那須 川 天心 江幡 塁。 RIZIN20 那須川天心圧勝もマウスピース批判 江幡塁「待った」ルール上の問題は

那須川 天心

那須 川 天心 江幡 塁

日本の格闘技の祭典である大晦日の、 那須川天心選手の対戦相手が、まさか 江幡塁選手になるなんて一体誰が予想できたでしょうか!? 💥RIZIN. 那須川天心 江幡塁 どっちが強い? 早速ですが、那須川天心選手、江幡塁選手はどっちが強いか、選手それぞれの強みを分析しつつ検証していきたいと思います! 那須川天心の強み 那須川選手の強みは、 世界最高レベルの『スピード』、『攻撃の当て感』、『ディフェンス能力』、『カウンター技術』、そして 『パンチ・キック・膝蹴り』全てが一撃でKOを奪うことが出来る程の威力を秘め、 弱冠21歳にしてキックボクサーとして既に世界最高峰であると言っても過言ではありません。 また、那須川選手の強さを証明するエピソードとして、 立ち技世界最強と言われるタイ国のムエタイ現役王者を相手に何度も勝利している事があげられます。 テクニックに関しては甲乙付けられません、もしかしたら、パンチ、キックを組み合わせた攻撃のコンビネーションだったら江幡選手の方が上かもしれません。 スタミナに関しては5Rの経験が多い江幡選手が有利でしょう、しかし今回は3R+延長1Rなので、勝敗に影響するするようなスタミナの差は無いと言えるでしょう。 経験に関してはキャリアの長さから江幡選手有利と見ました、しかし大舞台の経験は那須川選手の方が上と言えますが、近年プレッシャーからか動きが固い時も見られます。 那須川天心 江幡塁 勝敗予想! 次に、那須川選手、江幡選手両選手どちらが勝つか、試合展開を想像しながらズバリ予想していきたいと思います! 予想される試合展開 那須川選手は普段と変わらず、ステップを踏みつつ相手にプレッシャーをかけ、相手の隙をみつつ日本刀で斬り捨てるかのような一撃必殺のパンチやキックを繰り出していくでしょう。 江幡選手は基本に忠実にガードを上げ左ジャブを突き、サウスポーに対してローを蹴りつつ前へ前へコンビネーション放っていくでしょう。 試合中、那須川選手は江幡選手に対しボディーへの攻撃で崩しつつも一撃必殺の技を出し続けますが、江幡選手が中々崩れず、明確なダメージを与える機会が中々無い、もしくは江幡選手は耐え続けるでしょう。 そして江幡選手が那須川選手の猛攻に耐えつつも前に出て、数多の強豪を下してきたボディー打ちや右ストレート、ミドルキックで攻める展開になると思います。 正直、那須川選手は江幡選手相手に動きが止まるようなことがあれば危険でしょう。 那須川選手からしたら、相手が江幡選手と言えど如何に普段通りの戦い方が出来るかが勝利のカギだと思います。 江幡選手からしたら今までに経験した事の無い、タイ人の強豪でもいなかったかのような、スピード、プレッシャー、一撃必殺の攻撃に耐え、前に出て自分の攻撃を出せるかが勝負だと思います。 ズバリ勝敗予想! 勝敗は、ズバリ那須川天心選手に軍配が上がると思います。 それには様々な理由があるのですが、 今回のRIZINでの一戦は3R+延長1Rで、那須川選手有利な肘での攻撃無し、首相撲制限ルールであることが一番の理由だと言えます。 江幡選手のキャリアは肘打ち有り、首相撲有りの本場キックボクシング、ムエタイルールが殆どであり、肘無しルールは10年以上前のK-1甲子園での一戦まで遡ります。 また、 致命打は無いにしても3ラウンド通して効果的な攻撃は那須川選手の多く、試合の見栄えとして那須川選手に判定でポイントが入ると思います。 しかし勝敗はどうあれ、日本には那須川天心の他に、『江幡塁』という、強いキックボクサーがいる事を世間に認知いてほしいです! 日本が誇る強いキックボクサー二人の試合を楽しみにしつつ、大晦日のRIZINを待ちましょう! 最後まで読んで頂き、有難うございました。

次の

ガリチビコロボックル・江幡塁が

那須 川 天心 江幡 塁

勝利者コメント ありがとうございます。 大晦日でめっちゃめちゃ気持ちよかったですね。 絶対にKOするって決めていたので、無事にKOできてよかったです。 江幡選手は日本人最強と言われていたので差を見せようと思って力むと思っていたんですけど、リラックスできてよかったです。 あれ(=ジャンプしての蹴り)で倒したかったんですけどバラバラになっちゃって(苦笑)。 パンチは手応えがありました。 右フックで初めて倒せたので、成長しているのかなと。 江幡選手は気持ちが強くて、何度も何度も立ってきていい選手だなと思いました。 (終了後は)感謝の気持ちを持ってありがとうございましたと伝えることができました。 来年、オリンピックより面白いことをしようと思ってるんですけど、どうなるか。 自分もどういう風に成長するか分からないので、もっともっと強くなりたいと思いますし、RISEで55㎏のトーナメントがあるので、江幡選手もそこに出てもらえればもう一度最強を決められると思うので、みなさんどうでしょうか。 本当に僕はみなさんに強くしてもらってるというか、格闘家以上でも格闘家以下でもないですし、ここに立って どんどん活躍して、どんどん強くしてください。 2020年、いい年になりますように応援よろしくお願いします。

次の

謹賀新年&那須川天心vs江幡塁(RIZIN.20)

那須 川 天心 江幡 塁

兄 睦(むつき)選手もWKBA世界バンタム級王者です。 江幡塁選手は、 芸術的なカウンターパンチと、 ナタで叩き切るのゆな破壊力抜群のローキックを武器に、 デビュー以来、 45戦40勝、 現在11年連勝中で3年半無敗のキックボクサーです。 キックボクシング界のファンや関係者たちが那須川天心選手を下すにはこの人しかいなと言われている選手です。 そんな江幡塁選手を那須川天心選手は試合前にこう言っています。 「日本人最強と言われている江幡選手といつかやるんじゃないかという希望はあった。 」 「僕がデビューする前から活躍していた選手でデビューの時から意識してました。 そして、江幡塁選手のミット打ちを見て那須川天心選手は、 「一発一発迫力があるというか パワーもありますし 基本に忠実で 穴が無いなと改めて思いました。 江幡塁選手は、 「ついに来たな!っていうのはありますね。 時は来たという形です。 」 「大晦日 たくさんの人が見る前でキックボクシングを見せられるのはすごく嬉しく思っています。 番組のインタビューで江幡塁選手は、 「宮本武蔵と佐々木小次郎みたいな試合になりそうですが、 勝者は?」との問いに、 「もちろん僕の方だと思っています。 ちなみに、江幡塁選手は、 俳優の三浦春馬さんと同郷(茨城県)の同級生で20年来の親友だそうです。 小学5年生の頃に転校してきて、それからずっと仲が良いそうです。 ウィキペディア(Wikipedia)では江幡塁選手をこのように紹介しています。 2008年3月2日、K-1トライアウト2008を受験し、兄・睦と共に合格を果たした。 2008年8月29日、K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL16〜のK-1 WORLD YOUTHスペシャルマッチで瀧谷渉太と対戦し、0-3の判定負けを喫した。 2010年9月11日、新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS VIII」でナロンチャイ・ドラゴンテイルジムと対戦し、左ローキックでKO勝ちを収めた。 2010年12月18日、新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING VIII」で行なわれた日本バンタム級王座次期挑戦者決定戦でベニー・ユキヒデと対戦し、左ハイキックでKO勝ちを収めタイトル挑戦権を獲得した。 2011年3月26日、新日本キックボクシング協会「MAGNUM-25」でエッガラート・KBAと対戦し、2Rに3ノックダウンを奪いKO勝ちを収めた。 本来はタイトルマッチを行う予定だったが王者が怪我のため欠場。 このため日本バンタム級暫定王者となった。 2011年5月15日、新日本キックボクシング協会「BRAVE HEARTS 16」で同級3位志朗と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。 2011年7月24日、新日本キックボクシング協会「MAGNUM-26」のタイトルマッチで古岡大八と対戦し、2RTKO勝ちを収め王座初防衛を果たした。 ~ 2018年6月8日、KNOCK OUT SURVIVAL DAYSで小笠原瑛作に3R KO勝利。 那須川天心選手の強さを象徴する試合内容でした。 江幡塁選手。 今回は何もできずに終わってしまいました。 もう一度、那須川天心選手との試合を見てみたいです。

次の