エアポッツ 接続 できない。 AirPodsでよくある8つの問題と解決策

AirPodsが接続できない時の7つの解決方法!接続切り替え方法や接続台数は?

エアポッツ 接続 できない

iPhone、iPad、iPod touch に接続する 1、iOS デバイスに がインストールされているか確認します。 iOS 12. 2 以降が必要です。 AirPods 第 1 世代 をお使いの場合は、iOS 10 以降が必要です。 2、、Bluetooth が有効になっていることを確かめます。 3、左右両方の AirPods を充電ケースに入れて、します。 AirPods またはケースが充電されない場合は、を参照してください。 4、ことを確かめます。 5、蓋を閉じて、15 秒ほど待ってから蓋を開けます。 ステータスランプが白く点滅するはずです。 これは、AirPods が接続可能な状態であることを知らせる合図です。 6、AirPods が接続されない場合は、ケースの背面にある設定ボタンを押し続けます。 ステータスランプが白く点滅し、オレンジ色になり、再び白く点滅を続けるようになるまで、設定ボタンを押し続けてください。 接続したいデバイスで Bluetooth が有効になっているか確認します。 選択されているか確認します。 それでも接続できない場合は、iOS デバイスで以下の手順を実行してください。 「このデバイスの登録を解除」をタップします。 2、AirPods をケースに入れて蓋を閉じます。 15 秒待ってから、蓋を開けます。 3、ケースの背面にある設定ボタンを長押しして、ステータスランプがオレンジ色に数回点滅してから白く点滅するまで押し続けます。 4、AirPods をデバイスに近づけます。 iOS デバイスの画面に表示される手順を実行してください。 <ここまで、この記事の執筆当初 2018. 25 の内容です> ほかの Bluetooth デバイスで AirPods を設定する方法については、を参照してください。 交換した AirPod を接続できない場合は、AirPods の交換について、を参照してください。 ほなまた。 via bambamboo333.

次の

【基本編】まずは抑えておきたいエアーポッズの使い方|エアーポッズ365

エアポッツ 接続 できない

・バッテリー残量表示の横に「ヘッドフォンマーク」が表示される これらの表示によっても確認することができますので「あれ、今って接続できてるの?」というときはチェックしてみてください。 そして、効果音も鳴らないし上記のような表示もされないといった場合、その原因として多く考えられるのは エアーポッズ本体の充電が切れているということです。 以下の対処法を順番に試してみてください。 エアーポッズのバッテリー残量を確認する そんなに長時間使ったつもりはなくても、ある程度の時間ケースに入れないで放置しておくとけっこう充電が減っていたりするので、この場合まずは一度ケースに入れてバッテリーの残量を確認しましょう。 その結果、 バッテリーの残量が1桁%とかになっているとうまく接続できないことが少なくありません。 一度ケースにしまって15分ほど充電すればまた数時間は使用可能な状態に戻りますので、 まずはとりあえず充電してみてください! エアーポッズの角度を変えてみる では「 バッテリーの残量は十分なのに接続できない」という場合はなにが原因なのか? これ、私もたまーにあります。 よくわかんないけどなんか接続されないってときが(苦笑) こういう場合に私がまずするのは「 AirPodsの角度をいろいろ変えてみる」という方法です。 ただただ耳に差したエアーポッズの角度を前や後ろに少し傾けるだけなんですけど、これだけで以外に高い確率で接続されます。 差し込む角度によってうまく接続できない場合があるのでとりあえずこれも試しましょう! 一度耳から外してケースに戻してみる いろいろ角度を変えてみても接続できない時は、一度エアーポッズを耳から外して充電ケースに戻します。 それからもう一度両方のエアーポッズを装着し直してみてください。 これだけで接続できることもけっこう多いです。 一時的な接触不良?みたいなものだと思います。 iPhoneなどのデバイスを再起動してみる ここまでの方法を試しても「接続できない」「聞こえない」という場合、次は デバイス側を再起動してみましょう。 アップルユーザーさんならご存知の通り、エアーポッズとの接続に限らず、 iPhoneとかでたまに起こるちょっとした不具合って再起動することで解決できることが少なくないですよね。 なのでエアーポッズの接続に関しても上記の方法で解決できない場合は、デバイスを再起動してみましょう。 iPhoneの場合なら一度電源を切って入れなおす。 これで何事もなかったように接続できることも珍しくないのでお試しください。 ペアリングを解除する ここまでやって、それでも接続できないという場合は一度デバイスの登録(ペアリング)を解除してみましょう。 「このデバイスの登録を解除」をタップすると下に「デバイスの登録を解除・キャンセル」と表示されますので「デバイスの登録を解除」をタップします。 これでペアリングが解除されましたので、こちらの記事内の方法であらためてペアリングしなおしてみましょう。 エアーポッズが故障していない限り、ここまですればかなりの確率で接続できるはずです! が、それでもうまく接続できないという場合は ここで初めてエアーポッズの故障を疑ってみてもいいかもしれません。 エアーポッズ以外の他のイヤフォンで接続してみる 該当のエアーポッズ以外のお手持ちのイヤホン(iPhone付属のEarPodsなど)があればデバイスにつないで音楽を聞いてみましょう。 その結果イヤフォンから問題なく聞こえる場合、デバイス側は正常なので残念ながら エアーポッズが故障している可能性が高いといえます(汗) 具体的にどのように故障しているかは実際に診てもらわないとわかりませんので、 アップルストアまたはApple正規サービスプロバイダにエアーポッズを持ち込んで相談してみましょう。 ちなみに故障による修理や交換にかかる料金は以下の通りです。 apple. ただし! 購入から一年以内で過失のない製造上の欠陥であれば無償で修理または交換してくれる可能性がありますので、とにかく一度アップルストアか正規サービスプロバイダに持ち込んで相談してみましょう。 エアーポッズの修理や交換の際には事前の手続きや必要なものがありますので、詳しくはこちらのページを参照してください。 片耳(右か左)だけ音が聞こえないときの原因と対処法 ここまでエアーポッズから音が聞こえない場合について書いてきましたが、今度は 片耳だけ音が聞こえないというケースについてです。 片方だけバッテリーが切れている(残り少ない) あまりないケースかもしれませんが、充電ケースの接触不良などなんらかの理由によって片方のエアーポッズだけ充電されていなかった場合にデバイスと接続できないということがあるようです。 このような場合は綿棒等を使って一度充電ケース内を掃除してあげましょう。 エアーポッズは精密機械ですので、あくまでも溜まったホコリなんかを優しく取り除くイメージです。 その後もう一度エアーポッズを充電ケースに入れてちゃんと充電されるかを確認してみてください。 エアーポッズを装着する時に片耳だけつけた状態で接続音が鳴った場合、 この時点では先につけた片方だけが接続されている状態です。 その後でもう片方を耳に装着すると、後からつけた方はうまく接続されずに音声が聞こえてこないというケースが稀にあるようです。 この場合は一度、両方のエアーポッドを耳から外して充電ケースにしまいましょう。 耳から外してケースにしまうことでデバイスとの接続を一度確実に切り、その後あらためて両耳にエアーポッズを同じタイミングで装着するだけです。 それでも相変わらず片方だけ音声が聞こえないという状況が変わらなければ、残念ながら故障の可能性が高いかもしれません(汗) アップルストアかAppleの正規サービスプロバイダにエアーポッズを持って相談に行くことをおすすめします! もしもなんらかの理由で片方のエアーポッズが故障していた場合には、に載せたように7,800円or9,800円で修理または交換することができます。 しかも 購入から一年以内なら無償で修理または交換してくれる可能性があるので、上記した対処法を試してダメだった時はできるだけ早く持ち込んで診てもらうようにしましょう!.

次の

ボタンがないAirPods・AirPods Proで音量(ボリューム)を調節する方法

エアポッツ 接続 できない

突如私の Airpodsの接続が不安定になりました。 AirPodsのいいところは、耳につければ自動的にiPhoneに接続されて音楽がすぐに聞けたり、電話にすぐでれたりするところです。 しかし、電話やYouTubeをAirPodsで聞こうと思った時に、急にiPhoneのスピーカーから音が出るようになり、AirPodsにわざわざ接続し直さなければいけないと言うことが続きました。 いちいち接続の設定画面に移動して、iPhoneからAirPodsに切り替えるの面倒だったんです。 結果的に 解決することができましたので、参考にしていただけたら幸いです。 その時の試した方法を段階を追って説明をさせていただきます。 この記事では、• 接続が不安定だな• 片耳繋がらない• そもそも接続ができない という方ぜひ試してみてください。 なお、AirPods 第1世代、 第2世代、そして AirPods Proの方に参考にしていただける内容になっています。 AirPodsとの接続方法の確認 まずはiPhoneのコントロールセンターからBluetoothの接続がオンになっているかの確認をします。 コントロールセンターを表示させてください。 iPhoneの近くでAirPods の蓋を開きます。 iPhoneの画面にAirPods の接続の画面に切り替わりますので「接続」をタップします。 こちらの画像は一度接続した端末の画像ですので、皆さんの画面とは多少違う可能性があります。 接続が確認できない場合は、AirPodsの部分をタップしてください。 「接続済み」に変わったら付けてみて音が聞こえるか試してみてください。 Bluetooth接続再確認 まずは Bluetooth接続の再確認を行います。 次の2つを行なってください。 Bluetooth接続方法のオンオフ• iPhone再起動 多少の不具合は iPhoneの再起動で回復する可能性が高いです。 まずはこの2つで正常に動くようになるかどうかの確認をお願いします。 Bluetooth接続の確認は「設定」アプリから確認をお願いします。 最新バーションのiOSで試して! iOSが古い場合接続が不安定になる可能性があるようですぜひ最新のiOSをダウンロードしてみて下さい。 また、第1世代はiOS10以降が、第2世代はiOS12. 2以降である必要ある点にも注意してください。 Airpods再起動(リセット) もし、上記の方法で治らなければ次の方法を試してください。 Airpods再起動(リセット)方法確認 1. 電池残量があるか確認 まずはiPhoneの近くでAirpodsの蓋を開けてみて電池残量の確認をお願いします。 Airpodsのイヤホンを本体に入れた状態で蓋を開けてください。 後ろについているボタンを15秒ほど長押ししてください。 こちらのボタンです。 このボタンは 第2世代も同様です。 さらに AirPods Proも背面にボタンがついていますので、同様の方はです。 いつも緑もしくは赤になっているランプが、白いランプで点灯したら再起動成功です。 赤丸の部分のライトを確認してくださいね。 AirPods第2世代ではライトの位置がケースの外側になり、フタを開けずに確認できるようになりました。 そして、AirPods Proにおいても外側にライトがついています。 Airpods接続解除方法 これでもまだ治っていなければAirPodsとiPhoneとの接続を一度 完全に解除いたします。 Bluetooth接続しているiPhoneのAirPods登録の解除 「設定」アプリの中の「Bluetooth」の中を確認してください。 接続されているAirpodsの一番右、iの部分をタップしてください。 「このデバイスの登録を解除」をタップしてください。 iCloudで設定している人は次の画面が出ますが、解除してください。 再度登録するときでも簡単ですので、安心してください。 一度解除に成功したら、再接続します。 あらためて、AirPodsをiPhoneの近くでフタを開けて接続してください。 【追記】Bluetoothで表示されない場合は? AirPodsの充電はできているけど、なぜかBluetoothでiPhoneに検知されない症状がでました。 ほかのデバイスでも反応がありません。 再起動もできなく、白のライトは点灯したまま、反応がありません。 もう本当になにもできない状態です。 さすがに壊れたかと思いましたが、一度完全に 放電させてみようと思い試みました。 AirPodsのイヤホンを入れた状態で、フタを開けたままの状態で1日放置しました。 翌日に再度充電してみると、なんと!Bluetoothが反応したではありませんか! ただ、片方のイヤホンだけはどうしても反応がなく、さすがに買換えとなりそうです。 もし、AirPodsがうんともすんとも言わない状態になったら一度試してください。

次の