ほろびのうた ラプラス。 ラプラス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ラプラスの入手方法【ポケモンソードシールド】

ほろびのうた ラプラス

【ダブル】バインドほろびのうた構成 サダイジャ+• はじめに 今回ご紹介するのは、Galar Weekly 6でも登場したバインド+ほろびのうた構成です。 上記3位に入ったパーティ構成 サダイジャ、、マルヤクデ、バチンウニ、、 を参考にサダイジャ+から構成案を考えたのですが、 結局、同じようなパーティに行きつきました。 構成概要 パーティ情報 以下6体の情報を記載します。 バインドほろびのうた構成 サダイジャ+ サダイジャ バチンウニ 特性 すながくれ ちょすい アロマベール いかく さいせいりょく アイテム ひかりのこな メンタルハーブ ルームサービス たべのこし くろいヘドロ エレキシード 性格 わんぱく おだやか なまいき のんき のんき なまいき H252-B252-D4 H252-B4-D252 H252-B4-D252 H252-B252-D4 H252-B252-D4 H252-B4-D252 技1 じしん まもる まもる まもる 技2 まもる ほろびのうた メロメロ びりびりちくちく 技3 アンコール ねっとう のろい 技4 へびにらみ まもる サマ どくどく つぼをつく コンボについて シーズン2になり、一部キョックスが解禁されました。 その中でも、サダイジャ、マルヤクデといったの キョックス技はバインド効果を持ちます。 キョダイヒャッカ:相手全体を『ほのおのうず』 バインド 状態にする。 キョダイサジン:相手全体を『すなじごく』 バインド 状態にする。 相手全体への効果• キョダイサジン・キョダイヒャッカにより発生したバインドは 使用者が交代しても消滅しない といった効果があります。 これにより、相手へのダメージを与えつつ バインド効果による交代不可で縛るサダイジャ、マルヤクデと ほろびのうた持ちのによる バインドほろびのうた構成が一部使用されています。 今回は特にサダイジャのほうにフォーカスを当てます。 また今作ほろびのうたを覚えるは 最終進化系では3体 ゲンガー、、サニゴーン です。 耐久性と汎用性を考え、が採用されることが多いです。 バインド+ほろびのうたvsかげふみ+ほろびのうた 今作のかげふみ要員はとです。 相手を縛るサダイジャとの耐久の差は 以下の表になります 参考にマルヤクデも載せます。 これによりサダイジャ自身が交代or3ターン以内に倒れたとしても バインドが場に残ります。 ただ、キョックスサダイジャ以上に耐久のあるがあまりいないので 交代する意味はほぼないかと思います。 ちなみに、ほろびのうたを放つ3体は以下の通りです。 狙い また本構成とは少し離れますが、この構成でもは可能なので もしを狙うのであれば、使用するをすべて色違いにしましょう。 構成詳細 以下に各について性格・振り・技構成の詳細を記載します。 サダイジャ 特性 すながくれ アイテム ひかりのこな 性格 わんぱく H252-B252-D4 技1 じしん 技2 まもる 技3 技4 へびにらみorちいさくなる 特性は状態異常に少し強いだっぴや すなおこしを出すことができるすなはきでもよかったのですが、 キョックス技であるキョダイサジンが地面技であり、 キョックス時に岩技を撃つことで 自らすなおこしが可能であるため、すながくれとしました。 アイテムもそれに合わせてひかりのこなとしています。 これらは最初の3ターンでできるだけ長く生存する確率を高めるためです。 性格は防御上昇補正のわんぱく、 もそれに合わせてHB振りです。 技構成は• 初手キョダイサジンによるバインドのための地面技であるじしん• 1ターン消費用のまもる• 自らすなおこしを行うためのキョックス岩技用かつ怯み狙いの で3枠を使用し、残り1枠はへびにらみ、ちいさくなるとしています。 へびにらみは地面タイプにも効果のある麻痺撒き技です。 ただし、へびにらみは相手を麻痺にはできますが、 素早さの減少という点で、相手に使用してしまうと、 ほろびのうたの仕様でデメリットとなります。 相手が自分のよりも素早さが遅い場合、 自分のにへびにらみを行い、ほろびのうた下での 素早さの有利を作るといった使用方法もあります。 ちいさくなるの採用もありますが、 あまり使用している暇がなさそうな点と ックス技を使用された場合、回避率上昇はすべて無駄となるので 個人的にはへびにらみ>ちいさくなる と考えています。 特性 ちょすい アイテム メンタルハーブ 性格 おだやか H252-B4-D252 技1 まもる 技2 ほろびのうた 技3 技4 ほろびのうた始動役です。 特性は水タイプのがきついのでちょすいに。 シェルアーマーでもよかったのですが、 最初のほろびのうた後の3ターンの際、 まもるを使用すると耐えるのは2ターン分なので 急所が当たる回数は1~4 2体のが2回攻撃してきた時 で そんなに期待値高くないので確実に水を吸収できるちょすいにしました。 一番の弱点であるちょうはつに対してメンタルハーブで対処しています。 ちょうはつで崩壊するので。 性格はおだやかでHD振りとしています。 技構成として• 1ターン稼ぎようのまもる• 本構成の肝であるほろびのうた• ほろびのうたがかわされ、ラスト1体ずつとなった際の• 水タイプ用の としています。 水タイプへの打点であるに対し、 みがわり貫通用のでも良いかもしれません。 特性 アロマベール アイテム ルームサービス 性格 なまいき H252-B4-D252 技1 技2 メロメロ 技3 アンコール 技4 まもる 後続の嫌がらせ用。 特性はちょうはつ無効のアロマベール。 アイテムは時に素早さ1段階ダウンの 新アイテムであるルームサービス。 これにより、下でほぼ最初に動くことが可能。 性格はなまいきでHD振り。 フェアリーの弱点である鋼と毒タイプの技で 一番ダブル使用率が高そうなジュラルドンの ラスターカノンであるため。 鈍足用の• 下での、アンコール縛り• 1ターン稼ぎ用のまもる としています。 いかく持ちの中で最も素早さが低く、 かつ防御・特防ともに115と高いため採用した。 アイテムはたべのこし。 性格はのんきでたべのこし効率からH164-B252-D94振り。 たべのこしの効率を無視してHB振りでもよかったが、 例えばA振りのタイプ一致10まんばりき 威力100 に対して HPに対する割合差が• 3%であるので たべのこし効率を優先 1発で倒れるような場合はHBのほうがいいが・・・ 技構成は• 1ターン稼ぎのまもる• 一致技兼回復用の• 相手1ターン消費用の• 一致技兼相手攻撃依存のサマ 特性 さいせいりょく アイテム くろいヘドロ 性格 のんき H252-B252-D4 技1 まもる 技2 技3 ねっとう 技4 どくどく Galar Weeklyではキョックスによるキョダイヒャッカを持つ マルヤクデが搭載されている構成であったが、 本構成ではを採用。 特性は交代出しの際のダメージをのちほど交代により回復することも 踏まえてさいせいりょく。 アイテムは定数割合で回復する毒タイプ専用のくろいヘドロ。 性格はのんきHB振り。 いかくがあり、あくかくとうのと異なり、 はメジャーなタイプの地面を弱点に持ち、 かつHPが低いため、 たべのこし効率よりもHPそのものの大きさを担保するためにHB極振りとした。 技構成は• 1ターン稼ぎ用のまもる• 回復用の• 鋼用に定数ダメージであるやけども加味したねっとう• 定数ダメージのどくどく である。 本構成では、ターンを稼ぐことが重点であり、 通常毒よりもどくどくのほうが価値が高く、 どくどくが腐ってしまうためトーチカは不採用。 バチンウニ 特性 アイテム エレキシード 性格 なまいき H252-B4-D252 技1 技2 びりびりちくちく 技3 のろい 技4 つぼをつく ほろびのうたで最後まで生き残る役。 進化前を含まない場合、 についで第2位の素早さの遅さ。 特性はとがいるため エレキメーカーではなくを選択。 アイテムはエレキシードとし、場に出たときに防御を上げるように。 性格はなまいきHD振り。 弱点である地面タイプでつかれるとHBだろうが持っていかれるので HD振りとした。 技構成は• 回復用自己再生• 下での3割怯み用のびりびりちくちく• 素早さを下げつつ、物理攻撃と防御の強化のためののろい• ステータス上昇のためのつぼをつく とした。 このの役割として、どこまで生き残るかであるため、 回復系とステータスアップ及び怯みを採用。 なお、攻撃が101もあるため、のろいやつぼをつくで強化後に どくややけど、バインドによる定数ダメージを受けているに対し、 殴りに行くことも想定している。 つぼをつくのギャンブル要素が嫌いな場合は じゅうでん 次のターン、電気技の威力が2倍。 自分の特防1段階アップ でも面白いかもしれない。 立ち回り ほろびのうたの仕様注意 ほろびのうたは、カウントゼロとなった際、素早さの高い順に倒れていきます。 そのため、素早さ下降の技 こごえるかぜとか や その状態異常 へびにらみによる麻痺 で 場に出ている4体のの素早さ順が変わってしまい、 こちらが負ける場合があるので注意しましょう。 また、ほろびのうたは音系の技であるため、 みがわりは貫通しますが、 特性ぼうおんや技ダイビング、といった 場からいなくなるタイプの技で回避されるため注意しましょう。 バインド系技 キョダイサジン の仕様注意 キョダイサジンは他のバインド系技と異なり、 使用者が場からいなくなったとしてもバインド状態を保つことが可能な 非常に強力な技です。 ただし、ゴーストタイプやきれいなぬけがらを持ったは交代可能であり、 バインド状態が解除されます。 バインド状態は技を受けたの状態で、場にかかっているわけでありません また、みがわりが成功した際、バインド状態は解除されます。 1ターン目の立ち回り サダイジャとを出した最初のターンでは -サダイジャはキョックスし、キョダイサジン -はほろびのうた を行います。 コンボ成功後の立ち回り バインド状態+ほろびのうた成功時の2ターン目、 をひっこめます。 最初のほろびのうたが3ターン経過し、 相手の次の2体が出てきた際に再度ほろびのうたを行うためです。 サダイジャはキョックス状態であるため、 ダイウォールで1ターン稼ぎます。 その後、サダイジャ+後続1体でほろびのうたの残り2ターンを稼ぎます。 この時、 ほろびのうた残り2ターン:サダイジャはへびにらみorダイロック 後続1体は補助orまもる ほろびのうた残り1ターン:サダイジャをと交換 後続1体は補助orまもる といった形になります。 相手の2体が倒れた後の立ち回り ほろびのうたで見事相手のを倒した後は• によるほろびのうた• 狙い 相手2体に対して、味方が3~4体 の2パターンの勝ち筋ができます。 所感 使用した感触として [良い点]• ほろびのうたによるカウント勝ちとの2択の勝利条件を状況により 選ぶことが可能• ギミックが成功しやすい 保険でにメンタルハーブを持たせているのもあって [悪い点]• に集中砲火されると2回目のほろびのうたを撃つ段階で倒れてしまい 勝ち筋がに限定される 他のに火力があまりないため• バインドの弱点であるゴーストタイプのドラパルトやみがわり持ち• 正直,このコンボ決めなくてもサダイジャの火力が強い・・・.

次の

ラプラス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ほろびのうた ラプラス

されると、効果はなくなる。 0個以下の場合は、1個減らす。 ほろびのうたは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ ・ きいた ポケモンは 3ターンごに せんとうふのうに なってしまう きいた ポケモンは 3ターン たつと みんな たおれる。 こうたいすると こうかは なくなる。 きいた ポケモンは 3ターン たつと ひんしに なる。 こうたいすると こうかは なくなる。 ・・・ うたを きいた ポケモンは 3ターン たつと ひんしに なる。 こうたいすると こうかは なくなる。 漢字 歌を 聴いた ポケモンは 3ターン たつと ひんしに なる。 交代すると 効果は なくなる。 コンテストわざ アピールが うまくいった ポケモン みんなを かなり おどろかす しんさいん ぜんいんの ボルテージが 1つずつ へる。 前者の問題は直前のターンに交換すれば良いので後者をいかに克服するかが重要でや状態によって相手を逃がさないためのサポートが必要となる。 相手に交換を強いる手段として用いるのも手である。 積み技・などで居座ってくる相手に効果的。 より効果が表れるのが遅いのがネックか。 ポケモンカードゲームにおけるほろびのうた 「 相手が ねむりで、前の自分の番に、「やみのひとみ くろいひとみ 」を受けていたなら、 相手を きぜつさせる。 」という効果のワザとしても登場する 「やみのひとみ くろいひとみ 」は 相手を ねむりにするワザ。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるほろびのうた ・ PP15。 フロア内の全ての敵はになり、4ターン後に倒れる。 敵ポケモンではやに出現するなどが使ってくる。 聴いてしまったら大ピンチになるのですぐにかで回復すること。 ドーブルのスケッチを利用しやと連結させれば、フロアの敵を一瞬で全滅させることができるが、経験値は入らないので注意。 レベル100であれば無問題。 」と出る。 アニメにおけるほろびのうた ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 モーガン マンガにおけるほろびのうた ポケットモンスターSPECIALにおけるほろびのうた• では、のなどが使用する。 技の仕様• も参照。 すでにほろびのうた状態になっているポケモンに対しては無効で、カウントがリセットされることはない。 の1つ。 音のわざがみがわり状態を無視するようになったのは以降だが、ほろびのうたは~でもみがわり状態の影響を受けない。 特性のポケモンに対しては無効化され、ほろびのうた状態にならない。 使用者自身がぼうおんである場合、まではぼうおんでほろびのうたを無効化する。 では自身のぼうおんは無視されほろびのうた状態になる。 以下のような特徴があるが、ほろびのうたは ではない。 技の使用者自身や、隣り合っていないポケモンにも効果がある。 以下のような特徴から、ほろびのうたが場を対象とする技とは異なることが分かる。 状態であるか、どちらかがであれば効果がある。 でプレイヤー側が使用するほろびのうたは失敗する。 敵ダイマックスポケモンがほろびのうたを覚えている場合、が張られるとほろびのうたを使用し、自身は効果を防ぎながらこちら側のポケモンだけをほろびのうた状態にする。 過去のでは、 使う側が最後の1匹の時には使わせることが出来ない技となっていたこともある。 ・では、最後の1匹が使うと失敗する。 現在では使う側が最後の1匹でも使用できる。 カウントが0になった時は素早さの遅いポケモンが最後に倒れる為、勝敗の判定の関係で使った側でも勝てる場合があるからである。 使われる側が最後の1匹の場合は全ての世代においてほろびのうたは成功する。 マックスレイドバトルでプレイヤーが使うときは失敗するが、トレーナー戦や対人戦ではダイマックスポケモンに対するほろびのうたは有効。 各言語版での名称 言語 名前 ほろびのうた Perish Song Abgesang Requiem Ultimocanto Canto Mortal 멸망의노래 灭亡之歌 Perish Song 関連項目•

次の

ラプラス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ほろびのうた ラプラス

ラプラスの基本データ HP 130 タイプ みず こうげき 85 こおり ぼうぎょ 80 特性 ちょすい とくこう 85 シェルアーマー とくぼう 95 夢特性 うるおいボディ すばやさ 60 ラプラスの特徴 専用技「キョダイセンリツ」が強力 キョダイマックスラプラスのみが使用できるキョダイセンリツは追加効果でオーロラベールを貼ることができます。 これにより、味方を含めた耐久をしばらくの間高めることが可能です。 ラプラス自身の耐久も高いため、長く居座ることができます。 ラプラスの技 有用な攻撃技 ハイドロポンプ タイプ一致技。 高威力だが命中不安。 うたかたのアリア タイプ一致技。 味方を巻き込んでしまう点に注意。 ふぶき タイプ一致技。 高威力。 れいとうビーム タイプ一致技。 命中が安定している。 フリーズドライ タイプ一致技。 みずタイプに弱点をつける効果が優秀。 かみなり ダイサンダーのベースとして。 雨状態では必中となる。 10まんボルト ダイサンダーのベースとして。 命中安定。 こおりのつぶて 先制技。 じゃくてんほけん発動後は火力が上がる。 ぜったいれいど キョダイセンリツになると威力130となる。 有用な変化技 ほろびのうた 詰め筋として強力な技。 まもる 大事に扱いたい場合に。 ねむる 特性「うるおいボディ」+ダイストリームですぐにねむり状態を回復できる。 ふぶきベースのキョダイセンリツで丁度耐久無振りのダイマックスドラパルトを倒すことができます。 ダイマックスが切れたあとは ぜったいれいどや ほろびのうたで相手を倒すことを狙います。 また、 特性「うるおいボディ」によって、天候が雨であればねむるを使用したターンの終了時にねむり状態を回復することが可能です。 ラプラスの使用率 当サイトが集計した、ランクバトル(ダブル)の使用率の記事からラプラスの順位を参照しています。 集計期間 順位 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 9位 6位 11位 12位 20位 12位 20位 15位 18位 19位 30位 ラプラスとの主な組み合わせ マホイップ デコレーションや うそなきで ラプラスの火力をサポートします。 特性「スイートベール」で味方と自身がねむらなくなるため、シーズン4から解禁され数を伸ばしているフシギバナを筆頭としたポケモンの催眠系の技に耐性がある点が優秀です。 ライチュウ、トゲデマル 特性「ひらいしん」 で相手のでんき技からラプラスを守りながら、ボルトチェンジなどでラプラスのじゃくてんほけんを発動させる立ち回りが有名です。 あまえるや かいでんぱ、 ほっぺすりすりなどでラプラスのサポートをします。 ラプラスの対策 パッチラゴン 特性「はりきり」と高威力のでんげきくちばしでラプラスに大ダメージを与えることができます。 ですが、 はりきりで技が外れる可能性があることや特性「ひらいしん」持ちがラプラスの隣にいる場合はでんき技が通らない点 には注意が必要です。 ナットレイ ナットレイであればラプラスから大ダメージをもらうことがなく、タイプ一致のくさ技で大きく削ることができます。 バークアウト、かいでんぱ ラプラスのとくこうを下げる技があれば、ダイマックスしたラプラスからの攻撃は脅威ではなくなります。 マホイップが採用されている場合はデコレーションで毎ターンラプラスのとくこうを強化してくることが予想されるため、先にマホイップを倒すようにします。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2019. 22 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. 主な環境の変化3. トリ […][…]• 2020. 14 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. エルフ […][…]• 2020. 11 レンタルチームID: 0000 0003 3N9N P8 目次 1. はじめに2. 構築経緯2. […][…]• 2020. 07 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. エース […][…]• 2020. 16 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. ミロカ […][…].

次の