ゴミ 出し 時間 夜中。 大田区ホームページ:資源とごみの収集日

ゴミ出しは前日の夜でもOK?何時から何時までに出せばいいの?

ゴミ 出し 時間 夜中

ゴミ出し時間についてのルール!自治体により異なることに注目 ゴミ出しには、自治体ごとに決められた時間とルールがあります。 なかにはゴミ出しのルールが厳しすぎると感じる人もいますが、ルールを無視して都合のいい時間にゴミを出していたら迷惑をこうむる人がいて、その結果、深刻なトラブルに発展する可能性もあります。 ゴミ出しの時間やゴミの分別方法が細かく決まっているのには、もちろん理由があります。 なぜ、その時間にゴミを出さなければいけないのか、なぜ細かくゴミを分別する必要があるのかなど、ゴミ出しにルールが必要な理由を解説します。 自治体によるゴミ出し時間や分別ルールの違い ゴミ出しの時間は自治体ごとに決められており、その時間は自治体によって異なります。 たとえば神戸市では、ゴミ収集日当日の午前5時から8時までの間にゴミを出すよう決められています。 「片手で持てる重さにして、指定袋の口をしっかりと結んでください」というように、ゴミの重さやゴミ袋からゴミがはみ出さないようにする注意書きもされています。 山形市では、収集日当日の午前6時から8時までの間にゴミを出すよう決められています。 山形市は「燃えるゴミ」にファスナーやクリップなどの小さな金具や金属類を混入させないように細かい指定があり、金属類は取り外して「小型廃家電類」に分類しなければいけません。 そのほか、指定ゴミ袋に入りきれない大きなゴミは有料(1枚60円)の「共通収集シール」を貼って出すというルールもあります。 一方、東京都足立区では、収集日の朝8時までにゴミを出すように決められていますが、ゴミの出し方のリーフレットには「何時から」という記載はありません。 神戸市や山形市に比べるとゴミの出し方のルールがゆるく、資源ゴミの出し方を解説されてはいますが、燃やすゴミ袋に入れてはいけないものについての具体的な記載もありません。 ゴミ収集車の時間 ゴミ出しの時間が厳しく決められている一方で、ゴミの収集時間もまた、自治体によって大きく異なります。 多くの自治体では、ゴミ収集車が来る時間は明確には決まっていません。 一般的に、観光地や地方ではゴミの収集時間が早く、市街地では収集時間が日によって大きく異なる傾向にあります。 というのは、観光地や地方は街の美化運動に力を入れることで観光客や移住者を呼び込んでいるため、ゴミの収集時間は極めて重要な項目で、必要な経費と人員を優先的に投入しているからです。 それに対して、市街地では住民の戸数に対してゴミ収集車両や収集人員の数が少なく、手が足りていない自治体が多いという実情があります。 さらに、ゴミの収集時間は通勤ラッシュの時間帯と重なるため、ゴミ収集の時間は渋滞の程度にも左右されます。 そして、市街地には飲食店やオフィスが多く、アパートなどの集合住宅も数多くありますが、そのいずれからも、通常以上の想定外に大量のゴミが出されるケースは多々あります。 例えば、オフィスやアパートでは引越しのたびに大量のゴミが出ますし、飲食店はお客様の入り具合でゴミの量が変わります。 このため、市街地では事前にゴミの量を把握するのが難しく、午後にゴミ収集に来ることも珍しくはありません。 けれど、だからといってゴミ出しの時間を守らないと、ゴミ収集車が早く来た場合、遅くに出されたゴミは次の収集日までゴミステーションに置きっぱなしの状態になります。 ゴミ出しの時間を守るべき理由 ゴミ出しの時間が短い範囲に指定されている最大の理由は、カラスなどの野鳥やノラ猫が生ゴミのにおいをかぎつけて集まり、ゴミ袋を破ってゴミが散乱するというケースが続出したためです。 ゴミ出しの日には大量のカラスがゴミステーションの近くに集まってきて、電線にすき間なくカラスがとまっているという事例や、山が近いエリアでは、イノシシが山を下りてくるという事例も出ています。 問題はこれらの動物被害だけではありません。 ゴミステーションから自宅が離れている人は、ゴミを出した後は家の中がすっきりしているかもしれませんが、ゴミステーションの近くに家や部屋がある人は、ゴミ出しの日は大量のゴミのにおいに悩まされます。 朝の2~3時間なら我慢できても、前日の夜からゴミのにおいに悩まされてはたまりません。 当日の朝とは何時から何時?常識的な範囲について ゴミの出し方のリーフレットに、ゴミ出しの時間を具体的に書かれている自治体もあれば、「当日の朝」と書かれているだけの自治体もあります。 当日の朝とはいったい何時から何時までを指すのか、人によってその解釈は異なりますが、 一般的には午前6時から8時の間とされています。 さらには、ゴミの収集日は決まっているものの、ゴミ出しの時間については明確に決められていない自治体もあります。 しかし、この場合は何時に出してもいいということではありません。 常識的な範囲では、やはり午前6時から8時の間に出したほうがいいでしょう。 ルールが厳しいのに理由があるのと同じように、ルールがゆるいのにも理由があります。 例えば、医療関係の仕事に就いている人が多く暮らしているエリアや、工業団地の近くで夜勤の人が多く暮らしているエリアでは、時間を指定するとゴミを出せない人がたくさん出てくるかもしれません。 このようなエリアでは、ゴミ出しの時間を厳しく定めていない代わりに、野生動物の被害に遭わないように作られたゴミステーションが設置されています。 ゴミ出し時間や分別ルールを把握するためのポイントを紹介! 過去に違う自治体へ引越した経験が無いと、新しい引越し先でもこれまで住んでいた自治体のゴミ出しルールでゴミを出す人がいますが、自治体によってゴミ出しのルールはかなり違うということをまずは知っておきましょう。 引越した先のゴミ出しの時間やゴミ分別のルールは、自治体の公式サイトにはほぼ必ず掲載されています。 市役所や町役場に転入届を出しに行ったときにも、ゴミ出しのルールが書かれたリーフレットを必ずもらうので、大事に取っておきましょう。 ルールに慣れるまでは、よく目につく場所にリーフレットを貼っておく方がいいかもしれません。 もらったリーフレットをうっかり捨ててしまった場合は、市役所に行けば改めてもらうことができます。 ゴミ出しのルールが複雑すぎて分かりにくいときは、素直にご近所の方に聞いてみるのが賢明です。 日ごろから挨拶したり声をかけるなどしてコミュニケーションを心がけ、さりげなくゴミ出しについて尋ねましょう。 ゴミ出しのルールが厳しい自治体では、住民の方も引越してきた人は最初は大変だと分かっているので、近所の人もきっと親切に教えてくれるはずです。 では、ゴミ出しの時間で起きやすいトラブルや、仕事の都合などでどうしてもゴミ出しの時間を守れない人のための対処法をお伝えします!.

次の

ゴミを出す時間は?何時から出したらいいの?

ゴミ 出し 時間 夜中

ルールを守ってゴミ出ししてますか? 春に引っ越しをした人もすっかり生活に慣れ、落ち着いた生活を送っている時期だと思います。 しかし、徐々に慣れてきた時期だからこそ、気を付けなければいけないものがあります。 それは ご近所 トラブル。 最近、引っ越し当初の緊張感が薄れ、ついルールを破ってしまったなんてことはありませんか? ルーズになってきた今の時期だからこそ、ご近所トラブルに巻き込まれないよう、細心の注意を払わないといけません。 今回は、「 ゴミの出し方」を特集します。 朝の日課として欠かすことができない ゴミ出しですが、決められた時間や分別ルールを守るのが意外に大変で、ルーズになってしまったことはありませんか? 「 何でうちの区はこんなに厳しいんだろう?」と頭を抱えている方のために、 東京のゴミの分別が厳しいエリアと、楽なエリアをご紹介します。 ご近所トラブルのランキング 2015年、クーポン情報のE・PAGEが調べた「 ご近所付き合いがうまくいかないトラブルの原因」のアンケートで、 ゴミの処理が第3位という結果になりました。 ゴミの出し方を守らない人がいると建物の周りが汚れる……など、ゴミ出しに関するマナーやルール違反が問題となっています。 順位 【ご近所トラブルとなる項目】 1位 生活音などの騒音 2位 親切を通り越したお節介 3位 ゴミの処理 日本と東京のゴミ事情 私たちはどのくらいのゴミを出しているのでしょうか? 日本人が1年間に出すゴミの量は4522万トン(2012年)で、これは25mプール約42万杯分にあたる量だそうです。 (参考:) また、 東京23区で1年間に出るゴミの量は約278万トン(2014年度)。 すごい量ですが、2013年度と比較してみると、約3万3千トン、1. (参考:) ゴミが減った背景には、自治体の環境に配慮したさまざまな取り組みがあり、そのうちのひとつとして、 ゴミの分別回収があります。 分別回収は、ゴミの減少や環境保護に繋がっていますが、一方では手間が増え、 近隣住民とのトラブルを生む可能性が高くなりました。 実際にあったゴミ出しトラブル 生活していく上で欠かすことができないのゴミ出し。 ゴミ出しは毎週決められた曜日に行うものですが、つい忘れてしまうことも……。 ゴミの出し方やタイミングなどで近隣の方とトラブルにならないために、実際にあったトラブルをご紹介します。 ゴミの分別トラブル 資源リサイクルなどが活発になり、ゴミの分別も細かくなりましたが、 徳島県上勝町では、なんと、ゴミを34種類に細かく分類し回収しているそうです。 引っ越したばかりだと、 どのゴミをどのように分類したらいいか分からずに悩んだり、分別が細かすぎて戸惑ってしまうこともあると思います。 間違えた時にゴミ出しについて教えてくれる親切な人がいたら良いですが、必ずしもそうとは限りません。 ゴミ出しの時の細かい言い争いが、大きなご近所トラブルに発展してしまうこともあります。 もし、どうしても分からない時は、マンションの管理組合などに問い合わせて、事前にトラブルを防ぎましょう。 ゴミ出し時間のトラブル ゴミ出しの時間が原因で起こるトラブルにも気を付けなければいけません。 多くは収集日の朝にゴミの収集が行われますが、 前日の夜にゴミを出しても良いエリアも多くあります。 引っ越したばかりで、まだゴミ出しルールもよく分かっていないのに、夜の内にゴミを出してしまうと、ご近所トラブルに発展してしまうこともあり得ます。 ゴミ出しの時間については、事前にしっかりチェックしましょう。 ゴミからプライベートが分かってしまう スナック菓子の袋やお店のレシート、空いた封筒などが入ったゴミ袋を見ると、その人のプライベートが分かってしまう可能性があります。 ましてや半透明のごみ袋を使っている自治体も多く、ゴミ袋から見えた中身が近所の噂話に発展してしまった……なんてことも。 しかも、ゴミを見られても法律違反とはならないばかりか、 分別違反者を特定するために、抜き打ちで家庭ごみの開封調査を行っている自治体もあるのです。 トラブルを防ぐためにも、 個人情報がわかるものにはシュレッダーをかけてから処分するなどの対策が必要です。 意外とゆるい?東京23区のゴミ事情 東京に住んでいる人は、意外なものが可燃ゴミとして出せることに驚いた経験はありませんか? 東京23区では、2008年4月から プラスチックを可燃ゴミとして回収するようになりました。 これは焼却技術の発達で有害物質が発生しにくくなったことや、埋め立て地を効率的に使うようにするためなどの理由があります。 ゴミを10種類に分別しないといけない横浜市や、ゴミ出しは原則有料となる鎌倉市などと比べるとかなり恵まれているのですが、このプラスチックに意外な落とし穴があります。 みなさんは、 プラスチックゴミが2種類に分けられていることをご存知でしょうか。 このように、 ひとえに東京都といっても、住んでいる区によってゴミの分別や出し方はさまざまです。 今回は、ゴミの分別項目や出し方に注目し、東京都の中でも、比較的ゴミ出しがラクな区と、厳しいエリアをご紹介します。 ゴミの分別がラクな区 港区、台東区、品川区、杉並区 東京23区の中でも住む区によって、家庭ゴミを分別する種類が3〜7種類となり、その内容も変わってきます。 港区、台東区、品川区、杉並区は、分別方式が3種類(可燃、不燃、資源)となっており、ほかの区に比べると分別がラクなエリアです。 また、住んでいる区によって、可燃、不燃、資源ごみの振り分けの内容が違うほか、出し方なども違いますので、転入時にもらえる「 ごみの収集カレンダー」や区のホームページで確認しましょう。 ゴミの分別が大変な区 渋谷区、練馬区、足立区 ごみの分別の種類が多いと仕分けするのも、ごみ袋を分けておくのも大変です。 渋谷区は、分別方式が7種類(可燃、不燃、スプレー缶・カセットボンベ、ペットボトル、古紙、びん、缶)。 練馬区は、4分別10種(可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ、資源ごみ 古紙、古布、ビン、カン、ペットボトル、容器包装プラスチック、廃食用油、乾電池、小型家電 9品目 、紙パック)。 足立区は、4分別6種(可燃ごみ、不燃ごみ、資源 古紙、ビン、カン、ペットボトル 、粗大ごみ)。 また、チェックしておかないといけないごみの収集曜日も分別する分だけ増えるので、マメなタイプじゃない人にとっては苦労するかもしれません。 品川区、台東区、北区 ごみの戸別収集を行っている、 品川区、台東区、北区の一部のエリア。 戸別収集とは、各家庭の玄関先などに出し、清掃職員が一軒ずつ収集していく方法で、ごみを可燃、不燃などにきちんと分別するのはもちろん、時間も守らないと持っていってもらえないなど不便な面はあるものの、自分のごみに責任を持ち、ごみの出し方の意識向上に繋がるメリットがあります。 北区には、通常のごみ集積所がありますが、 滝野川地区(上中里・栄町・昭和町・滝野川・田端・田端新町・中里・西ヶ原・東田端)の戸建て住宅のみ、原則、自宅前から戸別収集することになっています。 台東区は、平成25年4月から3年間かけて、 燃やすごみ・燃やさないごみの戸別収集を区内全域に順次拡大している地域です。 品川区は、 ごみの分別方式が3種類なので分別は簡単なのですが、戸別収集方式になるので、しっかりと分別して時間を守る必要があります。 なかには街をキレイに保つためにも、住民の要望で戸別回収に変更されたエリアもあり、もし気になる方は、引っ越しの前に、自治体の清掃局に尋ねてみると良いかもしれません。 まとめ 生活するうえで欠かせない ゴミ出しですが、エリアによってルールもさまざま。 そのため、気付かない内にルールを守れていなかったり、 近所の方とのトラブルに発展してしまう可能性もあります。 楽しく生活していくためにも、自治体のホームページなどを確認して、 ルールを守ったゴミ出しを心がけましょう。 ゴミの分別は毎日のことなので、今後の 引越しの検討材料のひとつに加えて考えてみるのも良いかもしれません。

次の

ゴミ出しの時間は何時から?自治体やエリアの情報を把握して守ろう! 【appels-urgents.peuples-solidaires.orgI】

ゴミ 出し 時間 夜中

日々生活をしていると、生ゴミや空き缶などさまざまなゴミが発生します。 そのゴミは各自治体ごとに種類別の回収日が決まっていますが、忙しい毎日を過ごしているとついつい忘れてしまう、ということはないでしょうか。 もしもうっかり忘れてしまった場合、溜まったゴミをどうするかは頭の痛いところです。 そこで皆さんはそんなときどういった行動をとっているのか、アンケートを取って意見を聞いてみました。 【質問】 ゴミを指定日に出し忘れた時、どう対処していますか。 【回答数】 次の回収日まで待つ:90 他の集積所へ持っていく:3 業者に持ち込む:0 その他:7 忘れたのは自分の責任・次回まで待つという意見が多数 アンケートの結果を見ると、最も回答数が多かったのは「次の回収日まで待つ」で90パーセントと圧倒的多数を占めています。 ・ご近所トラブルの元になるだけなので自宅に保管して次回を待つことにしている。 (40代/女性/パート・アルバイト) ・回収が終わった後に出したら、確実にゴミ当番の家庭に迷惑がかかるし、カラスにも汚されると思う。 (30代/男性/正社員) ・ゴミは自分の責任で処理しなければいけないものだと思うので、出し忘れたら次の回収日までかさばろうと臭おうと我慢するべきだと思います。 他の集積所もそこを指定されている人の迷惑になりそうだし、業者には馴染みがないので。 (40代/女性/専業主婦(主夫)) ・資源になるゴミだったら、スーパーなどでも回収をしているので持っていきます。 その他生ごみはさすがに次回にします。 (40代/女性/正社員) 理由として共通しているのは「ご近所に迷惑をかけたくない」ということ。 回収後にゴミを出して放置状態になれば汚れや悪臭で近隣に迷惑をかけますし、他の集積所はそこを利用する人が交代で清掃していることもあります。 出し忘れたのは自分の責任なので、次回まで待つというのはもっともな考え方といえるでしょう。 なお、食品トレーなど一部スーパーで回収を行っているものはそちらを利用すれば、少しはゴミを減らすことができて良いかもしれません。 すぐ近くに他の集積所が…今回だけ出させて! 一方、3パーセントと少数ながら「他の集積所へ持っていく」と答えた人もいます。 ・朝持っていっても間に合わないときがたまにあります。 その時は車で少し移動するとまだ回収がきていないごみ収集所があるのでそこに捨てさせてもらうことがあります。 (20代/女性/パート・アルバイト) ・100メートル先に違う地区の集積所があるので、翌日そこに持って行きます。 (30代/女性/専業主婦(主夫)) ・外に置くと猫にあさられるし、中には匂いがするので置きたくないから。 (40代/女性/パート・アルバイト) ゴミの集積所は地区ごとに決まっていることが多く、通常は決められた場所へ決められた曜日に出さなくてはなりません。 ですがタッチの差で遅れてしまったとき、あるいはゴミが溜まってしまって臭いなどがどうしようもないときなど緊急の場合には、近くにある他の集積所へ出すという人もいるようです。 住宅密集地であれば他の集積所が比較的近いので、ついついやってしまうということもあるのかもしれません。 ですが本来ルール違反なので心苦しい点もあるのではないでしょうか。 トラブルを防ぐためにもゴミ出しルールはきちんと守ろう ゴミはきちんと分別して指定の曜日・場所に出す、というのは市民としてのルールです。 今回のアンケートではそうした意識を持つ人が多いことがわかりました。 ゴミ出しのルールというのは近隣に住む人々がお互い気持ちよく過ごすためにも大切なものです。 うっかり出し忘れてしまったときには、今回だけは…と他の集積所に置きたくなるのも人情かもしれませんが、そこからご近所トラブルに発展するのも困りもの。 ゴミ出しの日はカレンダーに印をつけるなどして忘れないようにしたいものです。 【次の回収日まで待つ】 ・ひたすら次の回収日を待つ。 わざわざ他の場所へ持っていくのも面倒だし、少し我慢すれば良いだけだから。 夏はかなり臭いですが。 ほかのところへ持っていくという考えすら持っていなかった。 臭いの出そうなものはベランダに置く。 3日後くらいにまたありますので。 他の集積場や業者に持ち寄ったりしたことはありません。 量が多くてゴミ箱に入りきらない時は一旦まとめておきます。 面倒臭いので。 燃えるゴミであれば週3回回収があるので、臭いが充満しないように気をつけます。 そのほかの方法は面倒です。 ルールですし、他の場所にも持っていけないので。 他の集積所に持っていくこともできますが、そこでいつもよりゴミが増えていては、回収する係りの人の迷惑になるからです。 生ごみは新聞紙でくるめば水分を吸収してくれるので、臭いも抑えられます。 次の回収日に回収してもらいます。 次の回収日まで、屋外のストッカーなどに置いておく。 出し忘れたのは自分の責任ですからね。 他の場所にもっていく余裕がない。 なぜなら、他の集積所に持っていくのはマナー違反だし、業者に持ち込む時間もないからです。 ですから、自宅のゴミストッカーに押し込み、次回の回収時に一気に出します。 また、家庭ゴミは回収時間が遅めのため、出し忘れても回収前までに気づけるため、あまり出し忘れもありません。 生ゴミなどどうしようもないものは、別の集積所にもって行きます。 裏庭にはそれぞれ専用の大きめのゴミ箱を設置してあります。 その中に入れてあるので、もし出し忘れても次の収集日くらいまではそのままで大丈夫です。 業者に出すまでではない。 年末に、他の集積所の人がうちの集積所まで持ってきていましたが、トラブルの原因です。 やめてもらいたいです。 どうしても出したい場合は業者に持ち込むか、他の集積所に回収に来た人に頼んでほしいです。 そのまま置き去りだけは勘弁を。 他の集積所に持っていくことは絶対にしない。 1週間くらいなら、ゴミを家に置いておくことは不快だけど我慢できるから。 他の集積所へは出せないし、業者も遠いので、それほど多くないときは次回に持ち越します。 他の集積所や業者へ持っていくのは面倒なので、次のゴミ指定日まで待ちます。 だからといって業者に頼めば料金がかかるからしたくない。 次まで待っても特に問題ありません。 他の集積所もそこを指定されている人の迷惑になりそうだし、業者には馴染みがないので。 その他生ごみはさすがに次回にします。 カレンダーに書いておく。 それ以外したことはない。 業者に持ち込みに行く暇がない。 普段ごみの量も多くないので、出し忘れた場合は家に保管できます。 1週間に2回の収集日なので、出し忘れても次の収集日まで数日待てば良いだけだから。 次の回に出すので充分です。 業者に持ち込むと余計な出費になるし、他の集積所に持っていくのはその地区の方に迷惑になるのでしません。 私は次まで待ちます。 ゴミをあちこち移動させるのは面倒だし、次の回収日お願いしますまで待ちます。 その時は車で少し移動するとまだ回収がきていないごみ収集所があるのでそこに捨てさせてもらうことがあります。 私の住んでいる自治体のごみ処理場は、その住民であることを証明できるもの(運転免許証等)を提示すれば、無料で処分が可能です。 2019年8月13日 新しい物件を探すとき、気になるのが「害虫」の存在ですよね。 特に、虫が苦手な人にとっては重要な問題でしょう。 内見のときに […]• 2018年1月5日 家のトイレは毎日、何度も使用する大切な場所です。 一般的な住居にはひとつしかトイレがないことも多いので、もしトイレが詰ま […]• 2016年8月26日 不動産を購入することは、前向きな行動でわくわくしますが、不動産を所有したことによる辛いこともあります。 その主な事例とし […]• 2016年6月30日 ここ最近、日本では熊本でもありましたが、大きな地震が多発していますね。 地震はいつやってくるかわからず、家や車などは一瞬 […] アーカイブ•

次の