ジャガイモ ナス 科。 ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

ナス科の野菜|じゃがいも、トマト、なすは連作障害の対策を

ジャガイモ ナス 科

ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)の被害 浅草のほおずき市で買ったほおずき、順調に大きくなってきたなーと見ていたら、一部の葉に虫食いらしい跡が…。 網の目状に葉が食べられています。 葉脈だけ残されていますね。 この時点で虫の姿は確認できなかったのですが、葉を触ってみるとニジュウヤホシテントウがポロっと落ちてきました。 なんじゃこりゃ!!背中の黒斑は全部で28個あります。 ニジュウヤホシテントウはテントウムシダマシと呼ばれていますが、普通にナナホシテントウとは見分けがつきますよね。 それに、テントウムシ科の昆虫なので、「ダマシ」という名が付くのもなんだか違うような気もします…。 ナナホシテントウなどは肉食。 アブラムシやハダニなど園芸植物・野菜にとって有害な虫を食べてくれるので益虫です。 対して、 ニジュウヤホシテントウは草食。 ナス科植物の葉を食べるので、害虫とされています。 ニジュウヤホシテントウに食べられた葉の裏はこんな感じです。 今回は1匹だけだったのと、早期発見できたので被害は大したことありませんでした。 多発すると葉の光合成を阻害して、植物に大きなダメージを与えそうです。 ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)の卵 ニジュウヤホシテントウを捕殺したあと、一応周辺の葉を調べてみたら卵がありました。 まず間違いなくニジュウヤホシテントウの卵だと思われます。 ほおずきには元気に育ってほしいので、卵も駆除しました。 ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)の駆除・対策 ニジュウヤホシテントウは大発生してしまうと、植物に大きなダメージを与えます。 そのため、 1 匹でも発見し次第速やかに駆除するのをおすすめします。 成虫を見つけたら、周辺に卵がないかもチェックしましょう。 今のところ、他の病害虫の被害は出ていません。 普段の病害虫対策は、自作の酢スプレーのみです。 酢スプレーの作り方や効果はこちら。 これだけでアブラムシやハダニなどはほぼほぼ防げています。 話をニジュウヤホシテントウに戻します。 今回のように被害規模が小さい場合は、手で捕殺するのが一番簡単で適切な方法だと思います。 ただし、大発生してしまった場合一つひとつ取り除くわけにはいきませんよね。 こちらの本、病害虫の写真や情報量が豊富でとってもわかりやすいんです!病害虫対策の本はたくさん販売されていますが、私が見た中では一番わかりやすいです。 ニジュウヤホシテントウの幼虫の写真も載っているので、気になる方はぜひ。 画像をクリックするとAmazonに飛べます。 まず、ナスやジャガイモに効果的なのは「ベニカベジフル乳剤」。 トマトに向いているのは「スミチオン乳剤」。 もっと気軽に対策したい人は、スプレータイプのこちらの薬剤もおすすめです。 全てAmazonで購入できます。 まとめ ナス科の厄介な害虫、ニジュウヤホシテントウ。 網目状になっている葉を発見したら、やつの存在を疑いましょう。 付近を探せば、成虫や幼虫、はたまた卵があるかもしれません。

次の

ジャガイモ

ジャガイモ ナス 科

スポンサーリンク 植物は大きくいくつかの「科」に分類されます。 野菜はナス科、アブラナ科、ウリ科などが多くあり、 「科」によって特性が似ていたり、 かかりやすい病害虫が共通しています。 ナスはもちろんナス科です。 ナス科の野菜は他にもトマト、ピーマン、ジャガイモがあります。 ナスはインド原産で、強い太陽光と高温を好む野菜です。 一年中暑い熱帯では、季節を選ばず花をつけます。 ナス科植物は一定の葉の数ごとに花を咲かせ、 実をつける性質を備えています。 日本のように四季のあるようなところでは 暑い時期に実がなるようなタイミングで、 苗を作り、樹を大きく育てなければ、うまく実がつきません。 日本で春に植え付ける野菜にナス科野菜が多いのはこのためです。 また、ナス科野菜の共通の病気に 青枯病という土壌伝染性病害があります。 収穫目前にして、急激にしおれ、枯れてしまう厄介な病気です。 いったん青枯病が発生すると、 しばらくその土では、 ナスはもちろんナス科野菜も作れません。

次の

ナス科

ジャガイモ ナス 科

芽が伸びだしてからの管理は?(芽かき) じゃがいものイモは、 塊茎(かいけい)と称されるように、種イモから地表に向かって伸びた茎から、横に何本も発生した地下茎の先端がふくらんでできるものです。 芽がたくさん伸びていると、地下で込み合って大きなイモがつかないので、芽が地上に出てきたら、勢いのよいもの二本を残して、他はイモが動かないように注意しながら、かき取ってしまいます。 残す芽の元のところの土を手のひらで押さえる ようにして、芽をかくとうまくいきます。 強い晩霜がありそうなら芽かきを遅らせます。 そうすると芽が重なり合うので、全部が霜害を受けなくてもすみます。 こうして整理しても、 種イモから上の土があまり少ないとイモが肥大できず、また地表に現れることがあるので、土寄せをしてやる必要があります。 土寄せは、あまり早く多く行うと、地中の温度の上昇を妨げるので、一回の量はせいぜい5〜6cmにして、 二回くらいに分けて行います。 このつど、株のまわりに、化成肥料を一株当たり10g程度ばらまき、土と混ぜるようにしながら、株元へ土を寄せてやります。 4〜5月には、盛んに草が生えてくるので、土寄せは草を抑えるのにも好都合です。 大きい草が残れば、ついでに草取りもします。 あまりおそくまで土寄せしても、イモの育ちには、間に合いませんから、4月中旬〜下旬頃には終えるようにすることが大切です。 収穫したイモやスーパーで買ったものを種イモにできる? 自分で栽培、収穫し収穫したイモは、ウイルス病に感染している可能性があるので、 種イモとして使うのはやめたほうが良いです。 種苗店などで販売している種イモは、厳密な栽培条件のもと、検査でウイルス病などに侵されていないことが確認済みのものです。 ウイルス病にかかると、 生育異常を起こして収量が著しく低下する傾向があるので要注意です。 同様に、スーパーで食用に買ったじゃがいもを植えるのもオススメできません。 イモの保存方法は? 収穫時と保存方法の差で、イモの貯蔵性が変わってきます。 収穫は晴れた日が2〜3日続いて、土が乾いた日が理想的です。 雨の日や土がぬれているときに収穫すると、掘ったときについた傷口から腐り始めることもあります。 収穫したイモは、 半日程度畑で乾かしたのち、1〜2日風通しのよい日陰に広げておきます。 そして、軽く土を払って段ボールなどに入れて涼しい日陰に置けば、 3〜4ヶ月はもちます。 水分は厳禁なので洗わないようにしましょう。 コンテナ栽培の方法は?コツは? 根菜類はできるだけ 深い容器や 土のう袋などでつくるのが良いでしょう。 植えつけ時は、容器の半分くらいまで土を入れ、成長に応じて土を足していく 「増し土」というやり方をします。 じゃがいもの場合は、 芽かきと開花時の2回おこないます。 種イモよりも地面に近い場所に新イモがつくので、増し土をして育つスペースを作ってやります。 じゃがいもはなぜナス科の植物と育てられないの? 共通の害虫がいて、 宿主のじゃがいもから病害虫が大量移動してしまいます。 ジャガイモはトマトなどと同じナス科の植物で、 共通する病害虫が多くいます。 ジャガイモは高温が苦手で、 気温と温度が高くなる6月半ばを過ぎると病気で枯れることがあります。 この時期にトマトなどのナス科の野菜が近くにあると、ジャガイモの病気が感染したり、害虫が移動したりするなど、他のナス科の野菜に影響を及ぼすので、ジャガイモ は6月初めに収穫してしまうと良いでしょう。 ジャガイモの収穫後や枯れた後に、害虫のは、他のナス科の野菜へ見事に大移動します。

次の