ひろ だ いふ ぞ く。 My first STORYのHIROとTakaの兄弟仲が凄い!年齢や性格の違いで…

つのだ☆ひろ

ひろ だ いふ ぞ く

元々県内の山野に自生するアサツキですので、雪融け後の春には山菜として古くから食されていたものと考えられますが、 ひろっこが栽培されるようになったのは、 大正時代に旧須川村(湯沢市)の田畑集落の佐藤兵吉氏が子どもの頃のケガがもとで身体が弱かったことから、冬野菜のひろっこが身体によいと聞き、種球を入手し自家用に栽培を開始したのが始まりとされています。 親類縁者に分けている間に徐々に評判になり、相川地域全体に広がり、湯沢市や秋田市への行商でも販売されるようになり、「湯沢ひろっこ」という特産物になりました。 (1987年農業秋田より) はじめの頃、種は野生に自生しているアサツキの種球を用い、生産者はよいひろっこの種球を求めて、近隣の里山から山形周辺にも出かけました。 特に開拓地や鉱山地帯付近で自生のアサツキを入手していたようです。 しかし、徐々に入手が難しくなっていきます。 そのため種球を自家栽培するようになり、その中で系統選抜がすすめられていきました。 昭和35、6年には、本格的な出荷が始まり、昭和50年代には農協を通じた出荷も開始されました。 品種は、それまでに集めてきた秋田系在来、山形系、福島系などから極早生系、早生系、中生系、晩生系の4つを使い分けて出荷されました。 深い雪の下から掘り穫るひろっこの栽培は大変難儀なものと知られていますが、その雪の下にするまでの課程でも大変な手間がかかっています。 その一連の作業をご紹介しましょう。 秋田弁では小さいもの、いいものに愛称として「こ」をつけます。 (写真は野蒜のタマビロ) つまり、「ひろっこ」は秋田では、小ぶりなネギ属やその若芽の総称のようなものでしょう。 またややこしいことに、「たまびろ」と「アサツキ」の両方を「野蒜」と称する地域もあるようです。 様々な地域の呼称があり、文献でも時々「ひろっことは野蒜」のことである。 」と紹介されているのはこのためではないかと思います。 しかし自生のものをのぞき、一般に販売されているあの黄白色の「ひろっこ」は、ほとんどが県南地方などで雪の下から掘り出した栽培のアサツキの若芽ですから、一般には「アサツキ」と紹介した方がよいのではないでしょうか。

次の

ひろ作 (ひろさく)

ひろ だ いふ ぞ く

ひろ着物学院について 手結びの着付けを楽しみながら短期で確実にマスターしていただけます。 基本をきっちりと習う事で、素早く、そして綺麗な着付けを自分のものにしていただけます。 船場発祥の伝統的な着装技術だけではなく、着物の歴史や文化、マナーなど女性のライフスタイルにマッチした授業やイベントを展開する、トレンドを柔軟に取り入れた着付け教室です。 総合的な着物の着装技術、文化に造詣を深めながら、装いを楽しめる独自のカリキュラムを展開。 「楽しみながら着付けを学ぶ」を教室のコンセプトにした淀屋橋、本町、堺筋本町の駅近にある大阪の着付け教室です。 何より魅力いっぱいの講師が楽しい授業の中で、着る喜び、装いのノウハウを分かりやすく解説! 又、どの着付け教室にしようか思案したりしている方にも安心して受講していただくために、当学院では一貫して着物の販売はいたしておりません。 着付けに対する純粋な技術の向上と着物の素晴らしさ、着物を着ての立居振舞、マナーも身に付きます。 また、大阪市内の各教室では雰囲気を知っていただくために、無料体験レッスンを開催しています。 ぜひ、着物に触れてください。 魅力いっぱいの講師がお待ちしております。 多彩なコース設定でニーズにお応えする着付け教室 それぞれの求めるスキルに合わせコースも多様に設定されています。 基本的な自分着装からスタートし、人に着せてあげる他人着装、更には花嫁のスタイリストなど趣味の着付けからプロとして結婚式場や衣裳店で活躍するための養成コースがあります。 単なる着付け教室ではなく、着付けを通して新しい付加価値を提案する多彩なカリキュラムでニーズに応えています。 趣味としての着物から、プロの着付師や着付け教室の講師などへステップアップできる自由で多彩な道をサポートしています。 キモノショーを通じて 当学院の特長のひとつでもある国内外で開催する「キモノショー」では着付けの技術と着物の美しさや伝統、魅力を余すところなく伝え、日本はもとより外国の多くの方から賛同を頂いてきました。 大阪で開催されるキモノショーは毎回工夫を凝らした演出で着付けや帯結びを表現し、魅力あるステージを楽しんでいただけます。 着付け教室ならではの生徒さんが出演いただけるステージもあり、スキルアップの原動力ともなっています。 より多くの方への着物文化の浸透を願い、ここ大阪から世界に向けて日本文化の情報を発信し続けています。 (大阪市後援で海外キモノショーを多数開催)大阪を拠点に着物文化を発信しつづける着付け教室。 楽しめる着物ライフで躍進しましょう。 四季折々の装いを楽しめる場所は、ここ大阪にも沢山あります。 さあ、着物を着て街に出てみませんか?そして一緒に大阪から世界へ着物文化、ファッションを発信しましょう。 着付け教室を通して皆様との出会いを楽しみにしています。

次の

つのだ☆ひろ

ひろ だ いふ ぞ く

元々は、 ジャニーズのNEWSのメンバーで、 「親の七光」 だとバッシングを受け、 悩んだ時期もありました。 そんなTaka君と全く同じ環境で 育った弟が居るのは知ってますか? 森進一さん、森昌子さんの 二人の間から生まれ、元ジャニーズ、 そして、 現在はロックバンドのボーカルをしている My first STORYのHIRO君です。 幼い頃から、 「ちゃんと縦社会を教えておく必要がある」 という考えから 長男であるTaka君に 敬語で話すように森進一さんが 教えて育てたようですね。 なので、正月だとかに Taka君が家に帰ってくると 「お兄さん、お元気ですか?」 と話しかけ、 食事に言っても、 「お兄さん、何を食べますか?」 「お兄さん、次は何をとりますか?」 みたいな感じで、 Taka君の友達が見て、ビックリするくらい かなりしっかりした敬語で話をするみたいです。 と、言うのも、 Taka君は 1988年4月17日生まれ HIRO君は 1994年1月25日生まれ で二人の年齢差は 6歳。 6歳差っていうと、 結構な年齢差なので、 話す内容も、趣味・関心も違うだろうし、 どうなんだろうな? って思いました。 Taka君は 父を重く思うことが多かったようですが、 HIRO君は そんなでもなかったのでは…? と…、、、 その証拠が 芸名です。 Taka君は本名が貴寛 HIRO君は寛樹。 この「寛」という字は 父、森進一さんの本名 「森内一寛」から一字当てて命名されています。 Taka君は、 わざわざ、「寛」を除いたところで、 「寛」という字を良く思ってなかったのかな? なんて思いました。 この辺の性格も、 Taka君とHIRO君で 若干、違いがありそうですよね。 最後まで読んでいただき ありがとうございました! Sponsored Link.

次の