全身 蕁 麻疹。 急性蕁麻疹大都是吃出來的!除了食物,原來●●也是兇手

蕁痲疹發作的10種原因!4個紓緩治療與改善方式

全身 蕁 麻疹

全身の蕁麻疹の原因は?病気の種類も 蕁麻疹とは、皮膚の一部が突然赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくするとあとかたもなく消える病気で、かゆみを伴いますが、チクチクとしたかゆみに似た感じから、焼けるような感じを伴う場合まで様々だそうです。 そして、この膨疹は、数十分から数時間以内に消えるのが普通ですが、中には半日から1日くらい続くものもあり、症状が激しい時には次々と新しい皮疹が出没して、常に皮疹が現れているように見えることもあります。 それから、大きさは1~2cmくらいのものから数十センチくらいのものまで様々で、融合して体表のほとんどが覆われてしまうこともあり、形は円形、楕円形、線状、地図状などと表現されますが、特に形には意味はありません。 蕁麻疹の原因は? 蕁麻疹には、アレルギー性のものと非アレルギー性のものがあり、アレルギー性蕁麻疹の原因となるのは食べ物、食品添加物、動植物などですが、これらに含まれるアレルギー性の原因物質が体の中で異物として認識されると、細胞から様々な化学物質が放出されます。 そして、その中のヒスタミンという物質が皮膚の血管を拡張させ、血液中の水分を血管の外に侵み出させるため皮膚が赤く腫れるという仕組みです。 また、ヒスタミンはかゆみを感じる神経を刺激するためかゆみも出現するとされています。 一方で、非アレルギー性の蕁麻疹は、摩擦や圧迫、熱さ、寒さなどが原因で起こるのですが、非アレルギー性蕁麻疹の場合は、かゆみを伴わないことも稀にあるそうです。 そして、非アレルギー性の蕁麻疹にも様々な原因があり、下着による摩擦、バッグの持ち手の圧迫による熱さ、寒さ、振動、日光などの物理的刺激などから、入浴や運動による発汗などの刺激によっても起こります。 それから、心因性のストレスも蕁麻疹の原因になることがあり、全身性の蕁麻疹はストレスによるものが多いと言われています。 そして、かゆみや発疹だけでなく、全身が熱く熱を持ち、むくんだように腫れあがることも多くあります。 全身の蕁麻疹がかゆい時の対処法は?薬の注意点も 蕁麻疹が全身に現れると多くの場合、かゆいというより強い痛みのような痒さを伴い、熱を持つので、そういう時は入浴を避けて患部を冷やすようにしましょう。 そして、風通しの良いサイズに余裕のある衣服で身を包み、ゆったりと安静に過ごしてください。 それから、病院を受診すると、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー性の内服薬を処方されるので、医師の指示通りに飲むようにするとかゆみが徐々に治まります。 一方、蕁麻疹は我慢していればそのうちに自然に消えていくとされていますが、全身の蕁麻疹は症状が重く、悪化するとかゆみを我慢できずにかき壊してしまうと、痕に残ってしまうこともあります。 そのため、早めに薬で対処すると良く、なかなか治らない時や症状が重いと医師が判断した場合は、十分な強さのステロイド外用薬を選ぶこともあるそうです。 こうした蕁麻疹のときの薬は、素人が自己判断で市販薬を選ぶと適切でない場合もあるので、辛くても早い段階で病院を受診するように注意が必要で、病院は内科か皮膚科であればどちらでも対応してくれるとのことです。 スポンサーリンク 全身の蕁麻疹で呼吸困難に!? アナフィラキシーショックとは ハチに刺されたときや、特定の植物や薬物に対するアレルギー反応で、もともとアレルギー性体質の方の場合が極めて短い時間のうちに重症のアレルギー反応を起こすことをアナフィラキシーショックと言います。 そして、肌の表面はもちろんのこと、粘膜や呼吸器、循環器などにも蕁麻疹が現れるので、血圧が一気に低下し、体が動かなくなり、意識がなくなったり呼吸困難に陥ります。 こうしたアンフィラキシーの症状が出るまでの時間はアレルゲンによっても異なり、一度治まった症状が再び現れることもあるので油断できません。 そのため、元々アレルギー体質の方や食物アレルギーのある子供がいる大人は十分注意するようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、全身の蕁麻疹の原因と病気の種類、また、かゆい時の対処法と薬の注意点についても詳しくお伝えしました。 まず、蕁麻疹の仕組みをお伝えした上で、全身に症状が現れる場合の原因としては様々なものがありますが、ストレスが原因の心因性のものが多いとのことでしたね。 そして、対処法としてまずは冷やし、余裕のある衣服に着替えて安静にし、入浴を避けることでそのうち自然と症状が消えていくのですが、全身に現れている場合は特に重傷の場合が多いので、無理をしないで早めに内科か皮膚科を受診した方が良く、すると抗ヒスタミン系などの内服薬か、ひどい場合はステロイドを使うこともあるのでした。 また、こうした薬は自己判断で選ぶと誤ることがあるので、医師に処方してもらったものにすると良いとのことでした。 全身蕁麻疹は、重篤化するとアナフィラキシーを起こして呼吸困難や意識不明の状態になるので、アレルギー体質の方は普段から充分注意しましょう! スポンサーリンク カテゴリー•

次の

急性蕁麻疹知多少?8大原因一次破解

全身 蕁 麻疹

蕁麻疹性血管炎(urticarial vasculitis)是和蕁麻疹 urticaria 不同的一種皮膚病變。 蕁麻疹是因皮膚血管反應造成血管通透性增加的一種皮膚變化,臨床上蕁麻疹的皮膚表現為紅斑和風疹塊 wheal 且常伴有瘙癢或燒灼感,蕁麻疹的紅斑和風疹塊通常只持續從幾分鐘到幾小時就消失,一般不會超過 24小時就消失且不會留下痕跡,但紅斑和風疹塊可能在全身輪流出現。 相反地,蕁麻疹性血管炎是因為有小血管的發炎而造成血管內的紅血球滲漏到血管外面,其病理變化是屬於 leukocytoclastic vasculitis,蕁麻疹性血管炎的皮膚紅斑通常不會瘙癢且會持續超過 24 小時,而且在紅斑緩解後常會留下褐色的色素沉著情形,蕁麻疹性血管炎的皮疹在壓迫皮膚檢視法 diascopy 時會顯示中央的紅斑,如此可以簡單地區別蕁麻疹性血管炎和一般的蕁麻疹。 蕁麻疹性血管炎的臨床表現可以很多樣化,一般常見的輕度蕁麻疹性血管炎通常只有侵犯皮膚而出現皮膚的紅疹但沒有其它器官侵犯,少數較嚴重的蕁麻疹性血管炎可能會有輕微的其它器官侵犯,包括出現反覆性的關節炎和腹痛,最嚴重的全身性蕁麻疹性血管炎會稱為 hypocomplementemic urticarialvasculitis syndrome HUVS。 引起蕁麻疹性血管炎的原因很多,蕁麻疹性血管炎常常是起因於免疫複合體相關的免疫反應而被歸列為第三性過敏反應 type III hypersensitivity reaction 的臨床表現,但蕁麻疹性血管炎也可能和 其 它 疾 病 有 關, 例 如 systemic lupus erythematosus SLE 、Schnitzlersyndrome、serum sickness 和 infection,因此當發現有蕁麻疹性血管炎時,應評估是蕁麻疹性血管炎單獨出現還是合併其它疾病或症候群。 Hypocomplementemic urticarial vasculitis syndrome HUVS 是一種較少見但可能會嚴重到危及生命的全身性蕁麻疹性血管炎,第一次關於HUVS的文獻病例報告是在 1973 年(McDuffie FC, et al. Hypocomplementemiawith cutaneous vasculitis and arthritis. Possible immune complexsyndrome. Mayo Clin Proc 1973;48 5 :340-348),其確切的發病率並不清楚,但較常發生在女性。 HUVS 主要的的臨床表現和診斷標準是慢性蕁麻疹性血管炎、血中補體下降(Hypocomplementemia)和皮疹皮膚病理切片發現leukocytoclastic vasculitis leukocytoclastic vasculitis and a perivascularneutrophilic infiltrate ,病理切片如以免疫組織化學染色會呈現免疫球蛋白和補體在血管壁或內皮細胞的沉積。 HUVS 的其它次要的臨床表現和診斷標準包括arthralgia and arthritis、ocular inflammation uveitis、episcleritis orconjunctivitis 、glomerulonephritis、serositis、abdominal pain 和positiveant-C1q antibody, 也可能出現angioedema、fever、lymphadenopathy 和obstructive lung disease,嚴重的HUVS可能會發展為全身性血管炎而危及生命。 HUVS的臨床表現很像SLE,因此有人認為HUVS是SLE的一種subtype,但文獻上有越多的HUVS 病例報告其抗核抗體(ANA)和anti-dsDNA抗體皆為陰性,而HUVS病人即使ANA陽性,其anti-ds DNA 和anti-ENA抗體都為陰性,因此有越多證據顯示HUVS是另一種有別於SLE的疾病。 因為HUVS常有全身侵犯,因此在治療方面常需要steroid和免疫抑制劑的治療。

次の

蕁麻疹

全身 蕁 麻疹

發作起來又紅又腫又癢的蕁麻疹,是皮膚真皮層中的巨大細胞活化,釋出組織胺等發炎物質,使皮膚出現血管擴張的紅色膨疹、組織液滲出變多的水腫,以及難忍的搔癢。 急性的蕁麻疹一般有跡可循,常見的是吃到蝦、蟹等帶殼海鮮,尤其是不新鮮的海鮮,常會釋放大量的組織胺,易引起皮膚奇癢無比的紅腫膨疹。 但突然發作,且症狀反反覆覆超過六週的慢性蕁麻疹,通常沒有明確的誘因或病因,即使戒吃了許多有可能致敏的食物,仍然來無影去無蹤,情緒壓力大時,發作機會更頻繁,讓人無所適從,備受困擾。 本期由專精皮膚診斷的劉漢南醫師,分享減少蕁麻疹不定時發作的養生之道。 根據統計,平均約有1%的人口有蕁麻疹,是個相當普遍的困擾。 急性的蕁麻疹,常見的誘因有食物及藥物,像是海鮮、堅果、牛奶、芒果、糯米等,還有抗生素、止痛藥、鎮定安眠藥、顯影劑等,都有可能會誘發急性蕁麻疹發作。 每天記錄搔癢分數,供醫師做治療參考 而莫名其妙就發作的慢性蕁麻疹,大部分與食物或藥物無關,而與免疫系統過度激烈有關,即使避吃很多食物、藥物,也幫助有限。 為了幫助有慢性蕁麻疹困擾的患者,了解症狀的嚴重度,以及改善的進度,建議連續一到兩週,每天24小時記錄蕁麻疹發作時的「膨疹數量」和「搔癢程度」的總分來判別蕁麻疹的嚴重程度。 如果24小時內的膨疹數量,少於20個是1分,20到50個是2分,50個以上或是很多膨疹會融合成大面積的膨疹是3分。 搔癢程度是記錄,發作當時的搔癢感,對於日常生活的影響。 有點癢感,但不造成困擾是1分,癢感有造成困擾,但不影響日常生活或睡眠是2分,癢感很嚴重,會影響日常生活或睡眠是3分。 每天最高分數是6分,每週最高分數是42分。 每週1到6分是控制良好,7到15分是輕微,16到27分是中度,28到42分是嚴重。 醫師會根據蕁麻疹的檢測表來調整並評估治療的策略。 忌過熱環境及飲食,太癢時可冰敷減少發作 由於慢性蕁麻疹,常常是無預警的發作,因此,知道怎麼緩解症狀,非常重要。 一旦發現皮膚開始出現紅腫癢,一定要克制自己不要用力搔抓,以免症狀惡化。 建議先服用抗組織胺的藥物,紓緩搔癢感。 同時,可用冰塊、冰飲料或冷毛巾來冷敷以收縮血管,降低症狀的嚴重度及減少發作的面積。 日常生活中,要避免待在炎熱的環境,並勿從事會讓身體過於溫暖的活動跟飲食,像是泡湯、烤三溫暖、喝酒、吃麻辣鍋等等。 這是因為身體一熱,血管自然會擴張,易加劇身體的癢感。 衣著不宜太緊繃,減少衣物對皮膚的磨擦跟壓迫。 少數對抗組織胺藥物,治療無效的嚴重患者,可運用注射的針劑來減少癢得不得了的搔癢感,降低對日常生活及睡眠的干擾。 倘若蕁麻疹發作時,眼睛或是嘴巴出現血管性水腫,像是眼睛腫到只剩一條縫,建議先服用抗組織胺藥物,並立刻就醫,因有可能連吸呼道都有水腫,嚴重時會導致呼吸困難,而有生命的危險。

次の