楽天 ブラック カード インビテーション。 「謎のカード」といわれている、楽天ブラックカードの正体を暴く!

楽天から楽天ブラックカードのインビテーションが届きました。

楽天 ブラック カード インビテーション

こんにちは、miyoです。 仕事が忙しく、久しぶりのブログ更新です。 今回、 普段使っているクレジットカードを 楽天ブラックカードに替えました! 実は、わたしは、クレジットカードは今まで 年会費無料のカードばかりを使ってきました。 以前にアメックスのプラチナカードのインビテーションは来たことがあるんですが、そのときも調べまくって、年会費が値上がりしたことや、特典なんかも考慮して、アメックスプラチナカードはゲットしませんでした。 自分が ブラックカードに替えるなんて思ってもいなかったですし、年会費を払ってまでクレジットカードを持つ意味ってあるのか分かっておらず、今回、 インビテーションが来て、びっくりしたと同時に、初めて、楽天ブラックカードについてかなり調べまくりました(笑)ので、ここでまとめておこうと思います! 誰かの役にたつといいな。 楽天ブラックカードは、まだまだ知名度も少なく、情報も少ないです。 レアカードと言えるでしょう。 楽天最上位のブラックカードですから、一度は手に入れたいと思う方もいるのではないでしょうか。 その方のためにも、ここでは、タイトル通り 楽天ブラックカードを最速で手に入れる方法、また、ベールに包まれたブラックカードの特典、注意点などを書いていこうと思います。 ブラックカードは、一般的には、 ゴールドカードを使用していてからのインビテーションが多いようです(私はたまたま違いますが。 楽天ゴールドカードは特典が多くポイント還元率も高いため、利用者は多いと思います。 現在、 ポイント還元などのお得なキャンペーン中です。 ゴールドでもないし、プレミアムカードでもありませんでした。 珍しいパターンだと思います。 楽天ブラックカードがほしいならば、まず、楽天カードを持たなくてはいけません。 私は、 無料カードからブラックカードをゲットしましたので、無料からでも始めてみると良いと思います。 今、 楽天無料カードを作ると、キャンペーンで5000ポイントもらえますよ。 Contents• 楽天ブラックカードとは?位置づけは?年会費は? 楽天ブラックカードは、楽天カードの中で 最上位にあたるクレジットカードです。 インビテーションが来なければ、作ることはできません(一応、楽天ブラックカード専用の HPから申請はできるようですで、門前払いで取得は難しいようですね)。 ネットで検索する限り、 取得難易度もかなり高いようです。 そのため、 どうしたら手に入るのか、まだまだベールに包まれており、情報が少ないです。 まずは、 楽天カードの位置づけを簡単に説明します。 国内空港ラウンジが無料で使える。 インビテーションがないと作れない。 上の表からも分かるように、楽天ブラックカードの 年会費は税込32,400円です。 しかも、私の場合は、お試しなのか、 初年度無料は、無料でした(無料だったので、つい変えたくなってしまいました。 戦略がうまい。 ちなみに、代表的なブラックカードの年会費はこちらです。 ・アメックスセンチュリオンの年会費は35万円+税 ・ダイナーズスクラブプレミアムの年会費は アメックスセンチュリオン 本来13万円+税 ・JCB THE CLASSの年会費は5万円+税 色んなクレジット会社のブラックカードがありますが、その中では、 楽天ブラックカードの年会費は安い方ですよね。 というのも、楽天カードは、ブラックカードで最上位カードですが、 位置づけとしてはプレミアムに位置づけされるようです。 しかし、侮ってはいけません! 特典は充実しています(特典は以下に詳しく書いています)。 ですので、ブラックカードを持つならば、 楽天ブラックカードはお得であると思います。 楽天ブラックカードの特典は? では、楽天ブラックカードを持つと、 どんな特典があるのかみていきましょう。 プライオリティパスは、使った人はご存じだと思いますが、日本のちょっとしたカードのラウンジでは違い、いろんなものがそろっています。 ソフトドリンクはもちろん、軽食、あと、アルコールなんかもあります。 また、wifiはもちろん無料で使用できますし、シャワーがあるとこもあります。 乗り換えの時間や待ち時間にここで過ごせれば、ずっと快適に過ごせると思います。 楽天ブラックカードのすごいところは、自分以外の同伴者2名も無料になります。 ですので、 3人が無料になるということです。 私が調べてなかでは、 ブラックカードの中でも同伴者2名以上が無料になるのは、楽天ブラック、アメックスセンチュリオン、 スルガVISAインフィニットカードだけ。 年会費は、もちろん、 楽天ブラックがずば抜けて一番格安です。 プライオリティパスの同伴者も無料っていうのが大事ですよね。 わたしの場合、なかなか一人で旅行や海外に行くことはありません。 で、同伴者も無料なら、気兼ねなくを利用できますよね。 海外によく行く方は、プライオリティパスはありがたいですよね。 プライオリティパスは、単独で申し込もうと思うと以下の料金がかかります… カード名称 年会費 会員利用料 同行者利用料 スタンダード会員 99ドル 27ドル 27ドル スタンダードプラス会員 249ドル 27ドル(10回まで無料) 27ドル プレステージ会員 399ドル 無料 27ドル スタンダードプラス会員でも、年間28000円程… しかも、 同伴者は27ドルかかります。 この値段では、正直、個人として契約しようとは思いませんね。 よっぽど、海外によく行く人は違いかもしれませんが。 とういうことで、 楽天ブラックカードはプライオリティパスがついてくるお得なカードと言えます。 楽天ブラックカードで旅行代金を支払った場合ですので、注意してくださいね。 国内旅行傷害保険の場合は・・・ 国内旅行中の事故、ホテル・旅館内での火災事故に対し 最高5,000万円が補償されます。 家族(配偶者及び生計を共にする親族)も補償されます。 国内を旅行中における公共交通乗用具にご搭乗中の事故、宿泊施設での宿泊中の火災・爆発による事故、宿泊を伴う(ツアーバス等での車中泊は除きます)募集型企画旅行(パッケージツアー)に参加中の事故によって傷害を被られた場合に補償されます。 具体的保険金額は以下のようになります。 海外旅行傷害保険の場合は・・・ 最高1億円の海外旅行傷害保険が自動セット、海外旅行中の事故による損害を補償いたします。 家族 (配偶者及び生計を共にする親族)も補償の対象 となります。 担保項目 保険金額(家族保険金額) 傷害死亡・後遺障害 1億円(1,000万円) 傷害治療・疾病治療 300万円(100万円) 賠償責任 1億円(5,000万円) 携行品損害 50万円(20万円) 救援者費用 300万円(100万円) 海外旅行を目的にご自宅(日本国内)を出発されたときから、ご自宅にお戻りになるまで(日本出国の前日から入国の翌日まで)の最長90日間補償されます。 このご案内は、保険の概要を説明したものです。 グレードアップされたら嬉しいですよね。 わたしもホテル予約時はどしどし使っていくつもりです(笑)。 楽天ブラックカードは、マスターカードとアメックス、JCBの3つから選ぶことができます。 わたしはマスターカードを選びました。 また、マスターカードは、コストコで使える唯一のカードですよね(コストコは大好きなので、笑)。 ここでいう特典は、 マスターカードを選んだ人だけの特典です。 その中で、すごくお得な特典として、 高級レストラン予約時、マスターカードから予約し支払いを行った場合、 2人分の食事代が1人分無料になるんです! ブラックカード(マスターカードを選択している人)を使用している人でも、知らない人多いと思うんですよ、これ。 というのも、この案内は、 楽天ブラックカードの案内には一切書いてありませんでしたから・・・ 持っている方は、是非利用してくださいね。 これは、 ほんとお得です。 要するに 半額で高級レストランのコース料理をいただけるということになります。 これは、使わないのはもったいないですよね。 ということで、今度出張で東京に行くときの食事に早速予約してみました! 予約して1日後に予約確定の連絡がきました。 そのレストランの記事は長くなるので、追々別に書いていこうと思います。 ・ 国内外のレストランの紹介、案内、予約を取ってくれます。 私がお願いしたときは、探すのに半日から1日くらい時間がかかりましたが、要望はかなり聞き入れてくれます。 記念日、個室、夜景が見える、子連れなどなど、いろんな要望を伝えれば、良いお店を探してくれますよ。 例えば、どんな要望を聞いてくれるかというと・・・ ・チケットの手配 なかなか自分ではとれないような、チケットの手配をできる限りやってくれます。 ロックやポップミュージックのコンサートから、バレエ・オペラ鑑賞、スポーツイベント、ブロードウェイやミュージカルなどあらゆるイベントのチケット、そして、国内外の様々なナイトライフ手配を手伝ってくれます。 ・ 旅行 予約が取れにくい国内、海外のホテルや航空券、レンタカーの予約してくれます。 また、旅行の際、出発時に自宅などから空港へ、または到着時に空港から自宅などへ 手荷物を無料で届けてくれます。 重い荷物ともおさらばです! 本題!楽天ブラックカードを手に入れる方法 ここまでは、 楽天ブラックカードは優秀だということをたくさん書いてきました。 では、 どうやったら手に入れられるんだということです。 先ほど書いたように、私は 楽天の無料カード本格的に使い出して5ヶ月ほどで、ブラックカードのインビテーションがきました。 楽天カード自体は、作ってから2年くらいが経っていましたが、ほかのクレジットカードをメインで使っていたため、ほとんど利用しない状態でした。 本格的に使い出した5ヶ月間、とりあえず、私がやっていたこと、また、使っていた額をかいていこうと思います。 5、60万円いった月は、沖縄旅行行ったため、飛行機代、ホテル代、ホテルで過ごした滞在費なんかが全部入っています。 平均したら1月20万円といったところでしょうか。 たぶん、もっとたくさん使っている人の方が多いのではないでしょうか。 ・ 保険(生命保険、医療保険)を、楽天カード払いに変更。 ・ 携帯は格安SIMですが、 楽天モバイルです。 さらに、 楽天カード払いです。 ・ネットの買い物は、わたしは個人的に元々、アマゾンではなく、楽天を使っていたので、 お買い物マラソンやふるさと納税では、楽天をよく使っていました。 登録もしていません。 正確に言うと、ブラックカードのインビテーションが来たときには、持っていませんでしたが、1株 700円台に落ちたときにここが底ではないかと思い、100株買いました。 底かどうかは分かりませんが(笑)。 あと、携帯は、SIMフリーに変えるときに 楽天モバイル にしていました。 こう考えると、結構、 楽天に切り替えたものが多かっただと気づかされました。 この中で重要なのは、 毎月毎年かかる光熱費、保険代などを楽天カードに切り替えたのは大きいのではないでしょうか。 あとは、 毎月かかる楽天モバイル、楽天ブロードバンドを使用しているのも 好材料であった可能性はありますね。 会社としては、カードをたくさん使ってもらうお客さんももちろん有り難いのですが、それ以上に 日々の生活費、光熱費などをカード払いにすることは、大切になるのではと私個人は思います。 これを読んでいただき、意外にハードル低くイケそうと思った方はいらっしゃるのではないでしょうか。 楽天ブラックカードに変更するときの注意点 ここでは、無事、楽天ブラックカードのインビテーションがきて、楽天ブラックを手にいれることができたときの注意点を書こうと思います。 特に、大きな問題はありませんでしたが、 一つ面倒な作業が必要でした。 楽天ブラックカードが無事に届きますと、 それまで使用していた 楽天カード・楽天プレミアムカード ゴールドカードなど は、無効となり使えなくなります。 カード番号が変わってしまうわけです。 それまで決済などで登録していたところには、すべて、 楽天ブラックカードの新しいカード番号を再登録し変更する必要がありますので、その点は非常に面倒です。 同じ楽天カードなのだから、 ブラックになっても紐付けして再登録しなくよいといいのですが・・・と、私、個人は思いました。 ただ、 いくつかの大手企業とは契約しているようで、今までの楽天カードから新しい楽天ブラックカードに変更してもそのままで良い企業はいくつかありました。 ここに貼っておきますが、変更することもあると思いますので、正式には、ブラックカード公式ホームページで確認してくださいね。 まとめ 今回は、 楽天ブラックカードについて詳しく説明しました。 本格的に使用して5ヶ月、初年度は年会費が無料だったので変えてみましたが、 今のところ、 大満足です。 多分、年に2回レストランに行けば元が取れてしまう計算です・・・(笑) 楽天ブラックカードの情報は、ネット上でもまだまだ少ないです。 ブラックカードを持ちたい、どうしたら楽天ブラックカードを持てるのかと困っている方のお役に立てると幸いです。 関連記事: まずは、無料で作る。 さらに、先回りしたい場合は、を作る。 こちらは、年会費がかかります。

次の

楽天ブラックカードは年収いくらから持てるか?審査基準やインビテーション基準まとめ

楽天 ブラック カード インビテーション

Contents• 楽天のクレジットカードの種類 楽天のクレジットカードには楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードなどのさまざまなカードが存在します。 それぞれどんな機能や特徴があるのか、確認してみましょう。 楽天カード 楽天カードは年会費永年無料にもかかわらず、100円のお買いものにつき1ポイントが貯まる楽天ポイント機能が付いています。 ポイント還元率は1%換算 楽天ポイント機能のほかに、 簡単に支払いができる楽天Edyという電子マネーサービス モバイル決済サービス があるのも特徴です。 現在は、新規入会をすると2,000ポイント+カード利用をすると3,000ポイント 合計5,000ポイント 貯まるお得な新規入会キャンペーンも行われています。 デザインも通常のデザインに加えて、FCバルセロナデザイン・楽天イーグルスデザイン・パンダデザイン・ディズニーデザインがあり、ご自身のお好みに合わせてカードを選ぶことが可能です。 デザインによって、国際ブランドの制限があります。 パンダデザイン・FCバルセロナデザイン・楽天イーグルスデザインはJCB・MASTERのみ、ディズニーデザインはJCBのみ。 サービスとしては、 カード盗難保険・商品未着安心制度・ネット不正安心制度があり、利用額は100万円です。 プラチナ会員になれば、ETCカードを無料で付帯させることが出来ます。 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカードは楽天カードと異なり、 年会費が2,160円 税別 かかるカードです。 年会費無料ではありませんが、楽天カードでは受けることのできないサービスが充実しています。 楽天ゴールドカードを作成すると、楽天カードにはない特典がつきます。 ETCカードが無料で付帯• ご利用限度額を最大200万円まで上げることができる• 海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで出る• 楽天市場でのお買い物のポイントが最大5倍。 国内および海外の一部空港ラウンジが利用可能 空港ラウンジは、 国内であれば主要28空港、海外であれば仁川空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが使用可能となります。 楽天プレミアムカード 楽天プレミアムカードは、 年会費10,800円 税込 のカードで、前述した楽天カードや楽天ゴールドカードより年会費が高いカードです。 年会費がかかる分、サービスが充実しています。 楽天プレミアムカードの特典は、以下の通りです。 楽天市場の特別プログラム「楽天プレミアム」が1年無料• 楽天市場でのポイントが最大11倍・国内旅行保険のほかに海外旅行保険 どちらとも補償額最高5,000万円 そのほか 【楽天PINKカード】 楽天カード同様年会費永年無料。 有料の月額サービスをつければ、楽天グループ優待サービス、ライフスタイル応援サービス、女性のための保険といった特典を付帯サービスとして受けることができます。 【楽天ANAマイレージクラブカード】 初年度は年会費無料。 2年目以降は、年間1回の利用で年会費540円が無料になります。 最大の特徴は、楽天ポイントのほかにANAマイルを貯めることができる点です。 どちらを貯めるかは、ご自身の好みで切り替えることができます。 【楽天カードアカデミー】 年会費永年無料の学生専用 18歳~28歳 のカードです。 楽天ポイントを貯めることができ、卒業後は自動的に楽天カードに切り替わります。 楽天カードのトップ「楽天ブラックカード」 楽天ブラックカードは楽天のさまざまなクレジットカードの中でも最上級のカードと言われています。 楽天ブラックカードが最上級である理由を紹介いたします。 「楽天ブラックカード」とは? 楽天ブラックカードは、年会費が32,400円 税込 で楽天カードの種類の中で最も年会費の高いカード。 年会費が1番高いだけあって、さまざまな特典があります。 家族会員は、最大2名まで無料• 利用限度額は300~1,000万円。 楽天カードの中で最も高額の利用が可能。 プライオリティパスがつく。 海外旅行保険の補償額が最高1億円。 種類も充実。 ゴールドカードは プラチナカードの階級です。 国際ブランドにはMasterとJCBがあります。 「楽天ブラックカード」のメリット ブラックカードは、誕生月の人にはうれしいサービスやコンシェルジュサービスが付帯しているためさまざまな優待を受けることが出来ます。 誕生月は6倍のポイント 楽天ブラックカードを利用して、楽天市場や楽天ブックスで商品を購入すると、 常時6倍 6% のポイントがつきます。 そして、誕生月にはさらに1%のポイントがつくのです。 6倍のポイントとしては、楽天市場利用1%、カード会員特典2%、カード利用ポイント3%となります。 ポイントに有効期限は実質なし? 楽天ブラックカードのポイントの 有効期限は原則1年。 有効期限をすぎると、カードに貯まっているポイントは消滅してしまいます。 つまり、カードを利用すると新たなポイントが上乗せされるだけでなく、 既存のポイントの有効期限が1年延びることとなるのです。 定期的にカードを利用してポイントを貯めると、ポイントが消えることはなくなるため、ポイントに有効期限は実質ないといえます。 コンシェルジュ 楽天ブラックカードには、 Masterの「Mastercardコンシェルジュ」と JCBの「JCBプラチナ・コンシェルジュデスク」といった2つのコンシェルジュサービスがあります。 両方のブランドでコンシェルジュサービスは使用可能です。 ただ、コンシェルジュサービスには違いが生じます。 Masteのコンシェルジュでは、JRチケットの手配ができません。 しかし、JCBのコンシェルジュではJRのチケットの手配が可能です。 そのほかにも、JCBのコンシェルジュでは、• 海外ラグジュアリーホテルプランサービスを利用できる 海外の有名ホテルで割引や特別なサービスが施される• ダイニング30というサービスがある JCBカード「ザ・クラス」を提示すればコース料理が30%オフになる といった優待サービスを受けることもできます。 海外旅行の充実したサービス ブラックカードには、上記のサービス以外にも、海外の空港ラウンジやトラベルデスクを利用出来るのみならず、海外保険が付帯されています。 空港ラウンジ プライオリティパス が使える 楽天ブラックカードには、プライオリティパスというものが無料で付帯されています。 プライオリティパスは、楽天プレミアムカードにもついています。 ゴールドカードで紹介した空港ラウンジを無料で使えるほか、 世界約1,000か所以上の空港ラウンジを利用することが可能です。 そのため、 国内のみならず、世界各国の空港ラウンジを使い、空港での待ち時間をストレスフリーにすることができます。 海外旅行保険は最高1億円 海外旅行保険の種類は充実しており、 補償額も最高1億円。 種類は• 賠償責任• 傷害治療 などさまざまな種類があります。 世界30拠点以上のトラベルデスク 国内のトラベルデスクにて国内旅行の宿泊を手配出来るほか、日本以外にも世界30拠点以上のトラベルデスクが存在しています。 オプショナルツアーの手配やレストランの予約など、海外トラベルデスクで行うことも可能です。 インビテーションの条件 ほかの楽天カードには見られないサービスが充実している 楽天ブラックカード。 楽天ブラックカードに申し込める方は、限られており審査基準も厳しいものとなります。 楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの保有者の中で、インビテーション 招待 をもらった方のみしか、楽天ブラックカードに申し込めません。 そのため、ほかの楽天カードと異なり、ステータスの高いものです。 「選ばれた人が手にできる楽天ブラックカード」 楽天ブラックカードは、インビテーションをもらった人しか申し込めない年会費が高額なプレミアムなカード。 申し込めば、さまざまな特典を受けることのできるお得なカードです。 また、空港ラウンジを自由に使えたり、レストランで同伴者の料金が無料。 旅行や食事をする際にも重宝するカードとなります。

次の

楽天ブラックカード新規会員年会費5年間無料について昨年楽天ブラック...

楽天 ブラック カード インビテーション

皆さん、さまざまなブログで話題になっている「 」ですが、実は私、昨年12月にインビテーションが届いておりました。 その際、色々と切り替えに悩みましたが申込をした経緯等をお話しします。 他の記事での特典等について解説できればと思います。 12月某日突然から封筒が届く 今まではずっとスタンダードタイプを使っておりました。 期間としては約7、8年です。 公共料金、飲食、旅行等いろんな決済で利用して 大体年間300万円ぐらいは支払していたと思います。 (他の記事を見るとゴールドカード利用者がインビテーションをもらうケースもあったりするみたいです。 すると漆黒の券面のクレジットカード目に入りました。 ブラックの存在を知らなかった私は一瞬???となりながらも、ブラックの文字を見て何が起きているか理解しました。 いろんな面白い特典もあるということもわかり、本格的に検討することにしました! ブラックの概要 (簡易版) 以下が簡単にですが、のカード概要です。 詳細については別記事を参考にしてくださいね。 利用限度額 300万円〜1,000万円 (1,000万円とか金額すごいでかい。 家族会員 2名まで無料で発行可能• ドのサービス付帯• プライオリティパスが無料付帯(同伴者2名まで無料)• 国内海外の空港ラウンジの利用が無料• 空港までの手荷物無料配送• 専用利用• 国内海外の旅行傷害保険の付帯(家族も保険の対象に入ります。 ) etc… とにかくいろんな特典があるのです。 この中で プライオリティパスの同伴者2名まで無料という特典は、子連れ旅行する我が家にはピッタリで魅力的に感じました。 同時に4人家族であるので1人分足りなーいとも思いました。 笑 国際ブランドの選択について を申し込むにあたり、国際ブランドの選択が必要となりました。 もともと私はVISAブランドを使用してましたが、ブラックでは、VISAの選択肢がなかった為です。 MasterCard、、アメックスどれがいいのかわからなかったのでこれまた色々ググってみましたが何が一番良いのかわかりませんでした。 その中で最終的に私はMasterCardを選択しました。 というのも 「 招待日和」と言われる高級レストラン等で1名分無料となるサービスが使えるというところに惹かれたからです。 これを使えば嫁さんに良いものを食べさせてあげられたらなとふと思ったからです。 (そんなこと関係なしに普段から連れて行ってあげられれば良いのですが…笑) なんだかんだ悩んで興味本位もあり申込に踏み切る 色んなこと調べて見たものの何事も使ってみないとわからないという考えに至り、年会費も1年は無料なんだからやってみれば良いじゃんと自分を納得させ申込をすることに決断しました。 申込手続き〜カード到着 通常のクレジットカード申込と同じように必要事項を入力して、申込ボタンをポチッとしました。 申込をしたのが2/17(日)で、それから待つこと1週間の2/22(金)の昼にカード発行手続完了のメールが届きました。 もう少し早く審査終わるのかと思ったら意外に時間かかった印象です。 そこから週末挟んで2/27(水)についにが届きました。 券面は良い感じの黒になっていて、これで買い物たくさんするぞーという、衝動買いのスイッチが入ってしまいました。 (入会後のカード利用特典は全くないので無理する必要はないのですが…笑) なんか分厚い冊子に色々とサービスのこと書いてあるのかなと思い見ますが意外にあっさりと記載されてました。 ネットの情報とかも見ながらお得に使いこなせる追加の情報は集めた方が良いなと感じました。 忘れずにプライオリティパスも申請 プライオリティパスはカード発行と一緒に送られてくるものではなく、自分からe-NAVIで申し込まないといけません。 事前に調べておいたのですかさず申込して、1週間ぐらいで手元に届きました。 今年海外に行く予定があるのでその時に使えたらレポート書きます。 まとめ インビテーション性という特別感に加え、プライオリティパス、招待日和を中心にとにかく色んな特典がありそうだったので、勉強も兼ねて申し込みました。 1年間色んなサービスを体験して継続するかどうかは見極めようと思います!! また詳しいカードの特典等はまとめたいと思います。 あとは、招待日和を使ったレポートも今後書けたらと思ってます。 マイルを貯めるなら絶対必要なカードです。 合わせて読みたい! 必須カード SPGアメックス sarumiler.

次の