イタチ が 飛び出し た。 イタチの生態・被害

【DbD】「イタチが飛び出した」の性能と効果解説

イタチ が 飛び出し た

イタチ退治へようこそ! このホームページでは、私が体験したイタチの駆除について紹介します。 見た目はとってもかわいくて、ペットにしてる人も多いですよね。 みなさんは、そんなイタチに悩まされたことはありますか? 私は、2階建の家に住んでいるんですが、そこにイタチが住みついてしまったみたいなんです。 初めは、天井裏から足音や鳴き声が聞こえてきました。 夜中に足音で起こされたり、たまにキーキー鳴き声を出すので、音がする度にイライラが溜まっていきました。 結構大きな音がするので、いつか天井が抜けて部屋の中に入ってきてしまうんじゃないかとすごく心配になったし、怖かったです。 それからしばらくして、足音や鳴き声が増えました。 イタチが子供を産んだみたいなんです。 もうその時は本当にうるさくて、寝つきが悪くなったり、夜中何度も起こされたり、睡眠不足で寝坊することが多くなってしまいました。 匂いもひどくなってきたし、父と母もうるさい!とよく文句を言っていました。 精神的にも限界だった私たちは、ここでようやくイタチを退治しようと考え始めました。 今では、もっと早くから行動すればよかったと思っています。 どうやって退治するかより、先にイタチのことを知ってから退治方法を考えようと思ったので、いろいろ調べてみました。 まずはこちらを見てください。 イタチの特徴 イタチの特徴に合わせて対策を考えようと思ったので、イタチについて調べてみました。 まず、家にイタチが住み着いている人はわかると思いますが、イタチは 夜行性です。 私の場合は、夜中にする足音でイタチが住み着いていることに気がつきました。 母も同じ時期に、天井からする音が気になっていたみたいなので、気のせいではなかったみたいです。 気になりだしたら本当にうるさいですよね。 大きさは、 体が30~40cmくらいで、 しっぽが10~20cmくらいだそうです。 しっぽが結構長いですね。 メスと比べるとオスの方が大きいそうです。 家にイタチの入れる隙間なんてないと思っていましたが、3cmくらいの隙間でも入れちゃうそうです!家の壁も平気で登れるみたいなので、屋根にある隙間とかから入ってるときもあるらしいです。 雑食で、ネズミ・うさぎ・果物などを食べるので、それを天井裏に持ち込んだりするみたいです。 こどもは1年に1回産むそうです。 イタチが住みついたからといって、そこでこどもを産むとは限らないみたいですが、私の家の場合は天井裏で産んでしまったみたいですね。 前からイタチのせいで部屋がくさいと思っていましたが、イタチはスカンクと同じようにくさい匂いを出す動物なんだそうです。 それにフンとかおしっこの強烈な匂いが合わさるので最悪です。 自分の家なのに、くさくて家にいるのが嫌になります。 やり方は、ホームセンターとかで売っているバルサンを、天井裏に置いて煙をたくだけです。 蚊取り線香でもできるみたいです。 簡単そうなので、すぐにやってみることにしました。 でもその前に、どうやって天井裏に行けるのかがわからなかったので、調べてみました。 和室があれば、押入れから天井裏が覗けるそうです。 うちにも和室があるので、試しに押入れの天井の所を押してみると、簡単に開けることができました。 あそこは、板が乗っかっているだけなんですね。 こんなに簡単に開くんだったら、いつかイタチが部屋の中に入ってきちゃうんじゃないかと思って心配になってしまいました。 さて、バルサンの結果はどうだったのかというと、すぐに足音が消えて、 イタチがいなくなったんです!煙の匂いが本当に嫌いだったみたいですね。 おかげでぐっすり眠ることができたし、静かな家で食べるご飯はとてもおいしかったです。 こんなに簡単に居なくなるなら、もっと早くやっておけばよかったと思いました。 これでやっとイタチから解放されると思ったんですが、甘かったようです。 1週間くらいで また帰ってきてしまいました。 煙の匂いが消えたんだと思います。 家族も喜んでたのに、がっかりです。 考えてみれば、今までずっと住み着いていたものが、こんなに簡単に居なくなるわけないですよね。 入口をふさげば、もう入ってくることはありません。 家の周りに穴がないか探してみることにしました。 結果は、 なにも見つかりませんでした。 小さな穴もなくて、ただ家の周りを散歩しただけになってしまいました。 やっぱり、素人では見つけられないものなのでしょうか。 でも書いたように、イタチは家の壁を登れるみたいなので、私の見えないところから入ってるのかもしれません。 そう思って、もう一度屋根の方を見上げながら探してみたけどやっぱりダメでした。 入口さえわかれば、あとはふさぐだけなんですけどね。 この作戦はすぐに終わってしまったので、次に行きましょう。 まず思いついたのが、 ネズミ捕り用の粘着シートです。 これの、イタチ用のものはないのかなーと思い調べてみると、出てきたのは 捕獲用のカゴでした。 普通はカゴで捕まえるみたいです。 四角いカゴとか、ドラム型のものがありました。 イタチを捕まえるのにも、いろんな道具があるんですね。 買ってみようかなと思ったんですが、 置き場所が問題でした。 意外と大きいみたいで、天井裏に置くのは大変そうです。 もし捕まえられたとしても、天井裏から取り出すのもすごく大変そうだし、正直怖いです。 だからといって外に置くのも意味がなさそうです。 あと、調べてみてわかったことがあります。 イタチを捕まえるには、 鳥獣保護法という法律があって、許可が必要みたいなんです!自分で捕まえるのは結構面倒みたいですね。 捕まえられたとしても、そのあとどうすればいいのでしょうか。 保健所か役所に持って行けばいいのでしょうか。 バイキンだらけのイタチを自分の車に乗せて運ぶのもなんか嫌だなーと思ったし、怖いし危ないので、この対策は最終手段にすることにしました。 気持ち悪いけど、次は毒エサを使ってみます。 ネズミとかゴキブリ用の毒エサがあるんだからイタチ用のもあるだろうと思って、ホームセンターで探してみることにしました。 でも、見つかったのは アリとかネズミの毒エサばかりで、イタチ用のものは売っていませんでした。 がっかりです。 家に帰って調べてみると、特にイタチ用の毒エサがあるというわけではなくて、毒エサを使ってる人のほとんどが、 ネズミ用の毒エサを使っていました。 ネズミ用のでも意外と効くみたいですね。 ということで、後日ネズミ用の毒エサを買ってきたので、天井裏に置いてみることにしました。 結果はというと、1週間くらい待ってみたんですが、 全然食べてくれませんでした。 母が、エサの近くを通っていたような足音をたくさん聞いたと言っていたんですけどね。 残念です。 これを食べないということは、他に食べる物がたくさんあるということなのでしょか。 そのあと、調べてみてわかったことがあるんですが、イタチを毒エサで殺すということは、でお話しした 鳥獣保護法で禁止されてたのです!捕まえるということも、殺すということも、勝手にしちゃいけないんですね。 危うく毒エサで殺してしまうところでした。 この法律を知らない人が多いみたいなので、勝手に捕まえたり、殺しちゃったりする人が結構いるみたいです もう素人の手には負えないので、プロにまかせてみることにしました。 これでダメだったら自分で許可をもらって捕まえるしかありません。 とりあえず、近くにある駆除屋さんの中から良さそうなところを選んで電話してみました。 足音とか匂いの説明をすると、かなりひどい状態みたいです。 話を聞くと、調査と見積もりまでは無料でやってくれるそうなので、母と相談して家まできてもらうことにしました。 押入れの所から入って天井裏を見たり、屋根に登って入口を探したり、プロって感じでしたね。 写真を撮っていたみたいで、あとで写真を見ながら説明してくれました。 もう本当にひどかったです。 フンが山盛りになってたし、 断熱材もボロボロでぐちゃぐちゃになってました。 断熱材がダニの巣になっていて、このまま放っておくと部屋の中にまでダニが出てきてしまうと言われました。 よくこんな家でイタチと一緒に生活していたなと思います。 そのぐらいひどかったんです。 ただ入り込んでるだけかと思ってたんですが、こんなに汚くされちゃうんですね。 屋根の上の写真も見たんですが、屋根と屋根の間の隙間みたいな所に小さい穴が空いていて、そこから中に入っているようでした。 屋根に穴を開けて入り込んでるなんて思ってなかったのでびっくりです!いつもこんなとこから出入りしてたんですね。 足音がうるさいだとか、臭いだとか、今まではそういうことしか考えてなかったんですが、いろいろ説明してもらって、改めて早く退治しなきゃいけないんだと思いました。 それからお見積りを出してもらって、大丈夫そうだったので退治をお願いすることにしました。 イタチが居なくなるまで保証をつけて退治してくれるそうなので、安心してお願いできます。 少し希望がみえてきました。 そして駆除当日。 押入れの天井から覗いた時にすぐ近くにいたそうで、まずは こどもを1匹手づかみで捕まえてくれました。 いきなり捕まえてくれたので早くてびっくりです。 そのあとも、違う場所から もう1匹こどもを捕まえてくれました。 2匹とも見せてもらったんですが、結構可愛いですね。 あんなに迷惑していたのに、目の前にいると癒されます。 カゴの中でおとなしくしていたからそう感じたのでしょうか。 見た目は可愛いけどやっぱり匂いが強烈です。 天井にいても匂ってくるくらいだから、目の前にいてもっとくさいのは当たり前ですよね。 この日はこどもを2匹捕まえて終了でした。 親のイタチについては、カゴを仕掛けて様子を見るそうです。 これで捕まってくれるといいんですが…。 そしてその2日後の夜のことです。 私は、上からする大きな音で目を覚ましました。 またいつものが始まったのか、と思ったら違うんです。 いつもならいろんな所で音がするんですが、その日は同じ所から大きな音がしていました。 どうやら 罠にかかったみたいです!次の日にさっそく駆除屋さんに電話して、取りに来てもらいました。 仕掛けていたカゴを取り出してもらうと、やっぱり罠にかかっていました。 こどものイタチは結構おとなしかったけど、親のイタチは焦っているようにカゴの中を走りまわっていました。 こどもと比べると大きいし、怖かったです。 今まであんな動物と一緒に暮らしていたんですね。 もし穴を開けられて部屋に入ってきたらと思うととても怖いです。 家に住み着いていたのは、今回捕まえたこども2匹と親1匹で全部だったみたいで、そのあと音がするということはありませんでした。 消毒もしてくれたみたいで、ダニの心配もありません。 こんなに静かな家で眠れたのは久しぶりです。 静かすぎて少し寂しかったです。 ちなみに、私がお願いした駆除屋さんはこちらです。 調査をお願いする前は、まさか自分の家がこんなに汚いなんて思ってもいませんでした。 このまま放っておいたら、部屋の中にまでダニが出てきていたと思います。 ダニがうじゃうじゃいる家に住んでるなんて、想像しただけで気持ち悪いです。 ダニに刺される前にイタチがいなくなってくれて本当によかったです。 やっとイタチが来る前の生活に戻れました。 今は安心して眠れます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 イタチに悩んでる皆さんも、ひどくなる前に対策を考えた方がいいですよ。 私のようになる前に、早くイタチを追い出しちゃいましょう!.

次の

イタチ退治

イタチ が 飛び出し た

イタチは3月から5月にかけて繁殖期が訪れ、交尾を終えると、メスのイタチは約1ヶ月の妊娠期間を経て出産します。 一度に1頭から8頭(平均で4、5頭)を出産し、40日前後の授乳期間があります。 メスは自分の行動圏内の巣で出産した子どもを育てます。 イタチは一夫多妻制で、オスは繁殖期には数頭のメスと交尾し、育児はメスのみで行うため、オスはほとんど単独で生活しています。 (ただしチョウセンイタチは、オスも子育てを手伝う場合があるようです) 5月、6月頃に誕生した子イタチは、生後70日から80日で大人のイタチと同じ体重になり、8月頃には子ども達だけで一群となって生活し、10月頃にはそれぞれが単独で生活をしだします。 イタチの生活パターン イタチは基本的に、夜行性と言われ、日が暮れると巣から出て活動し、明け方になるとまた巣に戻り休息するのですが、場所によっては、昼間でも活発に活動することが分かっています。 イタチ同士、個体間のコミュニケーションは、フンや尿など排泄物を用いることが多いようです。 イタチには、肛門の左右に1対の肛門腺があり、フンの排泄時に臭いづけを行いますが、敵に遭遇したり、身の危険を感じると、肛門腺から非常に臭い黄色の液を分泌します。 本来イタチは、河川や池などの水辺や沼などを好み、その近くでエサとなる動物や昆虫を捕食しながら生息しています。 山や低地の田畑、平野の草むら、人家周辺など広範囲で生息が確認されており、行動圏は、オスで5ha、メスで2ha程と言われています。 なんと一夜で8kmほど移動することもあるほど、行動範囲が広くなっています。 イタチのエサは、基本的にノネズミが全体の5割から8割を占める程です。 このことから寒さを凌ぐため、安全な巣を確保するために人家の屋根裏などに侵入するイタチが、家ネズミを捕食していることも考えられます。 他にも、小鳥の卵やヒナなど小型の鳥類、カエル、サンショウウオなどの両生類、昆虫類なども捕食します。 またザリガニなどの甲殻類や魚類、自分よりも大きいニワトリやウサギなども捕食することがあり、動物性のエサであれば何でも食べてしまいます。 さらに、栽培されている柿やリンゴ、野生のキイチゴ類(木の実)など、植物性のエサも食べているようです。 イタチの形態・色 オスとメスでは体長、体重が大きく異なります。 チョウセンイタチはニホンイタチよりも一回り大きい体格です。 ニホンイタチ チョウセンイタチ 写真 体色 茶褐色・暗褐色 黄褐色 体長 オス:30~37cm オス:28~39cm メス:20~27cm メス:25~31cm 尾長 オス:12~16cm オス:16~21cm メス8~9cm メス:13~16cm 体重 オス:290~650g オス:650~820g メス:110~180g メス:360~430g 素人の方では侵入経路を特定したり、完全に隙間を塞ぐ事は非常に難しいため、毎年イタチ侵入の被害が発生しているお宅などはプロの業者へ依頼することをオススメします。 イタチ関連リンク ・・・・・・・・・ - , ,.

次の

イタチの習性と具体的な被害とは?イタチ駆除の為の方法と費用

イタチ が 飛び出し た

キッチンの横のゴミ服を、イタチらしき小動物があさっていたのを見つけてしまった!そんな経験ありませんか?イタチがあさったゴミ袋が破けてしまい、新しいゴミ袋に変えてるうちに悪臭で家中が臭くなってしまうこともあるでしょう。 お母さんが妊娠中だったりすると、この悪臭が赤ちゃんに影響があるかもしれないと不安になる人も少なくないと思います。 また夜中にカタカタと足音がして、屋根裏、天井裏にイタチが住んでいるのではないかと不快に感じている人もいるでしょう。 イタチがいるかもしれないので、我流で様々な対策を講じたものの、いまだにイタチが住み着いてるかもしれないという家も少なくないでしょう。 それはそのはず。 イタチは、 わずか3cmほどの隙間があるだけで侵入してくる恐ろしい動物です。 侵入経路をふさいだ!と思っていても、スルリスルリと侵入されていまいます。 イタチについての撃退法を色々と調べてみたけども、なかなかうまくいかないという人も多いと思います。 そんな人のために、今回はイタチの生態と、生態にマッチした殺さずにイタチを撃退する方法について詳しく紹介してきます。 1 イタチの生態 イタチは全世界に20種類ほど存在しており、日本には5種類いるといわれています。 とくにニホンイタチとシベリアイタチの2種類が生息しており、都会に生息しているイタチはシベリアイタチといわれています。 イタチが食べるものとして挙げられるのは、ネズミ、魚、昆虫、人間の食べた残飯などかなりの肉食かつ雑食です。 基本的には夜行性で夜になると活発な動きをし始めます。 嗅覚 イタチの特徴として挙げられるのは、 嗅覚がものすごく発達しているということです。 他の動物に比べてもイタチの嗅覚は非常に発達しており、どんな匂いでも嗅ぎ分ける能力を持っています。 イタチを害獣として捉え、排除する時はこの嗅覚を逆手に利用することも多いのです。 つまりはイタチが嫌いな匂いというものを巣を作りやすい屋根裏などに置いておき、その屋根裏にもう来ないようにしむけるということを出来るのです。 嫌いな匂いとしては燻製の匂いやお酢の匂い、石鹸の匂いなどが苦手な匂いの代表として挙げられます。 視力 イタチの視力はあまりよくありません。 他の動物に比べて、目の力があまり発達していないため、遠くのものを確認することができません。 ですが、日が暮れたら夜中であれば話は別です。 イタチは夜行性でもあることから、暗い中だと視力というものは高くなるのです。 夜だけはとってもよく周りが見えるため、イタチだけはきちんと状況把握していると言うことが可能になるのです。 凶暴性 イタチは見た目はとても可愛いですが、そんな見た目とは裏腹に非常に凶暴な性格を持っています。 イタチを見つけて 不用意に近づいてしまえば攻撃されてしまうこともあるでしょう。 イタチは鋭い牙や爪を持っています。 普通ならばイタチを発見した時、イタチは即座に逃げてしまうことが多いのですが、繁殖期を迎えていたり警戒している時に、イタチと遭遇すると攻撃的になり、積極的に近づいてくるイタチもいます。 実際にイタチを独自で駆除しようと思い、噛み付かれたり引っかかれたりした人は多くいるのです。 イタチの爪や牙には雑菌が非常にくっついており、傷から雑菌が入り感染症が起こったという実例も多く報告されています。 2 殺さないためのイタチ撃退方法 そんなイタチをどうすれば撃退できるのでしょうか?死体の処理は大変なためイタチを殺すことはおすすめできません。 また、イタチは「鳥獣保護法」という法律で許可なく捕獲、駆除することは禁止されています。 鳥獣保護法 鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること 基本的は殺さずに撃退しなければならないのです。 (1)イタチの侵入口を防ぐ 最も簡単にできるのは、イタチの侵入口をふさいでしまうということです。 明らかに達が入っていそうな入り口があれば、その部分に目の細かい金属で作られたネットや網などを設置することによって、イタチが侵入するのを防ぐことができるでしょう。 また、イタチはその家に餌がないと分かると中に侵入してきたりはしません。 餌になりそうなものは全て排除しましょう。 イタチは雑食です。 平気で残飯を食べるためゴミの処理に気をつけなければなりません。 これらの方法を行ったとしても、イタチが侵入してきて悪さをするということは大いにあります。 (2)奥の手!イタチの嗅覚を利用する! そうなった場合、 奥の手としては先ほどご紹介したように、イタチの発達した嗅覚を利用してイタチが嫌がる臭いを設置して回るということです。 イタチは嫌がるにおいは燻製の臭いや酢の臭い、石鹸の臭いです。 これらを準備して、イタチがいそうな場所におくのが良いでしょう。 屋根裏、天井裏、畑などもいいですね。 同時にタヌキなどの動物も寄せ付けなくなるので、オススメです。 また、小動物を排除するための専用の匂い剤というものが発売されています。 それを使うと更に効果的です。 ただし、小動物用の匂い剤を使う場合は、室内に使うことは避けましょう。 あまりにも臭いがきつすぎるため、家の中に住んでいる人たちも気分が悪くなってしまう可能性があります。 屋外で進入口の近くに設置するのが最もベターです。

次の