コロナ 仕事 行き たく ない。 仕事行きたくない働きたくない自粛生活続けたいコロナ騒動顛末記

コロナウイルスが怖くて会社に行きたくない?自分の身は自分で守る!!!

コロナ 仕事 行き たく ない

新型コロナウイルスの感染拡大防止による、政府の非常事態宣言は解除されましたが、東京都では「東京アラート」も発動されるなど、まだまだ油断はできませんね。 きょうも引き続きオンラインスナックです。 「あれ、Iさん。 お久しぶりですが少しぽっちゃりしましたね。 」 「在宅勤務だとお菓子をたくさん食べてしまって......。 おっしゃるように太ってしまいました(笑)。 非常事態宣言が解除され、今月から会社に行っています。 居酒屋に行くのはもう少し我慢しようかなと思っているところです。 在宅勤務も運動不足になるし、そろそろ会社に行きたいなと思っていました。 でも、実際は電車も混んできていますし、人との距離も気になるので、行くとなると億劫です。 どうやって気持ちを切り替えようかな。 体調が悪そうな部下もいて、精神状態も気になりますね...... 」 憂鬱な気持ち...... 夏休み後の子どもと同じ 土日に仕事が休みだと月曜日の出社が憂鬱......。 そんな気持ち、私も何度も感じたことはあります。 夏休み後に子どもの不登校が増えると言いますが、同じようなことです。 今回、在宅勤務の期間が約2か月もあり、その生活に慣れてしまうことは当たり前ですよ。 在宅勤務で私たちが感じたことは、「満員電車に乗らなくていい快適さ」「移動時間の削減」など、これまで当たり前だと思っていたことが当たり前じゃなかったということです。 私も企業研修のサポートをオンラインで行いましたが、参加者さんからも「意外と良かった」「オンラインでも快適だった」と。 一長一短はありますが、私自身メリットもすごく感じました。 このように、仕事や働き方に対して、マインド自体が変わってしまったのです。 私自身も人との距離の感じ方がこの数か月で変わりましたよね。 コロナの前の元の状態に戻そうとするのではなく、どう変化していくかを考えていかなければなりません。 これからの「ウィズコロナ」「アフターコロナ」と言われる中で、たとえば企業研修ですとリアルとオンラインの融合、ハイブリット化と言われているように、働き方も変わっていくでしょう。 Iさんも管理職の立場として、これからの働き方の模索も必要ですよね。 変化が起きると心のアップダウンは当たり前 ストレスの感じやすさは、人それぞれ違います。 特にコロナ禍においてはさまざまな不安や恐怖を感じた方も多いでしょう。 生活リズム、家族の関係性、コミュニケーションの変化、経済的不安というように、ストレスとなる原因もさまざまだと思います。 ぜひ、次の3つを実践してみてください。 ・自分がストレスを感じていることに気づくこと 気持ちが落ち込んだり、疲れやすくなったり、眠れなくなったり、ふだんと違うなと感じたら、そのサインを受け取りましょう。 「今、なんかストレスを感じているな」と受け入れましょう。 ・ストレス・不安の原因を知ること 次に、そのストレス・不安の原因を可視化することです。 運動不足を感じているのか、部下とのコミュニケーション不足を感じているのか、満員電車に乗ることがイヤなのか、書き出すことで今、何にストレスを感じているか原因を知ることが大事です。 ・今、自分ができる範囲で対処する 原因がわかったら、ガマンは禁物です。 今、できる範囲で解決策を見つけましょう。 時間が経つことで解決することであれば、気分転換する方法を見つけることもオススメです。 変化に対処するためには、自分自身も変化させる努力も必要です。 人間にとって変化自体がストレスでもありますから。 Iさんのように部下がいる方は、部下の様子もこれまで以上に気にしましょう。 「それくらい大丈夫だろう」という気持ちを、今は捨ててください。 何を不安に思っているのか、しっかり部下の話を聞き、否定せずに受け止めることが大切です。 日常の変化、ライフスタイルの変化自体、ストレスの原因となります。 ストレスに気づき、受け入れ、対応する、このサイクルは人が成長するサイクルと似ていますね。 「ウィズコロナ」に向けて、ぜひ前に進んで行きましょう。 あと、Iさんは朝起きたら、まずは窓を開けて深呼吸するのがいいかもしれません。 健やかな心は、健康なカラダが作りますからね。 「コロナ太り」のIさん。 次にお会いする時には、引き締まったIさんを楽しみにしています。 (ひろ子ママ).

次の

「新型コロナ」怖くて仕事辞めました 通勤や業務中に感染したくない: J

コロナ 仕事 行き たく ない

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。 私も常に新しい情報を追っていますが、コロナの死亡率は日々高くなっていき、3月末の時点で世界の死亡率は4. 7%台と言われています。 ただしこの4. また新型コロナウイルスは、事が明らかになっていますから、 目の前の元気な方が実は感染者で、私たちにウイルスが移って、私たちだけ症状が現れる…なんてことも起こってしまいます。 そんな中、日本と海外での対応の差が浮きだっていますよね。 日本は世界と比べても対策が甘いと言われていて、• 感染者数最大のアメリカから入国した乗客乗員90人余りに対し、14日間の待機や公共交通機関を使わない要請をがあった• コロナウイルスの感染がまだ拡大している段階なのに、大阪などの一部を除いて学校は再開• 世界ではといった対策がされる中、日本は「お肉券・お魚件」を検討(しかも最短で5月に支給)• コロナ予防ではなくに、を2枚配布 などなど、世界と比べると後手後手の対応になっています。 最近は芸能界でもコロナが流行り始め、皆さんご存じの方は発症してして あなたが今大好きな人が、たった一週間後に、もう二度と話せなくなるかもしれないんですよ? たまたま症状が発症せず自分が陽性だと気が付かなかったあなたが、知らない間に移してしまう事で()。 そんな中、今まで通りお仕事をして生活していても良いのでしょうか? スポンサードリンク 新型コロナウイルス(新型肺炎)が理由で休職・退職する人が増えている 新型コロナウイルスの職場での感染や、通勤中の感染が広まっています。 京都府 40代男性感染確認 職場同僚に感染者 新型コロナ• コロナウイルスは既に感染経路が不明の事が多く、どこで誰がウイルスを持っているかわかりません。 同じ職場にいても、通勤電車にいても感染リスクがありますからね。 そして自分自身が感染し仮に発症しなかったとしても、 家で待っているお子さんや高齢者の方に移って発症してしまい、重症化してしまう可能性があります。 cnn. html そんな背景もあって、実は 新型コロナウイルスが原因でお仕事を辞める方、お休みする方が増えています。 ほとんどの方は退職や求職理由に「コロナウイルスが怖くて…」とは言っていないようですが(「気にしすぎ」と馬鹿にされて認めてもらえないそうです)、もしあなたの職場で最近休職・転職された方がいれば、もしかするとコロナが原因かもしれません。 今回は当サイトを通じて、アンケートに答えていただきました。 今、コロナウイルスが原因で会社に行きたくない・会社に行くのが怖いと思っている方の参考になればと思います。 日本は同調圧力が強く、また仕事が何よりも大事だと考える風潮があります。 身近には味方がいないかもしれませんが、今回答えてくださった方の意見で少しでも勇気づけられたらと思います。 「あなたはどうして、新型コロナウイルスが原因で会社を辞めたい・休みたいと思いましたか?」 現在妊娠中で、免疫力が下がっていることとお腹の中の子になにか影響があったら怖いと思って休職することにしました。 最初は休職するほどではないんじゃないかという葛藤はありましたが、電車通勤中に車両内で咳をしている人を見ると過剰に気になるようになりストレスが溜まってきたので休職を決めました。 昨年秋から妊娠しており、春に出産を控えています。 仕事で指導している中国人研修生の実家が武漢にあります。 その中国人研修生が正月休みを利用してに武漢に帰省しました。 話を聞いたら、ショッピングセンターなどに買い物に行ったり、友達や親戚に会ったと話しました。 家族の中に重病人がいるので、念には念を入れて、退職したいと思いました。 それと、職場が、奈良県なので、奈良県に感染者が居たというニュースを観て、より怖くなりました。 これから更に深刻な状況になるのは必至と判断したからです。 外国人観光客が多く特に中国人の方も多くくるお店で働いていたので、純粋にもしも映されてしまったらどうしようという恐怖がありました。 こんな恐怖のまま働いていては仕事にならないと思い、しばらくの間休職することを決めました。 コロナウイルスが流行った時期に、飛行機を利用して空港にいたので、コロナウイルスの感染が心配になりました。 中国の方と同じスペースを利用したわけではありませんが少し怖かったので、休職を相談することにしました。 会社自体が中国と交流のがある為、リスクがあるなと感じました。 例えば、部署は違うのですが、中国の方に出張をよくする部署があるので、もし感染して帰ってこられた時、昼食などで一緒になる時に感染してしまうかもしれないからです。 働いているところが空港のため、感染する確率がとても高いです。 春節で中国来のお客さんもたくさん入国するので、ずっと警戒をしているのも疲れました。 パートなので、命を張ってまで勤めるのは考えてしまうため、退職をしました。 同居人の体調が悪く、心配だったのもありますが、私自身数日前から体調を崩しており、頭痛、鼻水、くしゃみや体の痛みがあったため休暇届を出しましたが、上司に受理してもらえず、休日まで出勤になったため体調の悪化を感じて休職を考えました。 ダブルワークをしています。 ホテルで働いた後に飲食店で働いてますが、飲食店の方々からホテルには中国人が宿泊してるから貴方も菌あるんじゃないと言われ続けて休職してます。 復帰は望んでないので今月あたりには退職したいと思ってます。 沖縄で民泊の清掃を担当しておりましたが、宿泊客が以前から中国・韓国・台湾の観光客が多く、とても多いな宿泊施設なので、宿泊客も海外からの団体などが多いので、どこから、いつ感染するかわからない状況だったため。 私は副業で、イベントスタッフのアルバイトをやっています。 いろいろなイベントを行うのですが、その大半は地域振興のもので、対象は外国人が多いのです。 しかし、今回のコロナウィルスの影響で、来場者が激減しているのと、感染する可能性もあることから、落ち着くまで休職することにしました。 2年以上派遣社員として勤務していたのですが、たまたま2月が契約更新の時期でした。 マスクの手持ちもなく、売り切れで買えない状況です。 勤務先が繁華街を通らざるを得ない場所なので通勤が怖くて契約を更新せず、今月末で退職の予定です。 私の会社は国内だけでなく海外にも事業所があり、私は2年前から中国の福州で出向をしていました。 コロナウィルス発生地の武漢とは距離がありますが、現地の人間はパニック状態になっており、私もこのままでは感染してしまうと考え退職を考えました。 このように、新型コロナウイルスが理由で退職・休職している方が実は多いです。 新型肺炎が理由の退職。 上司にどうやって退職理由を伝える? 今回話を聞いていると、「コロナウイルスが怖くて休みたい」「辞めたい」と伝えても、 「気にしすぎ」「じゃあ、他の働いている人は感染してもいいわけ?」などと言われ、退職を認めてもらえなかったケースが多かったみたいでした。 そんなこともあって、 コロナウイルス以外の事を理由に退職を上司に伝えた方が多かったです。 すぐにでも中国の出向を辞めさせてほしい」とお願いしました。 しかし私の言葉はまったく聞き入れてもらえませんでしたので、退職届を提出しました。 コロナウイルスだけを理由にしてはさすがに伝えられませんでした。 そこで働き続けなければいけない人もいるのです。 そのため、パートで働く条件が合わなくなってきたと伝えながら、コロナウイルスのことも少し伝えて退職しました。 新型コロナウイルスが怖いので、とは正直に言えませんでした。 実際この先も周りにいる社員の人はこのマスクのない状況で通勤して働かなくてはならない状況なのにその理由は言えません。 ですので、スキルアップをしたいので退職させていただきます、と伝えました。 なので、もし新型肺炎が理由で会社を辞める場合でも• 嘘の転職先を言う• 介護、親の病気• 引っ越し、夫の転勤• 結婚(寿退社)、結婚準備• 妊娠、不妊治療• 家庭の事情• 家業を継ぐ といったことを理由に、上司に退職理由を伝えるのが良いと思います。 ただし 理論的に説明しても会社が納得してくれない事は多いですし、どんな理由であれ会社に伝えるのは怖い方も多いと思います。 もし自分で伝えるのが怖かったり、1日でも会社に行きたくなかったら もし自分で会社や上司に退職したいことを伝えるのが怖かったり、もう1日でも会社に行かずに今すぐウイルスから逃げたい場合は、を利用してみてください。 退職代行サービスは私たちの代わりに会社に退職する旨を伝えてくれるサービスですが、• 今この瞬間から会社の人間と一切話さず、1日も出社せず• 合法的に即日退職できる という特徴があります。 コロナウイルスに感染するリスクは、1日経つごとに大きくなってきています。 あと1日の出社がウイルスに感染する可能性がありますから、今すぐ退職したい方はぜひ利用してみてください。 ちなみに 業界最大手のSARABAは• 24時間、いつでも打ち合わせが可能(夜中に申し込んでも返事が返ってきます)• 労働組合が運営しているので、会社が仮に無理なことを言ってきた場合でも対応できる• 1日30名以上が利用している• 業界最安値 という特徴もあるので、オススメです。 今この瞬間から、会社と一切話さず退職できる!【即日退職】 <>• 1日の平均お問い合わせ(退職相談)が 30件以上• 1か月の平均退職代行サービス実施数が 600名以上• 2019年までの累計退職者数が 8000名超え が、 退職代行サービスで最も人気のあるSARABAです(数は問い合わせて教えてもらいました)。 より確実に退職したい場合は、SARABAをお勧めします。

次の

新型コロナが理由で会社を辞める・退職する人が増えている…

コロナ 仕事 行き たく ない

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。 私も常に新しい情報を追っていますが、コロナの死亡率は日々高くなっていき、3月末の時点で世界の死亡率は4. 7%台と言われています。 ただしこの4. また新型コロナウイルスは、事が明らかになっていますから、 目の前の元気な方が実は感染者で、私たちにウイルスが移って、私たちだけ症状が現れる…なんてことも起こってしまいます。 そんな中、日本と海外での対応の差が浮きだっていますよね。 日本は世界と比べても対策が甘いと言われていて、• 感染者数最大のアメリカから入国した乗客乗員90人余りに対し、14日間の待機や公共交通機関を使わない要請をがあった• コロナウイルスの感染がまだ拡大している段階なのに、大阪などの一部を除いて学校は再開• 世界ではといった対策がされる中、日本は「お肉券・お魚件」を検討(しかも最短で5月に支給)• コロナ予防ではなくに、を2枚配布 などなど、世界と比べると後手後手の対応になっています。 最近は芸能界でもコロナが流行り始め、皆さんご存じの方は発症してして あなたが今大好きな人が、たった一週間後に、もう二度と話せなくなるかもしれないんですよ? たまたま症状が発症せず自分が陽性だと気が付かなかったあなたが、知らない間に移してしまう事で()。 そんな中、今まで通りお仕事をして生活していても良いのでしょうか? スポンサードリンク 新型コロナウイルス(新型肺炎)が理由で休職・退職する人が増えている 新型コロナウイルスの職場での感染や、通勤中の感染が広まっています。 京都府 40代男性感染確認 職場同僚に感染者 新型コロナ• コロナウイルスは既に感染経路が不明の事が多く、どこで誰がウイルスを持っているかわかりません。 同じ職場にいても、通勤電車にいても感染リスクがありますからね。 そして自分自身が感染し仮に発症しなかったとしても、 家で待っているお子さんや高齢者の方に移って発症してしまい、重症化してしまう可能性があります。 cnn. html そんな背景もあって、実は 新型コロナウイルスが原因でお仕事を辞める方、お休みする方が増えています。 ほとんどの方は退職や求職理由に「コロナウイルスが怖くて…」とは言っていないようですが(「気にしすぎ」と馬鹿にされて認めてもらえないそうです)、もしあなたの職場で最近休職・転職された方がいれば、もしかするとコロナが原因かもしれません。 今回は当サイトを通じて、アンケートに答えていただきました。 今、コロナウイルスが原因で会社に行きたくない・会社に行くのが怖いと思っている方の参考になればと思います。 日本は同調圧力が強く、また仕事が何よりも大事だと考える風潮があります。 身近には味方がいないかもしれませんが、今回答えてくださった方の意見で少しでも勇気づけられたらと思います。 「あなたはどうして、新型コロナウイルスが原因で会社を辞めたい・休みたいと思いましたか?」 現在妊娠中で、免疫力が下がっていることとお腹の中の子になにか影響があったら怖いと思って休職することにしました。 最初は休職するほどではないんじゃないかという葛藤はありましたが、電車通勤中に車両内で咳をしている人を見ると過剰に気になるようになりストレスが溜まってきたので休職を決めました。 昨年秋から妊娠しており、春に出産を控えています。 仕事で指導している中国人研修生の実家が武漢にあります。 その中国人研修生が正月休みを利用してに武漢に帰省しました。 話を聞いたら、ショッピングセンターなどに買い物に行ったり、友達や親戚に会ったと話しました。 家族の中に重病人がいるので、念には念を入れて、退職したいと思いました。 それと、職場が、奈良県なので、奈良県に感染者が居たというニュースを観て、より怖くなりました。 これから更に深刻な状況になるのは必至と判断したからです。 外国人観光客が多く特に中国人の方も多くくるお店で働いていたので、純粋にもしも映されてしまったらどうしようという恐怖がありました。 こんな恐怖のまま働いていては仕事にならないと思い、しばらくの間休職することを決めました。 コロナウイルスが流行った時期に、飛行機を利用して空港にいたので、コロナウイルスの感染が心配になりました。 中国の方と同じスペースを利用したわけではありませんが少し怖かったので、休職を相談することにしました。 会社自体が中国と交流のがある為、リスクがあるなと感じました。 例えば、部署は違うのですが、中国の方に出張をよくする部署があるので、もし感染して帰ってこられた時、昼食などで一緒になる時に感染してしまうかもしれないからです。 働いているところが空港のため、感染する確率がとても高いです。 春節で中国来のお客さんもたくさん入国するので、ずっと警戒をしているのも疲れました。 パートなので、命を張ってまで勤めるのは考えてしまうため、退職をしました。 同居人の体調が悪く、心配だったのもありますが、私自身数日前から体調を崩しており、頭痛、鼻水、くしゃみや体の痛みがあったため休暇届を出しましたが、上司に受理してもらえず、休日まで出勤になったため体調の悪化を感じて休職を考えました。 ダブルワークをしています。 ホテルで働いた後に飲食店で働いてますが、飲食店の方々からホテルには中国人が宿泊してるから貴方も菌あるんじゃないと言われ続けて休職してます。 復帰は望んでないので今月あたりには退職したいと思ってます。 沖縄で民泊の清掃を担当しておりましたが、宿泊客が以前から中国・韓国・台湾の観光客が多く、とても多いな宿泊施設なので、宿泊客も海外からの団体などが多いので、どこから、いつ感染するかわからない状況だったため。 私は副業で、イベントスタッフのアルバイトをやっています。 いろいろなイベントを行うのですが、その大半は地域振興のもので、対象は外国人が多いのです。 しかし、今回のコロナウィルスの影響で、来場者が激減しているのと、感染する可能性もあることから、落ち着くまで休職することにしました。 2年以上派遣社員として勤務していたのですが、たまたま2月が契約更新の時期でした。 マスクの手持ちもなく、売り切れで買えない状況です。 勤務先が繁華街を通らざるを得ない場所なので通勤が怖くて契約を更新せず、今月末で退職の予定です。 私の会社は国内だけでなく海外にも事業所があり、私は2年前から中国の福州で出向をしていました。 コロナウィルス発生地の武漢とは距離がありますが、現地の人間はパニック状態になっており、私もこのままでは感染してしまうと考え退職を考えました。 このように、新型コロナウイルスが理由で退職・休職している方が実は多いです。 新型肺炎が理由の退職。 上司にどうやって退職理由を伝える? 今回話を聞いていると、「コロナウイルスが怖くて休みたい」「辞めたい」と伝えても、 「気にしすぎ」「じゃあ、他の働いている人は感染してもいいわけ?」などと言われ、退職を認めてもらえなかったケースが多かったみたいでした。 そんなこともあって、 コロナウイルス以外の事を理由に退職を上司に伝えた方が多かったです。 すぐにでも中国の出向を辞めさせてほしい」とお願いしました。 しかし私の言葉はまったく聞き入れてもらえませんでしたので、退職届を提出しました。 コロナウイルスだけを理由にしてはさすがに伝えられませんでした。 そこで働き続けなければいけない人もいるのです。 そのため、パートで働く条件が合わなくなってきたと伝えながら、コロナウイルスのことも少し伝えて退職しました。 新型コロナウイルスが怖いので、とは正直に言えませんでした。 実際この先も周りにいる社員の人はこのマスクのない状況で通勤して働かなくてはならない状況なのにその理由は言えません。 ですので、スキルアップをしたいので退職させていただきます、と伝えました。 なので、もし新型肺炎が理由で会社を辞める場合でも• 嘘の転職先を言う• 介護、親の病気• 引っ越し、夫の転勤• 結婚(寿退社)、結婚準備• 妊娠、不妊治療• 家庭の事情• 家業を継ぐ といったことを理由に、上司に退職理由を伝えるのが良いと思います。 ただし 理論的に説明しても会社が納得してくれない事は多いですし、どんな理由であれ会社に伝えるのは怖い方も多いと思います。 もし自分で伝えるのが怖かったり、1日でも会社に行きたくなかったら もし自分で会社や上司に退職したいことを伝えるのが怖かったり、もう1日でも会社に行かずに今すぐウイルスから逃げたい場合は、を利用してみてください。 退職代行サービスは私たちの代わりに会社に退職する旨を伝えてくれるサービスですが、• 今この瞬間から会社の人間と一切話さず、1日も出社せず• 合法的に即日退職できる という特徴があります。 コロナウイルスに感染するリスクは、1日経つごとに大きくなってきています。 あと1日の出社がウイルスに感染する可能性がありますから、今すぐ退職したい方はぜひ利用してみてください。 ちなみに 業界最大手のSARABAは• 24時間、いつでも打ち合わせが可能(夜中に申し込んでも返事が返ってきます)• 労働組合が運営しているので、会社が仮に無理なことを言ってきた場合でも対応できる• 1日30名以上が利用している• 業界最安値 という特徴もあるので、オススメです。 今この瞬間から、会社と一切話さず退職できる!【即日退職】 <>• 1日の平均お問い合わせ(退職相談)が 30件以上• 1か月の平均退職代行サービス実施数が 600名以上• 2019年までの累計退職者数が 8000名超え が、 退職代行サービスで最も人気のあるSARABAです(数は問い合わせて教えてもらいました)。 より確実に退職したい場合は、SARABAをお勧めします。

次の