手遊びは、いくらあっても自分の糧になり、財産になります。 より多くの手遊びを提供できるように私も増やしていきたいと思います。

次の

アンパンマンのマーチ 深い歌詞に込められた5つの意味

とんとん とんとん アンパンマン 歌詞

ひげじいさんの替え歌バージョンでいいのでしょうか。 ウチの職場でやっているのは、 トントントントン アンパンマン (グーにした手をほっぺにつける) トントントントン カレーパンマン (ほっぺをムニュっとつまむ) トントントントン ショクパンマン (パーで顔の上下のはさむ) トントントントン バイキンマン (頭の上にツノ2つ) トントントントン ドキンちゃん (角1つ 左手は横に出す) キラキラ 手はお膝 (頭上からキラキラと手をゆらして膝におろす) 手遊び歌のシメにやって、「先生のお話聞いてね」という流れでやるので、最後が「手はお膝」になっているのかもしれません。 ユーザーID: 6854450645• 私が知っているのは・・ 子育て、がんばっておられますね。 感心! 私も、子育てサロンみたいなところで講師をしたりすることが ありますので、私流を。 トントントントンあんぱんまん ばいきんまん(グーの腕を頭に) しょくぱんまん カレーパンマン(ほっぺをむぎゅっとつまむ) きらっきらきら ぼく、チーズ、ワン!(招き猫の手つき) そのときの思いつきで、なんでいいと思いますよ。 大事なのは、お母さんやお父さんが笑顔なこと、お子さんの目をしっかり見て楽しむこと、お子さんが真似したりしなくてもいいんです。 お子さんのために一生懸命に歌ってるってことが大事だと思います。 ほかにもいろんな手遊びあるので、楽しんでくださいね。 ユーザーID: 0564598310• 子供ランキング• たぶんいろいろあるとお思います。 毎日おやつの前に活躍してくれます。 わかりにくくてごめんなさいね。 あと、人によって内容も違うみたいなので、あくまでもご参考までに・・・ ユーザーID: 6958448073• ラストが違うけど・・・ うちの子供の保育園(大阪府南部)では とんとんとんとんアンパンマン(手をグーでほっぺに) とんとんとんとんショクパンマン(手をパーでほっぺに) とんとんとんとんカレーパンマン(ほっぺをつまんで引っ張る) とんとんとんとんオムスビマン(手をパーで頭にあてる) とんとんとんとんバイキンマン(人差し指を立てて頭にあてる) バイキンマーン、オムスビマーン、カレーパンマーン、ショクパンマーン ア・ン・パ・ン・マ・ン アンパン (速めのテンポで) 手はおひざ(保育士によってはこの部分を「おいでやすー」や「ぶたまん」と言って鼻をブーっと持ち上げる) 子供はノリノリです。 ユーザーID: 0623112139• 最後はチーズ 皆さん、レスありがとうございました。 そうです、書き忘れていましたが、ひげじいさんの替え歌です。 歌の部分だけでなく、手の動かし方も少しずつ違ったりしていて、歌いながら読み、面白かったです。 それにアンパンマン以外のバージョンもあるんですね! 彩。 さん、楽しいサイトを教えてくださり、ありがとうございました。 最近娘に手遊びを見せると、ジッとみてニコニコしてくれるので嬉しくて色々やっています。 wakakoさんのいう通り、自己流をまぜながら、笑顔で楽しんでみます。 いつか娘がまねっこしてくれる日がきたら嬉しいだろうなあ、想像してニヤケてしまいます。 ありがとうございました。 ユーザーID: 1496398006.

次の

【クリスマスの手遊び】とんとんひげじいさんの替え歌で盛り上がろう♪

とんとん とんとん アンパンマン 歌詞

とんとん とんとん ひげじいさんのうたは、 同じメロディーで違う歌詞のものもあって、アンパンマンのキャラクターが次々出てくるものもあります。 そちらも大変人気な曲です。 こちらは現場の先生方の替え歌から派生して、広く歌われるようになったものなのかもしれません。 ユニークな、面白いアイディアだなと思いますが、Japanese KidsSongsでは とんとん とんとんのてあそびうたのオリジナル曲の方を取り上げました。 アンパンマンの著作権を大事にしたいので、そうしています。 手をグーの形ににぎって、顔の一部にくっつけていきながらいろいろなものに見立ててゆきます。 ひげ、こぶ、てんぐ、めがね・・・ 大人は忘れていますが、小さな子どもは想像力が豊かで、何も道具がなくても、その想像力だけで十分楽しめたり、遊べたりします。 道具がないと遊べなかったり、子どもにつきあうのがしんどくなったり、 それはむしろ、大人の側の問題なのかな、と思ったりもします。 いつだって子どもは、何もなくても、その豊かな想像力でどこまででも飛んでゆけるのに。 このてあそびうたは、ずっとグーの形でにぎっていた手を 最後には開いて、お星さまになって空からキラキラ落ちてきます。 そして、手はおひざに。 この先の展開は、いく通りにもあると思います。 手をおひざに置いたら、先生のお話を聞く姿勢になっていますから そこから新たに、別の活動に移行していくために お子さんの集中力を先生に向ける、ということでも使うことが出来ます。 その他には、グーを何かにみたてて、体のあちこちにくっつけてみたり 想像力を働かせて、他のものに見立ててみるのも面白いと思います。 その時、どうしても新しいアイディアを、突然に即興で 音楽に乗せる必要はなくて、 子どもの想像する力や、その世界を一緒に楽しむことで 言葉をやり取りしながら、引き出してあげる。 子どもの中から自然に湧き出してくるものを、ただ受け止め、 共感をしているよということを返してあげる事だけでも、 十分なコミュニケーションのキャッチボールになるのかなと思います。 こちらが求めている答えを誘導するのではなく、 決まりきった一つの答えを求めるのではないやり取り。 ただ自然に湧いてきた想像の世界、そこに共感し、一緒に楽しむこと。 そこから何か新しい活動への展開や、一段深いコミュニケーション、信頼関係に繋げていけるとも思うのです。

次の